つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

終活開始

「荷下ろし症候群」による無気力状態から
やっと脱出した私である。

妻を終え、嫁を終え、母も終えた今となっては
残るは「私自身」だけである。
これからは何事も自分を第1に考えていい。
やっとそんな時が来たのである。
残された人生がどれだけであっても
子供たちや人に迷惑をかけることなく生きて行こう。

それにはまず「終活」である。
さらなる断捨離を進め
その時に向けた準備は完璧にしておきたい。
緑内障が思わしくない以上
見えているうちに全てを終えなくてはならない。

思い立ったら行動は早い。
さっそく先週、今週とキッチンの大掃除をし
ものすごい数の食器やら小物やらを捨てた。

並行してこれまで手を付けていなかったアルバムも
自分の結婚式のものをはじめ
不要な写真はすべてシュレッダーにかけた。
ものすご~い量のゴミが出た。
今後、自分の写真は撮らないに越したことはない。

エンディングノートも定期的に見直しが必要だ。
状況は日々変わり、友人関係も変わっている。
常に最新の状態にしておくためには
マメな作業こそが大切である。

当分は花粉で外出も避けたいし
せいぜい身の回りを片付けたいと思っている。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-20 22:22 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

先生の個展へ

長いこと書画教室でお世話になり
やめた後も年1回、年賀状の描き方を
教えてもらっていた先生の個展があった。
同時に書道の先生でもあり
全く年齢を感じさせない元気な女性だ。

一緒に出かけたのは書画友のみっちゃんである。
実はこのみっちゃんも元気な女性であり
何気に私の周りは元気な人だらけだったりする。
最近テンション下がり気味の私ゆえ
パワーのおすそ分けがほしいところだ。

駅からバスに乗り換え、到着したのは喫茶店。
レンタルスペースを兼ねているようである。

c0322794_19382391.jpg

c0322794_19381368.jpg

c0322794_19375744.jpg

c0322794_19374695.jpg

壁一面に展示されている絵や書は、すべて先生の作品だ。
私には絵心がないのでよく分からないものの
それでも先生の絵は好きだ。
絵に添えられている字も、とても味があるし
才能があるって本当に羨ましい。

ところが、はるばる出かけたにもかかわらず
先生は用事で夕方にならないと来ないとのこと。
残念ながら会うことはできなかった。
前日メールで行くことを知らせてはいたが
返信がなかったので届かなかったのかもしれない。

それでも、久しぶりに会ったみっちゃんと
たくさんおしゃべりできたので良しとしよう♪
ランチ後、みっちゃんは
「シルバーパスを使ってバスを乗り継いで帰る」
とのことで現地解散した。
いかにしてパスを有効活用するかに余念がなく
今や都内のバス路線図を知り尽くす勢いのみっちゃん。
あっぱれである。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-19 20:34 | 好きなこと | Comments(0)

今またミラーマン

まったく知らなかったのだが
「ミラーマン」は昨年、放映45周年を迎えたそうだ。

ということで各地でイベントがあったり
闘病中の主演俳優がトークショーを開いたりで
今ふたたび注目を浴びているらしい。
叔父がミラーマンのスーツアクターだったことを知る
営業社員が教えてくれた。
 
ウィキペディアによれば、叔父はミラーマンだったが
撮影中の事故でケガをしたため37話までとなり
その後は49、51話でミラーマンの父になった。
それからファイヤーマン、ジャンボーグ9になり
さらにはちょっとだけゾフィーとなって
地球を脅かす怪獣たちと日々戦っていた。

けれど、世界の平和を守ることに疲れた叔父は
その後、元の売れない俳優に戻り
「子連れ狼」や「破れ奉行」などに出演。
時代劇の映画にも出ていたようである。

父の1番下の弟である叔父だが
父が亡くなった際に久しぶりに連絡を取って以来
すっかりご無沙汰している。
さらに父の姉である伯母が亡くなった今となっては
父の親戚とも疎遠になった。

それでも、今またミラーマンにスポットが当たるのは
姪としてやっぱり嬉しい私である♪

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-18 19:54 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

お返し その2

美味しいイチゴの他にもらったお返したちを
今日は全て持ち帰った。

c0322794_22302066.jpg

実はこの他にもクッキーが4箱あったが
パートの彼女と分けるのも面倒なので
全て彼女に持って帰ってもらった。

ほとんどがクッキーかチョコレートである。
気持ちはモチロンとても嬉しいが
正直、お菓子は持て余す・・・。

c0322794_22304611.jpg

さらに、こちらはルピシアの春のセット。
義理チョコが5倍?になって戻ってきたところ
本当に申し訳ないが、私はフレーバーティーが嫌いだ。

c0322794_22303120.jpg

そして、ミスロクシタンハンドクリーム。
チェリーブロッサムの香りである。
実はコレ、知る人ぞ知る私の苦手なハンドクリームだ。
それでもイヤな顔はできないので無理して手に塗ったが
やっぱり帰る道々、臭くて臭くて我慢できなかった。
本当に申し訳ないが、もうつけない。

今年もやっぱり1番嬉しかったのは
イチゴをのぞけば去年同様ハンドタオルである。
ただ、色がブルー・・・惜しい。

やっぱり来年からは「お返し不要」と念を押そう。
私は本当にその気持ちだけで十分だ。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-15 23:19 | いいもの | Comments(0)

お返し その1

ホワイトデーの今日、お返しをたくさんもらった。
1度に持って帰るのは大変なので
今日は1つだけにした。

c0322794_23295542.jpg

千葉方面にお客さんの多い営業課長がくれたイチゴだ♪

c0322794_23301302.jpg

その場で摘んで詰めてくれたものだと言う。
何と!2段なの。

しかもグットタイミング!
実は昨日、帰りに寄ったスーパーで
イチゴを買おうかどうしようか悩んだばかり。
しばらく考えたものの、結局買わずに帰って来たが
やだぁ~!大正解じゃ~~ん♪

そしてそして、このイチゴ。
本当に甘くて美味しいの♪♪
さすがに1人では1度に食べ切れないけど
明日もいただきま~す!

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-14 23:47 | いいもの | Comments(0)
WBCもいよいよ2次ラウンドである。
と来れば、大忙しなのが野球大好き友人のガミで
そんな彼女と初戦となるキューバ戦を観に行った。

たまたま時間休が余っていたこともあり
2人して会社を早退、早目の夕食を済ませて
東京ドームへと乗り込んだ。
今回は2階席の上段で、全体が見回せる位置だ。
さすがに初日とあって観客席はほぼ満席である。

c0322794_15452313.jpg

c0322794_15453874.jpg

試合前にはWBCのロゴもできた。

試合は、かなりゆっくりペースで進んだものの
とても楽しい内容だった。
けれど、実は私たちを楽しませたのは
試合だけではなかった。
私の前に座ったオジサン。
その人はとても楽しい人だった・・・。

オジサンは1人でやって来た。
フツーにスーツを着て、カバンを持ち
どう見てもフツーの仕事帰りのサラリーマンである。
そして1回、2回、3回くらいまで?
首にオレンジのタオルをかけた以外何をするでもなく
静か~におとな~しく試合の行方を見守っていた。

けれどその回が終わると同時に素早く立ち上がり
オジサンはいそいそと階段を下りて行った。
合間にはトイレに行く人も多いため
もちろん私も特に気にしていたわけではない。

ところがしばらくして
階段を上がって来た人は別人だった。
その人がオジサンの席に座ろうとしたため
え!?と驚いたほどである。
オジサンはすっかり変身していた。。。

変身後のオジサンは
JAPANのユニフォームに身を包み
首にはJAPANのツインメガホンを下げている。
何より驚いたのは頭に巻かれたオレンジのタオル。
はちまきである。
さっきまでのオジサンとは思えない。
私もガミも目が点である。

もちろんオジサンの隣の席に座る
2人連れのオジサンズもこれには驚いた。
「今買って来たんですか?」
と訊ねずにはいられなかったようだ。
どうやら前回来た時に買っておいたものらしい。
こうして応援モードにどっぷり浸かったオジサンだが
実はリズム感がゼロだった。。。

選手の応援にはそれぞれ出来上がったパターンがあり
それに合わせて拍手や声掛け、時には歌うが
何も知らない私でさえ、聞いているうちにパターンを覚え
何とか一緒に手が叩けるものである。
なのにオジサンときたら簡単なリズムさえマスターできず
常に同じリズムでしか手が叩けないのだった。
しかもツインメガホンは時として忘れ去られている。

さらに日本の得点シーンでは
立ち上がって手を叩き、思いっきり盛り上がるのだが
回したタオルは思いっきり手に絡まり
ちっとも振り回せていない。
これには後ろの私たちは大爆笑!
ガミは脇が攣るほど笑いコケた。

たぶん応援したい気持ちは山々なのだ。
だけど、しなれていないのか何なのか
周りをキョロキョロ見回しつつ応援する
何とも挙動不審のオジサンだった。

その後も筒香のホームラン時には
オレンジタオルを振ろうとしたものの
みな振らず、あわてて止める。

坂本のヒットで、再度タオルを振るも
またまた手に絡まる。

9回キューバの最後の攻撃時には
ユニフォームを脱ごうとするも
キューバがヒットで着替えられずあたふた。
などなど、危うくガミは笑い死にするとこだった。

これだけ楽しませてくれたオジサンに
感謝の意を込めて写真を載せておく。

c0322794_21200016.jpg

一応、ちっちゃめで。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-12 18:10 | Comments(0)

きゃあ~♪わらび餅

もともと私は間食をする人ではないので
お菓子を食べることがあまりない。
特に和菓子は進んで食べることのないものである。

けれどもちろん例外もある。
「わらび餅」だ。
実は先週、課の男性社員が買って来てくれた。

c0322794_15445585.jpg

訊けばこの「一幸庵」は去年「情熱大陸」で放送された
行列のできる和菓子屋だと言う。
中でも「わらび餅」は絶品らしい。

c0322794_15450678.jpg

実はこの「わらび餅」大きいの。
それなりの大福と同じサイズなのだ。

さっそくパートの彼女といただいた。
きゃあ~!なに~?この食感!!
まさにプルップル♪
しかもサッと溶けたぁ。。。
ん~♪美味し~~~い♪

実はこの食感を出すために
「覚悟を決めて、一心不乱に
練って練りまくる」のだそうだ。
恐るべし「一幸庵」!

私も彼女も大満足~♪
ごちそうさまでした!

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-11 23:59 | 美味しいもの | Comments(0)

元祖?かわいい絆創膏

今回出てきたのはオーキューバンである。

c0322794_17175017.jpg

驚きの1987年製!
つまり30年前の
子供たちが保育園に通っていた当時のものだ。

c0322794_17180927.jpg

上から1979年生まれの「チアリーチャム」
1986年生まれの「ノラネコランド」
1984年生まれの「ザ ラナバウツ」
1985年生まれの「マロンクリーム」である。
そもそも、このように絆創膏に
キャラクターが描かれ始めたのはいつからだろう。


見ての通り、絵入りと言ってもシンプルだ。
最近のものはもっとカラフルだが
当時は絵がついてるだけでも画期的だった。
これだけでも感激し、買い集めたと思われるが
もったいなくて使えなかったのだろう。
今となってはレアものである。


けれど肌の弱い私ゆえ、今さら使う勇気も出ず
さりとて捨てることもできず
結局このままとっておくことにする。
10年後、また記事にしよ~っと♪


[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-10 22:02 | いいもの | Comments(0)

荷おろし症候群

息子の結婚式が終わって3週間。
相変わらず無気力な私である。
何でだろう・・・何をするのも面倒。
どうやら「荷おろし症候群」のようだ。

「荷おろし症候群」とは
大きなやるべき事をやり遂げたあと
精神的ストレスから解放されることによって
何もやる気がなくなってしまう状態のこと。

学生なら勉強や部活動、社会人では大きな仕事
さらには子育てや定年退職など
これらを達成し終えた後に起きることがある。


似ている言葉に「燃え尽き症候群」があるが
こちらは自らが献身的に打ち込んでいたものが
長期間努力しても結果が得られなかった場合
疲労感や欲求不満を感じてしまう状態だそうだ。


2人の子供たちがそれぞれに家庭を持ち
悲しい経験をした娘もおかげさまで無事母になり
デキ婚した息子はやっと結婚式を挙げた。
特に、息子が結婚したのは私が離婚した後だったため
結婚式は親としての義務だと強く感じていた。


今、それらがすべて終わったことで気が抜けた。
ホッとした気持ちはハンパなく
それゆえの脱力感、無気力である。
けれどしばらくはこの状態も止むなしと考える。
この先、残りの人生をどう生きていくか・・・
じっくり考える時が来たのだと思う。


[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-09 22:15 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

解決せず・・・

これまで特に不便もなく使えたエキサイトブログだが
今週に入って不調である。

ブログを更新するには、まず記事を書く。
エキサイトブログでは「通常編集」モードと
「HTML編集」モードの2つがあり
私はこれまでずっと「通常編集」モードを使ってきた。
写真もそのまま表示されるプレビューに近い画面で
初心者の私には利用しやすいモードだ。
そして、記事が完成したらプレビュー画面を表示させ
最終的な確認をして投稿という流れになる。

ところが、今週になって突然問題発生!
行間があかなくなったのである。
たとえば「3行書いて1行あけ、5行書いた」としても
プレビュー画面で確認すると
あけたはずの1行のスペースはなく
ズラズラズラと8行が続けて表示される。

結果、更新しようと書き上げた記事は
ズラズラズラと30行近くが隙間なく表示され
何とも見にくく、読みにくい記事となってしまった。
再度書き換えたり、何度もスペースを入れ直したが
頑として行間はあかない。
お手上げである。

ということで、サポートセンターに問い合わせた。
返信はすぐに届いたが、全然スッキリしない回答だ。
「Internet Explorerで「通常編集」モードを使うと
「中央寄せ」等の文字の配置タグを挿入した場合に
問題が発生することを確認した」というものだが
そもそも私は「中央寄せ」等を使ったこともない。

さらに、詳しい調査と改善には時間がかかるので
このままInternet Explorerを使う場合は
「HTML編集」モードで投稿するか
Chrome等の別ブラウザから投稿してほしいとあった。

返信には修正の方法も書かれていたので
さっそく「HTML編集」モードに切り替え
試みたものの直らなかった。
そもそも初心者に「HTML編集」モードは難しく
このモードでの更新は考えられない。

その上、この10のノートPCに替えた際
実はChromeを入れて使い始めたのだが
相性が良くないのか、使い勝手が悪くやめた経緯がある。
ゆえに再度Chromeを使う気にはなれない。
どうしたものか・・・。

と思っていたら、幸いこの記事はちゃんとできた。
ん?何なんだ???

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-08 23:59 | Comments(0)

更新できず・・・

なぜか昨日からブログの表示がおかしく
書いた通りに表示されない事態になっています。

ただいま問い合わせ中につき
解決されるまでしばらく更新できません。
すみませんが、少々お待ちください。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-06 22:25 | Comments(0)

花壇スッキリ♪

完全に放置されていた花壇。
さすがに雑草が目立ち始めたので抜くことにした。

c0322794_17162853.jpg

c0322794_17173157.jpg

いつしかスズラン水仙とチューリップが出ていた。
チューリップは去年残っていた球根だろうが
たぶん花は咲かないだろう。

c0322794_17174039.jpg

スズラン水仙は、きゃあ~♪
もう花が咲いてるぅ!

c0322794_17164679.jpg

横の花壇には植えっぱなしの玉すだれ。

c0322794_17170567.jpg


c0322794_17171750.jpg

気になるのはコレ。
そう言えば、去年花が咲いたあと種はできてたっけ?
花はたくさん咲いたのに種を見た記憶がない。
これって種が落ちた後かしら?
このままでまた花が咲くのかなぁ。

とりあえず、せっかく雑草も抜いたので
来週末は花屋へ出かけ、何か植えることにする。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-05 17:37 | ガーデニング | Comments(0)

変わる会社

久しぶりに会社の話である。

私を拾ってくれた社長が別の子会社へ異動し
親会社から新しい社長が来てから
会社はすっかり変わった。
上が変われば当たり前のことなのだろうが
なかなかのものである。

さらにこの4月からは
営業に平成7年生まれの新入社員が2人
支店には30代半ばの中途採用社員が1人と
再雇用の契約社員が1人入ることになった。
社内の雰囲気もまた変わりそうだ。

そして近い将来、会社の合併もあるだろう。
実は私の会社は平成元年に東日本とに西日本に分かれ
同じ名前でありながら別の会社としてここまで来た。
けれどここへ来て急速に話が詰められていて
どうやらまた1つの会社となるようである。

社長は今年70歳になる。
最初から言っていたように
うちの会社の社長をやるのは2年だけだろう。
残りの1年で、まだまだ改革が進みそうな予感だ。

そんな中、私は相変わらず仕事がない。
さすがに毎日の時間つぶしも限界にきているし
毎朝「今日は何をしようか」と考えるのも飽きた。
会社はつまらなく、やりがいもなく
そして精神的にもかなりキツさを感じている。

少し予定より早いけれど
パート生活を始めようかと思う今日この頃である。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-02 22:04 | 会社・転職 | Comments(0)

ちゃんと来たし

やっぱり今年もやって来た花粉・・・。
ちゃ~んと毎年この時期に自覚するのは
何とも虚しいものである。

ふりかえれば去年の記事も2月26日。
私の花粉はこれから3ヶ月続くのである。
ここ最近は目の症状がハンパない私だが
今年もすでにショボショボが始まっている。
コンタクトもそろそろ使えない。

11月からは風邪予防でマスクを着用し
そのまま花粉予防へと移行する。
1年の半分以上がマスク姿となる私である。
あ~・・・いよいよ憂鬱な季節の始まりだ。

まずはテンション緩やかに下降開始。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-03-01 23:59 | 健康 | Comments(0)

待ってたよ~♪

待ちに待ったアイスがまたまた期間限定で復活~!
ハーゲンダッツ「華もちシリーズ」である。

ちょうど2年前に初めて登場したのは
「きなこ黒みつ」「みたらし胡桃」だったが
これがあっという間に売り切れた。
その後、リクエストにお応えして
再び期間限定で登場するも
これまたほどなく店頭から消えてしまった。
実際、出遅れた娘は未だ口にしていない。

それが本日復活したのである。
こんなにめでたいことはない♪
さっそく帰りにコンビニに寄りゲットした~!

c0322794_23261490.jpg

「きなこ黒みつ」が5個。
今回も買えなそうな娘たちの分もキープである。
実はコレ、最後の5個でこのあと棚は空になった。
そして真ん中の1個が今回新発売の「ごま胡桃」だ。

c0322794_23262423.jpg

開けてビックリ!全面の黒ごまソース。
これがまた美味しいの♪

c0322794_23263756.jpg

黒ごまソースの下は柔らかいお餅。
そして白ごまアイスクリームにクルミがポツポツ入ってる。
ごま好きにはたまらない♪

さすがにもう復活は最後かもしれないし
せいぜい冷凍庫にキープしておくよ~!

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-28 23:46 | 美味しいもの | Comments(0)

ガス給湯器交換

ちょうど去年の2月
3年に1度のガス保安点検があった。

実はその際、ガス給湯器の
一酸化炭素排出量検査を進められた。
けれど悪い結果が出ることは容易に想像できたため
その任意検査はパスした。
数値が悪いからと使用禁止にされてはたまらない。
近いうちに交換するにしても今ではない。

そしてそのまま時は流れ
いつしか私の頭から「ガス給湯器」は消えた。
特に問題も不具合もなく1年が過ぎたのである。

けれど、今回ヘルプでやってきた母が言った。
「ガス給湯器替えた方がいいよ」
築17年を超えたわが家と
ほぼ同じ頃に建てた母の住む二世帯住宅では
すでに何年か前に交換したのだそうだ。
さらに私は気づかなかったが、母曰く
お湯の温度にムラがあるそうだ。

ということで、さっそく交換を決めた。
実際、調べてみると
ガス給湯器の寿命はおおよそ10~15年程度とあり
やはり限界のようである。
ちょうど隣のHばあちゃんに教えてもらった
近所のお店に相談することにしたものの
型番を確認しようにも
ラベルはやけてしまって読めなかった。

c0322794_16185276.jpg

見えるのは「TOTO」の文字だけだ。

c0322794_16191053.jpg

すでに配管ホースもボロボロだったそうで
あまりの古さには業者さんも驚いていた。

そしてわが家のガス給湯器は新しくなり
さっそくお風呂にお湯をはった。
するとしばらくして突然鳴り出すブザー!
ピーピーピーピーピー!!
え!?何なに??
何事かと慌てて駆けつければ
「残りおよそ5分でお風呂に入れます」
との声。。。タラ~ン。

さらにおよそ5分後。
今度は突然鳴り出すメロディ・・・。
ビミョーな長さでそれは響き渡った。
「お風呂が沸きました」
再びしゃべるリモコンであった。

冷蔵庫がしゃべり、お風呂もしゃべる。
1人暮らしでも賑やかな我が家である。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-26 16:51 | しーちゃんち | Comments(0)

次は下降でしょ

年末から続いた娘の出産が無事に済むと
今度は息子の結婚式があり
気持ちの上でもやっぱり落ち着かない私だった。

その結婚式も何とか終えることができたことで
今度こそ本当に一段落である。
私の生活はやっと元通りになり
ここへ来て、ホッとしたと同時に気が抜けた。
これですべてが終わったんだと思う。

子供2人がともに結婚式を終え
それぞれに子供が生まれて家族ができた。
親としての務めはこれで終わりだ。
考えてみれば、もうやり残したこともなく
あとは孫の成長をどこまで見届けられるかだけ。

これでやっと
私の人生はいつ終わってもいいと言える。
この先の1年1年はおまけだ。

ここまで私の人生はジェットコースターだった。
どん底まで落ちたことも1度や2度ではない。
今回、嬉しいイベントが2つも続いたことで
ジェットコースターは上っているわけだが
当然、次は落ちるしかない。
いいことの度合いが大きければ反動も大きく
またしても待っているのはどん底だろう。

たぶん、目だろうな。
進行は止まらないし、そろそろ手術のはず。
そして視野はさらに狭くなるんだろうな。

とりあえずは振り落とされないように
しっかり掴まってるしかないね。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-23 22:49 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

すべて終了

おかげさまでいいお天気の中
息子の結婚式は予定通り行われ、無事に終了した。
来ていただいた皆さんには心から感謝である。

実はEが夜中なかなか寝ない日が続き
娘は当日寝不足と疲れで体調を崩してしまった。
そのため残念ながら
親族紹介や集合写真には間に合わなかったものの
何とかパーティー開始時には到着
全員集合となった。

私はメイクをしてもらった後
留袖を着せてもらい、準備完了となった。
いつもよりしっかりしたメイクはなかなか好評で
友人たちは盛んに大竹しのぶに似ていると言った。
昔から榊原郁恵に似ているとはよく言われたが
初めてのパターンである。

c0322794_21211277.jpg

こちらが最初のドレス姿である。
嫁と同じようにRもドレスにティアラをつけ
耳にはキラキラのピアスシールが貼ってある。
「これ、ピアスのシールなの♪」
とみんなに教えて歩くRだった。
ちなみに隣の男の子はお友達である。

そして「これから結婚式を始めます!」と
開会の挨拶をしたのはRだった。
ちゃんと練習通り上手にでき、沢山の拍手をもらった。

c0322794_21095531.jpg

そしてこちらが料理のメニュー。

c0322794_21100548.jpg

c0322794_21101328.jpg

このスープが1番有名というだけあって
本当に美味しかった♪

c0322794_21102019.jpg

c0322794_21102700.jpg

c0322794_21103676.jpg

c0322794_21104686.jpg

けれど、その他の料理はゆっくり食べられず
ケーキもコーヒーも最後まで味わえなかった。
ん~・・・残念。

c0322794_21094562.jpg

それにしても結婚式も変わったものだ。
2人の生い立ちに始まり、友人たちからのメッセージや
嫁から両親への手紙もすべて映像仕立て。
さらにエンドロールでは当日の様子をまとめたものを流し
専門家の娘婿は、別の意味で興味深く見ていた。

お開き後、着替えを済ませた私は
ドイツ時代の友人たちと別室でお茶をした。
息子のお祝いはモチロンだが
娘の出産を誰より喜んでくれている友人たちで
元気な娘と少しポッチャリしたEに初対面し
大喜びしてくれた。
たくさん心配をかけてしまったけれど
これで安心してもらえたはずだ。

その後、息子たちはそのまま2次会に突入した。 
1次会に呼べなかったドイツ時代の友達や
中学校時代の同級生も駆けつけてくれ
私も久しぶりの再会を喜んだ。
みんなすっかり大人になっちゃって~
私も歳を取るわけだ。
「(息子)よりおばさんに会いたかったよ」
と言われれば、これまた嬉しい♪

それにしても友達の多い息子である。
けれど未だにずっと仲良くいられることは
ありがたいことだ。
こんなにたくさんの仲間たちに祝ってもらって
息子は本当に幸せものである。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-20 22:02 | しーちゃんファミリー | Comments(2)

久々、まつげパーマ

息子の結婚式を控え
まつげパーマをかけることにした。
前回かけたのは何年前だったろうか。

一時はマイブームだった
まつげパーマもエクステも過去の話。
歳と共にまつげも少なくなり
目薬のせいで窪んだ目になったことから
どちらも止めてしまった。

けれど今回、突然思い立った。
憂鬱な気分を少しでも晴らすためには
自分の気持ちを上げていくしかない。
それには「ずっと上がったまつげ」である!
テンションが下がって、まつげも下向きじゃ~
やってられない。

ということで、仕事帰りに行って来た。
さすがプロである!
こんなまつげもバランス良く上げてくれた。
きゃあ~!ちゃ~んと上向きぃ♪
テンションちょっとだけ上昇~♪

そして、さらなるアップのため
今回は初めてメイクもお願いすることにした。
やだぁ~!ホントに女優じゃん♪

よ~し!
明日は上がったまつげとテンションで
何とか1日突っ走るぞ!
頑張れ~~!私!!

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-18 23:58 | いいもの | Comments(0)

あと3日・・・

郵便局とのバトルに気を取られ
気づけば息子の結婚式まであと3日である。

ミシュランガイドに星がつくレストランでのウエディング。
食事は間違いなく喜んでもらえるものだろう。
ただし「母親」である私に
それらをゆっくり味わう時間があるかは分からない。
しかも朝から1日、慣れない留袖である。
タッパ持参といきたいところだ。

この息子の結婚式は普通の式とは違う。
人前式であることもそうだが、それ以前に主役は3人。
孫のRも嫁と同じようにドレスを着て
途中のお色直しも一緒である。
どうにか機嫌良くいてくれればいいのだが
何といってもRは2歳半、ビミョーな年頃である。
下手をすれば大泣きという事態にもなりかねず
こればかりは無事に終わることを祈るしかない。

さらに私が「母親」であると同時に
別れた元旦那も「父親」として出席し
1日「両親」となるのも、普通と違うと言える。
モーニングを着る元旦那は
6年半ぶりに私の隣に並ぶことになるが
これが私にとっては憂鬱でしかない。

たった1日・・・されど1日。
「1日の我慢」は拷問に等しいが
それでも息子のため女優になるしかない。
あ~・・・・・・溜息しか出ない。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-16 22:06 | しーちゃんファミリー | Comments(2)

続、日本郵便

昨夜、日本郵便へ意見し、さらにブログを更新し
布団に入ったのは深夜1時15分である。
けれど怒りでなかなか眠れず今日は寝不足だった。

その日本郵便から返信のメールが届いたのが
本日15時18分だ。
「この度は、郵便物の配達につきまして
大変ご迷惑をおかけいたしましたことを
深くお詫び申し上げます。
△△郵便局よりご対応させていただきたく存じますので
大変恐れ入りますが、今しばらく
お待ちいただきますようお願い申し上げます。」

そして19時半前、チャイムが鳴り
郵便局から2人がやって来た。
1人は名刺を出し名乗ったが、受け取らなかった。
相手はさっそく今回のことを詫び
私はこの10日間の理由を説明してくれと言った。

すると、その人は突然
郵便局にある何だかという名簿の話を始めた。
配達はそれに沿って行われ
載っていない名前の場合は確認してからでないと
配達できないのだと言う。
それはたとえ「様方」になっていても関係なく
すべてにそう対応していると言い切った。
はぁ?私の質問の答えになってないし。

私は再度繰り返した。
ならばすぐにハガキをよこせばいい話であり
昨日まで確認にも来なかったのはなぜか。
そもそもどうして10日もかかり
その間、郵便はどこにあったのか
きちんと説明するべきではないか。

「4日に局には届いていましたが・・・」
「名簿に名前がなかったので・・・」
説明はくどくど続いたが、早い話が「放置」である。
娘宛の郵便は何だか言う棚にあげられ
そのまま昨日まで忘れ去られていたのだ。
「つまり、怠慢ですよね?」
私は言った。
もうこれ以上は話しても無駄である。

私は今1度、その郵便が大切なものであり
その怠慢のおかげでどれだけ迷惑したかを言うと
「もう結構です」
とドアを閉めた。

けれどあとから考えてみれば
その名簿とやらもいいかげんなものである。
と言うのも、我が家には未だに息子宛の郵便が届く。
息子が家を出たのは4年前である。
しかも私が離婚した6年半前から
この家の表札は私の旧姓に替わっている。
それなのに届く息子宛の郵便は以前の名前である。

つまり、表札にない名前の郵便を
郵便局は配達し続けているのだ。
本来、該当者なしで返送すべきものだろう。
これこそ居住確認すべきであり
まったく矛盾する話である。

あまりに呆れすぎてものが言えないが
もうこれ以上、この件で無駄な時間は使いたくない。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-15 22:47 | Comments(0)

日本郵便、ふざけすぎ!

娘が2ヶ月弱、出産のために
うちで暮らしていたことは書いた通りだ。
その娘が、会社に頼んで発行してもらった書類がある。
区役所に10日までに提出しなければならない書類で
それは3日にここの住所宛に発送された。

早ければ4日には届くはずだったが届かず
娘は自宅宛の封筒を置いて、自宅へ戻って行った。
週明けの6日に配達されたら
そのまますぐにそれに入れて転送するためだ。
ところが6日になっても、さらに7日になっても
その郵便は届かなかった。

結局郵便は行方が分からず
このままでは区役所への提出期限に間に合わない。
やむを得ず、事情を説明し
会社に書類を再発行してもらったが
区役所へは持って行かなければならなくなった。
ちゃんと配達してもらえれば
郵送の提出で十分間に合ったはずだった。

ところが今日になって、郵便局から
「居住者確認のお伺い」というハガキが送られてきた。
何と!待っていた郵便は、娘がここに住んでいるか
分からないため配達せず保管しているというのである。
しかも回答がなければ1週間後に送り返すと書いてある。
はぁ?私はブチ切れた。

すぐに電話をかけると、それから10分間怒り爆発である。
まずはその郵便を電話口に持ってこさせ宛名を確認した。
すると宛名は娘の名前だが「しーちゃん様方」となっている。
当然配達されて然るべきものである。

「一時的な居住者は、いつからいつまでここにいますと
届け出なければ郵便物を届けてもらえないんですか!」
「仮に確認ができないという理由だとしても
3日の消印があるものを10日以上も経った今になって
『お伺い』ってどういうことですか!
その間、私たちはその郵便を毎日待ってたんですけど!
わかります?私が言ってること間違ってます?」
もちろん、その郵便が大切なものであったことも
しっかりと伝えた。
けれど腹の虫は収まらない。

「あのね、謝って済む問題じゃないんですよ。
現に会社への再発行を依頼しなきゃならなかったわけだし
区役所だって郵送で間に合ったものを
わざわざ持って行かなきゃならなかったんですからね。
その10日間は放置されてたわけですよね?
あまりにいい加減すぎないですか!」

相手が住みませんしか言わないので
私は途中で上の人に替われと言った。
けれど今いる中では自分が1番上だと言ったため
「だったら明日!
このクレームは必ず上に報告して下さいね!
私が言ったことをちゃんと伝えて問題にして下さいよ」
と言って切った。
まだまだ言い足りなかったが仕方ない。

そしてそれから10分もしないうちに
その郵便は届けられた。
「どうもすいませ~ん」
配達員がヘラヘラ言ったのでカチンとしつつ
「クレームあげさせてもらいますから!」
私はニコリともせず言った。
「はいはい」
配達員は言った。
ブチッ!ふざけてんの?

とにかく行方不明だった娘宛の郵便は
11日も経った今日、私の手元に届いた。
娘はとりあえず見つかったことで安心していたが
私の怒りはまだまだ頂点である。
そのまま日本郵便のHPを開くと
さっそく延々と意見し、回答をもらうことにした。

そして今、ブログでも訴える。
日本郵便酷すぎだろ!!

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-14 23:59 | Comments(0)

他で借りたもんね~

16日まで返却されるのを待っていられないので
先週金曜日、途中駅のTSUTAYAで
DVDを借りてきた。
受信状態が悪くBSの録画ができていない
韓国ドラマである。
何を隠そう、それが見られないために
日に日に溜まった録画は何と!50話にもなった。

とりあえず借りた2枚で少し消化できたものの
さらにその先もまた録画が不調な3話があり
なかなか調子よく次から次と言うわけには行かない。
これ、結構ストレスだったりする。

そして今日はまた、地元のTSUTAYAで
別の韓国ドラマを2枚を借りてきた。
並行して見ている別のドラマだが
これがまた録画が不調だった。
準新作だったためにレンタル代もバカにならず
よって短期間レンタルとなる。

当然、帰宅するなり一気に見なくてはならない。
おかげで今日は何もできなかった。
夕刊も読んでおらず、送るべきFAXも未処理
さらにメールももらいっぱで返信もしていない。
すべては明日。
何事にも韓国ドラマが優先する私であった。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-13 23:59 | マイブーム | Comments(0)

久々ハートツリー

気づけばすっかり忘れられた感のあるハートツリー。
元の生活に戻り、久しぶりにのぞいてみれば
何やらかわいそうなことになっていた。

c0322794_18593827.jpg

覚えているだろうか・・・4姉妹である。
見ての通り伸びっ放し。
入り組んだ枝は、もはやどれがどれか分からない。

c0322794_18594934.jpg

親木にたくさんできたハートは、やっと赤くなった。
冷え込みが強ければ強いほど真っ赤になるハート。
まだまだ赤くなりそうだ。

c0322794_19000178.jpg

問題はこの6兄弟である。
冷え込みのため、葉っぱの色は変わり
雨や強風や乾燥に耐えた跡が見て取れる。

c0322794_19001228.jpg

きゃあ~!
末っ子のトドマサキの葉っぱがぁ・・・無残。

実は、今ひらめいてつけた名前である。
大きい子からおそマサキ、カラマサキ、チョロマサキ
一マサキ、十四マサキ、そしてこの子がトドマサキだ。
ハートツリーが「ハリツルマサキ」であることと
6兄弟であることから、ちょっとパクった。

けどこのトドマサキ、大丈夫かなぁ。
何かパックンフラワーっぽくなってて
ちょっとウケる・・・。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-12 19:33 | ガーデニング | Comments(0)

ちょっと遅かった・・・

年末年始と娘の出産があり
娘たちが自宅へ戻った後はギックリ腰になった。
やっと90%にまで回復したところで
気づけば息子の結婚式は8日後である。

私は当日、留袖を着ることにし
すでにレンタルの申し込みも済ませた。
実は母は自分の留袖を持っているが
私の娘の結婚式にはその留袖を着たので
今回もまた着るものだとばかり思っていた。
ところが、母に確認したところ今回は着ないと言う。

その話をしたのは
母がヘルプにやって来た12月のことである。
その時すぐに思いつけばよかったのだが
そのことに気づいたのは今週に入ってからだった。
当日準備する着物用品を確認していてふと思った。
「そうだ!お母さんが留袖着ないなら
私が着ればいいんじゃん♪」
レンタル代だってバカにならない。

さっそく嫁に連絡しキャンセルの確認をお願いした。
あとから分かったことだが、嫁のお母さんも 
やはり母親の留袖を着ることにしたそうで
1月に入ってからレンタルをキャンセルしていた。
可能なら無駄な出費は避けるべきだ。

けれど、母やパートの彼女の
「まだ1週間以上あるんだからキャンセルは大丈夫!」
と言う励ましも虚しく、キャンセル料は100%。
30日前からは全額になるとの返事だった。
あ~・・・もっと早く気づいていればなぁ。。。
残念無念。。。

仕方ない。
今回はそのままレンタル留袖を着るしかない。
もっとも、柄もピンクが入って気に入っているし
レンタルだから気楽であるのは確かだ。
母は言った。
「この次着ればいいじゃない」

だが、私には他に子供はおらず
親として出席する結婚式はこれが最後である。
美人は薄命の定めから
まだまだ小さい孫たちが結婚するまで
私が生きていられるはずもない。
あ~・・・返す返すも残念だ。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-11 17:15 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

席札、一気書き

いよいよ10日後に迫った息子の結婚式。
多忙な中、嫁が頑張って
準備を進めてくれているようである。

貧乏夫婦の結婚式ゆえ、極力経費をかけないよう
自分たちで用意できるものは節約している。
「席札」もその1つであり、当然書くのは私。
そのための実務書道師範と言ってよい。

c0322794_23260895.jpg

本音を言えば
もう少し体調のいい時に書きたかったが
日がないために、日曜1日で書き上げた。
ギックリ腰で座るのもままならない状態の中
よくも間に合わせたものである。
これはもう根性を超え、執念としか言えない。
さすがに今回はよくやったと自分を褒めたい。

実際、このせいで
翌日は腰に加えて肩や首までも痛く
全身が悲鳴を上げていたため仕事を休んだ。
やっぱりもう、無理は利かない。
実感である。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-09 23:30 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

5代目はズッシリ

ついに4代目も引退の時を迎えた。
わが家の角に接触を避けるため置いたコーンは
またしても踏んづけられ、ボロボロにされた。

c0322794_22502904.jpg

見ての通り、コーンがボロボロなだけでなく
コーンベッド(重し)も踏まれて
バラバラに割れてしまっている。
よくもここまで細かく割れたものだ。
まったく・・・どんだけ乗り上げられてるのかと
腹が立つったらありゃしない!

私はここに住み続ける限り
こうしてコーンを買い続けなくてはならないのか。
私道の角地・・・今なら最悪の土地と言える。

だからと言って何も置かなければ、またぶつけられる。
怒りは収まらないが、5代目を探さなくてはならない。
次はもっと丈夫なやつにしよう。
実際、もっと大きいサインも色々あったが
さすがに10,000円以上である。
そこまで出して、またすぐに壊されたらと思うと
とても購入する気にはなれない。

それでも何とか溜まったポイントも使い
これまでの4倍するコーンを購入した。

c0322794_22503804.jpg

今までのものと違って「重し一体型」。
ベースが重りになっていて重さは何と!4.5kg!!
これまでの倍以上、ズッシリである。
「柔軟性に優れトラックに踏まれてもすぐ元に戻る」
との説明が大いに気に入った。
これが本当なら、これまでのようにボロボロにはならず
相当期間使えるはずである。
期待するよ!

c0322794_22504693.jpg

とりあえず、持ち去られないように
ベース部分にマジックで大きく名前を書き
さっそく置いた。
これでダメなら次はぶつけた相手に傷がつくように
金属の置物を探すことにする。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-07 23:52 | しーちゃんち | Comments(0)

そして誰もいなくなった

娘家族が自宅へ戻っても
週末をそのままわが家で過ごした母が
ギックリ腰で私が仕事を休んだ今日帰った。

毎日敬老館に通い、友達もたくさんできた母は
今やカラオケ同好会の代表を務めるなど
忙しい日々を送っている。
そんな中、娘のために1ヶ月半もヘルプに来てくれ
私はどれだけ助かったかしれない。

80歳になった母は年相応に耳も遠くなり
そんな母の「老い」を目の当たりにしたことで
悲しくなることもあった私である。
それでもジッとしていられないところは変わらず
母のいる間に家中がピカピカになったのも事実だ。
本当にありがたいことである。

けれど帰り際に、母は泣き出した。
「1ヶ月半もお世話になってありがとう。
おかげで曾孫にも会わせてもらって
もうこれで何も思い残すことはないし
いつ死んでもいいわ。
パパは曾孫には会えなかったのに
私は2人も会えるだけ長生きさせてもらって
本当にありがとう」
とんでもない。
お礼を言うのは私の方だし
母にはまだまだ長生きしてもらいたい。

自宅に戻っても、同居する私の弟夫婦とは
決して仲良く暮らしているわけではない。
母は自分のペースで1人暮らしているようなもので
姪っ子が家を出てからは話し相手もいない。
私はいつでもうちに来てくれていいし
同居してもいいとも言っているが
やはり今となっては地元を離れるのは難しいようだ。
なので、息抜きしたくなったら
いつでも来てくれていいと言った。

これで本当に私はまた1人である。
寂しいのか嬉しいのか分からない・・・。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-06 19:28 | しーちゃんファミリー | Comments(0)
前回、小さな部品「Eリング」が無かったため
何もせずに帰った修理業者が再びやって来た。
前回と別の人が来てくれることを期待したが
来たのはやっぱり同じ人だった。
しかも、なぜかガススプリングは持っていない。

3階に上がったその人は、ロフトのハシゴを下すと
外れていた右側のガススプリングをセットし
持参したEリングで留めた。
これまで重たかったハシゴは、それだけで軽くなり
どうやらガススプリングは問題ないようである。
「これ、外れてただけですね。
あとはちょっとバランスを調整すれば大丈夫でしょう」

そして、左右のネジを調整すると言った。
「終わりました。閉めてみて下さい」
私は引っ掛け棒を使ってロフトを閉めた。。。
がぁ~!斜めになっていて天井にぶつかり
どう見ても閉まりそうもない。

「あれ?おかしいな」
業者が無理にガンガンぶつけ閉めようとしたため
角が擦れて傷がついた。
さすがにムカついたので私は言った。
「ちょっと!ここぶつかってますけど!!」
すると
「曲がってるから擦れたんでしょう」
という返事。はぁ?

そしてしばらく「おかしいな」とブツブツ言ったあと
「これ、やっぱりガスが抜けてるみたいですね。
このままじゃ、ちゃんと閉まらないですもんね。
どうしますか?ガススプリング交換します?」
と言った。

取り替えなきゃ閉まらないんじゃ
交換してもらうしかないじゃん。
けれどやっぱり納得できなかった私は
業者がガススプリングを車に取りに行っている間
再度、動作確認をしてみることにした。
本当に交換が必要なのだろうか・・・。

早速途中で手を離してハシゴの戻り方を見た。
するとハシゴはゆっくりと元に戻った。
ガススプリングはちゃんと利いている。
つまり交換の必要はないのだ。

私は戻って来た業者に言った。
「やっぱりガススプリングの交換はしません。
もう1度ネジの調整をし直して下さい。
最初の状態に戻してもらえばいいです」

そして逆に閉め直してもらった結果
これまで通り、スムーズな開閉ができるようになった。
結局、最初から余計なことをしないでくれれば
余計な傷をつけることもなく、それで良かったのだ。

それにしても、こんな業者を使っている
パナソニックには大いに呆れた。
酷すぎる・・・酷すぎて話にならない。
もう2度とこの人にはやってもらいたくない。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-05 23:59 | しーちゃんち | Comments(0)

E、自分の家へ

出産のため、わが家に2ヶ月強同居した娘夫婦が
Eを連れて今日自宅へ戻って行った。
さすがに持ち帰る荷物の量はハンパなく
車で2往復してやっと運び終えた。

c0322794_23375372.jpg

お昼は娘夫婦がお寿司をとってくれた♪
いつ食べても本当に美味しいお寿司である。
それから寝ているEを連れ
娘たちは14時頃、わが家をあとにした。

ヘルプに来ていてくれた母はと言えば
息子夫婦が家にいる週末には帰りたくないとのことで
もう少し、週明けまでゆっくりして行くと言う。
そして早速おパチに出かけた。

明日は天気が悪いとの予報なので
私は洗濯機を回しつつ、掃除機をかけ始めた。
それから娘たちが使っていた息子の部屋を
元に戻すべく荷物の移動を始めたところで
それは起きた・・・。
ギックリ腰である。

今回はグキッとなったわけではないが
荷物を持った瞬間、腰に嫌な感触があった。
やばい!ヤバイ!YABAI~!!
時間と共に腰はズ~~ンと重く痛くなり
間もなく力が入らなくなった。
あ~・・・最悪だ・・・。

ギックリ度「6」。
動こうにも無理が利かない状態である。
明日1日で復活できる気がしない中度のギックリ。
当然片づけは途中で止まり
その後は寝ているしかなかった。

久しぶりのギックリ腰。
結婚式の前じゃなくて良かったと思うしかない。

[PR]
# by shi_chan1024 | 2017-02-04 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん