修善寺温泉物語 3

お風呂は、内風呂と露天風呂が全く別の場所にある。
これが残念な点の1つだが
老舗と言うことで止むなしなのだろう。

今回失敗したのが「温泉メガネ」。
すっかり頭から抜け落ちていて
持参するのを忘れてしまったのだった。
私としたことが・・・あ~バカバカバカ!
仕方ないので普通のメガネをかけて露天風呂だ。

お風呂は残念ながら満点とは言えない。
広さも足りず、洗い場も数が少なすぎる。
脱衣所も広さに余裕がなく、カゴも数が無い。
沢山の人が来たなら順番待ちの列ができるだろう。
それでもやっぱり露天風呂は気持ちいい~♪
だから良しとしよう。
 
ポカポカの身体のまま食事処に移動すると
17時30分からは早目の夕飯スタートだ。

c0322794_23520882.jpg

c0322794_23524719.jpg

c0322794_23532571.jpg

c0322794_23543210.jpg


c0322794_23550811.jpg

お造りまで並んだところで
メニューにないサプライズ料理が登場!

c0322794_23554037.jpg

まさかの肉料理である。

c0322794_23571687.jpg

それもかなりの量である。。。
その後はお好みのチョイス料理が続いた。

c0322794_00055463.jpg

まずは「鮎の塩焼き」。

c0322794_23575872.jpg

「天子のフリット」。

c0322794_23583241.jpg

そして「茶碗蒸し」と「とろろご飯」である。
料理はどれも美味しかったが、私には量が多く
肉ととろろご飯は完食できなかった。

c0322794_23592873.jpg

c0322794_23595719.jpg

こちらは生わさび。
わさび好きののんちゃんが食べ尽くしたので
「ここまで擦り下ろすのは凄い!」
と、係のお兄さんも驚く食べっぷり。
男子がいないため飲み仲間がいない中
1人でも変わらず飲むのんちゃんだった。

館内にはラウンジがある。
ここには水出しのアイスコーヒーを始め
豆を挽いて淹れるコーヒーや、昆布茶などが常備され
冷蔵庫には朝は牛乳、コーヒー牛乳、ヤクルトなどもある。
もちろんどれも無料、飲み放題だ。
私たちは度々ここに寄り
美味しいコーヒーを飲みながらまったりした。

何か・・・こののんびり感がいいんだよねぇ~♪


まだつづく。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-31 23:59 | 温泉物語 | Comments(0)