隅田の花火、満開~♪

今年もまた
気づいた時にはさらに生長していた
我が家のガクアジサイ「隅田の花火」。

c0322794_18232860.jpg

去年同様、とっくに私の背丈を超えて
梅雨入り前に満開である。

c0322794_1825721.jpg

何年前か・・・小さな鉢で買って来た。
実はその後、ピンク色の花の鉢が店頭に並び
そっちを買えば良かったと早まったことを後悔した。
実際、こんなに大きくなるなら
やっぱりピンクにしておけば良かったなぁ・・・。

c0322794_18284256.jpg

この真っ白な花(ガク)は「装飾花」で
本当の花は真ん中に青く見えるやつらしい。
今は白いこの花も
もうしばらくすると青みがかって来るはずだ。

c0322794_1830631.jpg

ナガミヒナゲシはそろそろ終わり。
今はたくさんの種がついている。
もう少し枯れてから取ろうと思い放置しておいたが
気づいた時には種の部分が折られ盗まれていた。
花が咲いた時もそうだったが、我が家の近所には
花泥棒、種泥棒がいるようである。
サイテー・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-30 23:59 | ガーデニング | Comments(0)

らっきょう漬けた♪

梅と共に今が季節なのが、らっきょうである。

母は毎年たくさんのらっきょうを漬けていて
それがとても好評である。
叔父叔母は無くなるまで何度でも
ビンを持参しもらいにやって来る。
今年も、その作業のために母は1週間
らっきょう休暇を取り一時帰宅していた。

そして、母の漬けたらっきょうを
大いに気に入ったのが娘夫婦である。
今回、タイミングも良かったため
娘はらっきょうデビューを宣言した。
つまり母は、うんざりするほどの作業を
今また我が家で繰り返すことになったのである。

さすがにらっきょう漬けのプロとなると
素材選びにはうるさい。
毎日毎日スーパーに足を運ぶも
母の目を満足させるらっきょうが
やっと店頭に並んだのは、つい先週のことだ。

c0322794_2222494.jpg

大き過ぎず粒が揃い
芽が伸びていないものがいいようである。
今回は2パック、2キロ購入した。

c0322794_2243837.jpg

c0322794_225155.jpg

まずは泥や砂を洗い落とし
薄く皮をむいて上下を少しずつ切り落す。
これが何気に地味で時間のかかる作業だが
母に教わりながら娘は楽しんでやっていた。
ちなみに、私はらっきょうに興味はなく
作業には全く参加していない。

c0322794_22101516.jpg

きゃあ~!ツヤツヤしてとっても綺麗~♪
確かに大きさも適当で、いいらっきょうだ。

c0322794_22115881.jpg

つづいて、鍋で調味料を作る。
もともと母にレシピはなく、すべては勘だ。
とりあえず娘のためにアバウトなレシピを書いたが
味をみてはその都度調整するため
正確なところは誰にも分からない。

c0322794_22151461.jpg

あとはトウガラシとらっきょうをビンに入れ
冷ました調味料を加えれば完成~♪

c0322794_22195944.jpg

あとはたま~に混ぜればOK!

こうして母直伝のらっきょうは
娘である私を飛び越して
無事、孫娘に引き継がれたとさ。
めでたしめでたし。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-28 22:36 | 美味しいもの | Comments(0)

待ちに待ったW杯に向け、私の準備もバッチリだ。

c0322794_2130657.jpg

今日は全~部キティちゃんバージョンで
ザックジャパンを応援♪

c0322794_21324244.jpg

ちなみにこのジャパンのタオルは
昨日会った友人からのプレゼントだ。

あ~ワクワクする!
楽しみ楽しみ、た・の・し・み~♪
頑張れ!ザックジャパン!!

今日の試合は最低でも3点欲しかったから
私の応援も不完全燃焼だけど
勝ったからまぁ良しとしよう。

親子3人で、さぞかしうるさく
応援してると思ったあなた・・・大ハズレ!!
母はとっくに寝たし
娘は自分の部屋で韓国ドラマに夢中。
つまり今日もうるさく応援してるのは
いつものように私1人だけなのだ。

同じ血が流れてるはずなのに、この冷めよう・・・
信じられん。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-27 21:56 | サッカー | Comments(0)

梅酒漬けた~♪

毎年この季節になると気になっていた梅酒を
今年初めて作ってみることにした。
私はお酒は飲まないが、梅酒は別だ。
その昔、私の実家には
年代物の美味しい自家製梅酒があった。
私も是非作ってみたい。

ということで、必要な材料を用意し
スーパーに大粒の青梅が並んだ土曜日
梅酒作りに着手した。

c0322794_12465585.jpg

まずはビンを熱湯消毒してよく乾かし
梅も綺麗に洗った。

c0322794_1253018.jpg

お酒はホワイトリカーを使うのが一般的らしいが
我が家の梅酒はブランデーで漬ける。
この方が優しい味になるのである。

c0322794_1257275.jpg

c0322794_1257171.jpg

続いて梅のヘタを取ったら
2時間ほど水に浸けてアク抜きをする。

c0322794_1324777.jpg

あとは水分を完全に拭きとって
氷砂糖と交互にビンに入れるだけである。

c0322794_136252.jpg

最後にその上からお酒を入れれば完成~♪
アバウトな私にも簡単にできる梅酒である。
ちょうど、いただいたハチミツがあったので
少し入れてみた。
どうせなら甘い梅酒の方がいいし。

c0322794_138056.jpg

けれど、これで完璧~♪と思っていたら
梅に穴を開け忘れていたことに気づいた。
そうすれば早く飲めたのに・・・マヌケ。
仕方ないので今回は気長に待つことにする。

さて、問題はどこに置いておくかである。
ちなみに我が家で1番涼しいのは1階のトイレだ。
けれどさすがにそこに置くのは抵抗がある。
ということで悩んだ末、とりあえず
玄関のスリッパ立ての後ろに置くことにした。

さてさて、美味しい梅酒はできるのか・・・。
乞うご期待!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-26 22:25 | マイブーム | Comments(0)

初孫、四十九日

初孫の凛太朗が天使になってから
今日がちょうど四十九日目である。

昨日がお休みだった娘婿は自宅に戻り
夜には我が家に凛太朗を連れて来てくれた。
娘と私は昼のうちに花屋へ行き
凛太朗のためにカワイイ花を用意した。
今、こうして改めて見ると
骨つぼのあまりの小ささにまた悲しくなった。

その凛太朗の横には花瓶に挿した花が置かれ
両側には、娘婿が用意した木製の男の子と
女の子の人形が並んだ。
モチロン哺乳ビンにはミルクを作った。

4月7日、あの魔の日から四十九日が経つ今も
あの日の気持ちを忘れたことはない。
今も自責の念は少しも消えることはなく
抱っこした時の凛太朗の温かさも
昨日のことのように思い出す。

娘婿は今週いっぱい撮影が入っているため
今のところ来月以降、仕事の様子を見て
四十九日の集まりをする予定でいる。
法要という形ではなく
娘婿のご両親との食事会になるようだ。

納骨はしないことにした。
凛太朗はこの先もずっと
お父さんお母さんと一緒に暮らすことになる。
それなら凛太朗も寂しくないだろう。

娘の体力はまだ完全には戻っていないものの
おかげさまで身体の方はほぼ回復してきた。
今週末に再度の健診に行けば一段落。
7月からの復職に向け準備開始だ。

いよいよ、すべてが日常に戻り始める・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-25 22:30 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

みんなで餃子

今日は娘のリクエストで餃子を作ることにした。
思えば、最後に自分で餃子を作ったのは
いつだっただろうか・・・。

忘れている人がいるかもしれないので書くと
私はラーメン屋の娘である。
つまり父も母も中華料理のプロなのだ。
当然、母と一緒に作る餃子はプロのレシピ・・・
かと思えば、コレが至って普通である。

なぜなら、餃子は仕込みから完成までを
父が一手にこなしていたからである。
しかもその量たるやハンパではなく
調味料も大さじの世界ではない。
さらにラーメン屋を止めた後は
クリーニング屋をやっていたため
餃子はいつしか母の記憶の彼方に消えた。

かくして分量も何もかもがアバウトな
餃子作りは開始された。
とりあえず皮を2袋購入したので、52個が目標だ。

c0322794_029984.jpg

まずは「こんなもんじゃない?」と言いながら
白菜を適当量みじん切りにした。

c0322794_0514020.jpg

c0322794_0515838.jpg

それから塩もみし、手ぬぐいに包みよく絞る。

c0322794_0533897.jpg

ひき肉におろしたにんにくと生姜を加え
調味料をアバウトに入れて味を調整しつつこね
白菜、ニラ、長ネギのみじん切りとまぜる。
これで母曰く「餃子のあんこ」が完成~♪
量りも計量スプーンも一切使わない
勘だけで作ったあんこである。

c0322794_1369.jpg

c0322794_132250.jpg

さっそく3人で皮に包んだ。
さて、皮とあんこのバランスはいかに・・・。

c0322794_154338.jpg

ジャ~ン!アバウト餃子の完成~♪
結局、皮2枚分のあんこが残ったが
最初のいくつかを少な目に包まなければ
ピッタリの量だったところはさすがプロである。

c0322794_1104895.jpg

そしてそして味はと言えば、娘曰く
「お店の餃子の味~♪」
だそうで、1週間ぶりに撮休で帰って来た娘婿も
喜んで食べてくれた。
彼は明日、ニンニク臭を漂わせながら
4時起きでロケに行く。

そうして私は今、ニラ臭いリビングで
この記事を書いている。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-24 23:59 | 美味しいもの | Comments(0)

2年ぶりの脳検査

今年度より健康保険組合から
脳ドックに補助金が出るようになった。

私のMRI初体験は2008年の2月である。
その際には白い丸がいくつも写り
「軽い脳梗塞の可能性もあるが
実際にはハッキリそう言えるものでもない」
と、よく分からない説明を受けた。

2011年の2月には
脳神経クリニックでCTを撮ったが
やはり白い丸はその時点でも確認できた。
これ以上増やさないためにと投薬を開始し
結果的には1年5ヶ月の間毎日
血液を固まりにくくする薬を飲んだ。
けれど画像に白い丸が無くなったことで
投薬も通院も止めた。

そろそろまた検査に行かなくては・・・
と考えてたところだったのでナイスタイミング♪
早速、検査の申し込みをした。
今回はMRIとMRAの両方の検査であり
先週の金曜日に出かけた。

検査後に見せてもらった画像では
血管に異常らしきものは無かった。
けれど、脳の画像にはまた白い丸があった。
「これは古いものかもしれないですね。
今すぐどうこうという心配はありません」
先生はそう言った。
何だ・・・やっぱり白い丸はずっとあったのだ。

そして今日、さらに画像を専門医が確認してから
送ると言われた結果が届いた。

c0322794_23584599.jpg

これだけを見ると、至って健康な脳っぽいが
白い丸については何も触れられていない。
え~・・・大丈夫かなぁ。
心配するものではないということなのかな。

ん~・・・異常ないと言われても
あまりに簡単な報告に、納得できない私である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-22 23:59 | 健康 | Comments(0)

おかえり~!鳩時計♪

1994年、ドイツに駐在して最初の夏
スイスに旅行した際に鳩時計を購入した。
それから4年間ドイツ暮らしをした鳩時計は
1998年に私たち家族と共に帰国した。

数ある鳩時計の中から選ばれ
我が家にやって来たのは重り式のタイプだ。
ぶら下げた重りの動力で時計が動くのだが
重りは1つが1キロを超え、それが3つある。
30分ごとにカッコウが鳴き、人形が動き
2曲のオルゴールが交互に流れる仕組みだ。

生まれた土地を離れ
遠い日本の時を刻み始めたこの鳩時計は
それから8年間は順調に動いていた。
ところが2006年頃になると
窓からの風で頻繁に止まるようになった。
もしかして日本の湿気が良くないのかも・・・。

オーバーホールが必要かもしれないと考え
早速ネットで探し出した時計屋さんに
お願いすることにした。
鳩時計は、当時まだいた元旦那が
車で直接持って行ったが
お店はご主人が1人でやっている上に
日本中から依頼が入っているため
修理には3年くらいかかると言われてきた。
それでも他にお願いできるところがない以上
待つしかない。

あれから8年・・・。
さすがに不安になった私は、3月下旬
思い切ってその時計屋さんを訪ねた。
その結果、我が家の鳩時計は
とっくに修理が終わっており
箱に詰められ忘れ去られていたことが判明した。

さらに、いくらメールしても返信が無かったのは
PCが壊れているからだった。
時計が何より大好きなオタク系だけに
修理が終わってしまえば
気持ちは次に向かってしまうらしい。

それでもとにかく、待ちに待った鳩時計は
8年ぶりに我が家に帰宅した。
やっほ~♪

c0322794_23302355.jpg

これが鳩時計の後ろを開けたところ。
中はこんな風になっている。
上に見える人形は鳩の下でクルクル回る。

c0322794_23322426.jpg

これらをすべて分解し、1つ1つ丁寧に掃除する。
時計ごとに作りも違い大変な作業である。

c0322794_2336412.jpg

我が家ではリビングにかけているが
重りも入れるとかなりの重量となるため
この部分の壁は建てる際に補強してもらっている。

c0322794_23382429.jpg

c0322794_23392354.jpg

ベランダの人形が先ほど裏から見えていたものだ。
赤いベストを着た正面の4人は楽器を演奏していて
この人形たちも動く。
左側の水車もクルクルと回るが
実はコレ、ベルトが切れていたらしい。
最初から回っていなかったかもしれない。

c0322794_23535975.jpg

このオジサンは
屋根の上の鐘を鳴らしてくれる。

こうして我が家に
久しぶりにカッコウとオルゴールが響いた。
時計オタク店主曰く
この鳩時計はものすごくいいものらしい。
「オルゴールの音色が全然違う!」
と、それはそれは大絶賛だった。
店内には日本中どころか海外からも
修理依頼の鳩時計が届いており
それだけの時計を見て来た人の言葉だけに
ちょっと嬉しかった♪

そうだ!落ち着いたら
「鳩時計披露の会」を開くことにしよ~♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-19 23:59 | しーちゃんち | Comments(0)

まだまだ花がいっぱい♪

少し遅れの母の日で息子夫婦が花をくれた。

c0322794_22212667.jpg

ミニブーケだが、ちゃんとピンクである。

c0322794_22221695.jpg

こちらは友人から娘に届いた花カゴ。
娘の大好きなひまわりもたくさんあったが
現在はもう無い。

c0322794_2225897.jpg

くちなしは相変わらずいい香りを漂わせ
1つずつ順番に咲いている。

c0322794_2226744.jpg

すでに花が終わったミニシクラメンも
まだまだ葉っぱは元気である。

c0322794_22273897.jpg

花壇のナガミヒナゲシも
毎日たくさんの花を咲かせてくれている。

c0322794_22282686.jpg

額アジサイ「隅田の花火」は
つぼみがポツリポツリと開き始めている。

c0322794_2230635.jpg

この通り、今年もまた
玄関脇に目一杯広がっている。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-18 22:37 | ガーデニング | Comments(0)

我が家、その後

娘が退院してからは母も手伝いに来てくれ
我が家は女3代の暮らしになっている。
さらに娘婿も、用事で自宅に帰る時以外は
我が家に泊まっているので賑やかな毎日だ。

母は平日は娘と自宅で過ごし
散歩を兼ねて毎日2人で買い物に出かける。
O型同士、ペースも気も合う2人である。
母は夕飯の支度を一手に引き受けてくれ
私も大いに助かっている。
そんな母も土日は大好きなおパチに行く。
駅前にもパチンコ屋はあるが、最近は電車で
知らない街の大きな店まで遊びに出かける。
その行動力たるや驚くばかりである。

先週1週間、母は一時帰宅した。
季節になった「らっきょう」を漬けるためだ。
毎年恒例の行事であるが
このらっきょうは叔父叔母が
何度もビン持参でもらいに来るほど好評だ。
今年も6キロ漬けてきたという。
娘もこのあと教えてもらって
「らっきょうデビュー」すると張り切っている。

娘婿はと言えば
先週末からいよいよ戦隊ものの撮影が始まり
しばらくは撮影所に泊まり込むことになる。
身体は回復してきたとは言え
娘を1人にすることを心配している娘婿も
母がいてくれることで
安心して仕事に打ち込めるようだ。

娘は今月末、再びチェックで通院した後は
輸血後3ヶ月となる7月にもう1度検査があり
それで問題が無ければ一段落となる。
職場復帰も7月1日に決まった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-17 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)