カテゴリ:しーちゃんファミリー( 134 )

R、運動会

息子の娘、Rの運動会に行って来た。
園庭が狭いため、毎年
近くの高校の体育館を借りている。

c0322794_22164957.jpg

c0322794_22170553.jpg

お天気を気にしないのは助かるが
観客は多く、なかなか厳しいものがあった。

c0322794_22182735.jpg

最後に息子の運動会を見たのは20年ほど前。
今や入退場の行進曲もすっかり変わっていた。
ジャニーズだ・・・。
SMAPだったり、嵐だったり、AKBもあった。
時代を感じつつも、ワクワクする私。
今でも運動会とはちまきが大好きである。

Rの最初の競技は「かけっこ」。
足だけは速かった息子の子供らしく
1番でゴールテープを切った。
最近は順位をつけない運動会も多いと聞くが
この幼稚園ではちゃんと判定し
ゴールの後、Rは1の旗のところに並んだ。

c0322794_22184012.jpg

親子競技の分担はどこの家も同じで
お遊戯は母親、競技は父親の担当だった。
嫁は直前まで観客席で振りを確認していたが
無事にRと踊り終えた。

c0322794_22191084.jpg

息子との競技は「だるまはこび」。
無事にだるまを落とすこともなく
息の合った親子ぶりを見せていた。

c0322794_22192459.jpg

c0322794_22194109.jpg

その後、保護者のリレーがあった。
リレーと聞けば走りたい息子だったが
出場者は希望者の早い者勝ちだったらしく
システムの分からない息子は出遅れた。
まぁ、あと2年あるし今年は止むなしだ。
 
とは言え、この狭い体育館では
リレーと言ってもコーンまで走って
折り返すだけのものだった。
それでも本気で走る父親の中には
思いっ切りブッ転ぶ父親もいて
やはり昔のようには行かないようだ。

ちなみに母親のリレーは希望者が少なく
嫁が駆り出されていた。
なぜかアンカーの嫁だったが
バトンをもらった時点で半分の差がついており
残念ながら負けとなった。

先週から腰を痛めている私には
観客席に座ったままは若干辛かったものの
それでも十分楽しませてもらった。
嫁に会い、嫁のご両親にも会い
思うことが色々あった1日でもあった。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-08 23:34 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

敬老参観行って来た♪

息子の娘、Rの幼稚園で敬老参観があり
「敬老」の言葉にどっぷり老けながらも
午前休を取り出かけた。

確かに近いとは聞いていたけれど
予想以上に息子宅の近所にあった幼稚園に
ビックリである。
これは楽だ。
嫁の両親も来ていたためRはご機嫌だった。

9時になると、全員で園庭に出て体操だ。
七夕生まれのRだが、背は大きい方で
やっぱり私の孫とは思えない。
年少、年中、年長ともに
20人ずつの2クラス構成である。

それから部屋に移動すると参観開始!
いつもの様子を見せてもらった。
今日の予定は8つ。
歌の時間、英語の時間
それから椅子取りゲームへと続く。
敬老参観はこの3つ目までである。

歌の時間では40人の子供たちが
先生のピアノに合わせて、トトロの「さんぽ」他
2曲を元気一杯歌ってくれた。
その間も度々私たちに手を振るRであった。。。

続いては英語。
この幼稚園が人気の理由である。
外国人の男の先生がギターを弾いたり
カードを使ったりしながら英語で話していた。
数字や、身体の部分の名前はすでに憶えていて
今日は「dancing」「running」「swimming」
の3つを新しく習っていた。
先生が連発する「Good J0b!」も
すでに子供たちにはお馴染みのようだ。

けれど「女の子3人手伝って」と言われ
真っ先に手を挙げて出て行くRを見て
この子はいったい誰に似たのかと思った。
少なくとも同じ年少の保育園時代
泣いてばかりいた私でないことは明らかだ。

最後の椅子取りゲームでは
いいところまで残っていたRだったが
伴奏が「大きな栗の木の下で」になると
振りをしながら調子良く歩いていたため
突然止まった曲に反応できず、あぶれた。
笑える。。。
あのひょうきんさは、間違いなく息子の血だ。

2時間弱の参観はあっという間で
とても楽しい時間だった。
幼稚園も、元気に通うRも見せてもらい
安心したしーちゃんばあちゃんであった。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-09-13 23:58 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

もう8年

また1年が過ぎ、父の8回目の命日が来た。

実は先日、夢に父が出てきた。
最近は夢を見ていないのか、忘れるのか
朝まで覚えていることはまずない。
けれど、その夢はしっかり私の記憶に残った。

それが誰だったかは思い出せないが
父は2人の人と一緒に立っていた。
そしていつもそうだったように
優しい顔で笑っていた。
私は走って行き、父に抱きつくと言った。
「会いたかったよ。
最期に会いに行けなくてごめんなさい」
父は何も言わずに微笑んでいた。
それだけ。。。

けれど、目が覚めた後も
父に抱きついた感触は確かに残っていた。
間違いなく父は会いに来てくれたのだ。
1人になった私が心配だったのかもしれない。

大丈夫だよ、私は元気!
何とか頑張ってるからね。
みんなも元気だから心配いらないよ。
でも、時々は会いに来てね。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-08-13 10:13 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

息子TV出演

先月末、息子がTVに出た。
仕事の様子を撮影したものだが
思ったよりしっかり映っていた。

4年ほど前、サッカー関係の仕事から
先輩が始めた掃除屋を手伝うと
転職した息子。
2人でやるという仕事に
親としては正直不安があったものの
ダメならやり直せばいいと思っていた。

けれど私の心配をよそに仕事は順調で
現在は店舗が4つ、社員も7人に増えた。
おかげさまでお店の成績も良く
今年はFC全国大会で3位となり
優秀賞を受賞した。
一昨年の10位に続く受賞である。
さらに息子自身は一昨年の接客コンテストで
関東エリア代表となり、ベスト10に入った。
今は店長として忙しい毎日である。

c0322794_20445123.jpg

c0322794_20450519.jpg

c0322794_20452877.jpg

今回、その仕事ぶりをTVで見ることができ
ホッとしている。
ちゃんと働いてるじゃん。。。
自分の部屋を掃除したこともない息子が
お風呂場をピカピカにしている。
やればできるじゃ~ん!
って、仕事となれば別だよね。

とにかく、思いがけず
頑張っている息子を見られて安心した♪♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-07-08 21:09 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

嫁の真実

今月上旬、嫁の父方の祖母の葬儀に
参列したことは書いた。
実はその際、私が初めて知ったことがある。
嫁の実家が宗教を信仰していたことだ。
これは私にはショックなことだった。

私の一族は宗教とは無縁であり
これまで一切かかわることなく生きてきた。
特に両親は大の宗教嫌いで
父亡き今もそれは変わらない。

誤解なきよう言っておくが、信仰は自由だ。
誰がどんな宗教を信仰していようと
それについてとやかく言うつもりはない。
けれど、それを無理強いすることは
絶対に認められない。
仮にも息子に入信を勧めたり
何も分からない孫のRを入信させることが
あってはならないのである。

本来なら、結婚の話が出た時に確認し
最初にハッキリ伝えておくべきだった。
けれど今の今まで知らなかったのだから
こればかりは仕方がない。
その意味では
葬儀に参列して良かったのかもしれない。

すぐにでも私の気持ちを伝えたかったが
次回いつ嫁に会うかも分からないので
とりあえずメールで送ることにした。
けれどその後、嫁から全く反応はなく
「わかりました」
と、やっと返信が届いたのは
私がメールを送信してから9日後だった。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-06-23 17:43 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

葬儀に参列したけれど

体調不良でかなりの有休を使ったため
しばらくは休みたくなかったのだが
息子から訃報が飛び込んだ。

「嫁の父方の祖母」が亡くなったと言う。
私は会ったこともない人である。
どうしよう・・・。
正直、そこまで参列すべきなのだろうか。
そもそも、どこまでを付き合いの範囲とすべきか。
一般的にはどうなの?

すぐに調べてみると、何と!
ほとんどが参列の方向であることが分かった。
遠い場合はともかく
夫婦での参列も珍しくないようである。
マジかぁ。。。
今回は同じ区内での葬儀である。
つまり私は出るしかないってことなのだ。

と言うことで、今日は葬儀に出かけた。
親族なのか一般なのか、ビミョーな立場である。
けれど到着するなり
嫁の母に親族席へ連れて行かれた私は
結局、息子家族と共にお焼香もした。

納棺の際は一般の人より先に通されたものの
涙、涙でお別れを告げる輪の中から1歩下がり
さすがの私も涙も出ないお別れだった。
さらにその後、そのまま火葬室へと共に移動し
お骨まで拾うことになるとは思いもしなかった。

みんなそうなのかなぁ・・・。
もちろん、気持ちの問題だとは思うけれど
一般としての参列でも良かったのではないかと
つくづく思った私であった。

唯一良かったのは
私にちっとも懐かない孫のRと会えたことだ。
頼み込んでやっと一緒に撮ってもらったので
載せておく。

c0322794_10082865.jpg

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-06-08 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

頑張る孫たち♪

この4月から新しい生活をスタートさせた
孫たちのその後である。

息子の娘Rが幼稚園デビューし早1ヶ月。
同じ区内に住みながら
全く連絡をよこさない息子に嫁である。
こちらから送ったメールに
やっと返信してきた嫁によれば
その内容は意外なものだった。

私が知るRは、物怖じしない性格だったが
どうやらRは赤ちゃん返りしているようだ。
毎朝登園前はガン泣きらしい。
まだまだ不安が大きいのか
寝る前や夜中にも泣くことがよくあるそうだ。

ただ、幼稚園自体は楽しいようで
お弁当もしっかり食べ
帰って来ると1日の出来事をよく話すと言う。
GWを挟んで、今はどうしているのやら。
元気なのか病気なのかも不明である。

Rより1週間遅れて保育園デビューしたのが
娘の息子Eである。
同時に育休が明け、職場復帰した娘と共に
これまでののんびり生活から一転した。
幸い、毎朝送って行くのは娘婿が担当してくれ
かなり恵まれている娘である。

言うまでもなくEも毎朝ガン泣きのようだ。
初日は1日泣きっぱなしだったのか
迎えに行くとハスキーボイスだったと言う。
日が経つと、保育園に近づくと泣き始めたり
娘が支度をしているのを見て泣き始めるなど
勘が鋭いEである。

そして3日目には早くも熱を出したそうで
保育園からの呼び出しで娘が早退し
翌日は娘婿が仕事を休んだらしい。
やっと少し慣れてきたところでGWに突入。
娘たちは9連休で娘婿の実家へ出かけたため
連休明けからはまた、仕切り直しだろう。
それもみんなが通る道。

頑張れ!R~!
頑張れ!E~!
応援だけのばあちゃん、ちょっと気楽♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-05-10 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

息子も34歳

今日で息子も34歳になった。

4年前、息子が転職し
先輩の仕事を手伝うと聞いた時には
正直心配だった。

けれど、おかげさまで会社は順調で
現在社員は8名になり、店舗も4つに増えた。
スタート時、先輩の自宅が兼用だったが
今では立派な事務所もできている。

業績も順調に伸びていて
一昨年は全国でベスト10に入ったと思ったら
今年は何と!まさかのベスト3に入り表彰された。
本当にありがたいことである。

当然、忙しさはハンパなく
先日は久しぶりにちょっと顔を出したものの
お正月以来だった。
まぁ、元気ならそれで良しと言うことで。

この1年も健康にだけは気をつけて
バリバリと働いてもらいたい。
そしてもちろん、夫として父として
しっかりとその責任を果たしてもらいたい。

誕生日に贈る母の言葉だ。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-04-17 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

春・・・

6年前の4月7日に叔母が亡くなり
5年前の4月15日に
高校時代の親友を亡くした。
さらに4年前の4月7日
叔母と同じ日に初孫の凛太朗が天使になり
私にとって4月は、いつしか
1年のうちで1番悲しい月になった。

さらにこの季節は花粉で顔もボロボロ。
絶不調とくれば元気が出るわけもない。
有休がたくさんあったなら
まるまる1ヶ月休みたいところである。

けれど子供たちはそれぞれ
今月から新しい生活をスタートさせた。
一足早く、先週から
息子の娘Rが幼稚園に通い始め
嫁も以前のパートに復帰しつつある。

そして今日から
娘の息子Eが保育園デビューをした。
長い育休が明けた娘も
今日から予定通り職場復帰している。
あの頃の私と同じ道を今、娘が進む。
そんな歳になったんだね。。。

2人の子供を0歳から保育園に預け
目の回るような毎日を送っていたあの頃。
それらをほぼ1人でこなしていたなんて
ホントにすごかったね・・・アタシ。

何だか今日、一気に老けた。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-04-16 23:57 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

R、入園式

息子の娘Rは昨日が入園式だった。
一昨日の夜には、お正月以来
3ヶ月ぶりに家族そろって顔を出したが
もうすっかり「子供」になっていた。

翌日から始まる幼稚園生活を
とても楽しみにしていて色々な話をしてくれた。
ちゃんと自分の名前も書いて見せてくれ
お友達の名前もたくさん教えてくれた。
娘もそうだったが、女の子はとにかく良くしゃべる。
最初から最後までしゃべりっぱなしのRだった。

c0322794_23200264.jpg

c0322794_23393515.jpg

制服は無く、スモックと帽子だけだそうだ。
ちなみにこの幼稚園は
地域でもとても人気のある幼稚園らしい。
入園資格は親の足の速さで決まるという
なかなかユニークな幼稚園だ。
英語教育にも力を入れているそうで
親は家で英語を教えるなと言われたらしい。
変な発音を覚えたら困ると言うことだ。

これからRが遊びに来れば、英語の単語を訊かれ
そのたびに発音を直されることになるだろう。
ばあちゃん立場ナシである。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-04-11 23:41 | しーちゃんファミリー | Comments(0)