裁判員やってきた 4 

当選番号が読み上げられると同時に
ボードにその番号札がかけられた。
「△番、4番、〇番、□番、◇番、◎番」
「次に補充裁判員をお願いする2名です」
「▲番、●番」
ギョエ~!大当たり~!!
どこまでも通じない私の祈りである。。。

かくして見事に選ばれた8名は部屋を移し
裁判長からの説明を受けた後
全員で声を揃え用意された「宣誓」を読み上げた。
これで私はめでたく裁判員となり
「受付番号4」から「裁判員2」へと昇格した。

今回選ばれた裁判員は男3人、女3人で
補充裁判員も男女1人ずつ。
年代は30代から60代までというところか。
あとで裁判長から聞いたところでは
全員が男性だったことも
女性が1人だけだったこともあるそうで
今回はバランスが良かったようだ。

その後、1週間使うことになる評議室へ移動し
部屋の使い方や、入室方法等の説明を受けた。
さらに実際に法廷に入って自分の席に座り
法廷の説明を受け、流れの確認をした。

c0322794_00584103.jpg

これが裁判所の入口で提示する「入構証」だ。
裁判員である1週間は一般来庁者ではないので
手荷物検査を受ける必要はなく
これを使って職員入口から入ることができる。
ホントに裁判員になったんだぁ。。。
何か実感・・・。

選任手続きがお昼には終わったため
午後からは会社に出た。
早速、社長や会長に選ばれた旨を報告し
翌週1週間の特別休暇を許可してもらった。
幸い、急ぎの仕事のない時期だが
それでもやるべきことはすべて済ませ
お願いすべきことは頼んだ。

これで心置きなく、私は裁判員だ!

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-06-28 23:59 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)