つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:会社・転職( 135 )

今年は「うな重」♪

今年も今日が仕事納めだった。
また1年、よく頑張ったと自分を褒めたい。

毎日3本の電車を乗り継ぎ
不快になることの方が多い通勤に耐えた。
仕事はやりがいも無く、楽しくもなく
どちらがパートだか分からなかった1年。
自分は大して役に立っていないと感じる。
私はもっと色んなことができるのに。。。
毎日ただただ虚しさと闘った1年だった。

例年通り、午前中は大掃除をした。
と言っても、男性社員は締めに追われ
みんな仕事をしている。
結局、私だけが朝から1人大掃除だ。

11月に入ったCさんは
そんな私を見ても何1つ手伝わない。
自分の仕事は営業事務で
雑用は私の担当と思っているようである。
面倒なので私も言わない。
私がいなくなれば、嫌でもやるのだから
今から慌ててやることはない。
実際、営業社員2名が途中から雑巾を持ち
一緒に拭き掃除をしてくれたし。

12時からTV越しに支店と合同の終礼があり
その後はみんなで一緒に昼食会だ。
これまでは毎年お寿司をとっていたが
今年は私の独断でウナギに変更!
会社の近くの美味しい鰻屋さんに
出前をお願いした。

c0322794_23295543.jpg

予算の都合上、出前の中では1番安いものだが
それでもとっても美味しかった~♪
可笑しかったのは私の隣に座ったA君である。
一口食べては「あ~美味しい♪」と
溜め息交じり言っていた。
訊けばスーパーのゴムのようなウナギしか
食べたことが無かったらしい。
良かったね!美味しいウナギが食べられて。

その後は片付いた人から解散だ。
私も早々に洗い物とゴミ出しを済ませ
14時には会社を出た。

お疲れさま、私!
明日から9連休~!
いぇ~~~~~い!!

by shi_chan1024 | 2018-12-28 23:47 | 会社・転職 | Comments(0)

あと10ヶ月

親会社の役員も兼ねている社長は
最近では週に1日ほどしかこちらに来ない。

先週、そんな社長と話す機会があった。
社長室に印をもらいに行った時のことである。
「ちょうど良かった。
しーちゃんに訊きたいことがあったんだ」
社長は私が来年の10月に定年だと確認すると
「まだ元気だしこれからも働くよね?」
と言った。

当然である。
この先1人で生きて行くしかない私は
働き続けなければならない。
けれどそれは、この会社でではない。

「はい、でもまだ先のことは考えていません」
私は答えた。
この会社に残るつもりはもちろん無いが
それを言うタイミングは今ではない。
すると社長は、うちの会社の定年延長について
私の説明を聞いたのち言った。
「だったら考えてみてよ」
「はい」
私は答えた。

会社の規則では、延長雇用を希望する場合
定年を迎える半年前に申し出なければならない。
つまり私の場合、4月には
「残らない」意思を表明することになる。
それからは堂々と次の仕事を探せるし
決まればすぐに転職すればいい。

ただし、現実は甘くない。
たった半年で見つかることはまず無理。
なので、年が明けたら転活を開始する。
いずれは清掃の仕事をすることになるだろうが
できればその前にもう1度
経験を活かせる事務か。。。
病院関係で働きたいなぁ。。。

by shi_chan1024 | 2018-12-16 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

忘年会・・・

去年は適当な理由をつけて
不参加だった会社の忘年会。
さすがに今年は出ないわけにもいかず
仕方なく参加してきた。
まぁ、来年の今頃はもういないので
これが最後の忘年会である。

うちの会社は未だに喫煙者が半分いる。
そのため個室の造りによって換気が悪いと
過去には煙が充満していたこともあった。
もともと私はタバコが大嫌い!
つまり忘年会の2時間は苦痛でしかない。

しかも座席は当然、タバコ組と
吸わない組に分かれることになるので
周りに座るメンバーはいつも同じ。
ゆえに特に話題も無く、食べるだけとなる。
その上、今回初参加のCさんには
真ん中に座るよう言ったものの
ここがいい!と私の隣を離れず・・・最悪。

幸い今回は、同い年の課長が
私が出るなら出ると言って参加したため
私はもっぱらS課長と盛り上がった。
知る人ぞ知る、20代の嫁をもらった課長だ。
見せてもらった結婚式の写真は
どう見ても、娘と写る父親にしか見えない。

私は今回も、いい加減に騙されていることを
自覚した方がいいと言った。
すると、さすがに最近は
離婚を考えることもあると言い出した。
何でも、毎月20万円の小遣いを要求され
銀座に連れて行けとねだられるという。
そしてヴィトンでバッグが欲しいだの
大きいダイヤが欲しいだのと
言いたい放題だというのである。

「もうお金がない」
とハッキリ言うべきとアドバイスしたが
本人もそのつもりでいるそうだ。
ただ、その一言を言えば別れ話が出るか
ベトナムへ帰るかだろうと課長は言った。
実際、この1年で500万円を使わされ
財形も端数しか残高が無くなっている。
あ~あ・・・だから言ったじゃん!

そんな話をしているうちに2時間が過ぎた。
今回は退屈することもなく、助かった。

お開きになった途端、サッサと挨拶し
駅へ向かった私たちであった。
Cさんは家まで2時間半がかかると言うのに
そのまま2次会へ行ったはずである。
とにかく、呆れるほど良く食べ
良く飲むCさんである。

by shi_chan1024 | 2018-12-09 19:12 | 会社・転職 | Comments(0)

綺麗なツリーなのに

今週、ビルの入口にツリーが飾られた。
毎年色合いの違うツリーなので
とっても楽しみだが、今年は青系である。
私の背丈と同じくらいの立派なものだ。

c0322794_23041308.jpg

朝、通勤時にはツリーが点灯されていて
ホントに綺麗~~~♪
・・・って、お~~~~い!おかしいよ!

実際、この写真を撮影したのは今日の11時頃。
この時間も見ての通り、ツリーは点灯中。
ところが17時半過ぎにビルを出る頃
ツリーは真っ暗なのだ。
朝から昼までしっかり点灯され
夕方も夜も灯りが点くことのないツリー。
笑える・・・。
完全にタイマーの設定ミスだ。

実は、ツリーが飾られた翌日には
この間違いに気づいた私である。
せっかく綺麗なツリーなのに
夜にイルミが無いなんて、ホント残念。
あ~やっぱり、管理会社に連絡しよっかなぁ。。。

by shi_chan1024 | 2018-11-30 23:29 | 会社・転職 | Comments(0)

やっぱりカモかも

今日は同い年のS課長の話である。
見るからにオヤジの彼は
お世辞にも素敵とは言えない。

なのに30も年下の外国人女性と
去年の11月に結婚してしまった。
周りの「騙されてるよ」の声に耳も貸さず
突っ走ってしまったのである。

そして早くも1年が過ぎた。
と言っても、平成生まれの若い奥さんは
自分の国と日本を行ったり来たり。
この間、日本にいた時間は多くない。
未だに日本語は話せず、仕事もしておらず
もちろん妊娠もしていない。
S課長によれば、毎日昼まで寝ているそうで
日本に来ればケンカばかりらしい。
訊けば気の強い奥さんのようである。

私はS課長の給与額を知っている。
もちろん、それなりのお給料であり
賞与に至っても相当額をもらっている。
ところが結婚してからは
「お金がない」が口癖になった。
口を開けばそう繰り返すS課長は
先日もほとんど残っていない財形を下ろした。
あっという間に残高は端数のみとなった。

そして今日、S課長が私のところへ来て
小さい声で訊いた。
「ボーナスいつ出る?」
私が支給日を教えると、ホッとして言った。
「あ~良かった♪
翌週、大金が落ちるのに残高が足りなくてさ」
え~~~!マジか。。。

ホントに大丈夫かなぁ。。。
これはどう考えたって
次から次にあるだけお金使わされて
いざ無くなったらサヨナラパターンでしょ。
完全にカモだよね、しかも大ネギ背負った。。。
だからあれだけ私が言ったのに。

「最近、騙されてる気がしてきたよ。
高い授業料払ってるかもしれない」
と、ポツリと言っていたS課長。
やっと気づいたのかよ~!
けれど時すでに遅し!
無くなったお金は戻らない。
あ~ぁ。。。

by shi_chan1024 | 2018-11-29 23:24 | 会社・転職 | Comments(0)

特別待遇

結局、何だかんだ言ったって
しっかり優遇されているCさんである。

いくら去年まで親会社に勤めていたとしても
彼女は退職したのである。
辞めたのだ。
それから1年間、親会社とは何の関係もなく
点々とバイトをしていたCさん。

それなのに、うちの会社に入る際
給与額の決定は退職時のものが基準となった。
仕事内容が全く違うにも拘らず
結局、それを上回る給与に決まったのだ。

そして今日、年末賞与額が決定し
支払い手続きをする私の手元に届いた。
目がテンになった・・・。

そもそも年末賞与は
上半期の働きに対して支払われるもので
今月から入社したCさんに権利は無い・・・
はずなのだが。。。
彼女の名前がそこにあった。
私は自分の目を疑った。
たった1ヶ月しか働いていないのに
Cさんにも賞与が出るのである。
それも「気持ち」とは言えない額だ。
信じられない。。。

もちろん私は
それをどうこう言える立場ではない。
会社が払うことにしたのだからそれでいい。
払えばいいのだ。
けれど、その分を毎日遅くまで頑張っている
営業社員に回してあげればと思う。

それにしても・・・
どこまでも恵まれているCさん。。。
分かったはいたけれど
どこまでも身内に甘い会社。。。

もともと、何よりコネを優先し
コネばかりを入社させる会社である。
それでも、この特別待遇には呆れた。

by shi_chan1024 | 2018-11-28 23:42 | 会社・転職 | Comments(0)

A君、喘息発症

かれこれ1ヶ月ほど咳が続いていたA君。
診断は「喘息」だった。

大人の喘息(成人気管支喘息)は
25~30人に1人の割合で発症すると言われ
過去30年間で患者数は3倍にもなっている。
咳だけが続く咳喘息も同様で
患者数は増加しているそうだ。
確かに私の周りにも
ここへ来て発症した友人が複数人いる。

とにかくA君は1日中咳が止まらない。
もちろんマスクはしているが
こんな状態で営業の仕事はできない。
うちの仕事は工場に入ることも多いのだが
さすがにこれでは無理である。

医者も2つ行き、吸入もしているそうだが
残念ながら薬が効いているとは思えない。
事務所には1日中
A君の咳だけが響き渡っている。

なのに彼は煙草を吸っている。
ありえない!
電子タバコだから大丈夫と考えているのか
そもそも彼は喘息を軽く見ている。
「考えが甘い!」
私は彼を本気で叱った。
先輩社員も言った。
「アイコス寄こせ!俺が預かってやる」

もはや自分だけの問題ではなく
すでに仕事に影響を及ぼし
他の社員にも迷惑をかけているという自覚が
彼には無さすぎる。
薬が効いていないなら再度受診し
別の薬に替えてもらうべきだ。

さすがに見かねたのだろう。
今朝は常務に注意されていた。
喘息だから仕方ない、では許されない。
本気の全力で治療に努めるべき!

2年目になっても
社会人として甘すぎるA君である。

by shi_chan1024 | 2018-11-27 23:57 | 会社・転職 | Comments(0)

変わらぬ2人

Cさんの報告をしたなら
最近のA、B君の報告もすべきだろう。

一言で言えば
「どうしたもんかと持て余している」。
普通は2人採れば、どちらかは何とかなる。
けれど、ここまで揃って使えないとは
いったいどこが気に入って採用したのやら。
ここまで人を見る目がないのも珍しい。

A君はその後も基本の生活がなっていない。
いくら机の上を片付けろと言っても
上どころか、机の下にも
何やらゴチャゴチャと置いている。
ロッカーの中は何でも突っ込んであり
要るものも要らないものも分からない。
今週は健康診断があったが
前日の午後になってクリニックの封筒を開け
「あ!検便するのか」
と言い、周りから非難を浴びた。
1ヶ月も前に届いていた封筒である。

B君も変わらず、一言多い。
上の人から何を言われても必ず言い返し
素直に「はい」ということは無い。
「え~でも」「いや、それは」
敬語も何もあったものではなく
聞いていた私たちの目が
テンになることもしばしばだ。

2人に言えることだが
何事も自分で判断することができない。
これはもしかしたら
親の育て方に問題があるのかもしれない。
何もかも親が手取り足取りやってしまえば
子供は自分で考えず、判断することもできない。

B君は車検に持って行った車の中に
会社の「運行日誌」があるのを見つけた。
このまま置いておくべきか、持って帰るべきか。
迷ったB君は課長に電話をかけてきた。
車検に必要あるものか、ないものか
考えれば分かることである。
これは1例に過ぎず、何事も
そこまで指示しなければならないのが
今の2人なのである。

入社してすでに1年半が過ぎた。
この先2人がどう育っていくのか・・・
まったく予想もつかない。

by shi_chan1024 | 2018-11-17 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

Cさん・・・無理

女には2つのタイプがある。
「男っぽい女」と「女らしい女」。
知る人ぞ知る、私は男っぽい女である。
何より嫌いなのが「女女した女」だ。
よくいる女を前面に出した女。
それが大嫌い!

ところが、その女が現れた。。。
それも私の目の前に。
今月から入社したCさんである。
最悪・・・・・・・・・・。

実はパートの彼女は2人の男の子の母で
私よりさらに男っぽい。
そういう意味では私たちは合っていた。
ところがCさんは全く違うタイプだった。
この半月彼女を見てきてそれを確信した。

あの作られた声・・・無理。
「どこから声出してんだよ!」
と、何度言いそうになったことか。
「お疲れ様ですぅ」
「お世話になっておりますぅ」
「ありがとうございますぅ」
やたらと語尾に小さい「う」がつき
しかも、笑う時は「ふふふ」と
「可愛さ全面に出します♪」ってか。
え~い!
笑う時は腹の底からハハハと笑え!

そしてまた、話し方がいちいち耳につく。
文字では書けない
あの、人をバカにするようなしゃべり方!
ブチッ!ふざけてんの?
100歩譲って、20代前半なら許そう。
私はその歳にだって
こんな話し方をしたことは無いけれど。

けれどCさんはもう後半・・・許せない。
いくら周りが独身者ばかりだからって
いい歳してブリブリするんじゃないよ!
マジ、イラつく。。。

だが、私は大人である。
カチンと来ながらも
そんな素振りを微塵も見せることはない。
だからストレスは溜まる一方なのだ。

親会社の人からは
Cさんは気分屋だと聞いている。
けれど今のところ彼女の機嫌は良い。
うちの会社が、思ったより緩かったことと
女性の先輩2人が優しいからだろう。
それでもパートの彼女も
同様に感じていることは間違いない。

所詮、コネしか採用しない会社はこんなもん。
期待する方が間違っている。
けれど私無きあと、残された2人が
上手くやっていけるとはとても思えない。
もっともそれ以前に
私がいつまで我慢できるか・・・分からない。

by shi_chan1024 | 2018-11-16 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

事務所、コンビニ化?

会社にオフィスグリコのボックスを置いてから
早くも丸3年が経っている。

c0322794_23302495.jpg

当初は2つだけだったボックスが
その売れ行きからか、いつしか3つに増え
それでも1週間でスカスカになる。
男の人のお菓子好きには驚くばかりだ。
社長までもが、事務所に来れば必ずポリポリ。
さらには帰りの新幹線分まで買って帰る。

そんなお菓子の隣に、この度新しい仲間が増えた。
「置きリポビタンD」(仮)である。

c0322794_23303220.jpg

大正製薬が始めた
オフィスグリコのリポビタン版だ。
と言っても、これはまだテストである。
とりあえず置いてもらい、売れ行きを見た上で
商品化するかどうかを決めると言う。
「全く売れなくてもいいので」ということで
今週から我が社にやって来た。

基本のリポビタンDを始め、リポビタンファイン
リポビタンZEROが入っている。
料金は一律で、オフィスグリコよりは高いが
取引のある会社だということで
特別価格にしてくれたらしい。
なので一応モザイクで。

さすがにお菓子ほど売れるものではないが
それでも私の知る限り5本は売れている。
何気に平均年齢が高いうちの会社には
意外とピッタリのドリンク剤かもしれない。

夏にはオフィスグリコの
アイスも置きたいとの意見もあったし
近い将来、コンビニ化するかも。。。

by shi_chan1024 | 2018-11-15 23:47 | 会社・転職 | Comments(2)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん