名栗温泉物語 1

諸般の事情により、今回は
限られた有志で温泉に出かけることになった。
メンバーは男3、女2の5人だ。
今月2回目の温泉ツアーとは
どこまでも癒しが必要な私である。

c0322794_23100286.jpg

名栗温泉は近場であるため
待ち合わせは現地となる「飯能駅」だ。
それぞれ電車や車で集合し
そこから車で30分ほどで宿に到着した。

c0322794_23103007.jpg

今回の宿は久しぶりの参加となったカンの希望だが
都心から1時間にも関わらず、自然の中の一軒宿は
本当に居心地が良かった♪

c0322794_23104931.jpg

朝が早かった先日のツアーと違って
今回は16時前に宿に到着。
夕飯前に、まずはお風呂に出かけた。
久しぶりの浴衣である。

お風呂は大きく分けて2つあり
24時まで入れるのが大浴場と露天風呂。
さらに離れには別の源泉を使用した有料貸切風呂と
男女入替制の桧風呂があった。
この桧風呂は19時からは男湯となるため
迷うことなく、まずはここからスタートした。

とてもいいお風呂だったが、考えることはみな同じ。
ほどなく混み始めたため、大浴場に移動した。
お風呂のはしごは私たちの得意とするところである。
ところがこれが大正解~!
こちらは貸切状態で、ゆ~っくり入ることができた♪

さらに周りに何にもない宿だけに、本当に静かで
こじんまりとしていてお客さんも多くなく
お風呂にも、スタッフの笑顔にも十分満足♪
すでにお気に入りの宿になりそうな予感である。

適度にのぼせ、芯から温まった私たちは
18時になると夕飯に出かけた。

c0322794_23113812.jpg

20人以上は入れそうな個室に、私たち5人。
隣との距離も遠く、贅沢な貸切であった。

つづく。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-12-18 23:59 | 温泉物語 | Comments(0)