カテゴリ:健康( 115 )

次は足の甲

ここへ来て、ようやく腰の痛みが無くなった。
今までで1番長くかかった腰痛だった。
さすがにこのまま不調が続くかと
不安になり始めていたので、ホッとしている。
良かったぁ。。。

と、喜んでいたら今度は足に来た。
右足の甲、指の付け根あたりが酷く痛むのだ。
今度は足の骨の変形か何か?
最悪なのは、この場所が痛むと
歩くのに支障が出ることである。
いや、支障どころの話ではなく「歩けない」。

何とか痛む場所を触らないように
厚い靴下を履いてみたり、靴を変えたりと
色々試すも効果はイマイチだった。

甲に巻くサポーターがあればと探すも
なかなか思うような物もなく
とりあえず、昔買った
外反母趾用のサポーターを引っ張り出し
それで何とかごまかしながら
すでに半月が過ぎた。

c0322794_23320549.jpg

そしてネットでやっと見つけたのがコレ。
別に外反母趾用でなくてもいいのだが
まさにイメージしてた形だったので
ちょうど溜まっていたポイントを使いゲットした。

痛みは日によって差があり
今日は平気でも、いつまた出るか分からない。
これからは毎日バッグに入れ
突然の痛みに備えるしかない。
はぁ・・・。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-11-20 23:43 | 健康 | Comments(0)

今年もバリウム検査

今年もまた人間ドックに行って来た。
会社で指定の健診センターへ行くのだが
検査は1時間ほどで終了する。

そして私は、誰でもそうだろうが
バリウム検査が大嫌いである。
前の会社の健診では自由が利いたので
バリウム検査は受けず、別の日に自費で
経鼻内視鏡検査を受けていたほどだ。

けれど今の会社の人間ドックでは
バリウム検査を受けるしかなく
年に1度の憂鬱な日となっている。
今日は運悪く、3つ目がバリウムだった。

そりゃあ確かに、以前と比べたら
バリウムも飲みやすくなってはいる。
昔のバリウムは味もない上に量がハンパなく
紙コップのサイズはLだった。
そこにたっぷり注がれたバリウムを
飲まなくてはならなかったのである。

それから比べれば
今のバリウムは可愛いもんだ。
ほんのり味もあり量だって少ない。
それでもイヤなものはイヤなのだ。

かくして必死に出ようとするゲップと戦い
口の横から垂れたバリウムは白い線となり
見るも無残な顔で検査を終えた私。
ゲッソリである。。。

午後は休みを取ったものの、下剤の効きは弱く
バリ便が出たのは夜になってから。
しかもご存じの通り、全てを出し切るには
今しばらくの日数がかかる。
も~~!これがイヤなんだよ~!!

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-11-14 23:59 | 健康 | Comments(0)

病名確定!

血液検査の結果を聞きに行って来た。

「リウマチ因子なし」
ホッとした。。。

これで私の指は「変形性関節症」と確定。
第1関節に出ているため
「ヘバーデン結節」である。
この先、どれだけ変形が進むかは不明で
今は出ていない他の指や左手にも
同様の症状が出る可能性は大いにある。

発症原因は不明だが
女性ホルモンのバランスが関係あるらしい。
つまり更年期障害の1つと言うこともでき
通常一般的に見られる更年期の症状・・・
のぼせやイライラ等が起きない人に
この指の変形が多く見られると言う。

私自身、のぼせはあったし
イライラや気分の落ち込みも
それなりにあったと自覚している。
なのにさらにこれって・・・損した気分。

治療方法は無い。
すり減った軟骨は元には戻らないし
曲がった指が元通りになることもない。
痛みが強い時には炎症止めを塗り
関節を固定するべくテーピングを行い
あとは痛み止めを飲むしかないのである。

ということで、テーピングの説明を受けた。
当然、それなりの巻き方があるのだろうと
目を凝らして見守った。。。
がぁ~!何てことはない。
伸縮性のあるテープで
第1関節の上をグルグル巻くだけである。
え?それだけかよ。

けれど、関節が痛むのは
変形が進行している間だけで
それが止まれば痛みも無くなるようである。
さらに、更年期を過ぎれば
新たな発症は無くなるそうだ。

とにかく今はただ、何とかこの3本だけで
変形が終わってくれることを祈りたい。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-11-02 23:59 | 健康 | Comments(0)

やっぱり変形性関節症

関節の腫れを診てもらいに行って来た。
会社近くの整形外科である。

診察室に入った私は、症状を伝え
先生が出した手に右手を乗せた。
一目見て、先生は言った。
「リウマチではないと思いますね」
腫れが第1関節にあることなどを挙げ
やはりヘバーデン結節の可能性を指摘した。

まずはレントゲンを撮り
その後、血液検査のため採血をした。
「まず無いと思いますが
念のためリウマチ因子を調べます」
とのことである。

現像されたレントゲン写真を見ると
小指、薬指、そして中指の3本に
第1関節の軟骨のすり減りが
ハッキリ見られた。
特に曲がっている小指の症状は顕著で
すり減った側に大きく傾いてしまっている。
「変形性関節症ですね」
先生は言った。

変形性関節症自体は
全身のどの関節にも起こりうる。
その中で、指の第1関節に出るのが
「ヘバーデン結節」。
指の第2関節に出るのを
「ブシャール結節」と言い
どちらもリウマチとは違うものだ。

ただ、先生は中指については
「ヘバーデン結節になるだろう」との見解で
他の2本は「変形性関節症」との診断だった。
イマイチその違いが分からないが
結局は、ヘバーデン結節だったと理解した。

であれば今後、他の指にも出る可能性があり
変形がさらに進むこともありうるわけだ。
けれど、痛みの対処法や薬は色々あるそうで
先生によれば、リウマチに比べたら
日常生活に大きな支障が出ることは少ないようだ。
利き手であるだけに、それだけは何とも避けたい。

とにかくこれで私は、めでたく
治らない病を2つ抱えることになった。
この先、さらに医療費が嵩むことが決定し
憂鬱度はド~~~ンとアップである。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-26 23:59 | 健康 | Comments(0)

たぶん、ヘバーデン結節

2週間前、関節リウマチかも・・・と書いた。
指の関節が腫れているのに気づいた時に
思い浮かんだ病名である。

けれどここへ来て、違う気がしてきた。
もちろん例外はあるものの
関節リウマチは第2関節に出るのが典型的で
左右対称になりやすいらしいが
どちらも私の症状とは違う。

c0322794_22422927.jpg

c0322794_22423951.jpg

c0322794_22425108.jpg

c0322794_22430440.jpg

分かるだろうか。
腫れているのは第1関節である。
今のところ右手の薬指と小指だけに腫れがあり
左手の指は全く何の問題もない。
写真では中指も腫れているように見えるが
これは子供の頃からのペンだこである。
現在痛みがあるのは薬指と小指だけだが
正直、動作に支障が出る痛みである。

「ヘバーデン結節」。
ほぼ間違いなく、これが病名だろう。
40歳以上の女性に多く見られる原因不明の病気。
関節が変形するため
人前に指を出したくないという患者も多いらしい。
すでに私の小指も変形気味だ。
・・・最悪。。。

治療はテーピングやステロイド剤の注射で
酷い場合は手術となるようだ。
調べているうちに、患者には
冷え性の人が多いとのことで納得した。
なるべくしてなったかもしれない。。。

冬になると私の右手は異常に冷える。
手袋をしていようが冷たいまま。
それもハンパない冷たさなのである。
実は昔から気になっていたことだ。
まさかそれがこんなことになろうとは
嘆いたところで後の祭り。
しかも、よりによって右手。。。利き手だし。
左手だったなら、まだ良かったのにね。

とりあえず金曜日、医者に行く。
まずはちゃんと診てもらってからだ。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-23 23:35 | 健康 | Comments(0)

やっと上向き♪

丸々3週間痛み続けた腰も、おかげさまで
ここへ来てかなり落ち着いてきた。

と言っても、やはり痛みを感じる姿勢があり
まだまだ完全復活には程遠い。
それでも今週は翔哉くんに会えたことで
テンションは急上昇中~💓

その昔、私の好きな人は皆「ヒロ」だったが
最近は「ショウ」がつく。
翔哉に昌磨。。。
きゃあ~!どちらも可愛すぎ~💓

この夏は、暑すぎて何もする気になれず
その後も続く体調不良から
私はほとんど冬眠状態だった。
けれどやっと復活の兆し、行動開始だ♪

まずは会いたい人に会う!
延び延びになっている友人たちに連絡して
年内には会っておきたい。

そして、腰痛のため
片付けの途中で放置したままの荷物も整理し
少しずつ大掃除を始めるつもりだ。
現在の私の部屋は、自分で言うのも何だが
完全にゴミ屋敷化している。
身体が動くうちにどんどん捨てなければ
本物のゴミ屋敷となるだろう。

このまましばらく元気が続くように
私自身も祈る今日この頃である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-19 23:35 | 健康 | Comments(0)

腰痛続く・・・

結局のところ、腰痛は続いたままだ。

そんな中、昨日は美容院へ行ったため
2時間以上座っていなければならず
何度も体勢を変えて何とか乗り切った。

けれどタンスの入れ替えをした今日
十分に気をつけてはいたものの
やっぱり腰に負担がかかり
かなりヤバい状態となってしまった。
これ以上続ければギックリになる。。。
作業はすぐに中断した。
散らかったままのやりかけだが仕方ない。

今回の腰痛は手強い。
すでに2週間になるが
何をやっても治っている実感がなく
正直、どうしたものかと途方に暮れている。
仕事で1日中座ったままであることも
良くないんだろうね。

やっと大好きな秋だと言うのに
何もする気になれず
テンション低めの私である。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-14 23:08 | 健康 | Comments(0)

関節リウマチ?

私の誕生月である10月。
大好きな季節の秋にも入り
本当ならテンションも上昇する頃である。

が・・・今月に入ってから、実は体調が悪い。
台風明けの超~満員電車で痛めたと思われた腰は
未だに治ることなく痛み続け
何を塗っても、何を貼っても快復の兆しもない。
残念ながら通っている「からだファクトリー」も
今回ばかりは役に立たなかった。
孫の運動会でずっと座りっぱなしだったことで
さらに悪化させたかもしれない。
今は歩くのがやっとで、走ることもできない。

その上、若干の風邪気味状態も続き
例によって3つの口内炎が同時にできた。
目の調子もイマイチで、乾燥なのか
アレルギーなのか、角膜の傷なのか・・・
目薬も毎日3種類持ち歩いている。

そこへ来て、このたび不安な要素が増えた。
ふと気づいた右手の指・・・。
え!?もしかして関節が腫れてる?
すぐに思いついた病名は「関節リウマチ」。
私の年代の女性に多く発症する膠原病の1つだ。
残念ながらその原因は不明である。

幸い、私の指にはまだ痛みは無いが
もしかしたら・・・という気持ちは拭えない。
そう思い始めると、腕もだるい気がしたり
気持ちはどんどん落ちていく。
そしてまた「気のせいかも」と思い直しては
両手を並べて比べることを繰り返した。

そのため、最近はブログ更新に優先して
情報を集めることに時間を使った私である。
通えそうな病院もすでに調べた。
これが本当に関節リウマチなら
すぐに治療を開始すべきだ。
あれこれ悩むよりハッキリした方がいい。

また闘病ブログが増えるかもしれない。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-10-10 23:59 | 健康 | Comments(0)

来た~!こむら返り

昨夜のことである。
突然、左足のふくらはぎが攣った。。。

今年初めまで続いた身体の攣りまくりは
マルチミネラルの摂取が効いたのか
最近は全く無くなっていた。
つまり、久しぶりの「こむら返り」だ。

当然ベッドの上で、のたうち回った。
「いたいたいたいたいたいたい!!!」
自分の声だけが虚しく響く。。。
何とか落ち着いたところで再び寝たが
朝になってもふくらはぎは痛かった。
・・・と言うより、歩けなかった。
ギョエ~!仕事行けないじゃん!

その後、少しずつ歩けるようになり
何とか出社したものの
今日は1日中痛みがあった。

そこで思い出したのが「芍薬甘草湯」♪
そうだ!いい薬があったじゃん!

c0322794_22402969.jpg

書画友のみっちゃんが送ってくれた
頼もしい漢方薬だ。
さっそく飲んだ。

そもそも、こむら返りで痛みが残るのは
ふくらはぎの筋肉に傷が入ったからで
長ければ4~5日続くことがある。
さらにその痛みが半月続くようなら
肉離れの可能性が高いらしい。

残念ながらまだ痛みは続いている。
肉離れじゃなければいいなぁ。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-09-12 23:27 | 健康 | Comments(0)

コンタクト卒業かな

眼科に行った。
おかげさまで前回出してもらった
アレルギーの目薬が効いているようで
かなり良くなってきているそうだ。
けれどまだ当分は
治療を続けた方がいいと言われた。

さらに、コンタクトはもう止めて
メガネに替えることを強く勧められた。
年齢的にももうメガネにすべきだと・・・。
「どうしても使いたければ
メインはあくまでもメガネで
必要な時だけコンタクトにすべき」
と言い切る先生であった。

持参したコンタクトレンズは
調べてもらったところ白濁していたらしい。
だから着けると霞んだんだ。。。納得。
とりあえず、レンズは近いうちに
交換してもらいに行くけれど
そののち、メルスプランは解約かな。

使えてたものが1つずつ使えなくなる。
できてたことが少しずつできなくなり
こんなはずじゃなかったと思う毎日。
老いるってこういうことなんだね・・・。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-08-30 23:59 | 健康 | Comments(0)