活動開始?

昼間は気温が上がり
出窓には強い日差しが降り注ぐ今日この頃
今年もまたアリたちが準備を開始したらしい。

c0322794_2136216.jpg

日曜日、出窓に散らかる木屑?を発見した。
思うにこれは、アリが通り道を作るために
運び出したものだろう。
幸い、私が見ている間にアリの姿はなかったが
すでに出入りを始めたと思って間違いない。
見ればシリコンの1部に隙間ができていた。

c0322794_21422383.jpg

さっそく埋めた。
これで防げるわけもないがやらないよりはマシ。
気休めだとしても、やらずにはいられない。

アジサイが終われば、我が家はアリの季節。。。
今年もまたアリに悩まされ
アリの夢を見てはうなされることだろう。
あ~・・・最悪だ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-31 21:51 | しーちゃんち | Comments(0)

アジサイの家

昨日、玄関横に咲くアジサイを見て
犬の散歩で通りかかった2人連れが声を上げた。
「わぁ~!綺麗だねぇ♪」
「ホント、きれい」
喜んでもらえて何よりである。

続いて、角のコーンに気づいた1人が言った。
「持ち去り禁止ってアジサイのこと?」
もう1人が答えた。
「違うよ。このコーンのこと」
「え?こんなの持ってく人なんかいるの?」
「いるのよ、それが。
△△の〇〇さんのうちでもね・・・」
と言いつつ、遠ざかって行った。
持ち去りに遭った被害者は
どうやら私だけではないらしい。

c0322794_10532322.jpg

c0322794_105337100.jpg

c0322794_1053579.jpg

その、昨日の朝の「隅田の花火」である。

c0322794_10542185.jpg

今回は2階の窓からも見下ろしてみた。
この子がまさか、最初は鉢植えだったとは
誰も思わないだろう生長ぶりである。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-29 11:03 | ガーデニング | Comments(0)

4代目、引退近し

狭い私道にもかかわらず
我が家の横を通り抜ける車は相変わらず多い。

それでなくても1台通るのがやっとの道を
曲がろうと思えば何度も切り返さなければならない。
そんな車が過去に何度も花壇の壁をこすり
ぶつけ、傷つけたまま走り去った。

少しでも邪魔をするようにと置いたコーンは
早くも4代目である。
これまでの3代も置くたびに踏まれ、倒され、割れた。
この腹立たしさはとても言葉では言えない。
なぜに私だけが泣き寝入りしなくてはならないのか。

c0322794_2210398.jpg

c0322794_22102243.jpg

c0322794_22115188.jpg

その4代目の今日の状態である。

c0322794_22121977.jpg

見ての通りボロボロ。
重しだってバラバラ、酷いものである。
しかも、側面まで見事にパックリ割れているが
普通に踏んづけただけではここまで割れない。
どう見てもこれは横にして踏んづけたものだ。
悪意があるとしか思えない。
しかもこうたびたび壊されては
コーン代だってバカにならない。

それでも何も置かないのは不安である。
そこで次は重し一体型のゴム製コーンにしようと決めた。
かなり高くなるが、すぐ割れるよりはマシだ。
けれど2個は買えないので1個だけにする。

あ~ムカつく!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-28 22:35 | しーちゃんち | Comments(0)

北欧系、追加

前回仕入れた「北欧系」の本が無くなったので
今回もブックオフオンラインで購入した。

c0322794_23962.jpg

品切れで手に入らないものもあったため
今回は6冊だけである。
たまたま先日も
夕刊に北欧系の本についての記事があり
読んでみたい本が増えた。

これらが読み終わったら、次回は久しぶりに
ブックオフの大型店に出かけることにする。
何気に私の好きな場所である♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-25 23:03 | マイブーム | Comments(0)

KPP BEST~♪

きゃりーぱみゅぱみゅの
ベストアルバムが発売された。

さっそく、予約していた初回限定盤
「きゃりーぱみゅぱみゅ超限定
リアルお顔パッケージ」が届いたが、ビックリ!
デカイ~!!

c0322794_22271529.jpg

その昔のLPレコードやレーザーディスクより
ひと回り小さいだけのサイズである。
しかも、このきゃりーぱみゅぱみゅの
リアルなお顔は立体で、まさにお面である。

c0322794_22275483.jpg

中はCDが3枚とDVDが1枚の4枚組だが
正直、ビミョーである。
収まりが悪いし邪魔・・・。
ちゃんと調べて
普通のパッケージにしとけば良かったかも。

それでも、とりあえずは嬉しい♪
にんじゃりばんばん聴くもんね~♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-24 22:45 | いいもの | Comments(0)

ハートツリーの娘たち♪

ハートツリー4姉妹の昨日の様子である。

c0322794_1074552.jpg

長女である。

c0322794_10134699.jpg

c0322794_1014283.jpg

枝分かれして伸びている先には何と!
花が咲いてる~!!
目を凝らせば小さなつぼみもあるじゃん!
きゃあ~!嬉しすぎる♪

c0322794_1017527.jpg

次女はマイペースだが

c0322794_10175418.jpg

それでもちゃんと、つぼみをつけている。

c0322794_1019292.jpg

三女は1番たくさん枝分かれしている。

c0322794_10195249.jpg

この子もやっぱり、つぼみがある。

が~~~~!
前回「もどき」に格下げされた四女は何だ!!

c0322794_10215535.jpg

さらに上へ上へと伸びていて
その姿は1人だけカメラを縦にしないと納まらず
もはや笑うしかない。

c0322794_10224770.jpg

そしてその先にも、つぼみの「つ」の字もない。
姉たちが枝を分けつつ生長していると言うのに
ただただひたすらに
まっすぐ伸びることしかできない四女である。
その伸びっぷりたるや、支えが必要なほどだ。
誰?この子。。。

謎多き、ハートツリー4姉妹である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-23 20:03 | ガーデニング | Comments(0)

この1週間でさらにパワーアップしたナガミヒナゲシ。

c0322794_9505799.jpg

c0322794_9514686.jpg

c0322794_952271.jpg

脇の花壇はモチロンのこと
玄関横の花壇も埋め尽くす勢いである。
正直なところ、雑草の部類に入ると私は思うが
この花を見ると父を思い出す。
バス停から父の入院していた病院まで歩く道に
ナガミヒナゲシがたくさん咲いていたのである。
暑い中、大汗をかきながら
私はこの花にずいぶんと慰められた。

c0322794_952233.jpg

そしてその横で咲き誇るは「隅田の花火」だ。

c0322794_9524166.jpg

もはや玄関への出入りは
葉に触れずには不可能である。

c0322794_952598.jpg

玄関からは、遥かに見上げる高さがある。

c0322794_9531244.jpg

しかも、あれだけ言ったにもかかわらず
もうほとんどの花が咲いている。
我が家のアジサイに似合うのは
「雨とかたつむり」ではなく「青空と強い日差し」。
間違いなく自分をヒマワリだと思ってる。

この分では梅雨入りの頃には
すっかり枯れているだろう。
風流さのかけらもない「隅田の花火」である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-22 09:55 | ガーデニング | Comments(0)

再会プロジェクト第3弾

懐かしい友人たちとの再会を目指し
スタートした「しーちゃん再会プロジェクト」も
すでに第2弾までが終了している。

第1弾では書道学校時代の友人と再会し
第2弾ではドイツ時代の友人たちと会った。
第3弾となる今日は、結婚して11年住んだ
社宅時代の友人との再会である。
前回会ったのはドイツから帰国した夏休み。
つまり18年ぶりと言うことになる。

ランチしながらお互いの近況報告に始まり
それまでの生活ぶりを話しまくった。
けれど彼女が先月母親を亡くしたばかりと知り
本当に驚いた。
先週四十九日が済んだばかりだと言う。

とにかくジェットコースター人生の私である。
元旦那を良く知る彼女だけに
最近話すことの無かった離婚についても訊かれ
すっかり過去のこととなった話をした。
もちろん、それ以外にも話すことは山ほどあり
ランチを食べ終わった後も延々と続いたため
途中でケーキセットを追加注文することとなった。

c0322794_22152487.jpg

きゃあ~!カワイイ♪

結局、冷房が寒すぎるなどと文句を言いつつ
私たちは4時間15分もの間お店にいた。
恐るべし!オバサンパワー!!

けれど、何よりウケたのがお互いの習い事である。
彼女は私がやってみたいと思っている
「飾り巻き寿司」の教室に通っていて
私は逆に、彼女がやりたかった
カービング教室に通っていたのだった。

その結果、次回は彼女が我が家へ泊まり
その際に「飾り巻き寿司」と「カービング」を
教えっこすることで話がまとまった。
やだぁ~!楽しそうじゃ~ん♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-21 22:34 | 仲間たち | Comments(0)

2度読んだ・・・

先日購入した
「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」。
「ミレニアム4」を読み終わったことから
今朝から読み始めた。

全部で160ページ弱の本である。
いつものミステリーのように
片仮名のややこしい名前が出て来ることもなく
スイスイホイホイと読み進んだ。
特に感動するでもなく、感心するでもなく
改めて考えさせられることもなく
目次と内容の不一致すら感じ
正直、全くの期待はずれであった。

しかも最悪なことに、3本の電車を乗り継ぎ
会社の駅に到着するタイミングで
読み終わってしまったのである。
・・・帰り、読むもんないじゃん。

仕方ないので、帰りもまた読んだ。
おもしろくもない本を2度も読むハメになるとは
ついてない。。。

「人生谷あり、谷あり、谷あり」の私である。
どん底まで落ちたことも数知れず
そのまま沈みっぱなしだった日々もあるだけに
よっぽど読み応えのある本が書けるだろう。
残念ながらこの本にあることは
すでに私がそれらの経験から
身に沁みて分かっていることばかりだった。

何気ない日常が・・・平凡な毎日こそが
何より幸せなのだと言うこと。
何にでも感謝する気持ちを忘れてはいけないこと。
不幸になった時にこそ本当の友達が分かること
などなどなど・・・。
私が経験から書けることは少なくない。

たぶんもう、この手の本は買わない。
やっぱり今は北欧ミステリーが1番だ♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-19 23:05 | いいもの | Comments(0)

バレーボール♪

バレーボールの世界最終予選が始まった。
元バレー部としては毎試合を楽しみにしているが
それにしても先日の韓国戦と言い
今日のタイ戦と言い、心臓に悪い。
1試合のうちに何度手を合わせ祈ることか・・・。

今でこそ新しいルールにも馴染んでいるが
その変化たるや、目覚ましいものがある。
9人制の時代を知っている私からすれば
見るたびに何かしら変わっていると言っても
決して過言ではない。

私が第2グランドでバレーをやっていた頃
人数こそ今と同じ6人ではあったものの
1セットはサイドアウト15点制で
サーブ権がなければ得点は入らなかった。
ラリーポイントは5セット目だけだった・・・っけ?
さらに3回のカウントには
ブロックの際のワンタッチも含まれたので
触った選手は「ワンチ!」と叫んだものである。

それから細かい改正は数々あれど
衝撃的だったのはリベロの登場である。
突然登場した1人だけ違うユニホームの選手。
見れば自由にコートを出入りしている。。。
まさに目がテンになった瞬間である。

いつしか全てがラリーポイント制となったが
4セット目までは25点、初めは冗談かと思った。
さらにサーブがネットに触れても良く
また、バレーボールと言いながら
足でレシーブしてもOKという改正には
ふざけてんの?と言いたくなった。
このルールには現在でも私は大反対である!
ボールを蹴るのはサッカーだけにしてもらいたい。

そして今は「チャレンジ」なるものまで登場し
怪しい判定は試合を止めて確認することができる。
さらに白一色だったボールはカラフルになり
ユニフォームのデザインもずいぶん変わった。
時代が変わればバレーボールも変わるのである。

それにしても、今日の試合は後味が悪かった。
度々止まる試合にレッドカード・・・。
タブレットの不具合なのか何なのか
逆転勝利を気持ち良く喜べない私であった。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-18 23:40 | 好きなこと | Comments(0)