またまた裁判所へ

今からちょうど1ヶ月前に
私は裁判員に選ばれ、刑事裁判に参加した。

その2日目、共犯者とされている男が
証人として出廷したことは書いた。
その男は後日、自分の裁判を控えていたが
実は今週、まさにその公判が開かれた。

私は彼の裁判を傍聴したいと思っていた。
共犯者として有罪になるか否か・・・。
どうせなら見届けたい。
裁判員最終日にそんな話をしていたところ
同じ気持ちだったのが「裁判員3」の彼女だ。

ということで今日は休みを取り、彼女と2人
朝から彼の裁判を傍聴に出かけた。
法廷中央に座っていたのは
見覚えのある通訳さん。
私たちの担当した裁判でも通訳をしてくれた
女性であった。

そして間違いない被告人の彼。
今日はキチンとYシャツにネクタイだった。
ちなみに、この裁判の裁判員は
6人が女性で男性は2人だけ。
やはり私たちの時の4人、4人は
珍しかったようだ。

裁判3日目である今日は、逮捕当日
被告人と会う約束をしていた友人が証言した。
けれど、午後も続くと思った裁判は
午前中だけでお昼前には閉廷した。

私たちはその後、教えてもらった
「農林水産省」の食堂へ移動しお昼を食べた。

c0322794_23295655.jpg

期間限定の「サラダうどん」だ。
さすが農林水産省~!
使っている食材にはこだわりがあり
使っている野菜の数も多い。
夏バテ気味の私も、とても美味しく頂いた♪

それから場所を変えて
2時間ほど楽しくおしゃべり♬
彼女は息子と同じ歳であることが分かった。
さらに彼女の職場と私の会社が近いことや
仕事にも共通点があるなど
年齢差を超えて盛り上がった♪

最近は新しい友人ができる機会もないが
思いがけずできた「裁判友」と
またの再会を約束して別れた。

彼の判決は今月末に出る。
ここまで来たら、もう行くしかない。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-07-19 23:59 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)