人気ブログランキング |

つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

頑張る合鍵屋

会社では荷物しか入らない
小さなロッカーを使わせてもらっている。
けれどスペアキーが無いため
社長に作っておいて欲しいと頼まれた。

ところが何気に鍵屋がない。
地元の駅にあったはずの合鍵屋は
駅の改装と共に無くなっていた。
調べると、会社の駅に1つ発見~♪
先週金曜日、仕事帰りにさっそく寄った。

何てことはない小さなカギである。
個性的な髪形の店員はすぐに作成を始めた。
ところが、同じタイプのカギがないと言って
壁一面にかかっている数多くのカギの中から
やっと1本を選び出した。

「全く同じものは無いので似たもので作ります」
そしてギーギー、ウィーンウィーンと削り
元のカギと並べて見比べ頷いた。
「複雑なカギじゃないのでたぶん大丈夫だと思います。
合わなかったら調整しますので持って来て下さい」

週明け月曜日、さっそく新しいカギを試した。
え~~~~!まったく入らない。。。
2つのカギを見比べた私はブッ飛んだ。
厚みが全然違う~!!
入らなくて当然!入るわけないじゃん。

再び仕事帰りにお店に行き、言った。
「厚みが違うみたい」
この日も個性的な髪形の店員は
「すみません。すぐ調整します」
と言い、髪を振り乱して厚みを削り始めた。

けれどそれで納得が行かなかったらしい。
さらにもう1本カギを作り
2本のカギを私に渡すと言った。
「別のでも作ってみたので試してみて下さい。
複雑なカギじゃないのでこれで大丈夫だと思います」

昨日の朝、調整済みのカギその1を差し込んだ。
ゲ~~~~~!まだ入らないじゃん!!
だったらその2に期待するしかない。
引き続き、その2を鍵穴に差し込んだ。
ギョエ~~~!これも入んないじゃん!!
個性的な髪形の店員、腕悪すぎ~!

またまた仕事帰りに寄りたかったが
昨日私が会社を出たのは19時。
さすがにグッタリで
とても変な髪形を見る気分ではなかった。

と言うことで今日の仕事帰りに寄った。
これはもう返金しかないだろうと思いつつ。
ところが個性的な髪形の店員はめげることなく
壁のカギの中から新しいカギを手に取った。
そしてまたギーギー、ウィーンウィーンと削り
めでたく3本目となる新作を作り上げた。

「最初のカギの選択が間違ってました。
複雑なカギじゃないので今度こそ大丈夫だと思います」
これまでにない自信ありげな口調で
今となっては聞き慣れた名ゼリフを言った。
実は2本目のカギの選択も間違っていたことに
彼は気づいていただろうか。。。

いくら会社の駅にあると言っても駅の反対側。
私だってもう来たくはない。
これが最後になるかもしれないので
個性的な髪形を目に焼き付けると、私は店を後にした。

さぁ明日、このカギは無事に合うでしょうか?
きゃあ~!ドキドキするぅ♪

by shi_chan1024 | 2019-05-15 23:59 | ご近所さん | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん