人気ブログランキング |

つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

綺麗なツリーなのに

今週、ビルの入口にツリーが飾られた。
毎年色合いの違うツリーなので
とっても楽しみだが、今年は青系である。
私の背丈と同じくらいの立派なものだ。

c0322794_23041308.jpg

朝、通勤時にはツリーが点灯されていて
ホントに綺麗~~~♪
・・・って、お~~~~い!おかしいよ!

実際、この写真を撮影したのは今日の11時頃。
この時間も見ての通り、ツリーは点灯中。
ところが17時半過ぎにビルを出る頃
ツリーは真っ暗なのだ。
朝から昼までしっかり点灯され
夕方も夜も灯りが点くことのないツリー。
笑える・・・。
完全にタイマーの設定ミスだ。

実は、ツリーが飾られた翌日には
この間違いに気づいた私である。
せっかく綺麗なツリーなのに
夜にイルミが無いなんて、ホント残念。
あ~やっぱり、管理会社に連絡しよっかなぁ。。。

by shi_chan1024 | 2018-11-30 23:29 | 会社・転職 | Comments(0)

やっぱりカモかも

今日は同い年のS課長の話である。
見るからにオヤジの彼は
お世辞にも素敵とは言えない。

なのに30も年下の外国人女性と
去年の11月に結婚してしまった。
周りの「騙されてるよ」の声に耳も貸さず
突っ走ってしまったのである。

そして早くも1年が過ぎた。
と言っても、平成生まれの若い奥さんは
自分の国と日本を行ったり来たり。
この間、日本にいた時間は多くない。
未だに日本語は話せず、仕事もしておらず
もちろん妊娠もしていない。
S課長によれば、毎日昼まで寝ているそうで
日本に来ればケンカばかりらしい。
訊けば気の強い奥さんのようである。

私はS課長の給与額を知っている。
もちろん、それなりのお給料であり
賞与に至っても相当額をもらっている。
ところが結婚してからは
「お金がない」が口癖になった。
口を開けばそう繰り返すS課長は
先日もほとんど残っていない財形を下ろした。
あっという間に残高は端数のみとなった。

そして今日、S課長が私のところへ来て
小さい声で訊いた。
「ボーナスいつ出る?」
私が支給日を教えると、ホッとして言った。
「あ~良かった♪
翌週、大金が落ちるのに残高が足りなくてさ」
え~~~!マジか。。。

ホントに大丈夫かなぁ。。。
これはどう考えたって
次から次にあるだけお金使わされて
いざ無くなったらサヨナラパターンでしょ。
完全にカモだよね、しかも大ネギ背負った。。。
だからあれだけ私が言ったのに。

「最近、騙されてる気がしてきたよ。
高い授業料払ってるかもしれない」
と、ポツリと言っていたS課長。
やっと気づいたのかよ~!
けれど時すでに遅し!
無くなったお金は戻らない。
あ~ぁ。。。

by shi_chan1024 | 2018-11-29 23:24 | 会社・転職 | Comments(0)

特別待遇

結局、何だかんだ言ったって
しっかり優遇されているCさんである。

いくら去年まで親会社に勤めていたとしても
彼女は退職したのである。
辞めたのだ。
それから1年間、親会社とは何の関係もなく
点々とバイトをしていたCさん。

それなのに、うちの会社に入る際
給与額の決定は退職時のものが基準となった。
仕事内容が全く違うにも拘らず
結局、それを上回る給与に決まったのだ。

そして今日、年末賞与額が決定し
支払い手続きをする私の手元に届いた。
目がテンになった・・・。

そもそも年末賞与は
上半期の働きに対して支払われるもので
今月から入社したCさんに権利は無い・・・
はずなのだが。。。
彼女の名前がそこにあった。
私は自分の目を疑った。
たった1ヶ月しか働いていないのに
Cさんにも賞与が出るのである。
それも「気持ち」とは言えない額だ。
信じられない。。。

もちろん私は
それをどうこう言える立場ではない。
会社が払うことにしたのだからそれでいい。
払えばいいのだ。
けれど、その分を毎日遅くまで頑張っている
営業社員に回してあげればと思う。

それにしても・・・
どこまでも恵まれているCさん。。。
分かったはいたけれど
どこまでも身内に甘い会社。。。

もともと、何よりコネを優先し
コネばかりを入社させる会社である。
それでも、この特別待遇には呆れた。

by shi_chan1024 | 2018-11-28 23:42 | 会社・転職 | Comments(0)

A君、喘息発症

かれこれ1ヶ月ほど咳が続いていたA君。
診断は「喘息」だった。

大人の喘息(成人気管支喘息)は
25~30人に1人の割合で発症すると言われ
過去30年間で患者数は3倍にもなっている。
咳だけが続く咳喘息も同様で
患者数は増加しているそうだ。
確かに私の周りにも
ここへ来て発症した友人が複数人いる。

とにかくA君は1日中咳が止まらない。
もちろんマスクはしているが
こんな状態で営業の仕事はできない。
うちの仕事は工場に入ることも多いのだが
さすがにこれでは無理である。

医者も2つ行き、吸入もしているそうだが
残念ながら薬が効いているとは思えない。
事務所には1日中
A君の咳だけが響き渡っている。

なのに彼は煙草を吸っている。
ありえない!
電子タバコだから大丈夫と考えているのか
そもそも彼は喘息を軽く見ている。
「考えが甘い!」
私は彼を本気で叱った。
先輩社員も言った。
「アイコス寄こせ!俺が預かってやる」

もはや自分だけの問題ではなく
すでに仕事に影響を及ぼし
他の社員にも迷惑をかけているという自覚が
彼には無さすぎる。
薬が効いていないなら再度受診し
別の薬に替えてもらうべきだ。

さすがに見かねたのだろう。
今朝は常務に注意されていた。
喘息だから仕方ない、では許されない。
本気の全力で治療に努めるべき!

2年目になっても
社会人として甘すぎるA君である。

by shi_chan1024 | 2018-11-27 23:57 | 会社・転職 | Comments(0)

年賀状完成したし

この連休は予定も無かったので
年賀状を作成することにした。

これまでの手描き年賀状を止めてから
作成はPCでするのだが
それはそれで何気に面倒くさい。
デザインを決めたり文章を考えたり
それなりに時間もかかる。

最近は「終活年賀状」がブームらしい。
私も来年は区切りの年である。
日々生活を見直し、断捨離を進める中
年賀状もそろそろいいかな・・・と
思わなくもない。

などと考えながらも
とりあえず、来年分は完成した。
これまでにない早さである。
残念ながら当然あると思っていた
キティちゃんのハガキが無かったので
ミッキーにもスヌーピーにも浮気せず
今回の年賀ハガキは
ミライトワ&ソメイティにした。

c0322794_23512952.jpg

でも実際、11月に完成って・・・
やっぱし早すぎたかも。。。

by shi_chan1024 | 2018-11-26 23:57 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

ハートはまだ青

久しぶりにハートツリーである。

今年も順調に花が咲き
ハートの実ができているが、色が悪い。
例年であれば、この時期のハートは
かなり赤くなっているはずなのだが
今年はこの通り、まだ青いままだ。

c0322794_23542323.jpg

c0322794_23543323.jpg

ハートが赤くなるのに必要なのものは2つ。
「日光」と「寒さ」だ。
つまり暖かい今年は寒さに欠けている。
もっと冷え込まなければ
真っ赤なハートはできないのである。
今年はまだまだ先になりそうだ。

by shi_chan1024 | 2018-11-23 23:59 | ガーデニング | Comments(0)

合格したってさ

朝、ホームに並んでいると
毎日必ず一緒になる2組の親子がいる。
父と娘の親子、母と息子の親子だ。

子供たちは小学校低学年で
たぶん同じ学年か同じクラスという感じ。
子供たちは途中下車して学校へ向かい
親たちはそのまま乗って通勤する。
その2組は毎朝、電車を待つ間に合流し
必ず私の列に並ぶ。

そして昨日は大ニュースがあった。
なお、全ては私の後ろで起こっていることであり
以下の文は聞こえたことを元に書いている。

先に列に並んだのは父と娘の親子だ。
父親が、娘に言った。
「この話は皆んなには言わない方がいいよ。
できなかったお友達もいるんだからね」
手に文庫本を持ち、目では文字を追いつつも
そんな話が聞こえたら私の耳はダンボである。

そこへ、母と息子の親子がやって来た。
「おはようございま~す!」
いつものように揃って挨拶をする。
すると女の子が父親に訊いた。
「ねぇねぇ、言ってもいい?」
結局、黙っていられない娘である。
「準2級受かったんだぁ♪」
「え~!すご~い!おめでとう!!」
母と息子の親子はお祝いの言葉を贈った。

するとちょうどそこへ
いつものメンバーではない父と娘も登場し
「準2級受かったんだって」
「え~!すごいね、おめでと~!」
と、私の列は一気に祝福ムードである。
もちろん、他にも沢山の人が並んでいる。

それからは質問タイムである。
答えていたのは
もっぱら黙っていろと言ってた父親だ。
面接からヒアリングの有無まで
それは嬉しそうに話していた。
ついには、会社の仲間より
娘の方が級が上だと言い始め
娘より自分が浮かれていることがバレた。
結局は自慢したいのである。

それにしても今の時代
小学校から英検なのね。。。
確かに孫のRの幼稚園にも英語の授業があり
仲良しのお友達は
100万近い英語の教材を持っているそうだ。
時代は変わった。

何だか、朝からドッと疲れた。

by shi_chan1024 | 2018-11-22 23:59 | Comments(0)

次は足の甲

ここへ来て、ようやく腰の痛みが無くなった。
今までで1番長くかかった腰痛だった。
さすがにこのまま不調が続くかと
不安になり始めていたので、ホッとしている。
良かったぁ。。。

と、喜んでいたら今度は足に来た。
右足の甲、指の付け根あたりが酷く痛むのだ。
今度は足の骨の変形か何か?
最悪なのは、この場所が痛むと
歩くのに支障が出ることである。
いや、支障どころの話ではなく「歩けない」。

何とか痛む場所を触らないように
厚い靴下を履いてみたり、靴を変えたりと
色々試すも効果はイマイチだった。

甲に巻くサポーターがあればと探すも
なかなか思うような物もなく
とりあえず、昔買った
外反母趾用のサポーターを引っ張り出し
それで何とかごまかしながら
すでに半月が過ぎた。

c0322794_23320549.jpg

そしてネットでやっと見つけたのがコレ。
別に外反母趾用でなくてもいいのだが
まさにイメージしてた形だったので
ちょうど溜まっていたポイントを使いゲットした。

痛みは日によって差があり
今日は平気でも、いつまた出るか分からない。
これからは毎日バッグに入れ
突然の痛みに備えるしかない。
はぁ・・・。

by shi_chan1024 | 2018-11-20 23:43 | 健康 | Comments(0)

やっとコタツ

今年はいつもの年と違っている。

例年なら11月に入れば出すコタツ。
去年は早くも10月の終わりに出していたが
今年はまだだった。
寒がりの私が無くても平気だったのだから
やはり今年は暖かい。
けれどここ最近は朝晩寒さを感じるようになり
やっとコタツの登場である。

c0322794_23293428.jpg

撮る角度が同じなので毎年同じような写真だ。
去年の写真と比べてみたら
違うのは観葉植物の生長具合と鉢の数だけだった。

さらに、今年は例年より遅く
今日からマスク生活に突入した。
この生活はこれから6月まで続く。
しかもコンタクトを使えなくなったことで
マスクの使用もこれまでのようには行かない。

メガネにマスク=曇るもの。
これをいかに阻止するか。。。
レンズには曇り止めをスプレーし
マスクを折り返したり
ノーズクッション付きを使ったり
ひと手間かけなくては不快感は拭えない。
あ~マジで面倒くさい。。。

by shi_chan1024 | 2018-11-19 23:33 | しーちゃんち | Comments(0)

変わらぬ2人

Cさんの報告をしたなら
最近のA、B君の報告もすべきだろう。

一言で言えば
「どうしたもんかと持て余している」。
普通は2人採れば、どちらかは何とかなる。
けれど、ここまで揃って使えないとは
いったいどこが気に入って採用したのやら。
ここまで人を見る目がないのも珍しい。

A君はその後も基本の生活がなっていない。
いくら机の上を片付けろと言っても
上どころか、机の下にも
何やらゴチャゴチャと置いている。
ロッカーの中は何でも突っ込んであり
要るものも要らないものも分からない。
今週は健康診断があったが
前日の午後になってクリニックの封筒を開け
「あ!検便するのか」
と言い、周りから非難を浴びた。
1ヶ月も前に届いていた封筒である。

B君も変わらず、一言多い。
上の人から何を言われても必ず言い返し
素直に「はい」ということは無い。
「え~でも」「いや、それは」
敬語も何もあったものではなく
聞いていた私たちの目が
テンになることもしばしばだ。

2人に言えることだが
何事も自分で判断することができない。
これはもしかしたら
親の育て方に問題があるのかもしれない。
何もかも親が手取り足取りやってしまえば
子供は自分で考えず、判断することもできない。

B君は車検に持って行った車の中に
会社の「運行日誌」があるのを見つけた。
このまま置いておくべきか、持って帰るべきか。
迷ったB君は課長に電話をかけてきた。
車検に必要あるものか、ないものか
考えれば分かることである。
これは1例に過ぎず、何事も
そこまで指示しなければならないのが
今の2人なのである。

入社してすでに1年半が過ぎた。
この先2人がどう育っていくのか・・・
まったく予想もつかない。

by shi_chan1024 | 2018-11-17 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん