人気ブログランキング |

つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 91 )

令和最初の日

今日から6連休である。
この間にさらなる断捨離を目指す私ゆえ
初日から活発に動きたいところではあるが
実は腰が完治していない。

と言うことで、今日は休養日とした。
ガーデニングにしても片付けにしても
腰が元気でなければ始まらない。
午前中はTVに釘付けで
即位に関する皇室行事を見ていた。

新皇后の雅子様ファンである私としては
お元気そうな姿と笑顔に涙が出た。
・・・年取った証拠だね。
ご成婚時のパレードを思い出す
本当に素敵な笑顔だったよね。
良かった。

こんにちは令和♪
平和で穏やかな時代になりますように。

by shi_chan1024 | 2019-05-01 11:32 | Comments(0)

平成最後の日

昭和という時代が終わった日
私は保険会社で仕事をしていた。
窓のブラインドをすべて下ろした記憶は
今も鮮明に残っている。

そして平成という時代が終わる今日
ギックリ腰が治って良かったと思う私である。
さすがに時代をまたいでのギックリ腰は
忘れられない記憶にはなるだろうが笑えない。
とりあえずは「無事に」令和を迎えられそうだ。
何よりである。

気づけば私の人生は昭和が30年、平成も30年。
ちょうど半分ずつということになる。
そして私にとっての平成は
まさに激動の時代だったと言えるだろう。
嬉しいこと、楽しいことは沢山あったが
それ以上に悲しいこと、辛いことが多かった。
それはジェットコースターの如く
昇ってはドン底まで落ちた。。。

新しい令和の時代は、心穏やかに暮したい。
同い年の皇太子さまが天皇になり
同じ小学校に通われた雅子様が皇后となる。
皇室を身近に感じる時代となりそうだ。

令和が平和な時代でありますように。
さよなら平成。

by shi_chan1024 | 2019-04-30 23:58 | Comments(0)

朝から災難

災いは突然降って来る。。。

ご存知のように
私は通勤時、常に文庫本を読んでいる。
今朝はドアから2つ目の座席前に立ち
右手で手すり、左手で文庫本を持っていた。
本は胸の前あたりに置き
顔はやや下向きで、いつものように
脇目も振らず文字を追っていた。

途中駅で左隣に男性が乗って来た。
たぶん40代くらいで黒いダウンを着ていた。
彼は網棚に自分の荷物を上げた・・・
と思ったら、突然!
フライパンで何かを叩いたような音!!
カ~ン♪
同時に感じた左頭頂部の衝撃!!!

え~~~~~~~~~~!!!!!
私の頭にぶつかった音???
目に飛び込んだのは、私の頭から跳ね返った
ステンレスボトルを掴む彼の手だった。
まさにスローモーション。
そして響いた彼の声。。。
「す、すみません!申し訳ありません!
大丈夫ですか?」

静かな車内・・・。
注目を浴びているだろう私。。。
「痛て~な!気をつけろよ!!」
と、のどまで出かかった言葉を飲み込み
何とか頷いた。。。

実際、音は凄かったが
ぶつかったのは角ではなかったのだろう。
さほど痛くは無かった。
いつだったか、座っている太ももの上に
網棚からペットボトルが直撃した時は
マジで泣きそうに痛かったが
それに比べたら何てことは無い。

その後も私たちは並んだまま乗車を続けたが
2つ先の駅でどちらの座席も空いたため
揃って並んで座ることになった。
すると座った途端、彼が言った。
「先ほどは大変失礼しました。
大丈夫ですか?」
私は言った。
「はい、大丈夫です」
再び彼は言った。
「本当にすみませんでした」
何気に誠実な人である。

ドラマなら、ここで恋が芽生えるだろうが
朝からそんなヒマも無いので
乗換駅に着くと私が先に下車した。
まぁ、私が石頭だったから
大事にならずに済んだものの
朝から災難であったことは間違いない。
2度あることは3度ある。
気をつけよう。。。

今日の一句。
「災いは 棚の上から 降って来る」

by shi_chan1024 | 2018-12-18 23:46 | Comments(0)

急上昇の記事はアレ

ブログには管理画面があり、毎日の訪問者数や
どんな記事が読まれているか等が分かる。

11月になって連日アクセス数の多い記事が
今年6月の「裁判員やってきた」である。
確かに、来年の裁判員名簿に
名前が載るという通知が届くのは毎年11月だ。
その通知を受け取った人たちが
読んでくれているようだ。

残念ながら今年
私のところに通知は来なかった。
またやりたかったのになぁ。。。裁判員。
仕方ない、来年に期待だ。

ついでに書いておくと
相変わらず根強い人気?で
1年を通してアクセス数の多い記事が
「水ぶくれシリーズ」である。
確かに、ここまで巨大化した水ぶくれは
そうそうあるものではないだろう。

もう4年前のことになるが
今でもその原因が何だったかは分からない。
けれど、この症状はこの夏だけで
その後水ぶくれとは全く縁がない私である。
何だったんだろうね。

さらに検索キーワードに多いのが「可愛い通帳」
一時期流行っていた
キャラクターを使ったカワイイ通帳やカード。
今はまたシンプルなものが主流になっていて
つまらない時代となった。

ここまで沢山の記事を書いてきたが
季節によって、読まれる記事にも傾向があり
それがなかなか面白かったりする。
おかげさまでその後PCの調子も良く
まだ当分の間はブログも続けられそうだ。

by shi_chan1024 | 2018-12-13 23:59 | Comments(0)

それでもガラケー

PCが壊れてみて分かった。
とにかく不便。。。

ご存知の通り、私はガラケーで
基本、ネットには繋がない。
つまり私にとってPCは
ネットと繋がる唯一の物なのである。
調べたいことがあれば、自宅でPCを使い
大きな写真を送ってもらう時には
PCのアドレス宛にお願いしている。

それが、毎晩のPCメールチェックも
自分のブログたちの更新も
知人のブログを訪れることもできず
当然、ネットショッピングも
ネットバンキングだってできない。
たった2日間なのに
そのストレスたるや、ハンパなかった。

さすがに頭の中を
「やっぱりスマホにした方がいいかなぁ」
という思いがチラッとよぎった。
それでも携帯ショップへ走らず
「修理中はiPadを借りればいいか」
と考えた私。。。
どこまでもガラケー信者である。

今日も今のところ順調。
あ~~~ホントに良かったぁ♪

by shi_chan1024 | 2018-12-05 23:59 | Comments(0)

合格したってさ

朝、ホームに並んでいると
毎日必ず一緒になる2組の親子がいる。
父と娘の親子、母と息子の親子だ。

子供たちは小学校低学年で
たぶん同じ学年か同じクラスという感じ。
子供たちは途中下車して学校へ向かい
親たちはそのまま乗って通勤する。
その2組は毎朝、電車を待つ間に合流し
必ず私の列に並ぶ。

そして昨日は大ニュースがあった。
なお、全ては私の後ろで起こっていることであり
以下の文は聞こえたことを元に書いている。

先に列に並んだのは父と娘の親子だ。
父親が、娘に言った。
「この話は皆んなには言わない方がいいよ。
できなかったお友達もいるんだからね」
手に文庫本を持ち、目では文字を追いつつも
そんな話が聞こえたら私の耳はダンボである。

そこへ、母と息子の親子がやって来た。
「おはようございま~す!」
いつものように揃って挨拶をする。
すると女の子が父親に訊いた。
「ねぇねぇ、言ってもいい?」
結局、黙っていられない娘である。
「準2級受かったんだぁ♪」
「え~!すご~い!おめでとう!!」
母と息子の親子はお祝いの言葉を贈った。

するとちょうどそこへ
いつものメンバーではない父と娘も登場し
「準2級受かったんだって」
「え~!すごいね、おめでと~!」
と、私の列は一気に祝福ムードである。
もちろん、他にも沢山の人が並んでいる。

それからは質問タイムである。
答えていたのは
もっぱら黙っていろと言ってた父親だ。
面接からヒアリングの有無まで
それは嬉しそうに話していた。
ついには、会社の仲間より
娘の方が級が上だと言い始め
娘より自分が浮かれていることがバレた。
結局は自慢したいのである。

それにしても今の時代
小学校から英検なのね。。。
確かに孫のRの幼稚園にも英語の授業があり
仲良しのお友達は
100万近い英語の教材を持っているそうだ。
時代は変わった。

何だか、朝からドッと疲れた。

by shi_chan1024 | 2018-11-22 23:59 | Comments(0)

早寝

昨日は予定通りサッカー観戦に出かけたが
帰りが遅くなったため寝不足である。

なので報告はあとにして
今日はもう寝ることにする。

おやすみなさい。

by shi_chan1024 | 2018-10-17 23:29 | Comments(0)

最悪の通勤

おかげさまで家に被害はなかったものの
昨夜は結局2時まで眠れなかった。
そして今朝はと言えば
首都圏の交通はメチャクチャだった。

私は通勤に3本の電車を使っている。
起床時、それらは全て止まっていて
運転再開の見通しも立っていなかった。
それでもいつものように支度を済ませると
家を出る時間には2本が動き出した。

けれど、問題は地元の路線である。
動き始めたものの、逆方向への折り返し運転で
いつものルートでは行かれない。。。
とりあえず、別ルートで行くことにし
使う電車が動いていることを再度確認した。
いざ!出発だ!!

1本目は何の問題もなく乗れた。
が~~~!
駅に着くと人があふれていた。
すでに改札は入場制限されていて
ホームまで辿り着くことすらできない。
じっとり汗ばみながら、ひたすら待った。。。

やっと改札を抜けても階段は人、人、人。
人波はそのままホームまで続いていて
もちろんホームにも人があふれている。
ホームまで遠いこと遠いこと・・・。
しかも、やっとホームに降りたところで
すぐに電車に乗ることはできない。
3本目でやっと乗り込むことができた。
言うまでもなく、超~満員!

この電車のどこで乗り換えるか。。。
いくつもの選択肢があった中で
私が選んだのは1番楽と思えたルートだった。
人に揉まれ、押され、潰され、大汗をかき
グッタリしながらも何とか駅に到着。
最後の電車に乗り換えようと移動したが
ガ~~~~~~~~ン!!!
止まってるじゃん。。。
何と!動いていたはずの電車は
運転を見合わせていたのである。
最悪・・・。

仕方なく、別の電車で2駅移動し
会社までの最後の電車に乗ろうとした。
がぁ~~~~~~~~!!!!!
今度はその電車も
別の駅で非常停止ボタンが押されたとかで
ホームに止まったままだった。。。

列に並んだままの私は、動こうにも動けず
そのまま運転再開を待つしかなかった。
立っているだけで汗が流れる暑さである。
両隣のサラリーマンは扇子で扇いでいたが
私は持って来ておらず、ひたすら後悔した。

それから10分ほど待たされたのち運転再開。
次に来た電車に何とか乗り込んだ。
あ~・・・やっと着くよ。。。
と思った私が甘かった。
何と!隣の駅まで来たところで
「この電車は時間調整のため5分停車します」
とのアナウンスが流れたのである。
え~~~~~~~~!!!!!
あと1駅なのに、何でここなんだよ~!
ついていない時はこんなもんである。

結局、会社に着いたのは9時30分。
家を出てちょうど2時間であった。。。
すでに今週分の体力を使い果たし
その上、超満員電車は
私の腰にかなりの負担をかけたようだ。
会社に着くと腰が痛くて動くのに苦労した。
ギックリ腰1歩手前のイヤな感じ。。。

やっぱり、無理せず
地元の路線が動くまで待てば良かった。
後悔先に立たず・・・である。

by shi_chan1024 | 2018-10-01 23:40 | Comments(0)

絶対!タダ乗り

火曜日、帰りのことである。
自動改札を入るべく並んでいると
目を疑う光景を目撃した。

私がいつも使うのは
駅員がいる場所から1番離れた改札だ。
私が利用するホームに1番近いからで
行きも帰りも利用する改札だ。
その自動改札を私の2人前の人が入った。
ピッというカードを読み込んだ音がした。

続いて私の前の男が入った。。。
がぁ~!何もタッチすることなく
その素振りさえ見せずに
手ブラのまま急ぎ足で、すり抜けた。
あまりの大胆な行動に目がテンになった私。
「え!?何?」
と思った途端、私の前で改札が閉まった。

「磁気カードをタッチして下さい」
とのメッセージが表示され
アラーム音が鳴り、赤く点灯している。
すでに男の姿は無かった。。。
私の後ろで男性が悪態をついた。
いやいや、私じゃないから。

間違いない!完全な「タダ乗り」だ。
料金を払うつもりが無いことは明らか!
犯罪だ。
きっと出る時もあの調子で
前の人に張り付いて通り抜けるのだろう。
当然、駅員から1番離れた改札だ。

タッチしたカードがエラーになっても
そのまま行ってしまう人はよく見かける。
けれど、その場合は必ず出口で引っかかる。
だが、この男は引っかからない。
そもそも原因となるものを持ってもいない。

これって捕まえることはできないのかなぁ。
きっと何度もやっている気がする。
後ろにいた私は顔も見てないし
あ~!残念!!

by shi_chan1024 | 2018-08-02 22:08 | Comments(0)

久しぶりにセミ

今朝は曇っていたため、身体が楽だった。
昨日の暑さを思えば
涼しささえも感じる気がした。

だからだろう。
会社の駅を降りると
これでもかとばかりにセミが大合唱してた。
あっちからも、こっちからも
負けるものかと声を張り上げている。
セミもやっと鳴く気になったらしい。

気温が35℃を超えると
セミはあまり鳴かなくなるらしい。
活動を止めて日陰で休む蚊と同じだ。
けれど、長い時間を地中で過ごしたのち
やっと地上に出てきたと言うのに
暑すぎて鳴くこともできないセミって
ホントに哀れ。。。

頑張っても1ヶ月ほどしか生きられないのに
今年出てきたセミはついてないね。
実際、家の周りでは
この夏まだセミの鳴き声を聞いていない。
いつもなら網戸に留まって鳴くのに
静かなもんである。

蚊に刺されないのは嬉しいことだが
セミが鳴かない夏はやっぱり寂しい。
それでも、私もこの暑さには疲れたし
もう十分夏も堪能したし
そろそろ秋にならないかなぁ~。。。

by shi_chan1024 | 2018-07-24 23:15 | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん