敬老参観行って来た♪

息子の娘、Rの幼稚園で敬老参観があり
「敬老」の言葉にどっぷり老けながらも
午前休を取り出かけた。

確かに近いとは聞いていたけれど
予想以上に息子宅の近所にあった幼稚園に
ビックリである。
これは楽だ。
嫁の両親も来ていたためRはご機嫌だった。

9時になると、全員で園庭に出て体操だ。
七夕生まれのRだが、背は大きい方で
やっぱり私の孫とは思えない。
年少、年中、年長ともに
20人ずつの2クラス構成である。

それから部屋に移動すると参観開始!
いつもの様子を見せてもらった。
今日の予定は8つ。
歌の時間、英語の時間
それから椅子取りゲームへと続く。
敬老参観はこの3つ目までである。

歌の時間では40人の子供たちが
先生のピアノに合わせて、トトロの「さんぽ」他
2曲を元気一杯歌ってくれた。
その間も度々私たちに手を振るRであった。。。

続いては英語。
この幼稚園が人気の理由である。
外国人の男の先生がギターを弾いたり
カードを使ったりしながら英語で話していた。
数字や、身体の部分の名前はすでに憶えていて
今日は「dancing」「running」「swimming」
の3つを新しく習っていた。
先生が連発する「Good J0b!」も
すでに子供たちにはお馴染みのようだ。

けれど「女の子3人手伝って」と言われ
真っ先に手を挙げて出て行くRを見て
この子はいったい誰に似たのかと思った。
少なくとも同じ年少の保育園時代
泣いてばかりいた私でないことは明らかだ。

最後の椅子取りゲームでは
いいところまで残っていたRだったが
伴奏が「大きな栗の木の下で」になると
振りをしながら調子良く歩いていたため
突然止まった曲に反応できず、あぶれた。
笑える。。。
あのひょうきんさは、間違いなく息子の血だ。

2時間弱の参観はあっという間で
とても楽しい時間だった。
幼稚園も、元気に通うRも見せてもらい
安心したしーちゃんばあちゃんであった。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-09-13 23:58 | しーちゃんファミリー | Comments(0)