カテゴリ:仲間たち( 76 )

20年ぶりに再会♪

ドイツに行く前の友人と20年ぶりに再会した。
前回会ったのはドイツから一時帰国した1996年だった。
それからもずっと年賀状のやり取りは続けていたが
なぜか会うことがなかった友人である。

14年間勤めた保険会社を辞めた私は、当時
お習字を勉強し直すべく、書道学校に入学した。
彼女とはそのクラスで初めて出会った。
言うなれば「書道友」である。
教室では隣の席に座り、共に励まし合った仲なのだ。

その後、お互いに点々と住まいを替え
再会した今は2人そろって名前も変わっていた。
何とも、20年の月日を感じる現実であるが
お互いに当時の名前で呼び合うのには笑えた。

c0322794_23302680.jpg

c0322794_23303981.jpg

まずは「雪人参御膳」である。
人参だらけのランチだったが美味しく頂いた。
ちなみに私はご飯少なめ、彼女は普通である。

食後は近くのファミレスに移動し
何と!それから5時間お茶した。
この20年間の報告から始まり近況まで
話すことはた~~くさんである。
ドリンクバーで何度もおかわりしつつ
私も波乱万丈のジェットコースター人生を報告した。

彼女は私と同じ歳だが、出会った時は
すでにバツイチで2人の子供を育てていた。
現在もパートを2つ掛け持ちして頑張っている。
久しぶりの再会に多少の不安はあったものの
待ち合わせ場所では、お互いすぐに分かり
「ちっとも変わってないねぇ~」が挨拶になった。

実は現在、私たちはすぐ近くに住んでいる。
今日会った駅まで彼女は5分、私も10分ほどで
まさに目と鼻の先である。
しかも、今や2人とも自由気ままな独り暮らし。
お互いの安否を無事に確認し合ったところで
これからも定期的に会うことにした。

あ~!楽しかったぁ♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-03-06 23:58 | 仲間たち | Comments(0)

ガタつく年頃

もともとが物静かな私ではあるが
さすがに話すことの少ない日々が続くと
無性に誰かと話したくなる。

そんな時、久しぶりの友人が連絡をくれた。
めちゃくちゃ忙しい仕事の中で
たまたま時間ができたと言う。
やだぁ~!ナイスタイミングじゃん♪

ということで、昨日仕事帰りに会ってきた。
一見、かわらず元気そうに見えたものの
訊けば、去年はなかなか大変な年だったらしい。
何といってもシニアな私たちなのである。

悲しいくらいに次から次へとガタつく身体。
私たちの年代では当たり前のことなのだが
何やら空しい。

しゃべりまくること3時間。
それからカラオケ案が出たものの
中途半端な時間では消化不良となるため
今回はそのまま帰宅することにした。
シニアたるもの早寝早起きであるべきだ。

それでも、おかげでスッキリ♪
やっぱり私にはおしゃべりタイムが必要みたい。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-03-03 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

幸せのおすそわけ

年末ジャンボで100万円当てた友人とランチした。
年が明けてからも彼女の幸運は続いており
くじを引けば何かしら当たるラッキーぶりである。

もちろん、少しでもあやかりたい私は
久しぶりに再会するやいなや、彼女を触りまくった。
訊けば、最近の彼女は何事も順調で
人生に何度かあると言う「幸運期」を
しっかりと掴んでいるようである。
大事なことは、その訪れにいち早く気づくことだ。
私の幸運期もこれまで無かったのではなく
気づかないうちに終わったのだろう。

c0322794_1703836.jpg

とりあえずは予約してくれたお店でランチだ♪

c0322794_1712119.jpg

c0322794_1713424.jpg

ドレッシングはトマトと生姜を使ったもの。
スープは安納芋のポタージュ。
甘味があってとっても美味しかった♪

c0322794_1715556.jpg

c0322794_172715.jpg

お肉は柔らかくてソースも美味しかった♪
写真は無いが、もちろんパンもある。

c0322794_172236.jpg

普段不足している新鮮な野菜を頂きながら
宝くじや幸運の話をたくさん聞かせてもらった。
100万円が当たったと分かったその瞬間
「ゼロがもう1つ欲しかったなぁ~」
と思ったと言うから、さすが彼女である。

けれど、おかげで私は美味しいランチにありつけ
その上幸運のおすそわけまでしてもらった。

c0322794_17135797.jpg

c0322794_17141111.jpg

c0322794_17142431.jpg

きゃあ~!キティちゃんのお財布~♪
さっそく使わせてもらお~っと。
そして、このお財布の中から
グリーンジャンボ買うもんねぇ~♪♪

持つべきものは幸運な友人である。
ごちそうさま~!ありがと~!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-02-27 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

まさかの2年ぶり

この2年ほど、私はずっと低空飛行だった。
いつもモヤモヤとスッキリしない気持ちを抱え
人と会いたくない時期があったことも事実である。
それゆえ、ずいぶんと会っていない友人もいて
今年の年賀状で指摘され、そのことに気づいた。

ということで、今年の目標!
「しばらく会っていない友人たちに会う~♪」
たまたま今年は4年に1度の
中学校の同窓会の年でもあるため
中学時代の懐かしい仲間とは会えるだろう。
もちろん、私に案内状が届けばの話ではあるが。
それ以外の友人たちには
今年は積極的に連絡を取り、会うことにする。

人は死期が近づくと知り合いに会いたくなると
いつかどこかで読んだ記憶がある。
突然思い立った私もそれかもしれないが
もともと長生きはしたくない私なので
まぁ、それでも良しってことで。
明日は何があるか分からない今の時代
後悔しないためにも、会いたいと思った時に
会っておくに越したことはない。

ということで、前置きが長くなったが
突然有休を取ることにした昨日
さっそく友人とランチして来た。
そんなに会っていないとは思わなかったが
前回はばあちゃんデビューの前だったと分かり
ビックリである。
これじゃ、老けるわけだ。

日替わりランチのカキフライセットを食べつつ
お互いに近況報告をしゃべりまくったため
気づいた時にはほとんど食べ終わり
またしても写真を撮り忘れていた。
とっても美味しかった広島産のカキフライ♪
あ~残念・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-01-23 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

またまた失敗の女子会

昨日は女子会新年会だった。
が!!大チョンボである。

ちょうど3年半前、お疲れさん会に使った
どうしようもなく酷い店があった。
そして、あろうことか・・・
私はまた今回、その店を予約してしまったのである。
あ~!バカバカバカ!!

確信したのは部屋に案内された時である。
1部屋をロールカーテンで仕切っているのを見た時
あり得ない、そして忘れもしない店だったと気づいた。
当時とは名前も変わり
HPを見る限りは綺麗な店だと思ったが
まさかこの最悪な店だったとは・・・ショックである。
すでにすぐ隣のロールカーテン越しのテーブルには
6人用のセッティングがされている。
間もなく1部屋に違うグループが2つ入るわけだ。

私が仲間たちと集まる際
何より条件とするのが「扉付き完全個室」である。
でないと、自分たちの声が聞こえず
怒鳴るように話さなくてはならなくなる。
今回の店はそれが売りで
予約時に私は何度も確認した。

そりゃ、確かに扉付きの個室だ。
けれど1部屋を2グループで使う個室である。
話にならない。
私は早速、抗議することにした。

ところが、店員は日本人ではなく
言葉もたどたどしい。
「お部屋を替えてもらいたいんですけど」
「お冷ですか?」
「お部屋!部屋!!」
代わって出て来た男も日本人ではない。
再度抗議すると、他は予約で埋まっているが
ここで良ければと案内された部屋も同じ造り。
1部屋をロールカーテンで仕切っている。
ただ、こちらの半分はまだ予約が入っておらず
とりあえずは私たちだけで使えると言う。
ここしかないと言われれば仕方ない。
そちらに移動し、客が来ないよう祈ることにした。

それにしても、4人でさえ狭いテーブルに
5人座らせるところもあり得ない。
飲み放題は前回より少しはマシだったとは言え
もう2度と来たくない。

それでも、店こそ最悪だったが
みんなと会えたことは何よりである。
やっぱり女子会は楽しい♪
幸い、隣のテーブルに客は入らず
個室状態だったことで楽しい3時間を過ごせた。
ただ、いつものようにカメラを持参したにもかかわらず
写真を撮るような店ではないため1枚も写さなかった。

予約でいっぱいだと聞いた他の個室も
私たちが帰る時に見たところでは空いていた。
どこまでも酷い店である。
この先、どんなに名前を替えようが
もう絶対に騙されない。
この店はモチロンのこと
この界隈の店を利用することはない。

酷い店に我慢してくれた仲間たちに
ただただ感謝の私だった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-01-20 21:51 | 仲間たち | Comments(0)

初アリス

今日は元同僚のNさんと今年最初のアリスだった。
すっかり定例化しているアリスでの食事会だ。

彼女が給料未払いの会社を辞めたのが去年5月。
入社してほどなく毎月の給料が遅れ始め
辞める頃には何ヶ月分もの給料が
未払いとなっていた。
時々思い出したようにポツリポツリと
1万円ずつが振り込まれる。
ありえない状態である。

けれど、それから8ヶ月が経つと言うのに
未だに1ヶ月分程度の給料が払われていないそうだ。
そのたびに「△月末には払う」と期限を延ばされ
今日に至っている。
こんな調子で春までに回収し終わるのか。
ホントに、ひどい会社に引っかかってしまったと思う。

そんなわけで、最近は「給料どうした?」が
挨拶代わりになった私たちである。
何とか1日でも早く全額が回収できますように・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-01-14 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

ホントに当たるんだ

今回の年末ジャンボ宝くじで
私の友人の中の1人に幸運が舞いおりた。

彼女から届いたその報告メールには
証拠となる写真が添付されていた。
宝くじと当選番号が写っている写真だ。
私は生まれて初めて
3,000円以上の当たりくじを見た。
お~!同じ番号だ!!
ホントに当たってる~~!!
当たる人ってホントにいたんだ・・・。
しかも、こんな身近なところに。

3等・・・1,000,000円×1枚。
5等・・・3,000円×2枚。
4等は下3ケタ合ってたものの惜しかった。
それでもこれだけ当たれば十分すごい!

実は私も今回3,000円が1枚当たった。
それだけでも大喜びし
幸せいっぱいの私だったが
さすがに彼女の前ではその喜びも霞む。

「ランチしようね」
と書いてくれた彼女である。
幸運ホヤホヤのうちに彼女に会って
その運を分けてもらお~♪っと。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-01-06 23:54 | 仲間たち | Comments(0)

どうなる?同窓会

私はこれまでずっと
中学校の同窓会幹事をやって来た。
「オリンピックの年開催」を決めたのも
私たち幹事である。

実は幹事を受けた時から、私には夢があった。
「いつか温泉1泊で同窓会を開きたい!」

私たちの年齢は、子供の手が離れたと思えば
今度は親の世話が必要になるなど
自分の思うように時間が取れないことも多い。
ゆえに参加したくてもできない仲間や
何とか顔を出しても早目に帰る仲間が出て来る。
いつの日か、時間を気にせず語り合える
そんな同窓会をやりたい。
60歳か、65歳になったら・・・かな。
漠然と考えていた。

けれど前回、2012年の同窓会で事件があった。
ある同級生夫婦の夫Aが同級生Cと不倫した。
(これについては同級生夫婦の妻B自身が
すでに言いふらしており、秘密でも何でもない)
私はBからその事実を聞いていたが
当然、同窓会案内を全員に送った。
その結果、同級生Cは2次会から参加した。

私はこのことでBに思いっきり責められた。
「何でCに案内を送ったのか!」
という、ありえない非難である。
同窓会なのだから全員に送るのは当たり前!
そもそも夫婦の問題と同窓会は何の関係もない。
当たり前の仕事をした私がなぜ責められるのか。
こんなに腹が立ったことはない。
ちなみに、この夫婦はそろって幹事である。

この同窓会が無事に終了したところで
私は幹事を辞めることを決めた。
バカらしくてやっていられない。
いくら人のいいしーちゃんであっても
こんな言われ方をされてまで
我慢できるほど心は広くない。
しかもBは今後の同窓会にCを来させないために
永久幹事をやると宣言していた。
公私混同も甚だしい。

来年2016年は同窓会の年である。
聞くところによると、開催の意思はあるものの
Bの主張は相変わらずのようで
幹事は現在分裂状態にあるらしい。

アホくさ・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-10-28 23:59 | 仲間たち | Comments(2)

みんな転職

元同僚のMさんとご飯した。
せいぜい3ヶ月ぶりだろうとカレンダーを確認すれば
これが何と!5ヶ月ぶりだった。
ビックリ!!
私も老けるはずだ。

待ち合わせはMさんの職場のある渋谷だが
いつもの場所は5ヶ月の間に綺麗になっていて
これまた驚いた。
渋谷と言い新宿と言い、毎日どこかが変わっている。
高校時代は毎日利用した渋谷だが
今や何がどこにあるのか全く分からない。

c0322794_183473.jpg

c0322794_18341950.jpg

まだまだ暑さも残る中ウロウロするのもイヤなので
近くのお店に入った。
2人ともおススメの稲庭うどんのセットである。
私はサラダうどん、Mさんはネバネバうどんだ。

Mさんは現在2つの仕事を掛け持ちしているが
渋谷での仕事を今回辞めることにしたと言う。
会社側の体質の問題だが
聞いている私の方が腹が立った。
いつも穏やかなMさんがキレたくらいだから
よほどのことだったのだろう。

そんなMさんが繰り返し言うのは年金の少なさだ。
と言ってもその前の会社で9年間
厚生年金に入っていなかった私とは比較にならない。
しかも独身であるMさんは先を見据え
これまでしっかり準備したため蓄えもバッチリだ。
それでも生活は楽ではないと言われれば
私はどうやって生きていけばいいのだろう。

すでに次の仕事を探していて
来月からは新しい職場で働くと言うMさんを見て
ここのとこ、暑さにも人生にも疲れた感のある私は
ただただそのパワーが羨ましかった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-08-21 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

激動の年頃

続く暑さにグッタリモードの私である。
それでも夜は女子会だと思うだけで
元気が出るから不思議だ。

そんな昨日は5ヶ月ぶりにメンバーが全員集合♪
けれどあれだけ盛り上がったにも拘わらず
誰1人として前回の女子会について
日にちもお店も覚えていなかったのには笑えた。
「確か年末だったよね」って、実際は2月だし。

そしてその前回の女子会から帰宅した時
ゆりはご主人から転勤話を聞かされたそうだ。
この春から、すでにゆりの大好きなご主人は
札幌に単身赴任していると言う。

ん?札幌??
「しりとり」のように話は続く・・・。
実は私も先日知ったばかりなのだが
元旦那がついに実家のある札幌へ戻ったらしい。
何ともビミョーな札幌つながりである。

c0322794_22211925.jpg

c0322794_22213624.jpg

それだけではない。
会わなかったたった5ヶ月の間
私たち5人の日々はそれぞれに激動だった。
この年代の誰もが経験する親たちのこと・・・
私たち自身もあちこちに出始めた身体の不調。
さらにケガした家族の話から亡くなったネコの話・・・
おまけにギックリ腰自慢まで話は尽きない。
思えば5人で3時間ではそもそも時間が足りない。
それでも話を聞いてもらえる仲間がいることは
しあわせなことである。

たとえ冷房が効き過ぎで寒くても
飲み放題に梅酒や温かい烏龍茶や
グレープフルーツジュースが無くても
みんなと会えて話せて
元気をもらえたのだから良しとしよう!

実際前回女子会終了時に、次回は
「6年4組」の給食コースにすると決めたくせに
そんなことはすっかり忘れていた私であった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-15 22:58 | 仲間たち | Comments(0)