仮装者少なめ?

例年ハロウィン当日の電車内には
仮装した人たちがたくさん乗っている。
ちょうど私の帰宅時間が
渋谷に向かう時間帯と重なっているためだ。

けれど今年は違っていた。
ドアが開いた瞬間、立っていたのは
魔女ではなく、ゾンビでもなく
普通の人だった。。。
車内を見回しても目に付く仮装者はおらず
かろうじて見つけたのは、ドアの横に
自信なさげに立っている化け猫だった。

1人だから恥ずかしいのか
フードをかぶり、うつむいたままである。
けれど、顔には派手な模様と猫のヒゲ。
ズボンも猫柄で、パーカーを脱げば
なかなか立派な仮装だ。
ただし車内では「借りて来た猫」だった。。。

渋谷駅では車両を移動した私だが
その際、血を流す2人組とすれ違った。
看護師の仮装をしている若い女性で
どちらも口からタラ~っと血が流れ
顔はあちこち傷だらけだった。

ニュースで流れる渋谷の映像を見ても
仮装のピークは先週末だったようだ。
今日はどちらかと言うと
一般の見物人の方が多いようである。

それにしても、年々酷くなる「渋ハロ」。
残念だとしか言えない。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-31 23:05 | その他 | Comments(0)

再びの「残念賞」

もう長いこと置きっぱなしの
懸賞金付き定期預金。
これまで何度も抽選があったはずだが
全く当選することは無かった。

それがちょうど2年前の10月。
突然お米が送られてきた。
「残念賞」だった。
初めての当選だった。

そして先週末、またまたお米が届いた。
前回と全く同じ「残念賞」である。

c0322794_23260072.jpg

c0322794_23261110.jpg

数ある賞の中から
またしても同じ「残念賞」とは・・・
何やらビミョーな気持ちである。
しかも、今回はタイミングが悪く
お米は買ったばかりで在庫あり。
1人暮らしではお米もそうそう減らない。
まさに残念賞。。。

などと言ってはいけない。
頂けるものはありがたくいただかなくては。
もしかしたら
ちょっぴり運が向いてきたかもしれないし。

今年、裁判員が当たり、お米が当たった。。。
と来れば、あとは年末ジャンボが当たるだけ。
やだぁ~!
2度あることは3度あるぅ~♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-29 23:59 | いいもの | Comments(0)

恵那の「栗くらべ」

実家に帰省している娘婿が、足を伸ばし
こちらでは手に入らない栗きんとんを
買って送ってくれた。

c0322794_16111013.jpg

恵那の老舗和菓子店9店の
栗きんとんの詰め合わせである。
その名もズバリ「栗くらべ」。
現地へ行かないと買うことができない。
娘婿はこれにさらにもう1店プラスして
合計10個の栗きんとんを送ってくれた。

c0322794_16115107.jpg

毎年、恵那川上屋の栗きんとんは
こちらへの出店を待って購入しているが
この「栗くらべ」は
それ以外のお店の詰め合わせとなっている。

c0322794_16113753.jpg

数量も限定販売なら
期間も11月中旬頃までの限定である。
タイミングが合わなければゲットできない
なかなか貴重な栗きんとんなのだ。
何か、楽しみ~♪

c0322794_16112903.jpg

ビックリしたのが箱の裏側。
当然ながら全てのお店のラベルが貼ってあった。
なかなかここまでのものは見ることが無く
見事としか言えない。

さて、せっかくの栗くらべである。
何も考えず「美味し~い♪」だけで
食べてはいけない。
ここはやはり採点表を作成すべきだろう。
味わいや食感などを私なりに評価し
この中のチャンピオンを決めてみよう!
やだぁ~!楽しそう♪♪

これ、栗きんとん好きにはたまらないね♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-28 17:25 | 美味しいもの | Comments(0)

これからはメロン

残念ながらスイカの季節が終わり
今日からはまた、メロンの季節となった。
腰痛が未だに続く体調ゆえ
メロンの持ち運びには気を使ったが
幸い大玉では無かったため無事だった。

いつも思うことだが、先生のナイフは
どうしてあんなに綺麗に切れるのだろう。
スパっと切れ、見ていて気持ちがいい。
それに引き換え私のナイフは
研ぎ方が悪いのか、腕が悪いのか
何年続けていても切り口が汚い。。。
才能が無いんだろうね。

c0322794_16104126.jpg

c0322794_16105032.jpg

今日の作品。
まだ途中で、完成はしていないが
出来映え点は50点と言うところかな。
やり直したいところばかりが目に付く。。。

それでも彫っている2時間は「無」になれる。
それがいいんだよね♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-27 23:59 | 好きなこと | Comments(0)

やっぱり変形性関節症

関節の腫れを診てもらいに行って来た。
会社近くの整形外科である。

診察室に入った私は、症状を伝え
先生が出した手に右手を乗せた。
一目見て、先生は言った。
「リウマチではないと思いますね」
腫れが第1関節にあることなどを挙げ
やはりヘバーデン結節の可能性を指摘した。

まずはレントゲンを撮り
その後、血液検査のため採血をした。
「まず無いと思いますが
念のためリウマチ因子を調べます」
とのことである。

現像されたレントゲン写真を見ると
小指、薬指、そして中指の3本に
第1関節の軟骨のすり減りが
ハッキリ見られた。
特に曲がっている小指の症状は顕著で
すり減った側に大きく傾いてしまっている。
「変形性関節症ですね」
先生は言った。

変形性関節症自体は
全身のどの関節にも起こりうる。
その中で、指の第1関節に出るのが
「ヘバーデン結節」。
指の第2関節に出るのを
「ブシャール結節」と言い
どちらもリウマチとは違うものだ。

ただ、先生は中指については
「ヘバーデン結節になるだろう」との見解で
他の2本は「変形性関節症」との診断だった。
イマイチその違いが分からないが
結局は、ヘバーデン結節だったと理解した。

であれば今後、他の指にも出る可能性があり
変形がさらに進むこともありうるわけだ。
けれど、痛みの対処法や薬は色々あるそうで
先生によれば、リウマチに比べたら
日常生活に大きな支障が出ることは少ないようだ。
利き手であるだけに、それだけは何とも避けたい。

とにかくこれで私は、めでたく
治らない病を2つ抱えることになった。
この先、さらに医療費が嵩むことが決定し
憂鬱度はド~~~ンとアップである。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-26 23:59 | 健康 | Comments(0)

今年も誕生日

誕生日だからと言って嬉しい歳でもないが
昨日は私の誕生日だった。
そして忙しい中、娘夫婦が
私の大好きなサンマルクを予約してくれ
孫のEと共にお祝いしてくれた♪
やっぱり持つべきものは娘である。

お誕生日コースを注文し、まずはみんなで乾杯!
Eもモチロンお水の入ったカップを持って
全員とグラスを合わせた。

c0322794_23253871.jpg

焼きたてのパンを次々に食べられる
パン好きにはたまらないレストランだけに
ついつい食べ過ぎてしまう。
昨日もまた、メイン料理が出てくる前に
おなかがいっぱいの私だった。

けれどそんな私と同じくらい
パンを食べまくっていたのがEだ。
パンを食べ、お肉を食べ
プチトマトとブロッコリーは避ける。。。
なかなか笑えるEであるが
その食べっぷりは見ていて嬉しくなる。

そしておなかが一杯になったEは
当然のことながら外に出たがった。
しかもパパやママも一緒がいいと譲らない。
1人残された私は、テーブルで1人
誕生日のデザートを食べた。。。

c0322794_23254744.jpg

すっかりEが帰るモードになったため
娘もデザートを紅茶でかき込み
お店をあとにした。
最後は忙しかったが
長い時間いい子でいてくれたEだった。

それにしても・・・
お祝いメールすら送って来ない息子夫婦。
何なんだ。。。さすがにムカつく~!

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-25 23:37 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

たぶん、ヘバーデン結節

2週間前、関節リウマチかも・・・と書いた。
指の関節が腫れているのに気づいた時に
思い浮かんだ病名である。

けれどここへ来て、違う気がしてきた。
もちろん例外はあるものの
関節リウマチは第2関節に出るのが典型的で
左右対称になりやすいらしいが
どちらも私の症状とは違う。

c0322794_22422927.jpg

c0322794_22423951.jpg

c0322794_22425108.jpg

c0322794_22430440.jpg

分かるだろうか。
腫れているのは第1関節である。
今のところ右手の薬指と小指だけに腫れがあり
左手の指は全く何の問題もない。
写真では中指も腫れているように見えるが
これは子供の頃からのペンだこである。
現在痛みがあるのは薬指と小指だけだが
正直、動作に支障が出る痛みである。

「ヘバーデン結節」。
ほぼ間違いなく、これが病名だろう。
40歳以上の女性に多く見られる原因不明の病気。
関節が変形するため
人前に指を出したくないという患者も多いらしい。
すでに私の小指も変形気味だ。
・・・最悪。。。

治療はテーピングやステロイド剤の注射で
酷い場合は手術となるようだ。
調べているうちに、患者には
冷え性の人が多いとのことで納得した。
なるべくしてなったかもしれない。。。

冬になると私の右手は異常に冷える。
手袋をしていようが冷たいまま。
それもハンパない冷たさなのである。
実は昔から気になっていたことだ。
まさかそれがこんなことになろうとは
嘆いたところで後の祭り。
しかも、よりによって右手。。。利き手だし。
左手だったなら、まだ良かったのにね。

とりあえず金曜日、医者に行く。
まずはちゃんと診てもらってからだ。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-23 23:35 | 健康 | Comments(0)

初ストレスチェック

親会社で実施されているストレスチェック。
今回からうちの会社でもやることになった。
webシステムでのチェックで
80項目の質問に回答するものである。

指定期間内に受けなくてはならないため
早速やってみた。
この1ヶ月の体調を答える質問があったが
ちょうどこの間、目も腰も不調だったため
かなりの問いに「不調」と答えた。

結果。
精神的ストレス反応・・・やや高い
身体的ストレス反応・・・高い
疲労・・・・・・・・・・やや高い
抑うつ・・・・・・・・・高い
仕事のストレッサー・・・低い

「あなたは高ストレス評価基準に該当しません」

確かに、大した仕事してないんだから
仕事のストレスはあるわけないよね。
それ以外はみんな高め。
けれど、身体の不調はストレスが原因ではない。

驚いたのが抑うつ、高いと出た。
「あなたは
『うつ的』になっている可能性があります」
とのアドバイスが書かれていた。
ふ~~~~~~~ん。。。そうなんだ。

ブログタイトル変えようかな。
「うつ的しーちゃん」
いいかも~♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-22 23:52 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

続、ウルグアイ戦報告

先日のウルグアイ戦。
スタジアムへ足を運ぶと言うことは
選手たちを目の前で見られる良さはあるが
松木さんの解説を聞けないのはつまらない。

やはりあの立場を忘れてサポーターと化す
松木さんの応援は無くてはならないものだ。
相手のファウルがあった時
大迫選手がシュートを外した時
当然、松木さんは叫んだだろう。
その言葉が想像できたから笑える。

実は前回の報告記事を書いたあと
そのほとんどが翔哉くん💓で
他が書かれていないとの指摘があった。
なので、確かに翔哉くんは可愛いが
とりあえず他のことも書いておく。

と言っても、他の感想は一言だけ。
「いとも簡単に失点するDFには呆れた」。
それも1度ならず3度も・・・。
DFはザルだ。

TVの前なら名前を挙げて
大声で怒鳴り飛ばしてやるところだが
実はスタンド観戦の場合、そうは行かない。
私が怒鳴りたい選手のファンが
まさかの私たちの後ろにいたからだ。

さらに私の隣の女は
こともあろうに私の翔哉くんを
「チビ」だの「ちっちゃい」だの言い続けた。
けれど、いざドリブルで駆け上がった彼に
私が大声で「翔哉行け!行け~~!!」
と叫んだ途端、黙った。

また、私たちの周辺は
比較的おとなしく応援していたのだが
少し後ろに座っていた男の人だけは
応援席で次々と繰り返される応援と一緒に
1人、大声で叫び続けていた。
「お~ニッポン、ニ~ッポンニッポンニッポン!」
もちろん、応援するのはいいことだ。
けれど、彼は応援席に座るべきだった。
実際、一緒に来た友達にさえ引かれてたし。

とにかく、森保ジャパンの課題はDFだ。
ザルもザル、目の粗いザルである。
DF何年やってんだか、もっと頭を使うべき。
W杯の選手に拘らず、若い選手はいないの?
今のDFで世界と闘えるとは到底思えない。

家なら思ったことをボロクソに言えるのに
言いたいことを全て飲み込んだ私。。。
・・・ストレス溜まったし。

取られても取られても
取り返した攻撃陣に救われた守備陣。
3失点をしっかり反省してほしい。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-21 23:59 | サッカー | Comments(0)

やっと上向き♪

丸々3週間痛み続けた腰も、おかげさまで
ここへ来てかなり落ち着いてきた。

と言っても、やはり痛みを感じる姿勢があり
まだまだ完全復活には程遠い。
それでも今週は翔哉くんに会えたことで
テンションは急上昇中~💓

その昔、私の好きな人は皆「ヒロ」だったが
最近は「ショウ」がつく。
翔哉に昌磨。。。
きゃあ~!どちらも可愛すぎ~💓

この夏は、暑すぎて何もする気になれず
その後も続く体調不良から
私はほとんど冬眠状態だった。
けれどやっと復活の兆し、行動開始だ♪

まずは会いたい人に会う!
延び延びになっている友人たちに連絡して
年内には会っておきたい。

そして、腰痛のため
片付けの途中で放置したままの荷物も整理し
少しずつ大掃除を始めるつもりだ。
現在の私の部屋は、自分で言うのも何だが
完全にゴミ屋敷化している。
身体が動くうちにどんどん捨てなければ
本物のゴミ屋敷となるだろう。

このまましばらく元気が続くように
私自身も祈る今日この頃である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-19 23:35 | 健康 | Comments(0)