カテゴリ:会社・転職( 115 )

台風の余波

今週、中国に出張した社員がいる。
彼の帰国予定は明日である。

ただし彼のチケットは直行便ではない。
中国から関西国際空港へ飛び
そこから羽田まで飛ぶというものだった。
そして今週、最強台風が直撃した関空は
ご存知のように大変なことになった。。。

彼のいる地域はネットが不安定だと
ヘルプの要請があったのは5日である。
私はすぐにJALに確認すべく
問い合わせの電話をかけたが
やっと繋がったと思っても、そこからが長い。
「只今電話が大変混雑しているため
お繋ぎするまで1時間ほどかかります。
このままお待ち頂くか、おかけ直し下さい」

けれどここで切れば
次はいつ繋がるか分からない。
私は電話をオンフックにしボリュームを下げた。
繰り返されるのは暗いクラシックである。

確かに私は仕事が無いが
だからと言って雑用もないわけではない。
そのため、ちょこちょこ席を外しては
雑用を片付け、ほぼ1時間が経った頃
パートの彼女が私を呼ぶ声がした。

慌てて席に戻り受話器を取ると
電話には人間が出ていた。
お~!やっと繋がった♪
けれど結局、週末の運行状況までは未定で
仮に変更しようにも他の便に空きは無かった。

そして今日、JALのHPに
明日の関空発着便の臨時便一覧が出た。
がぁ~!彼の乗る便は含まれていない。
またしてもJALに電話するも
話し中ばかりで全く繋がらない。。。

実は、彼が関空まで飛ぶ予定の飛行機は
中国の航空会社によるものだった。
ならばとそちらへかけるも、一言。
「その便は欠航が決まっています」
しかも、あとはJALに訊いてくれとのこと。
最悪・・・何でこんな便にしたんだよ!
再びJALに電話し続けるしかない。。。

するとその後、彼から電話が入り
明日の午後便で
羽田へ飛べることになったと言う。
JALから直接彼に電話があったのだそうだ。
なんだ・・・慌てることなかったじゃん。

やっぱりJALだね!
私は何気に大変だったけど、でも良かった♪
とにかく無事に帰って来れれば良しってことで。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-09-07 23:48 | 会社・転職 | Comments(0)

午後は休業

昨日の終業間際
大阪のグループ会社からFAXが入った。
台風21号のため
今日は1日休業するとのことだった。

東京はコースから、やや外れていたため
今日は通常通り出社した。
ただし、風の影響が出るとのことだったので
出社前にはベランダの鉢植えを片付けた。

ところがお昼前、午後の休業が決まった。
東海地方にある親会社の決定に倣ったようだ。
私の予想では帰宅指示は15時頃だったので
こんなに早いとは正直ビックリである。
喜んだ営業社員たちは
お昼になるとサッサと帰って行った。

私はとりあえずいつものように
持参したお弁当を食べてから
全ての片づけを終え、13時過ぎ会社を出た。
幸い雨は降っておらず電車もまだ空いていた。

今、外はもの凄い風である。
やはり15時過ぎから強く吹き始めた風は
先ほどから怖いくらいになっている。
こういう時は1人だと
さすがに不安な気持ちになる。。。

今年は台風ばかり。
おまけにまだ暑さも戻るようだし
・・・溜め息しか出ない。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-09-04 21:10 | 会社・転職 | Comments(0)

4ヶ月は我慢・・・

私自身の転職について
何となくイメージが出来上がって来た。

先日受けた面接の結果連絡は未だに無い。
8月中にするとのことだったが
何も無いのだから、ダメだったのだろう。
期待もしていなかったが、やはり残念だ。

現に今回のことで
すでに私の頭の中は転職モードである。
すぐにでも今の会社を辞めたい気持ちが
日に日に大きくなっている。
そこで来年10月の定年に向け
どうするのがベストか考えてみた。

まず大前提として、今の会社には残らない。
その先給料は6割ほどに下がり
これは高年齢雇用継続給付金をもらっても
パートの収入と大差ない。
電車を3本も乗換えて通う意味はないのだ。
そして何より、好きになれない人が多い。

では、いつ辞めるか。
これはよく考える必要がある。
我慢さえすれば、14ヶ月は今の給料をもらえ
さらにあと2回は賞与も出るはずだ。
正直この先を考えれば、これは大きい。

かける迷惑を最小限にしようと思えば
最短は1月か2月になる。
これを逃すと次のタイミングは
7月か8月になるだろう。
それともここまで我慢したのだから
あと14ヶ月頑張るか・・・。
権利を放棄してでも転職するか。

この1週間、私なりに考えた。
そして出した結論。
「とりあえず年内は今の会社にいる」
あと4ヶ月なら何とか我慢できるかも。。。
その先のことは、その時にまた考える。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-09-01 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

正反対

最近のA君、B君はと言えば
相変わらず育っていない2人である。
けれど評価は完全に逆転。
問題児だったA君がリードしている。
全く予想外の展開だ。

B君はとにかく素直じゃない。
人の言うことに「はい」と答えるより前に
「でも」「いや」「だから、その」
と言う言葉が必ず出る。
これには彼の教育係の社員も
最近はさすがにブチ切れている。

しかも彼は営業社員が出払い
自分1人になると
意味もなく、突然外出することがある。
電話番がイヤなのか何なのか
逃げたとしか思えない。
さらには独り言も多く
パートの彼女が呆れている。

A君は何もできない。
けれど、彼はそれを自覚しているので
B君のように自分勝手な判断をしない。
分からなければ何度でも
謝りながら先輩社員に教えてもらい
その都度きちんとお礼を言っている。

言われたことには素直に「はい」と答え
それだけでも許せる気がする。
今では電話の応対も上手になり
お客さんとの会話では言葉使いも問題ない。
しどろもどろで何が言いたいのか分からない
B君よりも、営業には向いているだろう。

それでもまだまだ
1人前には程遠い2人である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-08-29 22:11 | 会社・転職 | Comments(0)

面接終了~♪

面接に行って来た。

実はあれから考え
やはりスカートくらい穿くべきかと
その昔、夏の面接で着た服を出してみた。
がぁ~!
何とか着れたものの、パツンパツン!
やっぱり自然体で行くことにした。

面接官は2名。
かなり年配の責任者の男性(70代後半?)と
採用されれば上司になる男性(40代?)。
履歴書を見ながら30分弱、話をした。

世の中狭い。。。
私が以前、経理で働いたホテルチェーンに
友人がいると責任者が言った。
「あそこの経理は細かいでしょ」
と、何やら知っているようだった。

「自分の長所と短所を教えて下さい」
と言われた時のことである。
「長所は真面目なことです。
コツコツとやるタイプですね」
私はそれしか言わなかったのだが
「それと明るい!」
と、責任者が付け加え勝手に書類に書いた。
え~!ビックリ!!
そりゃあ、暗くはないけど・・・
ここまでの印象なのかなぁ。

仕事の内容は
今まさに担当している仕事だった。
けれど未だに書類ベースで、伝票も手書き
PCもソフトは使っておらず
ExcelやWordで対処しているらしい。
「驚かないで」
というくらいだから、一昔前の事務かも。

その他、色々と説明をしていただき
勤務条件の確認も済ませた。
若干、求人記事と違っていた部分があり
その確認をしたのち
結果は今月末までに通知するとのことだ。

まぁ、期待しないで待つことにする。
今日のところは、久しぶりの面接が
無事に終わったのだから良しとしよ~♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-08-23 21:05 | 会社・転職 | Comments(0)

心の声

この2日間、履歴書を用意しながら
気づいたことがある。
私って、やっぱり転職したかったんだ。。。

何1つ決まっていないというのに
なぜかウキウキするのである。
仕事中も気づけば辞めることを考えていて
引継ぎはどうしようなどと思っていた。

実は今年に入ってから
私は自分の仕事のマニュアルを作り始めた。
もちろん、その日を考えてのことである。
大した仕事はしていないが、それでも
初心者にも分かるようにしておくべきだ。

この先、運よく縁のある会社に出会えれば
2週間ほどで辞めることになるかもしれない。
かける迷惑は少ないに越したことは無い。

「もうすぐこれもやらなくて済むんだ」
「もう我慢しなくていいんだ」
「あと少しの辛抱だ」
次から次に聞こえてくる心の声。。。
自分で思う以上に我慢してたみたい。
結局、色んな事を諦めて
現状を受け入れるしかなかった5年間。
すっかり笑わなくなった5年間だった。

これを機に、本気で転活を開始すると決めた。
今度こそ絶対!最後の転活にする!!
ファイト!!!

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-08-22 21:51 | 会社・転職 | Comments(0)

履歴書完成~♪

悩んだ挙句、求人に応募することにした。
これまでの転職の際には
年齢だけで断られた経験もあるため
正直、電話をするのに勇気が必要だった。

けれど、とても感じのいい女性が受付けてくれ
何と!面接をしてもらえることになった。
いぇ~い♪
たぶん「来る者は拒まず」だろうけど
それでも嬉しいな。

ところが、履歴書用紙が無い。
今の会社を最後にするつもりだったので
もう使うこともないと処分したのだった。
まさか、また履歴書を書こうとは
人生最期まで何があるか分からない。
早速、仕事帰りに履歴書を購入し
駅にあるボックスで証明写真を撮って来た。

前回、私はわざわざプラス料金を払い
「美肌モード」で証明写真を撮った。
けれど出来上がった写真は、白塗りの
「のっぺりしーちゃん」だった。。。
なので今回は数ある何だかモードには
目もくれず、1番安い基本コースにした。

人間、自然体が1番である。
頑張ったところでババアはババア。
この開き直りが良かったのだろう。
出てきた写真は、予想以上の出来映え♪
やるじゃん!基本コース。

予定では昨日中に終わるはずだったが
昨夜は職務経歴書の修正に時間がかかり
予定していた履歴書の清書までできなかった。
前はどう書いたんだっけ?

そして先ほど、やっと履歴書が完成した。
最近は手書きすることがまず無いので
驚くほどヘタクソな仕上がりである。
書き直したいところだが我慢して
今回はこれで行くことにする。

私自身、受かるとは思っていない面接だ。
久しぶりとなる面接だし
練習だと思って気楽に行けば良い。
暑いのでスーツは着ずに普段着で
無理せずナチュラルしーちゃんだ♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-08-21 23:52 | 会社・転職 | Comments(0)

そろそろ転活スタート

今日の朝刊で気になる求人を見つけた。
それからずっと・・・
応募するかどうか悩んでいる。
もっとも、年齢を言えば
面接すらしてもらえないかもだけど。

実は前に書いた「元、親会社の社員」が
11月から正社員で入社することが決まった。
今はパートの彼女と女性は2人だが
これが3人になるわけである。

しかも、私以外の2人は
どちらも「元、親会社の社員」で
時期は違えど同じ運動部に所属していた。
先輩、後輩ということになる。

私は今でさえ仕事が無いのに
さらに彼女が入ることで
これ以上、仕事量が増えることは無くなった。
この先、私が必要とされていないのは明らかだ。

実際、やりがいもなく
毎日が楽しいと思えない今の会社は
長くいても定年までのあと1年だ。
正直、ここまでよく頑張ったよ。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-08-19 22:29 | 会社・転職 | Comments(0)

まさかの昇給

1年のうちでこの時期だけ忙しい私である。

うちの会社では6月に昇給があり
役員の報酬額が決まるのも今である。
けれど、その決定は
毎年のことながらギリギリになる。
結局、私は限られた時間の中で
バタバタと処理しなくてはならない。

そして、まさに今日がその日。
私にとっては「やること」が沢山ある
ウキウキする楽しい1日だった。

55歳からシニア社員となっている私は
とっくに昇給はなく、実質はマイナスだ。
ところが、今年の昇給一覧を見て驚いた。
何と!私も昇給していたのである。
え~!!マジで?

記入する欄を間違えたのではないかと
上下の人たちを確認したが
どうやら私で間違いないようである。
やだぁ~!ウソみたい。

もちろん、ほかの社員に比べたら
その金額は微々たるものだ。
それでもホントに本当に嬉しかった♪
きっと社長が、かわいそうに思って
気持ちだけつけてくれたんだろうね。

それですっかりやる気が出た私って
やっぱり単純だわ。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-06-13 23:40 | 会社・転職 | Comments(0)

A君、逆転?

A君は昨日、今日と休んでいる。
免停の講習のためである。
さすがの社長も、すっかり呆れ切っている。

ご存知のように、彼は入社早々
スピード違反で一発免停をくらい
講習のために休んだ。
それから1年が経ち
またしても免停で講習のため休む彼は
何の進歩もないようである。

ではB君はどうかと言えば
これまた話にならない。
彼は全く素直でなく、言い訳ばかりだ。
分からないことを分かったと言い
素直に「はい」と言うことが無いのである。
可愛くない。

その点、A君は素直である。
自分ができないことを自覚しているので
分からないことは間違える前に訊き
教えてもらえば「ありがとうございます」と
返事だけは良い。

1年が経つと言うのにどちらも使えず
教える先輩は完全に疲れ切っている。
それでも実際
「A君の方がまだマシ」という声が多い。
大逆転だ。
さてさて、さらに1年後はどうなっているのやら。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-06-12 21:59 | 会社・転職 | Comments(0)