おことわり

W杯ブラジル大会開幕に伴い
これから1ヶ月の間は
更新が滞ることがあるかもしれないので
予めおことわりしておく。

サッカーたるもの
ライブで観なければ意味が無い。
モチロン日本戦だけ観ればいいものではない。
よって夜間から早朝に起きる生活となるため
当分は早寝しーちゃんである。

まずは明日のブラジル戦~!
あ~楽しみぃ♪♪
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-12 23:34 | サッカー | Comments(0)

戻った憂鬱

3日間の天国はあっと言う間に終わり
派遣女が出社した。

いつものように席に着いたのは9時15分過ぎ。
いつものように黙って事務所に入って来ると
何も言わずに席についた。
誰にも「おはよう」でも「お世話様」でもない。
海外へ行って来たらしく
給茶コーナーにお土産らしきお菓子が
「これでいいでしょ」
とばかりに置かれていた。
モチロン私は食べない。

3日休めば仕事が溜まるのは当たり前である。
それを今回もまたイライラしながら
溜め息つきまくりで片付けていた。
事務用品に当たり
何もかもを投げつける姿には呆れる。
PCのキーボードを
あそこまで叩きつける必要があるのか。
まるでただのヒステリーだ。

隣でこれ見よがしに大きな溜め息をつかれ
私の気分は最低である。
たまにつくならまだしも
こう度々聞かされれば迷惑以外の何物でもない。
しかも澄み切った空気はどこへやら
またしても臭い香水プンプンである。
書類箱はわざと音を立てて私の横に置かれ
私のストレスはその都度溜まる。

「ざけんなよ」
これまで飲み込んでいた言葉が出た。
幸い、派遣女には聞こえなかったようだが
いつまで我慢できるか自信はない。

あ~・・・地獄だな・・・我慢地獄。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-12 23:23 | 会社・転職 | Comments(0)

1つずつ

一通り花が咲き終わったと思っていたら
ここへ来てなぜか1つずつ咲いた。

c0322794_23214724.jpg

c0322794_23242378.jpg

私を励まそうとしているのかな。

c0322794_23255574.jpg

[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-11 23:27 | ガーデニング | Comments(0)

爆発の季節

最悪だ・・・。
歳と共に年々天パがひどくなる。
もはや髪の毛は細く少なくなり
昔ほどの根性も無くなって来た。
先日まで同居していた母に
私は夢も希望もない自分の将来を見た。

特にこの季節はどうにもならない。
朝、何とかまとまっていたとしても
駅に着くまでには湿気でクリクリ。
自由気ままな方向に跳ねまくる。

仮にどうにかそのまま会社まで辿り着いても
事務所についた途端に顔から上は大汗だ。
コレ、間違いなく更年期と思われるが
おかげで化粧は落ち、頭は爆発~!
一昔前のカーラーで巻いたようなカールが出現
ハネハネ髪は何をしても戻らない。
あ~・・・最悪。

c0322794_23194311.jpg

この外ハネを見るだけでイライラ。
1日テンションが低くなる。
後ろのクリクリは写せないが
それはそれはひどいものである。
この気持ちは天パ持ちでなければ分からない。

と思ってネットを見れば
同じ天パの人たちのつぶやきが載っていた。
大いにうなずけるものばかりだったので
ここに紹介させてもらうことにする。

「朝の髪の調子で天気が予測できる」
特に湿度には敏感。
下手な湿度計よりよっぽど正確かも・・・。

「ものすごく短い時か
だらしなく伸びてる時じゃないと髪形が安定しない」
その通り~!言うことナシ。

「毎日髪型が違う」
特に今の時期はね。

「雨の日は絶望的テンション」
まさにそれよ。

「直毛に対する異常な憧れ」
ストパーにお金をかけた時期もあったわね。

何か・・・私だけじゃないんだね。
それはちょっと嬉しいけれど、だからと言って
このイラつきが治まるわけではない。
今年は梅雨が長いかもって・・・最悪~!!
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-10 23:33 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

3日間の天国♪

今日、会社に行ってから知った。
派遣女は水曜日まで休みらしい。

やったぁ~!!!!!!
と、跳び上がりたい気持ちを抑え
こみ上げる笑顔を必死でこらえた私である。
ここで本来の私に戻り、イキイキと
元気いっぱいになり過ぎるのもマズイ。
堪えて堪えて・・・。

それでも気づけばニヤけてしまう。
何より左側の空気がきれい~♪
書類箱を私との間にいちいち投げつける
バンバンという音もしないし
溜め息も聞こえなければ香水臭くもない。
あ~し・あ・わ・せ♪

どうせなら先週一言言ってくれれば、今朝は
「あ~また会社か・・・」
と憂鬱な気分で出勤せずに済んだのに。
毎度のことだが、私に迷惑かけると分かりながら
一言の挨拶もない派遣女だ。
しかも急な休みではなく、3日も休むのにだ。
やっぱしムカつく~。
最低の女だな。

それでもあと2日、私の天国は続く。
やっほ~~~~♪♪♪
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-09 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

これからは北欧系

ドイツにいた時に借りた本がきっかけで
私は外国人作家の本を読むようになった。

それから20年近く
お気に入りの作家の作品をはじめ
かなりの数の海外文庫を読みまくった。
カタカナの登場人物を覚えるのは大変だが
それでもとにかくおもしろい。

そうして、すでに好きな作家のものは
ほとんど読み終えた感のある今日この頃。
大好きなブックオフに出かけても
次はどの作家のものを読もうかと
悩むことが多くなった。

そんな時、新聞に嬉しい記事を見つけた。
「今、北欧文庫がおもしろい」
という内容で、お薦めの作品が紹介されていた。
これだ~!
さっそくそれらをメモし
いよいよ読む本が無くなったタイミングで
ブックオフに出かけた。

c0322794_10355881.jpg

そしてとりあえずゲットしたのがコレだ。
現在、ミレニアム1の下を読んでいるが
確かにおもしろい♪

今後は記事にあった作品すべてを読み
その後は、その作家の別の作品も読みたい。
実際、登場する名前は
これまでよりさらに長く複雑な北欧系で
その度に登場人物一覧で確認する必要があるが
それでも私は満足している。

c0322794_1049716.jpg

ちなみにブックカバーはコレ♪
何だかんだ言ったってやっぱりキティちゃんだ。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-08 10:58 | マイブーム | Comments(0)

DFに残る不安

今朝はパジャマから
応援用ユニフォームに着替えゴミ捨てに行った。
さすがに本番ではないので
その上にシャツを着て出たけれど。

今日のザンビア戦。
応援するには早過ぎず、遅過ぎず
ちょうどいい時間帯だった。
私はいつも通り、TV前に張り付き
飛んだり跳ねたり叫んだり全力で応援した。

今日の試合は仮想コートジボワールとして
とてもいい内容だった。
コスタリカ戦に続き、またしても先制されながら
逆転勝利したことは大きいが
これが本大会であったなら致命的だ。
本番では先制され追う展開は何としても避けたい。
それにしても、以前から不安に思っていたDF陣が
私には穴だらけのザルに見える。
失点3はいくら何でも多過ぎだろ。

それでも私は選手たちを信じている。
DFがザルならFWに頑張ってもらうしかない。
何よりサッカーは
試合終了のホイッスルが鳴るその時まで
何が起きるか分からないのである。

あ~いよいよあと1週間~!
今の私にはW杯がすべて♪
楽しみはW杯しかない。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-07 22:42 | サッカー | Comments(0)

困った習慣

今の会社ではやることがないので
これまで9ヶ月、残業をしたことは無い。
寄り道をせずまっすぐに帰宅すれば
18時半前には家に着く。

それから寝るまでの5時間余りを
有効に使っているかと言えばそうではない。
特に食事や家事を済ませ、ニュースを見て
一息つく20時あたりからが危ない。
大抵はこの時間からPCを開くのだが
メールをチェックし、アンケートに答えている間に
間違いなく睡魔に襲われるのである。
「あ~もうダメだ」
とソファーに倒れ込んだが最後
気づけば時計は23時を回っている。
毎日2時間前後、爆睡するのである。

それからお風呂に入り
そこからやっとブログの記事を書き始めるため
更新ボタンを押すのは
毎日、日付が変わってからになる。
幸いこのエキサイトブログは
遡った日付での更新も可能なため
記事は書き始めた日にちに設定し投稿する。
その際、更新時間はわざと23時59分にし
それが分かるようにしている。
この時間で投稿されている記事は
実際には0時半~1時頃書きあげたものだ。

この悪い習慣は変えなくてはいけない。
そう、お風呂の時間を早めるのだ。
今後お風呂には
睡魔がやって来たタイミングで入ることにする。
そうすればお風呂から出たあとには
目はパッチリと冴え
ブログの更新も当日中にできるに違いない。

今後は記事を読んだ後
この「睡魔撃退お風呂作戦」の効果を確認すべく
記事の下にある更新時間も見てもらいたい。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-06 23:59 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

またお試し・・・

先日までお試しで
会社に置いてあったコーヒーマシン。
結局、私は使い方も分からず
触れることもないまま回収されていった。

ところがそれが無くなったと思ったら
今日また新たに別の機械が設置された。
これもまたお試しらしいがビックリである。
何の権限があるのか
これもまた派遣女が頼んだものだ。

今度の機械は大がかりなもので
冷蔵庫と同じくらいのサイズである。
お金を入れ好きなボタンを押せば
紙コップが落ちて飲み物が出て来るタイプ。
病院の待合室や食堂
高速のPAなどによくあるもので
コーヒーやカフェラテ、ココアなど
10種類程度のメニューがある。

こんなものが
今の事務所に必要だとは思えない。
そもそも、使う気も替える気もないのに
次から次にお試しすること自体
私は好きではない。
けれどいかにも彼女のやりそうなことである。

これまでお昼は外で食べていた彼女だが
今週からまた事務所で食べることにしたらしい。
それも私が1人で食事する会議室ではなく
隣の応接室を閉め切り1人で食べている。
もちろん私もその方がいいに決まっているが
ここまで私を嫌いながら
それでも会社を辞めない彼女は何なんだろう。

契約終了まであと11ヶ月・・・。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-05 23:58 | 会社・転職 | Comments(0)

そしてまた1人暮らし

5月いっぱいで戦隊ものの仕事を終え
今月からは映画の仕事に戻った娘婿に合わせ
娘は今週末あたりに自宅に戻るつもりでいた。

けれど産休明けとなる今日、急きょ
人事面談で会社へ行かなければならなくなった。
ちょうど娘婿も
今日は自宅仕事で時間に余裕があったため
今朝、母を自宅に送り届けて
そのまま帰宅することに決まった。

夕方帰宅すると、家は元のように真っ暗。
賑やかだった我が家は
また私1人の家に戻ったのである。
「あ~また自由気ままな生活だぁ♪」
と思う反面、何やら寂しさも感じる。

本当なら凛太朗も一緒に
親子4代の生活になっていたはずだった。
それを思えばとても悲しく残念ではあるが
それでも、私には楽しく貴重な時間だった。
あのたくさんの管に繋がれていた娘が
日に日に回復している姿を見られたことは
何より嬉しいことであり、そしてまた
母と暮らせたこともいい思い出になるだろう。

できればそう遠くないうちに
今度こそ親子4代でまたこの暮らしがしたい。
その日が必ず来ることを信じて
楽しみに待つことにしよう。
臭くてたまらない家だけれど
それまでは我慢して住み続けることにする。

実際、急な帰宅となったため
カポックの剪定ができなかったことが
母には唯一の心残りだろう。
ということで
今度の週末にでも私が切ることにする。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-03 23:47 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

ハートツリーがぁ~!

ギョエ~!
バッサリと切られてるじゃん。

c0322794_21451191.jpg

犯人は母である。
母は我が家に滞在中、息子の部屋を使った。
サッシを開ければ、目の前のベランダには
種を取り終わり伸び切ったハートツリーの鉢。
すでにやることの無くなった母は
ついに鉢植えにまで手を出した。

とにかく良く働く母である。
朝は早くから起き出し
あっちをパタパタ、こっちをパタパタ。
さすがに7時前から掃除機をかけ始めた時には
せめて9時まで待ってくれと言ったが
目が覚めると同時に雑巾を持ち拭きまくっている。

私なりに家は綺麗にしているつもりだったが
限りなく潔癖症に近い母には
この程度ではまだまだ物足りないらしい。
結局、我が家で暮らしたこの1ヶ月半
母は毎日毎日掃除をし続けた。

それは鍋ややかんを磨くことから始まり
冷蔵庫の中、ガス台や流し台の下
トイレはモチロン、お風呂も排水口まで開け
漂白剤やカビ取り剤を片手の徹底ぶりだ。
当然、期限切れの調味料類は
知らぬ間にドッサリと処分された。
おかげで我が家はピッカピカ~♪
今年の大掃除は不要となった。

ついに掃除をする場所が無くなった母が
目をつけたのが、あちこちにある鉢植えである。
何を隠そう、母もガーデニングが好きで
何だかんだと気になるらしい。

c0322794_228693.jpg

今、母が狙っているのはこのカポックだ。
確かに自由奔放に伸び過ぎ
少々「だらしない感」がある・・・。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-02 22:22 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

やっぱり悪臭・・・

現在我が家で同居する母は
朝起きると家中の窓を開け放っている。
そしてその母が言った。
「臭い・・・。何この臭い、すごいね」

そうなるだろうとは思っていたが
ここへ来て急に暑くなったことから
やっぱりあの悪臭は戻って来た。
すでに我が家の玄関には臭いが溜まり
大きなハエが飛び回っている。

今年1月末
悪臭の原因だったお隣の犬が旅立った。
けれど、それから4ヶ月が経つ今も
犬小屋どころか
糞の跡も洗い流すことなくそのままである。
あえて言うならば
新しい糞尿が増えない分マシになっただけで
すでに染み付いた悪臭は
犬亡きあともそのまま残った。
あ~・・・最悪だ。

母とそんな話をしていたところへ
綺麗好きなHばあちゃんから電話があった。
「しーちゃんち、臭わない?大丈夫??」
やはりここ最近の陽気で
そちらに接する窓を開けた途端
悪臭が漂って来たと言う。
慌てて窓を閉め、以後開けてないものの
自分の家でコレなのだから
私のところはもっとだろうと心配していた。
「困ったねぇ・・・」
私たちは途方に暮れた。

これまでも事あるごとに
臭いと言い続けた私たちである。
そんな私たちが
この上さらに何を言ったところで右から左だ。
すでに私は「神経質な人」にされており
「また神経質なお隣がうるさい」
と言われるのがオチだ。
お隣に言わせれば、もはや原因の犬はおらず
悪臭問題はとっくに終わったのだろう。

けれど母も、娘もが声を揃え
「臭い」と言うからにはやっぱり臭いのである。
私の鼻がおかしいわけでも気のせいでもない。
そして世の中、間もなく梅雨である。
ムシムシムンムンすれば
間違いなく悪臭はパワーアップするだろう。
あ~・・・考えただけで気分が悪い。
最悪だ。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-06-01 23:14 | しーちゃんち | Comments(0)

隅田の花火、満開~♪

今年もまた
気づいた時にはさらに生長していた
我が家のガクアジサイ「隅田の花火」。

c0322794_18232860.jpg

去年同様、とっくに私の背丈を超えて
梅雨入り前に満開である。

c0322794_1825721.jpg

何年前か・・・小さな鉢で買って来た。
実はその後、ピンク色の花の鉢が店頭に並び
そっちを買えば良かったと早まったことを後悔した。
実際、こんなに大きくなるなら
やっぱりピンクにしておけば良かったなぁ・・・。

c0322794_18284256.jpg

この真っ白な花(ガク)は「装飾花」で
本当の花は真ん中に青く見えるやつらしい。
今は白いこの花も
もうしばらくすると青みがかって来るはずだ。

c0322794_1830631.jpg

ナガミヒナゲシはそろそろ終わり。
今はたくさんの種がついている。
もう少し枯れてから取ろうと思い放置しておいたが
気づいた時には種の部分が折られ盗まれていた。
花が咲いた時もそうだったが、我が家の近所には
花泥棒、種泥棒がいるようである。
サイテー・・・。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-30 23:59 | ガーデニング | Comments(0)

席も外せない

私は1日席に座ったままPCの画面を見つめている。
特に毎月下旬は何も仕事が無く
見たくもない画面を見ては時間を潰す。

喫煙者は午前中に2回、午後にも2回
1回に15分程度の時間を使って
通りを渡った公園までつるんでタバコを吸いに行く。
つまり1日1時間はタバコ休憩である。

派遣女は毎日銀行に出かけ1時間は戻らない。
彼女も喫煙者であるため
それ以外にも席を外してはタバコ休憩をとっている。

私はタバコを吸わないし、銀行にも行かない。
気分転換を図るのは唯一トイレに行く時だけで
ギックリ腰予防のために必ず体操をするが
それでもどう頑張っても10分もいられない。

昨日も席を外したのはほんの7分だった。
ところが、たまたまこの間に
秘書室から私宛に急ぎのメールが入っていた。
「添付資料をプリントアウトして役員に渡して欲しい」
というものだった。
結局、私が戻らないため
電話を受けた派遣女がプリントアウトし処理したらしい。

私が席に着くと派遣女は言った。
「秘書室からメールが届いてたと思いますけど
急ぎだそうなのでもうやりましたから!」
その言い方が何とも投げやりで
「全く役に立たないんだから」
と顔に書いてある。

私が席に戻ったのは11時14分。
メールは11時7分に届いていた。
席を立つ際には届いていなかったものである。
たったの7分いなかっただけなのに
そんな言われ方をされる覚えはない。
そもそも席を外すのは私だけではない。

社内の半分はタバコを吸わない。
やはりその人たちは
堂々とタバコ休憩を取る喫煙者がおもしろくない。
彼らが席を外していれば「タバコ」で済むが
私たちが同じ時間席を外せば
どこをフラフラしてる・・・となるのだから当然だ。
それでも男性社員たちは外出が多いのだからいい。
1日席にいる私とは違うのである。

たまたま席にいなかっただけなのに
何なんだかね。
あ~ぁ・・・会社がつまらない。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-29 23:59 | 会社・転職 | Comments(2)

らっきょう漬けた♪

梅と共に今が季節なのが、らっきょうである。

母は毎年たくさんのらっきょうを漬けていて
それがとても好評である。
叔父叔母は無くなるまで何度でも
ビンを持参しもらいにやって来る。
今年も、その作業のために母は1週間
らっきょう休暇を取り一時帰宅していた。

そして、母の漬けたらっきょうを
大いに気に入ったのが娘夫婦である。
今回、タイミングも良かったため
娘はらっきょうデビューを宣言した。
つまり母は、うんざりするほどの作業を
今また我が家で繰り返すことになったのである。

さすがにらっきょう漬けのプロとなると
素材選びにはうるさい。
毎日毎日スーパーに足を運ぶも
母の目を満足させるらっきょうが
やっと店頭に並んだのは、つい先週のことだ。

c0322794_2222494.jpg

大き過ぎず粒が揃い
芽が伸びていないものがいいようである。
今回は2パック、2キロ購入した。

c0322794_2243837.jpg

c0322794_225155.jpg

まずは泥や砂を洗い落とし
薄く皮をむいて上下を少しずつ切り落す。
これが何気に地味で時間のかかる作業だが
母に教わりながら娘は楽しんでやっていた。
ちなみに、私はらっきょうに興味はなく
作業には全く参加していない。

c0322794_22101516.jpg

きゃあ~!ツヤツヤしてとっても綺麗~♪
確かに大きさも適当で、いいらっきょうだ。

c0322794_22115881.jpg

つづいて、鍋で調味料を作る。
もともと母にレシピはなく、すべては勘だ。
とりあえず娘のためにアバウトなレシピを書いたが
味をみてはその都度調整するため
正確なところは誰にも分からない。

c0322794_22151461.jpg

あとはトウガラシとらっきょうをビンに入れ
冷ました調味料を加えれば完成~♪

c0322794_22195944.jpg

あとはたま~に混ぜればOK!

こうして母直伝のらっきょうは
娘である私を飛び越して
無事、孫娘に引き継がれたとさ。
めでたしめでたし。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-28 22:36 | 美味しいもの | Comments(0)

待ちに待ったW杯に向け、私の準備もバッチリだ。

c0322794_2130657.jpg

今日は全~部キティちゃんバージョンで
ザックジャパンを応援♪

c0322794_21324244.jpg

ちなみにこのジャパンのタオルは
昨日会った友人からのプレゼントだ。

あ~ワクワクする!
楽しみ楽しみ、た・の・し・み~♪
頑張れ!ザックジャパン!!

今日の試合は最低でも3点欲しかったから
私の応援も不完全燃焼だけど
勝ったからまぁ良しとしよう。

親子3人で、さぞかしうるさく
応援してると思ったあなた・・・大ハズレ!!
母はとっくに寝たし
娘は自分の部屋で韓国ドラマに夢中。
つまり今日もうるさく応援してるのは
いつものように私1人だけなのだ。

同じ血が流れてるはずなのに、この冷めよう・・・
信じられん。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-27 21:56 | サッカー | Comments(0)

梅酒漬けた~♪

毎年この季節になると気になっていた梅酒を
今年初めて作ってみることにした。
私はお酒は飲まないが、梅酒は別だ。
その昔、私の実家には
年代物の美味しい自家製梅酒があった。
私も是非作ってみたい。

ということで、必要な材料を用意し
スーパーに大粒の青梅が並んだ土曜日
梅酒作りに着手した。

c0322794_12465585.jpg

まずはビンを熱湯消毒してよく乾かし
梅も綺麗に洗った。

c0322794_1253018.jpg

お酒はホワイトリカーを使うのが一般的らしいが
我が家の梅酒はブランデーで漬ける。
この方が優しい味になるのである。

c0322794_1257275.jpg

c0322794_1257171.jpg

続いて梅のヘタを取ったら
2時間ほど水に浸けてアク抜きをする。

c0322794_1324777.jpg

あとは水分を完全に拭きとって
氷砂糖と交互にビンに入れるだけである。

c0322794_136252.jpg

最後にその上からお酒を入れれば完成~♪
アバウトな私にも簡単にできる梅酒である。
ちょうど、いただいたハチミツがあったので
少し入れてみた。
どうせなら甘い梅酒の方がいいし。

c0322794_138056.jpg

けれど、これで完璧~♪と思っていたら
梅に穴を開け忘れていたことに気づいた。
そうすれば早く飲めたのに・・・マヌケ。
仕方ないので今回は気長に待つことにする。

さて、問題はどこに置いておくかである。
ちなみに我が家で1番涼しいのは1階のトイレだ。
けれどさすがにそこに置くのは抵抗がある。
ということで悩んだ末、とりあえず
玄関のスリッパ立ての後ろに置くことにした。

さてさて、美味しい梅酒はできるのか・・・。
乞うご期待!!
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-26 22:25 | マイブーム | Comments(0)

初孫、四十九日

初孫の凛太朗が天使になってから
今日がちょうど四十九日目である。

昨日がお休みだった娘婿は自宅に戻り
夜には我が家に凛太朗を連れて来てくれた。
娘と私は昼のうちに花屋へ行き
凛太朗のためにカワイイ花を用意した。
今、こうして改めて見ると
骨つぼのあまりの小ささにまた悲しくなった。

その凛太朗の横には花瓶に挿した花が置かれ
両側には、娘婿が用意した木製の男の子と
女の子の人形が並んだ。
モチロン哺乳ビンにはミルクを作った。

4月7日、あの魔の日から四十九日が経つ今も
あの日の気持ちを忘れたことはない。
今も自責の念は少しも消えることはなく
抱っこした時の凛太朗の温かさも
昨日のことのように思い出す。

娘婿は今週いっぱい撮影が入っているため
今のところ来月以降、仕事の様子を見て
四十九日の集まりをする予定でいる。
法要という形ではなく
娘婿のご両親との食事会になるようだ。

納骨はしないことにした。
凛太朗はこの先もずっと
お父さんお母さんと一緒に暮らすことになる。
それなら凛太朗も寂しくないだろう。

娘の体力はまだ完全には戻っていないものの
おかげさまで身体の方はほぼ回復してきた。
今週末に再度の健診に行けば一段落。
7月からの復職に向け準備開始だ。

いよいよ、すべてが日常に戻り始める・・・。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-25 22:30 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

みんなで餃子

今日は娘のリクエストで餃子を作ることにした。
思えば、最後に自分で餃子を作ったのは
いつだっただろうか・・・。

忘れている人がいるかもしれないので書くと
私はラーメン屋の娘である。
つまり父も母も中華料理のプロなのだ。
当然、母と一緒に作る餃子はプロのレシピ・・・
かと思えば、コレが至って普通である。

なぜなら、餃子は仕込みから完成までを
父が一手にこなしていたからである。
しかもその量たるやハンパではなく
調味料も大さじの世界ではない。
さらにラーメン屋を止めた後は
クリーニング屋をやっていたため
餃子はいつしか母の記憶の彼方に消えた。

かくして分量も何もかもがアバウトな
餃子作りは開始された。
とりあえず皮を2袋購入したので、52個が目標だ。

c0322794_029984.jpg

まずは「こんなもんじゃない?」と言いながら
白菜を適当量みじん切りにした。

c0322794_0514020.jpg

c0322794_0515838.jpg

それから塩もみし、手ぬぐいに包みよく絞る。

c0322794_0533897.jpg

ひき肉におろしたにんにくと生姜を加え
調味料をアバウトに入れて味を調整しつつこね
白菜、ニラ、長ネギのみじん切りとまぜる。
これで母曰く「餃子のあんこ」が完成~♪
量りも計量スプーンも一切使わない
勘だけで作ったあんこである。

c0322794_1369.jpg

c0322794_132250.jpg

さっそく3人で皮に包んだ。
さて、皮とあんこのバランスはいかに・・・。

c0322794_154338.jpg

ジャ~ン!アバウト餃子の完成~♪
結局、皮2枚分のあんこが残ったが
最初のいくつかを少な目に包まなければ
ピッタリの量だったところはさすがプロである。

c0322794_1104895.jpg

そしてそして味はと言えば、娘曰く
「お店の餃子の味~♪」
だそうで、1週間ぶりに撮休で帰って来た娘婿も
喜んで食べてくれた。
彼は明日、ニンニク臭を漂わせながら
4時起きでロケに行く。

そうして私は今、ニラ臭いリビングで
この記事を書いている。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-24 23:59 | 美味しいもの | Comments(0)

お試しらしい

今も変わらず、事務用品や切手の購入と
事務所のお茶に関することは派遣女が仕切っている。
ファイル1冊、筆記用具1つ頼むにも
派遣女にいちいちお願いしなければならない。
しかも切手の購入依頼はメモでよこせと言われ
ムカつく気持ちを抑える日々だ。

現在、事務所には
ユニマットのコーヒーメーカーが置かれている。
今月中旬からはアイスコーヒーメーカーも置かれ
給茶コーナーは満員御礼だ。
ところが今週半ば、その2つのマシンの横に
突然もう1つ新しい機械が無理やり置かれた。
派遣女が別の会社に持って来させた
お試しの機械らしい。

それについてどうこう言うつもりはない。
けれど、その機械について
派遣女からは何1つ説明が無いのである。
モチロン全員に声をかけるわけでも
知らせるわけでもなく
使いたければ訊けばいいということらしい。
自分は毎日色々飲んでいるところを見ると
そのために頼んだのかもしれない。

それは1杯ずつ
飲みたい時に淹れるタイプのものだが
素は粉ではなくチューブのようなものに入っている。
私にはどうやって淹れるのやら想像もつかない。
そして好奇心旺盛な男性社員がいると、派遣女は
「しょうがないなぁ~」
と嬉しそうに言いながら使い方を教える。
キャッキャとはしゃぎながらバカ丸出しである。

幸い私はあまり水分を摂らない人なので
彼女にわざわざお願いしてまで
その機械から何かを飲みたいとは思わない。
仮にお茶とコーヒー以外に
どうしても飲みたいものがあったなら
コンビニまで買いに行くまでだ。

いつまでのお試しだか知らないが
私はこの機械を試すことも触ることもないだろう。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-23 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

2年ぶりの脳検査

今年度より健康保険組合から
脳ドックに補助金が出るようになった。

私のMRI初体験は2008年の2月である。
その際には白い丸がいくつも写り
「軽い脳梗塞の可能性もあるが
実際にはハッキリそう言えるものでもない」
と、よく分からない説明を受けた。

2011年の2月には
脳神経クリニックでCTを撮ったが
やはり白い丸はその時点でも確認できた。
これ以上増やさないためにと投薬を開始し
結果的には1年5ヶ月の間毎日
血液を固まりにくくする薬を飲んだ。
けれど画像に白い丸が無くなったことで
投薬も通院も止めた。

そろそろまた検査に行かなくては・・・
と考えてたところだったのでナイスタイミング♪
早速、検査の申し込みをした。
今回はMRIとMRAの両方の検査であり
先週の金曜日に出かけた。

検査後に見せてもらった画像では
血管に異常らしきものは無かった。
けれど、脳の画像にはまた白い丸があった。
「これは古いものかもしれないですね。
今すぐどうこうという心配はありません」
先生はそう言った。
何だ・・・やっぱり白い丸はずっとあったのだ。

そして今日、さらに画像を専門医が確認してから
送ると言われた結果が届いた。

c0322794_23584599.jpg

これだけを見ると、至って健康な脳っぽいが
白い丸については何も触れられていない。
え~・・・大丈夫かなぁ。
心配するものではないということなのかな。

ん~・・・異常ないと言われても
あまりに簡単な報告に、納得できない私である。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-22 23:59 | 健康 | Comments(0)

心が揺れる・・・

週末の折り込み求人に心が大揺れした。

同じ沿線の会社で
経理事務の正社員を募集をしていた。
仕事内容は、まさに私の得意とするもので
経験者優遇「あれば尚可」の簿記資格もクリアだ。
月給は25~28万円で
勤務時間こそ9~18時と長いが
休日、待遇もほぼ希望通りだった。
「40~50代の女性が活躍中の職場」
という文字が何より嬉しく
この求人は間違いなく私を呼んでいた。
あ~・・・応募したい!したい!した~い!!

転職したい度300%の私である。
けれど社長のことを思うと
とても悔しいがそれはできない。
見ず知らずの私を、人が足りているにも拘らず
拾ってくれた社長なのである。

今や私の仕事は社長の秘書化しており
今日も新たに
現在は社長が作成している取締役会の資料を
来月から作ってほしいとお願いされた。
細かい数字を使った手間のかかる表作りだ。
さらに最近は社長の代わりに
親会社の秘書室とのやりとりもする私である。
あちらの取締役でもある社長は
当然秘書室に顔を出すことも多いのだが
どうやら社長は、そこで私のことを
「何でもできるすごい人」
と言っているらしい。

そこまで買ってもらっているのに
「派遣女がイヤなので辞めます」
とは言えない。
自分が異動する時には
ちゃんと後任に私のことを頼んで行くので
心配はいらないとまで言ってくれた社長である。
それで辞めたら女が廃る・・・。

私は全身が義理と人情でできている。
・・・だから辛い、辛すぎる。
派遣女がどんなに私にツンケンしようが
私との間にだけ物を投げて置こうが
私の休暇届をわざとクシャクシャにしようが
露骨にイヤな顔をされようが何だろうが
耐えるしかないのである。

幸い、今日私は友人から
「派遣女に耐えられるお守り」をもらった。
しばらくはこのお守りパワーで
我慢ができるかもしれない。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-21 23:59 | 会社・転職 | Comments(2)

おかえり~!鳩時計♪

1994年、ドイツに駐在して最初の夏
スイスに旅行した際に鳩時計を購入した。
それから4年間ドイツ暮らしをした鳩時計は
1998年に私たち家族と共に帰国した。

数ある鳩時計の中から選ばれ
我が家にやって来たのは重り式のタイプだ。
ぶら下げた重りの動力で時計が動くのだが
重りは1つが1キロを超え、それが3つある。
30分ごとにカッコウが鳴き、人形が動き
2曲のオルゴールが交互に流れる仕組みだ。

生まれた土地を離れ
遠い日本の時を刻み始めたこの鳩時計は
それから8年間は順調に動いていた。
ところが2006年頃になると
窓からの風で頻繁に止まるようになった。
もしかして日本の湿気が良くないのかも・・・。

オーバーホールが必要かもしれないと考え
早速ネットで探し出した時計屋さんに
お願いすることにした。
鳩時計は、当時まだいた元旦那が
車で直接持って行ったが
お店はご主人が1人でやっている上に
日本中から依頼が入っているため
修理には3年くらいかかると言われてきた。
それでも他にお願いできるところがない以上
待つしかない。

あれから8年・・・。
さすがに不安になった私は、3月下旬
思い切ってその時計屋さんを訪ねた。
その結果、我が家の鳩時計は
とっくに修理が終わっており
箱に詰められ忘れ去られていたことが判明した。

さらに、いくらメールしても返信が無かったのは
PCが壊れているからだった。
時計が何より大好きなオタク系だけに
修理が終わってしまえば
気持ちは次に向かってしまうらしい。

それでもとにかく、待ちに待った鳩時計は
8年ぶりに我が家に帰宅した。
やっほ~♪

c0322794_23302355.jpg

これが鳩時計の後ろを開けたところ。
中はこんな風になっている。
上に見える人形は鳩の下でクルクル回る。

c0322794_23322426.jpg

これらをすべて分解し、1つ1つ丁寧に掃除する。
時計ごとに作りも違い大変な作業である。

c0322794_2336412.jpg

我が家ではリビングにかけているが
重りも入れるとかなりの重量となるため
この部分の壁は建てる際に補強してもらっている。

c0322794_23382429.jpg

c0322794_23392354.jpg

ベランダの人形が先ほど裏から見えていたものだ。
赤いベストを着た正面の4人は楽器を演奏していて
この人形たちも動く。
左側の水車もクルクルと回るが
実はコレ、ベルトが切れていたらしい。
最初から回っていなかったかもしれない。

c0322794_23535975.jpg

このオジサンは
屋根の上の鐘を鳴らしてくれる。

こうして我が家に
久しぶりにカッコウとオルゴールが響いた。
時計オタク店主曰く
この鳩時計はものすごくいいものらしい。
「オルゴールの音色が全然違う!」
と、それはそれは大絶賛だった。
店内には日本中どころか海外からも
修理依頼の鳩時計が届いており
それだけの時計を見て来た人の言葉だけに
ちょっと嬉しかった♪

そうだ!落ち着いたら
「鳩時計披露の会」を開くことにしよ~♪
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-19 23:59 | しーちゃんち | Comments(0)

まだまだ花がいっぱい♪

少し遅れの母の日で息子夫婦が花をくれた。

c0322794_22212667.jpg

ミニブーケだが、ちゃんとピンクである。

c0322794_22221695.jpg

こちらは友人から娘に届いた花カゴ。
娘の大好きなひまわりもたくさんあったが
現在はもう無い。

c0322794_2225897.jpg

くちなしは相変わらずいい香りを漂わせ
1つずつ順番に咲いている。

c0322794_2226744.jpg

すでに花が終わったミニシクラメンも
まだまだ葉っぱは元気である。

c0322794_22273897.jpg

花壇のナガミヒナゲシも
毎日たくさんの花を咲かせてくれている。

c0322794_22282686.jpg

額アジサイ「隅田の花火」は
つぼみがポツリポツリと開き始めている。

c0322794_2230635.jpg

この通り、今年もまた
玄関脇に目一杯広がっている。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-18 22:37 | ガーデニング | Comments(0)

我が家、その後

娘が退院してからは母も手伝いに来てくれ
我が家は女3代の暮らしになっている。
さらに娘婿も、用事で自宅に帰る時以外は
我が家に泊まっているので賑やかな毎日だ。

母は平日は娘と自宅で過ごし
散歩を兼ねて毎日2人で買い物に出かける。
O型同士、ペースも気も合う2人である。
母は夕飯の支度を一手に引き受けてくれ
私も大いに助かっている。
そんな母も土日は大好きなおパチに行く。
駅前にもパチンコ屋はあるが、最近は電車で
知らない街の大きな店まで遊びに出かける。
その行動力たるや驚くばかりである。

先週1週間、母は一時帰宅した。
季節になった「らっきょう」を漬けるためだ。
毎年恒例の行事であるが
このらっきょうは叔父叔母が
何度もビン持参でもらいに来るほど好評だ。
今年も6キロ漬けてきたという。
娘もこのあと教えてもらって
「らっきょうデビュー」すると張り切っている。

娘婿はと言えば
先週末からいよいよ戦隊ものの撮影が始まり
しばらくは撮影所に泊まり込むことになる。
身体は回復してきたとは言え
娘を1人にすることを心配している娘婿も
母がいてくれることで
安心して仕事に打ち込めるようだ。

娘は今月末、再びチェックで通院した後は
輸血後3ヶ月となる7月にもう1度検査があり
それで問題が無ければ一段落となる。
職場復帰も7月1日に決まった。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-17 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

派遣女、居座る

あっと言う間に5月も中旬だ。
そんなことを考える余裕はなかったが
今になって気づいてしまった・・・。

派遣女は3ヶ月ごとに更新が必要だ。
前回の契約はこの4月で切れたはずだが
その後も変わらずに来ていると言うことは
つまりまた新たに
7月までの3ヶ月を更新したということだ。
あ~・・・最悪、何で辞めないんだ。

しかもこの5月からは3年目。
つまり派遣期間最後の1年となる。
ここまで露骨に私を嫌いながら
それでも更新するとは正直驚いたが
ここまで来ると、結局このまま
最後まで居座る気になったのだと思う。
あれだけ辞めると騒ぎながら
結局は口先だけだった。

けれど実際
彼女のようないい加減な派遣社員を
黙って使っているうちの会社はおかしい。
彼女が朝席に着くのは9時10分~15分の間だ。
言うまでもなく始業は9時である。
しかも誰にも挨拶はなく黙って入って来る。
ありえない。

さらに毎日毎日銀行だの郵便局だのに出かけ
絶対に1時間以内には帰って来ない。
その上、会社のお昼休みは
12時15分からなのにも拘らず
12時を過ぎるといつの間にか席を外し
そのまま食事に行ってしまうのである。
つまり彼女は既定の時間を働いていない。
会社もずいぶんとナメられたものだ。

もちろん
私に対する態度はその後も変わらず
私が何か言っても返事もしない。
男性社員が電話を取り次げば
「はいは~い」
と笑顔で答えるくせに
私が取り次ぐと絶対に何も言わない。

その上最近は、大嫌いだった男性社員と
仲良く楽しそうに話をしている。
彼のせいで蕁麻疹が出たと言って
薬まで飲んでいたのに変われば変わるものだ。
何より絶対にやらないと言っていた
伝票のナンバリングを彼に頼まれ
断ることなくやっているのにはシラけた。
1年後に社員として居座るために
気に入られようとの魂胆は見え見えである。

私はあと1年も我慢できるだろうか・・・。
これまで会社が楽しいと思った日は1日も無く
自分らしくいられないために
私のストレスは今も溜まる一方である。
それでもここまで我慢し続けたのは
ただただ社長に申し訳ないという気持ちだけで
会社には何の未練もない。

最悪、彼女が正社員になったら
その時には辞めようと思っているが
それまで精神的に持つかどうかは不明である。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-12 20:28 | 会社・転職 | Comments(2)

やっと掃除機

今日は母の日である。

朝方、嫁から電話があった。
花持参で息子と共に我が家を訪ねるつもりだったが
息子が午後から仕事になったと言う。
そのためとりあえず嫁が1人で
ケーキ持参で来るべきか悩んでいるらしい。
8ヶ月のおなかを抱え、そのために
わざわざ来ることはないと私は言った。

午後、荷物が届いた。
現在我が家で暮らしている娘からのプレゼントである。
いぇ~い!メタリックピンクの掃除機~♪

c0322794_16164413.jpg

実は現在の掃除機は、重い上に小回りも利かず
使用の際には掃除機を蹴飛ばしながら使っている。
すでに手元も割れてテープで補修している状態で
買い替えたいと思いつつここまで来ていた。
けれどついに、泊まり込んでいる母からも
不満の声が上がったことで
娘が母の日に買ってくれると言い出した。
ラッキ~♪

c0322794_16214399.jpg

別に何だかんだと付いている必要はなく
求めるものは軽くて吸引力に優れたもの。
そのキーワードで娘が探してくれた。
見ての通り、今のものよりスリムになった。

早速、試運転したがいい感じ♪
大満足である。
自分で買うとなぜかハズレが多い家電だが
今回は娘が買ってくれたから大丈夫だろう。

あ~!持つべきものは
優しくて元気になった娘だぁ。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-11 16:45 | いいもの | Comments(0)

たくさんのありがとう

4月は私の人生の中でも記憶にないほど
本当によく泣いた。
この先私の人生がどれだけあるかは不明だが
これ以上に悲しいことはないだろう。

けれど今回のことで悲しんだのは
私たち家族だけではなかった。
私たちにかかわりのある多くの人たちが
娘を思い、凛太朗を思い、私を思って
自分のことのように泣いてくれた。
会ったこともないブロ友の皆さんにまで
たくさんの心配をいただいた。
そんな友人たちの温かさ、優しさに
私はどれだけ慰められただろう。

私からのメールを読んで
通勤途中に泣き出してしまった友人がいる。
職場で泣き出し同僚に心配された友人もいる。
涙が止まらないと返信をくれた友人・・・
「かける言葉が見つからない」
「慰めの言葉がありません」
「できることがあれば何でも言って下さい」
・・・そんなメールもたくさんもらった。
どんなにありがたく嬉しかったかしれない。

それだけではなく、さらには
私を慰める言葉が見つからないと
自分を恥じる友人がいれば
何の役にも立てないのに友人とは言えず
私に合わせる顔が無いと言い切る友人まで。
そんな気持ちにまでさせてしまったとは
本当に申し訳ないことである。

この1ヶ月
私はみんなにたくさんの心配をかけてしまった。
けれど時が過ぎ、娘の回復が順調なことで
今やっと一息つく気持ちになれた。
これだけ悲しい思いをしたのだから
それ以上の嬉しいことが待っていると信じて
今日からまた頑張って行こうと思う。
実際私には、赤ちゃんを亡くした後
双子を授かった友人もいる。
凛太朗は必ず戻って来てくれるはずだ。

「持つべきものは優しい友人たち」。
いつも思うことではあるが
今回改めてその思いを強くした。
そんな友人たちがたくさんいてくれることに
心から感謝である。

みんな、本当に・・・本当にありがとう。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-10 12:10 | Comments(2)

何とか1ヶ月

今日は退院後2度目となる娘の健診日。
今回も私の母が付き添って出かけた。

おかげさまで娘の身体は回復に向かっている。
すでに母乳は止まり、薬は服用していないし
血圧も元の低い数値で安定している。
ただ、腸の動きはイマイチでやや便秘気味だが
それでも元気が出てきた娘である。

子宮の戻りも問題はないとのことで一安心。
「このまま出血が止まらなかった時には
子宮を全摘します」
1ヶ月前の魔の日、娘婿は先生にそう言われた。
娘婿がどんな気持ちで書類にサインしたかと
思い出すだけでも胸が痛い。

今日は娘の胎盤についての話があったそうだ。
早期に剝れてしまった娘の胎盤だが
胎盤そのものには全く問題がなかったと言う。
形が悪いわけでも何でもなく
異常は見つからなかったそうだ。
凛太朗がしっかり育っていたのを見れば
そうであったろうと思う。

高血圧は原因の1つになりうると言われているが
本当のところは定かではない。
早期胎盤剥離の原因は不明なのである。
実は凛太朗を調べることもできるとの話もあった。
それで原因が分かること「も」あると言われたが
娘婿が断った。
小さな身体にメスを入れるのは忍びない。
これ以上傷つけたくないと。

本当なら娘は
これから2年近い育休に入るはずだった。
けれど死産であればそれもない。
娘の産休は産後8週間となる6月2日までで
3日から出社するようにと会社から通知が届いた。

だが、娘は通常の出産ではなく
通常の帝王切開でもない。
実際、体力はまだまだ戻っておらず
スーパーへ買い物に外出するだけでグッタリだ。
あと1ヶ月で毎日電車に乗り
いきなりフルで勤務するのは難しいかもしれない。

それでも徐々に
元の生活に戻して行かなければならない。
現実は厳しいものだと改めて思う。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-08 23:01 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

春は嫌いな季節になった

その昔、春は
大好きな秋に続いて好きな季節だった。
けれど今、春は大嫌いである。

早いもので凛太朗が亡くなってから1ヶ月。
今日は初めての月命日である。
未だに夢を見ているような・・・
夢の中にいるような気持ちがしているが
ぺったんこになった娘のおなかを見るたびに
全ては現実なのだと思い知らされる。

凛太朗はひいおじいちゃんに会えただろうか。
子供が大好きだった私の父である。
ちゃんと凛太朗を見つけて
傍で看ていてくれるはずだ。

そんな父が倒れたのも春。
そして父の翌年叔母が亡くなったのは
何と・・・凛太朗と同じ日。
さらに昨日書いた中目黒の彼女は
去年の春に亡くなり、今年海に帰った。

初孫の誕生で楽しい季節になるはずだった春は
今、寂しく悲しいだけの季節になった。
[PR]
# by shi_chan1024 | 2014-05-07 20:11 | Comments(0)