通勤厄日

朝からグッタリである。。。

乗り込んだ電車が発車しないと思ったら
別の線で人身事故が発生したため
安全確認ができるまで運転を見合わせると言う。
最悪・・・。

車内は満員で、私は何とか座席前の通路に入るも
吊革には掴まれない位置である。
しかも隣の若いサラリーマンが最悪な男だった。
どんどん乗り込む乗客に押されても
ガンとしてその場を動かず意地でも奥に詰めない。
その力の入った肘が私の右肩に当たり痛いので
わざと押してやったがムキになって押し返された。
ありえない・・・。
けれど実際、こういう人は決して少なくない。

そんな男の隣で、電車が止まること10分強。
やっと動き出したと思ったら
今度は2つ隣の駅で間隔調整のために5分止まった。
さすがにウンザリである。

けれど、重なるときは重なる。
乗り換えた次のJRも「急病人救護」と
「非常ボタンが押されたための安全確認」とかで
大幅に遅れていたのである。
え~!もしかして厄日?
もう溜息しか出ない。

結局、さらにホームで待つこと8分。
やっと到着したのは当然、満員電車である。
あ~・・・もうグッタリだよ。。。
これだから電車を3本も使う通勤はイヤなのだ。
次は絶対!近所で仕事を探そう。

それでも15分前には会社に着いたし
文庫本もたくさん読めたから、まぁいいか。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2018-02-01 23:50 | Comments(0)