今度はタイマー・・・

7月末に引っ越したお隣のNさん宅。
未だに売れることなく
空き家になった家は放置されている。

けれどその後、住んでいないにも関わらず
1日中、2階の電気が点けっぱなしだった。
実はNさんがわざとそうしていたのだが
これが近所の噂になっていたらしい。
「在宅を装って何の意味があるのか」
「1晩中点けっぱなしじゃ
かえって留守だと言っているようなもの」 

だからなのか・・・
私の帰宅時には点いている電気が
ここ最近、夜9時前に消えるようになった。
タイマーだ。
正直、呆れた。。。

そこまでして、Nさんは何をしたいのか。
空き巣の心配なら、申し訳ないが無用だ。
お世辞にも綺麗と言えないNさん宅。
それどころか片付いていない家の周りや
車庫はゴミ屋敷と化している。

そもそも引越しは済んでいるのだから
家に貴重品は置いていないはず。
空き巣が入ったところで
盗まれるものもないのである。
いや、それ以前に泥棒だって入る家を選ぶ。
近所の人たちが思うことも同じようだ。

当時から雨漏りが酷く
家の中にシートを敷いて暮らしていたお隣。
とにかく私が心配するのは
「漏電」の2文字である。
私に言わせれば、Nさんがすべきなのは
タイマーをかけることではなく
ブレーカーを確実に切ることだ。

何より、自分がいない家が
迷惑をかけるかもしれない状況にしておく
Nさんの無神経さに、腹が立つ私である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-12-06 23:59 | ご近所さん | Comments(0)