病名確定!

血液検査の結果を聞きに行って来た。

「リウマチ因子なし」
ホッとした。。。

これで私の指は「変形性関節症」と確定。
第1関節に出ているため
「ヘバーデン結節」である。
この先、どれだけ変形が進むかは不明で
今は出ていない他の指や左手にも
同様の症状が出る可能性は大いにある。

発症原因は不明だが
女性ホルモンのバランスが関係あるらしい。
つまり更年期障害の1つと言うこともでき
通常一般的に見られる更年期の症状・・・
のぼせやイライラ等が起きない人に
この指の変形が多く見られると言う。

私自身、のぼせはあったし
イライラや気分の落ち込みも
それなりにあったと自覚している。
なのにさらにこれって・・・損した気分。

治療方法は無い。
すり減った軟骨は元には戻らないし
曲がった指が元通りになることもない。
痛みが強い時には炎症止めを塗り
関節を固定するべくテーピングを行い
あとは痛み止めを飲むしかないのである。

ということで、テーピングの説明を受けた。
当然、それなりの巻き方があるのだろうと
目を凝らして見守った。。。
がぁ~!何てことはない。
伸縮性のあるテープで
第1関節の上をグルグル巻くだけである。
え?それだけかよ。

けれど、関節が痛むのは
変形が進行している間だけで
それが止まれば痛みも無くなるようである。
さらに、更年期を過ぎれば
新たな発症は無くなるそうだ。

とにかく今はただ、何とかこの3本だけで
変形が終わってくれることを祈りたい。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-11-02 23:59 | 健康 | Comments(0)