式次第、準備

現在、うちの新入社員は
親会社で入社前研修を受けている。
これまでは入社式も親会社の新入社員と一緒に行われ
それからそのまま4ヶ月間
7月いっぱい工場での研修が続いていた。

それが今年は大幅に変更された。
3日に行われる入社式はこれまでと違い、単独で
うちの会議室で行われることになったのである。
そして4、5月はそのままこちらで基本を学び
6月から9月までが工場での研修となった。

ということで、社長が言った。
「しーちゃん、式次第書いてくれるかな。
何もないんじゃ、カッコつかないもんなぁ」
横にいた部長が心配して言う。
「墨とか筆とかある?
家に息子のがあるから持って来ようか?」
社長が言う。
「何言ってんだよ、持ってるに決まってるって。
第一、そんな安い筆じゃダメなんだよ!
弘法は筆を選ぶの」

c0322794_23471968.jpg

かくして、私は式次第を書くことになった。
さっそく帰りに地元の文房具屋で模造紙を買い
レイアウト作業開始である。
実は、実務書道ではこの作業が何より大変で
何より大事なのだ。
レイアウト9割、書くのは1割と言える。
当時教室で使っていた1メートルの定規を
久しぶりにロフトから引っ張り出してきた。

月曜日までに仕上げればいいものの
最近は年に1度
年賀状でしか筆を持たない私である。
先日の息子の結婚式に席札こそ書いたが
前回大きな文字を書いたのはいつだったか・・・。
そうそう、Eの命名書で2文字書いたが
さすがにそれは書いたうちに入らないだろう。
ちゃんと書けるかなぁ・・・大文字。
何気に不安な私である。

さんざん時間をかけてレイアウトしたのだ。
これで大文字が書けなかったら笑えない。。。
明日からしばらくブログの更新がなかったら
頑張って書いてるってことで。
頑張れ~!私!!

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-29 23:59 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

暴走気味

相変わらず職場の彼のテンションは高いままだ。
「薬が合って良かった♪」
と繰り返す彼に笑顔を返す私ではあるが
実は、やっぱり効きすぎではないかと思っている。

彼はとにかく絶好調・・・もとい
「舌好調」である。
「エロ話が出るようになったら調子が戻った証拠」
と、彼が常々言っていたことからすれば
今の状態は確かに調子がいいのだろう。
けれど私に言わせたら、度を越している。

それは親会社の女性を相手に止まることを知らず
最初は笑って流していた彼女たちも
「セクハラで訴えます」
と、冗談ともつかないことを言い出した。
私もさすがに聞いていられず
「ちょっと~!」
「いい加減にしなさいよ!」
と何度も止めた。
間違いなく彼はハイである。

もともと私の性格は暗い。
それだけに、この異常とも言えるテンションには
正直ついていけず戸惑うばかりだ。
彼自身はとても気分がいいのだろうと思うものの
そもそも接し方が分からない。
何だか怖くさえ感じてしまうのである。

それでも少しずつ外部の人と
対面で話せるようにもなってきているのだから
たぶんこれでいいのだろう。

私が慣れるしかないようである。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-28 22:21 | 会社・転職 | Comments(0)

期待、撃沈

その昔、元同僚の女性が言っていた。
「歳と共に花粉症が軽くなって来た」
え~♪そうなんだぁ。。。
だから私も毎年期待している。
今年こそ楽になってくるんじゃない?

だが、昔から
「世の中そんなに甘くない」と決まっている。
当然、私のささやかな期待は裏切られ
今年もやっぱりちゃ~んとやって来た。
どこまでも義理堅い花粉症である。

実際、もう長いこと飲み続けている
アレルギーの薬のおかげで鼻詰まりは無い。
けれど目がダメだ。

ド~~ン!と来たのは土曜日。
友人とランチした私の目は思いっきりの涙目。
やむなく今年も薬の量を倍にしたものの
これが何気に目には効果がない。
あとはメガネ生活に切り替え
ひたすらの目薬頼みなのである。

それでなくても日々目薬と共にある私。
今年もまた目薬だらけの生活が始まる。
はぁ~・・・・・・・・・。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-27 23:12 | 健康 | Comments(0)

突然引越し

去年の今頃、20年ぶりに再会した書道友と
突然ランチすることになった。

実は、すぐ近くに住んでいた彼女は
先週突然!京都に引っ越していた。
昨日も用事で上京しただけで
私とランチした後、新幹線で帰ると言う。

それだけでもビックリした私だが
その理由を聞いて目がテンになった。
彼女が信頼している占い師によって、去年
「引越しには今年か来年中が最後のチャンス。
西方面に引越しなさい」
とのアドバイスがあったからだと言う。
へ?

これまで彼女が住んでいたのは
70㎡の新築3LDK、駅1分の都営住宅である。
母子家庭で2人の息子を育てた今は1人暮らしだ。
そんな好条件の家を出、彼女は京都に一軒家を買った。
本当は土地から買って希望の平屋を建てたかったが
なかなか条件に合う土地がなく
気に入った中古の家を購入しリフォームした。
1部屋だけ和室を残し
3部屋はフローリングにするなど
「最初から建てた方が安かったみたい」
と言っていた。

私と同じ歳でありながら、この行動力。
本当に頭が下がる。
しかも、それだけのものを借金なく手に入れるとは
どれだけ貯めていたのやら。
恐るべし友人である。

いつの日か、ゆっくり行ってみたいと
ずっと心にあった京都。
彼女のおかげで実現しそうな気がしてきた♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-26 11:21 | 仲間たち | Comments(0)

頑張るスズラン水仙

さっぱりした花壇で頑張るのはスズラン水仙である。

c0322794_09582947.jpg

c0322794_09584307.jpg

何もしなくてもちゃ~んとカワイイ花を咲かせてくれた。
あ~・・・癒される♪

実はこの春はチューリップを植えなかった。
花後、完全に枯れるまで放置する時間が長く
夏の花壇準備が遅れるためである。

今や私が世話をすべき相手は植物だけとなった。
花粉でテンション低めではあるものの
この夏は真面目に花壇を作ろうと思っている。
・・・今のところ。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-25 23:59 | ガーデニング | Comments(0)

悪臭電車・・・

今朝、いつもの時間にいつもの車両に乗り込んだ私は
すぐにその臭いに気がついた。
ゲ~!臭い・・・。
それはトイレのアンモニア臭で
まさに車内で誰かが用を足したかの如くである。

いくつか空いた席の1つに座った私は
さっそく周囲を見回した。
臭いの原因がどこかにあるかもしれない。
けれど、見える範囲に変わったところはなく
乗客も特にざわついている感もない。
私の左隣には中国語を話す人たちが座っている。
とりあえず、私はいつものように読書を始めた。

けれどその臭いはかなり強烈だった。
それはマスクをしていてもはっきり分かるほどで
あまりの臭さに、発生源は
私のそばにあるのではないかという気がし始めた。
最近の通勤電車ではまずないことだが
気づけば近くの窓も開いている。

12分ほどしか乗らない電車だが
そう思い出したらもうダメだ。
私はほどなく読書に集中できなくなった。
私の右隣に座る若い女性は落ち着かず
キョロキョロ見回したかと思えば身体を動かし
ついには私の方を避けるような姿勢を取った。
え~!!私??

気になりだすと妄想は膨らむ。
もしかして、この席に酔っ払いがオシッコかけた?
私の前にここに座った人が何かした?
この座席自体に臭いが染みついてる?
それとも臭うのは隣の外国人?
この座席が問題なら
もしかして湿ってたのに気づかず座っちゃった?
次から次へと不安MAXである。

そして電車はやっと乗換駅に到着した。
私は駅のトイレに駆け込み、個室の中でコートを脱ぎ
湿っていないか、臭わないかを念入りにチェックした。
臭いが染みついていたなら
そのまま電車に乗るわけには行かない。

けれど幸いなことに、コートは何の臭いもしなかった。
あ~!良かったぁ♪私は臭くない!!
もっとも、私が原因でないことは私が1番知っている。
当たり前と言えば当たり前である。
それでも安心した私は次の電車に乗り換えた。
結局、原因は分からなかった。

長い通勤生活、確かに色々なことがある。
けれどさすがに焦った今朝だった。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-23 23:59 | Comments(0)

テンション高すぎ?

実は、うちの課の男性社員が病んでいる。
以前にもそういうことがあったと言うのだが
去年の12月頃から電車に乗ることができなくなり
現在は自転車で40分かけて通勤している。

社内や電話ではまったく平気なのだが
面と向かって人と話すこともできなくなり
応接室での来客の対応は難しい。
対人恐怖症なのか、パニック障害なのか・・・
医者からもらった薬を飲んでいる。

ところが、最近薬を替えた話は聞いていたものの
少しばかり効き目が強いのではないかと
さすがに今日はパートの彼女と顔を見合わせた。

今日はとにかく人の出入りが多い1日だった。
来客が多かっただけでなく
プリンターの増設に伴って親会社IT課の人や業者さん
さらには別件で工場からも人がやって来た。

朝からテンションが高めだった彼は
自分でも今日は調子がいいと言っていた。
それが時間の経過や人の出入りと共に
さらに気分が上昇した様子で
ずっ~~としゃべりっぱなしとなった。
どう見てもハイ・・・躁の状態だ。
元気いっぱいに次から次に電話をかける様子は
正直、心配になるほどだった。

夕方の来客も1人で無事にこなし
自信になったのは良かったと思う反面
私は反動がド~ンと来ないかと心配になった。
何より終業間際に出た、契約書への押印について
「社長がいなかったら僕が社長印押しちゃうんで」
という驚きの発言には目が点となった。
社長印をもらうには、捺印請求簿へ記入した上で
社長不在時には部長までが代理押印できる。
彼が押せるものではないのである。

これって薬が強すぎるってことはないのかなぁ。
それとも治療の過程ではいい兆候なのかしら?
初めての経験だけに、戸惑いっぱなしの私だった。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-22 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

総務じゃん

ここへ来て何だかんだとバタバタである。

今日はしっかり降る雨の中
年金事務所の調査で呼び出され出かけた。
4~5年に1度あるものらしいが
ここ2年分の賃金台帳、出勤簿
源泉所得税の領収書、就業規則・賃金規程
雇用契約書を持参せよとのことで
さすがに量がハンパなく、ズッシリと重い。
腰が弱い私には危険極まりない荷物だった。

年金事務所だけではない。
税務署からは「扶養控除等の見直しについて」
という文書が届き、該当社員について
25~27年度の年末調整を再調査した。
結果、奥さんの収入申告がいい加減だったことが判明し
年末調整をやり直さなければならなくなったが
給与ソフトを入れ替えていたためPCでは訂正ができず
結局手計算した。
当然、それに伴う修正書類の作成も山ほどある。

4月からは新卒で2名、中途採用で1名
そして昨年退職した元社員を再雇用し計4名が増える。
現在それらの社会保険手続き準備を始めているが
そこへ来て先週末、突然の人事異動が発表され
親会社へ出向していた社員が
4月1日付で完全転籍となることが決まった。
これで資格喪失手続きと退職金の支払いも追加だ。

もちろん増員に向けてはPCに始まり
タブレットやスマホ、名刺、印鑑、ゴム印などなど
用意すべきものも次から次に出てくる。
それらの手配をするうちに
ついには事務所の電話自体が古いので
買い替えの話まで出る始末だ。

そこへ、今期の業績が良かったことから
今月末に期末賞与が出ることになった。
その準備もしなくてはならず、何やら慌ただしい。

さらには社用車の廃車に必要なため
謄本を取りに法務局にも行かなければならなくなり
気づけば私は完全に「総務」の人だった。

そりゃあ、仕事が無いよりあった方がいいけれど
やっぱり伝票書いて、計算して、数字合わせて
締切のある仕事がやりた~い!

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-21 23:55 | 会社・転職 | Comments(0)

終活開始

「荷下ろし症候群」による無気力状態から
やっと脱出した私である。

妻を終え、嫁を終え、母も終えた今となっては
残るは「私自身」だけである。
これからは何事も自分を第1に考えていい。
やっとそんな時が来たのである。
残された人生がどれだけであっても
子供たちや人に迷惑をかけることなく生きて行こう。

それにはまず「終活」である。
さらなる断捨離を進め
その時に向けた準備は完璧にしておきたい。
緑内障が思わしくない以上
見えているうちに全てを終えなくてはならない。

思い立ったら行動は早い。
さっそく先週、今週とキッチンの大掃除をし
ものすごい数の食器やら小物やらを捨てた。

並行してこれまで手を付けていなかったアルバムも
自分の結婚式のものをはじめ
不要な写真はすべてシュレッダーにかけた。
ものすご~い量のゴミが出た。
今後、自分の写真は撮らないに越したことはない。

エンディングノートも定期的に見直しが必要だ。
状況は日々変わり、友人関係も変わっている。
常に最新の状態にしておくためには
マメな作業こそが大切である。

当分は花粉で外出も避けたいし
せいぜい身の回りを片付けたいと思っている。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-20 22:22 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

先生の個展へ

長いこと書画教室でお世話になり
やめた後も年1回、年賀状の描き方を
教えてもらっていた先生の個展があった。
同時に書道の先生でもあり
全く年齢を感じさせない元気な女性だ。

一緒に出かけたのは書画友のみっちゃんである。
実はこのみっちゃんも元気な女性であり
何気に私の周りは元気な人だらけだったりする。
最近テンション下がり気味の私ゆえ
パワーのおすそ分けがほしいところだ。

駅からバスに乗り換え、到着したのは喫茶店。
レンタルスペースを兼ねているようである。

c0322794_19382391.jpg

c0322794_19381368.jpg

c0322794_19375744.jpg

c0322794_19374695.jpg

壁一面に展示されている絵や書は、すべて先生の作品だ。
私には絵心がないのでよく分からないものの
それでも先生の絵は好きだ。
絵に添えられている字も、とても味があるし
才能があるって本当に羨ましい。

ところが、はるばる出かけたにもかかわらず
先生は用事で夕方にならないと来ないとのこと。
残念ながら会うことはできなかった。
前日メールで行くことを知らせてはいたが
返信がなかったので届かなかったのかもしれない。

それでも、久しぶりに会ったみっちゃんと
たくさんおしゃべりできたので良しとしよう♪
ランチ後、みっちゃんは
「シルバーパスを使ってバスを乗り継いで帰る」
とのことで現地解散した。
いかにしてパスを有効活用するかに余念がなく
今や都内のバス路線図を知り尽くす勢いのみっちゃん。
あっぱれである。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-19 20:34 | 好きなこと | Comments(0)