2018年 06月 04日 ( 1 )

ばあちゃんずの決意

私の両隣に住むばあちゃんずの生活にも
何やら変化の兆しである。

5年前に飼い犬の悪臭事件があってから
挨拶だけの付き合いとなってしまった
左隣に住むNばあちゃん。
その犬が旅立ってからも4年半が経つが
未だに犬小屋はそのままである。
そのNさんがついに引越しを決めたらしい。

右隣に住むHばあちゃんによれば
40年住んだNさん宅は、床が沈むだけでなく
最近は雨漏りもするようになったそうだ。
この40年、家を修理したことは1度もなく
それが自慢だったらしいがついに限界が来た。
子供たちが住むにも大規模な修繕が必要なため
売ることを考えているようである。

Nさん宅は借地なので、手元に残るのは
1,000万くらいだと見積もっているらしい。
それだけあれば、この先10年の家賃にはなるし
生活は年金だけで十分できると言う。

具体的にはこれからのようだが
そう遠くない日に引越しが決まるかもしれない。
Nさん宅が壊される日が来れば
私と悪臭との闘いもやっと終わるのである。

そして右隣のHばあちゃんはと言えば
近所に建設中の老人ホームに入る気満々である。
友人たちに声を掛けられたことで興味を持ち
みんなで一緒に入ろうと盛り上がっているようだ。

資産家のHさんだが子供はなく
財産分与の遺言書を孫たち宛に作ったが辞退され
どうやら遺産は遺さず使い切ることにしたらしい。
80代半ばのHさんゆえ
生活圏が変わらないのはポイントが高いようだ。
「しーちゃんともいつでもお茶できるし♪」
と、心はすでにホームの人である。

訊けばすでに工事も始まっているそうで
完成は遅くても来年前半?
今の勢いでは完成を待って引越しそうな感じ。
「ばあちゃんず」は来年にも解散かもしれない。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-06-04 21:03 | ご近所さん | Trackback | Comments(0)