つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ちゃんと投票

私の実家はラーメン屋だった。
お店は人を使わず、父と母の2人でやっていた。
用事以外で休むことはなく
朝から晩まで、両親は忙しく働いていた。

そんな中でも、空いた時間を見計らって
両親は必ず選挙に出かけていた。
私は度々ついて行ったことを記憶している。
「誰に入れたの?」
帰り道、訊ねる私に母は必ず父の名前を答えた。

そして今、そんな両親の影響だろうか
私も選挙にはちゃんと行く。
前回の参院選は旅行と重なったために
予め期日前投票を済ませたし
今日の都知事選に至っては何と!
早朝7時過ぎに出かけた。。。早っ。

さすがにこの時間から混雑するわけもなく
投票会場は私だけだった。
たくさんの目に注目されながら
私はそそくさと投票を済ませた。

なお、最近は休みだからと朝寝坊も難しく
天気も下り坂の予報だったことから
早朝の投票となっただけで
都知事選に気合が入っていたわけではないので
悪しからず。

さてさて、東京はどうなることやら・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-31 18:02 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

本気で求人

一昨日、課長がハローワークへ出かけた。
どうやら求人書類をもらいに行ったらしい。

うちの会社はほとんどがコネである。
みんな誰かの親戚だったり、知り合いだったり
全く関係が無いのは私だけかもしれない。

「一般募集だとどんな人が来るか分からないが
コネならその点は間違いがない」
というのが、うちの会長を兼任する
親会社の社長の考えだそうだ。

だからこんな変な会社なのだと私は思う。
今1つ危機感もないピリッとしない雰囲気・・・
競争心も「がむしゃら感」もない。
業績が悪くても責任を感じるでもなく
決して他の会社では通用しないと思われる。

実は、今年の人事異動により
現在営業社員が1名減となっている。
その分は全営業社員に少しずつ振り分けられたが
もともとが手一杯なだけにあふれている。
前社長は中途採用を考え、全員に声をかけたが
もはや周りに該当する知り合いはいなかった。

すでに来年の春
うちに新入社員が入ることは決定している。
親会社で採用した社員の中の1人が
うちに入社することになったそうだ。
そして、それとは別にもう1人、中途採用を決めた。
こちらはハローワークを通じて
一般募集することにしたらしい。

新しい社長に代わってまだ2ヶ月だというのに
ものすごい勢いで会社が変わっていく。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-28 22:44 | 会社・転職 | Comments(0)

熱い人だらけ

突然暑くなり、ブァ~と大汗をかくことがあるが
たぶんそれは更年期によるものだ。
元々の私自身は体温が低いと思われ
それが何気に「不快」の原因となっている。

私が通勤時に好んで利用するのは弱冷房車だ。
とにかく冷房に弱い私ゆえ、短時間でも
「弱冷房車両」に乗らなければ冷え切ってしまう。
当然、真夏でも半袖1枚でいることはない。

昨日も帰宅時、弱冷房車に乗り込んだ私は
つり革に摑まりつつ本を読んでいた。
すると、左側の空いたスペースに男性が立った。
その途端である。
彼の身体から発散される熱を感じた。
熱い・・・。

もちろん身体はどこも触れていないのだが
それでもモァ~とした熱気は
次から次に私に襲いかかってきた。
熱くて熱くていられない。
早く降りてくれ~!
願いが通じたのか、5つ目の駅で彼は降りた。
ウソのように熱風は去り、ス~っと涼しくなった。
どれだけ熱い男なんだ。

実はこういうことが毎日のようにあるのだ。
後ろに立った人、横に座った人・・・
近くにいるだけでその熱を感じてしまうのである。
その人の体温が高いからなのか
それとも私の体温が低いからなのか・・・。

けれど通勤は毎日のことであり
夏本番はこれからだ。
今からこれでは・・・何とも先が思いやられる。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-27 23:58 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

揺れる・・・

覚えているだろうか。。。
突然会社を閉鎖すると言い出したボンボン社長を。
父親が築き上げた財産の全てを
一代で手放した親不孝な息子である。

その最後のビルの解体がついに始まった。
私が5年間勤めた・・・もとい。
私が5年しか勤められなかった会社のあったビルだ。
すべてのテナントが退出し、人手に渡ってから3年。
これまでずっと放置されていた。

ボンボン社長から購入したA社は
すぐにワンルームマンションを建てると言っていた。
なのにいつまでも工事が始まらず
不思議に思っていたのだが
実は、このビルはずっと売りに出されていたらしい。
A社が転売したかどうかは不明だが
現在の売値はボンボン社長が売った3倍・・・
××億だというからビックリ!
当然、未だに買い手がつかないらしい。
だったら更地にして売ろう・・・ということか。

外からは覆いで何も見えないが
解体はかなり進んでいるようである。
私は現在、すぐ隣のビルにいる。
大きな音こそしないものの
昨日からは事務所にいても分かるほど揺れる。
とにかく揺れる・・・ゆれる・・・ユレル。。。
それもユッサユッサと船酔いしそうな揺れだ。

震災のあと、揺れている感覚が
なかなか抜けなかったあの感じである。
それでなくても揺れに敏感な私にとって
まさに会社で船酔い状態だ。
最悪・・・。

けれど、ボンボン社長にとっても
8階に住み着いていた霊にとっても
自分のものだったビルが無くなるのは
さぞかし寂しいことだろう。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-26 23:26 | 会社・転職 | Comments(2)
去年の花壇は小さいひまわりだったが
実は大きいひまわりの種が売り切れていたからで
今年はまたまた「ビッグひまわり」にした。

c0322794_11145637.jpg

c0322794_1115799.jpg

種まきの時期としてはかなり遅いが
とりあえず、蒔けるだけの種を蒔いた。
今のところ発芽は2本だけである。

c0322794_11163734.jpg

ベランダの4姉妹はこの通り。
ここへ来てグングンと伸び
それぞれにかなり枝分かれしている。

c0322794_11183624.jpg

今年の6兄弟も
ゲリラ豪雨に負けず順調に生長している。

c0322794_1120232.jpg

そして何やら気になる木?
・・・ん?何??
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-24 11:24 | ガーデニング | Comments(0)
舌裏の合体口内炎の痛みが全く治まらない・・・
と思っていたら、何と!舌の横奥にも1つ
気づかないうちにピークを迎えた口内炎があった。
どうりで、痛みがハンパないわけだ。

そんな中、今日はドイツ仲間との食事会だった。
このタイミングでのランチって・・・最悪過ぎ。
実は今回も
一時帰国したK子さんに合わせてのランチだったが
当の本人が体調不良によってドタキャンとなり
残念ながら3人での目黒雅叙園となった。

まずはそれぞれの近況を報告しながら
90分のランチブッフェである。
けれどこれが、並んでいる時間がとにかく長くて
食事後にデザートを取りに行こうにもまた並び
さらには食器が空くたびに次々に下げられ
慌ただしく食べた印象しかない。

その後は百段階段で開催中のイベント
「和のあかり」を見に行った。
百段階段は昭和10年築の3号館にある。
目黒雅叙園に現存する唯一の木造建築で
東京都の有形文化財にも指定されているが
そこへ上がるエレベーターから凄い。
階段の途中には全部で7部屋があり
それぞれの部屋が、これまた豪華である。

何を隠そう、私はこの日が「初」目黒雅叙園で
こんな素晴らしい建物があることに
まずは感動した。
さらに、それぞれの部屋の展示も素晴らしく
とてもいいものを見せてもらった。

c0322794_10374659.jpg

c0322794_1038054.jpg

c0322794_10381283.jpg

c0322794_10383059.jpg

c0322794_10384538.jpg

あかりとの関係は分からないが
婚礼用の着物を洋風にした展示があり
とても素敵だったのでパチリ。
実は男性用もあったが、撮り忘れたようである。

c0322794_1039038.jpg

c0322794_10391294.jpg

c0322794_1039252.jpg

c0322794_10394045.jpg

c0322794_10395741.jpg

もちろん館内にもさまざまな展示がされていた。

c0322794_10414893.jpg

c0322794_104221.jpg

c0322794_10421845.jpg

もともとの館内も、こんな感じ。

c0322794_10423570.jpg

さらにトイレに至っても
とてもトイレと思えない豪華な造りの場所があった。
あまりに並んでいたため、残念ながら写真はない。

その後はカフェへ移動し、おしゃべりである。
今回は会員であるS子さんのおかげで
とても素敵な時間を過ごすことができ
私もY子ちゃんも感謝である。
近くに住んでいながら今まで知らなかったとは
本当にもったいなかった。
この百段階段では定期的に
色々なイベントが開かれているそうで
是非また来てみたいと思った。

私たちがドイツで一緒にドイツ語を学んでから
もう22年である。
小さかった子供たちも成人し就職し
それぞれに家庭を持つまでになった。
生まれたばかりだった子も大学生になり
私たちも老けるわけである。

去年は溶けるかと思うほどの酷暑だったが
今年の食事会は涼しくて楽だった。
さてさて、来年はどうなることやら?
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-23 23:59 | 仲間たち | Comments(0)
もともと年齢層の高い我が社である。
ゆえに今日社内にいた6人の中で
「ポケモンGO」を楽しみにしていたのは
平成ボーイ&話のタネにやってみると言う
40になる社員の2人だけだった。

お昼になり、弁当を買いに出た平成ボーイは
カレーと共に満面の笑みで戻って来た。
セブンイレブンの前でポケモンを発見!
ゲットしたと言う。

お試し社員はと言えば
こちらはコンビニ袋を手に戻って来たと思えば
そのまま社内をウロウロ。
「あれ~?今見つけたのにいなくなった」
と言いながら応接室に入って行った。
どう見ても挙動不審である。
「コレ、ヤバいかも・・・」
お試しが本気になりそうなのか、彼がつぶやいた。

けれど、ポケモン自体をよく知らない私には
何が楽しいのか分からない。
仮にこれが「キティGO」だったとしても
「ベティGO」でも「亜土GO」でも
やるかどうかは分からない。
ただ「どうぶつの森GO」だったら
ん~・・・ちょっと気持ちが揺れる。。。

今はただ、スマホ片手の人に
ぶつかられたくないと思うばかりである。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-22 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

更新続行

会社には営業課、技術課、業務課がある。
技術課は3名で、そのうちの1人は67歳
すでに定年を過ぎたパート社員Sさんだ。

パートの契約は3ヶ月更新となっていて
今回の契約は9月までである。
その9月に68歳の誕生日を迎えるSさんは
それを1つの区切りとし
今回の更新を最後に退社の意思を固めていた。
そしてついに今日、社長にその旨を申し出た。

応接室の1つを潰し、無理矢理作った社長室は
驚くほど防音性に劣る。
事務所との間の壁に換気口があるためで
話し声は1から10まで事務所に丸聞こえとなり
応接室として使用していた時も
秘密の話ができない部屋だった。

その社長室で話す社長とSさん。
それでなくとも大きな声の社長である。
必死に引き留める社長の声は事務所中に響き渡った。
確かに、これからは保守メンテに力を入れることを
会社の方針としている現状で
大ベテランのSさんに辞められることは痛い。
社長が引き留めるのも当然のことだ。
「少なくとも、自分がいる間・・・この2年間は
何とかこのまま続けてほしい」

結局、Sさんも考え直し
その時期を先延ばしすることに決めたようだ。
体力的にキツイなら出張は最低限にするなど
見直しをすることで続行は可能だろう。

「人を大切にする」
それは社長の強い思いであると同時に
親会社が取り組んでいることである。
とりあえず、Sさんが続けてくれることになり
私もホッとした♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-21 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

粉瘤事件

思えば少し前から部長の動きは怪しかった。
やたらとウロウロ歩き回って落ち着きがなく
座っている身体は変に傾いていた。

そして昨日、それはピークになったらしい。
部長はしきりに顔をゆがめ、言った。
「粉瘤・・・」
場所はお尻の右側、肛門寄りだと言う。
粉瘤は良性腫瘍の1つで
言うなれば「おでき」だが、皮膚の中に袋ができ
これを取り除かなければ再発を繰り返す。

部長の粉瘤は破裂直前の
もはやどんな姿勢でも激痛を伴う
どうにもならない状態らしい。

みんなで皮膚科行きを強く勧めるも
同様の症状で過去に2度行った医者での
膿を絞り出す際の痛みがトラウマとなっていて
絶対にイヤだと言い張った。
「だったら私たちがやってあげる!」
とパートの彼女とそろって提案してみたが
ウンと言うわけもない。

けれど椅子の隅に
左のお尻だけを乗せて座るその姿は
笑っちゃいけないと思いつつも我慢できない。
箸が転んでもおかしい年頃だから仕方ないものの
そもそも男は痛みに弱すぎる。
聞けば、家族そろってハワイに行った時にも
この粉瘤のおかげで散々だったらしく
ここまで繰り返すとなれば
早いとこ手術するに越したことはない。

そして今朝、痛みに耐えられなくなった部長は
ついに皮膚科の受診を決意していた。
会社近くの皮膚科をチェックしたと言うから
これは本気である。
そうそう、潰すなら
自分ではなく医者にやってもらうべきである。

ところが朝礼後、トイレから戻った部長は笑顔だった。
「破裂した~♪」
とりあえず第1弾が出たことで楽になったらしい。
「血だらけ」
と詳しい報告までしてくれた。
とりあえずトイレットペーパーを充ててると言う。
それでも予定通り、皮膚科へ行くと思いきや
「もう破裂したから行かなくていい」
とニコニコである。
それだから完治しないのだと言ったが
定期的なトイレットペーパーの交換でいいらしい。

夕方、部長が外出することになった。
出る前に私のところへやって来た部長は
くるっと後ろを向くと言った。
「染みてないよね?大丈夫でしょ?」
ズボンをチェックしてくれということらしい。
ったく・・・どこまでも世話の焼ける部長である。
幸い、歩き方を除けば外見上に粉瘤の影はなく
安心して出かけて行った。

言うまでもなく、知る人ぞ知る部長。
過去に英語とスマホにパニくった、その人である。
何を隠そう、私と同い年だ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-20 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

合体だし・・・

私と口内炎は切っても切れない仲である。
よくできるのはモチロンのこと
今や1度に複数個できるのが普通と言える。

もちろん、大きくならないうちに
発見後はすぐに薬をつけ
うがい薬を使った小まめな消毒をするとともに
ビタミン剤を飲むようにしている。
おかげで最近はさほど酷くならない状態が続き
暮らしにも支障は出ていなかった。

が・・・日曜、口内炎を発見した。
と言うより、かなりの痛みで気がついた。
見れば舌の裏側にポツポツと、並んで2つ
小さな口内炎ができていた。
さっそくパッチを貼ったが、1枚で済むほど
2つの口内炎の距離は近かった。

ところが今朝、確認すると・・・
ギョエ~~~~~~~~!!!!!!
合体してるじゃ~~~~~~~~ん!!
確かに2つあった口内炎は
完全にくっつき、大きな1つの輪になっていた。
ありえない・・・・・・・・・。

勢力を拡大した口内炎はパックリと口を開け
そのパワーも格段にアップしていた。
痛い~~~~~~~~~~~~!!!

ここまで来ると、舌の裏にできようが
表だろうが、横だろうが、どこだろうが関係ない。
口を開けるだけで激痛が走る。
今日だけは大好きなカラオケもお断り!
あ~、私は貝になりたい。。。

けれど無情な電話は鳴る。
そしていつもと変わらず
元気いっぱい全ての電話に率先して出た私。
あ~健気だわ。。。
思い出すだけで涙がちょちょぎれる
ド根性しーちゃんであった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-19 23:41 | 健康 | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん