何なんだかね・・・

今の会社に転職してもうすぐ2年。
おかげさまで日々のストレスも無くなり
気持ち的には爽やかな毎日である。
ただ、仕事については何とも言えない。

最近はこれまで気になっていた棚の中を整理し
古いファイルを見直し、作り直した。
目についた金庫の中もスッキリと整理整頓。
不要なものは処分し
保存するものは箱詰めして倉庫へ片付けた。
引っ越し時にとりあえず配置した備品も
実際に使いにくいと感じるものは入れ替え
動線を考えた場所に移動させた。

さらに、チャイムが鳴らないために
ダラダラしている時間にメリハリをつけるため
お昼になったら事務所の電気を消すことにした。
これまで何となく仕事を続けていた社員たちも
さすがに真っ暗になった事務所ではそうもいかず
仕方なくお昼に出かけるようになり
早くも効果が出ている。

それはともかく、問題は私がヒマだということにある。
私の仕事は毎日あるものではない。
営業会議や取締役会に向けた資料作りは
月初に一気にやらなくてはならず
その何日かは確かにメチャクチャ忙しいが
それ以外の日はやることがない。
もちろん、その他にも担当する仕事はあれど
まったくもって物足りない。
私はもっと仕事がしたい・・・。

それに引き換え、男性社員は残業が多く
パートの彼女も月末月初は遅くなる。
けれど2人は共に
私がいくら手伝わせてほしいと言っても
ちっとも仕事を回してくれない。
さすがに、これ以上しつこく言うのもイヤなので
昨日はもう何も言わなかった。
どうやら私はよほど信頼されていないようだ。

8月は夏休みの関係で会議の日程が早く
よって、7月分は来週月、火で締めなくてはならない。
当然2人はとても忙しく、残業の毎日だろう。
私の「何か手伝いたい度」は1000%だが
たぶん何もやらせてもらえないだろうと思う。
やっぱり変な会社・・・としか言えない。
私に仕事を回すことで
自分の評価が下がるとでも思ってるのかな。

けれど考え方によっては
仕事をしなくても給料をもらえるのだから
なにも仕事!仕事!と騒がず
私も現状で満足すればいいのである。
実際、年齢からシニア社員となった私の給料は
パートのそれと大差はない。
現状が給料に見合ったものだと
私自身が悟るべきなのだろう。

今日は彼女の代わりに、クソ暑い中
自分から進んで銀行行きを買って出た。
しょせん私にさせてもらえる手伝いは
そんなことしかないのである。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-31 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

課長と接近?

火曜日は午前中、マイナンバーセミナーがあり
会社から私と課長の2人が出席した。
当日は直行し、会場の受付で待ち合わせた。

課長は先月末、10年を超えた単身赴任を解消し
自宅へ戻っていた。
現在は月のほとんどを静岡の支店に出社し
月末月初の何日かだけこちらへ出て来ている。
悪い人ではないのだが、いつもその忙しさゆえか
常にしかめっ面で親しみやすいとは言い難い。
ちなみに歳は私より2つ下である。
そんな課長と私が2人で出かける。
社員たちは少なからず心配?していたようだ。

けれど私自身は何も気にしていなかった。
そもそも課長に対して苦手意識を持ったことも無く
会場でも仲良く隣の席に座って受講した。
そして休憩を2回挟んだセミナーは
予定通り12時30分過ぎに終わった。

この時間帯になれば
当然お昼をどうするかの話になる。
まさか、弁当買って会社に戻るとか??
けれど課長はどこかで食べるつもりだった。
ただ時間が悪く、会場近くのお店はどこも長蛇の列。
とりあえず会社の駅まで戻ることにした。

会社の周りにはお店自体があまりないが
駅近くではたくさんのお店にランチがあった。
その中から和食屋に入ることにしたが
すでに時間帯もズレていたため空いていた。

ちょうど俳優さんの闘病がニュースになったこともあり
話はミラーマンからスタートした。
「実は私の叔父はミラーマンだった」
という告白に、課長は目をまん丸にして驚き
さらに、叔父は元俳優で
「子連れ狼」にもチョイ役で出演したり
ゾフィやウルトラマンタロウとしても怪獣と日々戦い
地球の平和を守っていたと話すと大喜びした。

ご存知のように、私の人生は波乱万丈なので
短い時間で話せることはほんの一部でしかないが
その他にもいくつか掻い摘んで話して聞かせた。
課長にはかなり興味のある楽しい話が多かったようだ。
課長もまた、奥さんが嵐の追っかけだと教えてくれた。
なんでも、相葉くんが好きで課長が留守の間に
部屋がポスターだらけになっていたらしい。

もちろん、そんな話ばかりではなく仕事の話もした。
チャンスなので、パートの彼女や男性社員の仕事を
もっと手伝いたいと訴えた。
とにかく、2人でいても沈黙は一切なく
「話したい症候群」の私にとっても楽しい時間だった。
もしかして課長との距離がちょっと縮まった?

会社に戻ったのは2時頃である。
翌日のお昼、パートの彼女が私に訊いた。
「課長と2人でお昼食べて何話したんですか?」
あ~・・・やっぱり気になってたのね。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-30 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

その後、我が家の悪臭について書いていないが
実はその間もず~~~~~~~~~~っと
悩まされ続けている。
臭い・・・とにかく臭い。
なのに・・・こんなに迷惑しているのに
どうすることもできない。

悪臭の原因となった犬が死んでから1年7ヶ月。
新しい糞の臭いに悩まされることこそ無くなったものの
だからと言って、これまで長年染み付いた臭いが
勝手に消えるわけも無い。
けれど飼い主は未だに犬小屋を処分するでもなく
あれ以来、臭い臭い駐車場も掃除していない。
間違いなくNさんの中では、犬の死と共に
悪臭騒ぎは完全に終わったものとなっている。

もちろん、実際はそうではない。
私は毎日お風呂に入るたびに叫びたくなる。
「臭~~~~~~~~~~い!!」
浴槽に座るとプ~~~~~~~~~~ンと臭う
何とも言えない生臭いニオイ・・・。
鼻にタオルを当てていないととても我慢できない。
しかも夏の強い日差しにその臭いはパワーアップし
最強の悪臭となっている。
あ~~~~~~~~~~もぉ~~~~~!!
私はいつまでこの現実に耐えなきゃならないんだ。

仮に、今またここでそれを私が訴えれば
犬もいないのに、とっくに終わったことを蒸し返す
神経質な隣の女・・・と言うことになるのだろう。
すでに飼い主は私のことをそう言っている。
家の前で遊ぶ子供たちが臭いと言っていても
隣のHばあちゃんが臭いと訴えてくれても
悪いのは神経質すぎる私なのだ。
当然、今さら掃除をする必要はないし
何をする気もないのである。
もっとも、ここまで染み付いた悪臭は
適当な掃除で解決するものではない。

あ~~~~~~~~~~最悪・・・。
もはや我が家のお風呂場は
リラックスできる場とはほど遠く
現状は癒されるどころかストレスとなっている。
けれどお風呂場の窓はそこしかなく
開けざるを得ない。

いつまで我慢できるだろうか・・・。
タオル無しでは耐えられない臭い。
大好きなお風呂も最近は苦痛でしかない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-29 22:35 | しーちゃんち | Comments(0)

ハートツリー日記 4

梅雨明け後、いきなりの猛暑が続き
かと思えば突然の土砂降りもあり
小さい芽たちが流されてはいないかと
会社にいても気が気でない先週だった。

c0322794_8523144.jpg

c0322794_8524970.jpg

まずは順調な1号。

c0322794_8555087.jpg

c0322794_856589.jpg

2号も生長のあとが見えるが
どうやらこの子は他より弱い子のようである。

c0322794_8574126.jpg

c0322794_8575718.jpg

3号はますます元気で、今や1号と変わらない。

c0322794_8595087.jpg

c0322794_90962.jpg

そして4号(仮)。
今週もやはりその正体は不明のままである。

近々、ハートトマトの鉢が空くので
夕立の度に流される心配をしなくていいように
そろそろそれぞれの鉢に移そうと思う。
そもそも現在の少量の土では、毎朝水遣りするも
真夏の日差しにあっと言う間に干上がってしまうため
安心もできないのである。

今の目標は、何としてもこの3本(4本?)を育て上げ
ハートの実をつけさせることだ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-28 20:13 | ガーデニング | Comments(0)

野菜食べまくり~♪

一時帰国したK子さんを囲んで
ドイツ時代の仲間たちと銀座でランチした。

銀座は私の苦手とする街で何度行っても分からない。
スマホでないため、今回も地図をガラケーで写し
さらに頭に入れた上で新橋駅に降り立った。
けれど、出口を間違えた上に思い込みから歩き
何か変!と、道路に立つ案内図を見れば
私が向かっているのは新橋方面だった。
しかも持参した地図とは逆さに描かれているため
方向が分からない・・・。
銀座はず~っと下じゃん。最悪。。。。。。

最高気温36℃の予報の中、汗をかきかき歩けば
聞こえてくるのは日本語でない言葉ばかり。
特に中国語は声が大きいため目立ち
もはや銀座は日本ではない。
それでも何とか時間前に到着!
やっぱりかなり早く出て良かったぁ。

c0322794_2251683.jpg

今回のお店は「やさいの王様」。
とにかく野菜をたくさん食べられるお店だ。

c0322794_2257138.jpg

旬の珍しい生野菜30種のサラダバーはお替り自由♪
って、綺麗に詰めればいいものを
こういう時には私の中のO型が前面に出てしまう。
ちなみに私は全種類入れることはできなかったが
Y子ちゃんはしっかり詰め込んでいた。
ドレッシングは3種類。

c0322794_230585.jpg

前菜3種は「いちじくの生ハム巻き」
「2日間漬け込んでつくったガスパチョ」
「マンゴーと豚レバーのクロスティーニ」

c0322794_2312566.jpg

ゴーヤとつるむらさきの花とぶどう、鱧のカルパッチョ。
当たり前だがゴーヤは苦いものの
ぶどうがとっても甘くて美味しかった♪

c0322794_2343364.jpg

50種類の野菜を閉じ込めた王様ハンバーグ。
こちらも4種類のソースで食べられる。

c0322794_2383351.jpg

c0322794_2384815.jpg

野菜しゃぶしゃぶ。
10種類のスープから選んだのは
「とろろの味噌スープ」と「生姜の塩スープ」。
色々なきのこを美味しく頂いた。
〆は「モロヘイヤ麺」と「コラーゲン麺」のうち
「コラーゲン麺」をチョイス。
確かに女子力が落ちつつあるメンバーゆえ納得だ。

c0322794_23145293.jpg

デザートはキウイアイスに
ラ・フランスとペパーミントのクリームソースだ。
これがまた絶品~♪
ホントに美味しいアイスだった。

私たちがドイツで一緒だったのは21年前だ。
S子さんはその後イギリス他に駐在し
Y子ちゃんは1度帰国するも2度目のドイツ駐在をし
K子さんは現在もドイツに住んでいる。
私が駐在していた4年間、家族ぐるみで付き合い
帰国してから現在に至ってもそれは変わらない。
それでもK子さんが一緒の集まりは久しぶりだ。
近況報告から始まった弾丸トークは
息つく瞬間に口を挟まない限り
割り込むこともできない恐ろしいものだった。

通常ランチコースは2時間制のようだが
日曜日で空いていたこともあり、ゆっくりできた。
その後は近くのホテルに移動し、お茶した。

c0322794_23363016.jpg

下手に表通りのお店に入るより
ゆったりゆっくりできて大正解だった。

21年の間には、それぞれに家族が増えたり
子供たちが結婚したり、親になったり
はたまた別れたりと色々な変化があった。
それでもこの縁は
今後も切れることなく続いて行くだろう。
みんなに出会えたことに、心から感謝である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-27 23:59 | 美味しいもの | Comments(0)

ハートトマト収穫♪

ベランダのハートトマトが次々と赤くなったため
先週、順番に収穫した。

c0322794_1942915.jpg

最初に採ったのがこの2つである。
先の尖った真っ赤なハート♪
その可愛さは1000%だったものの
翌日のお弁当に入れ、食べてみると
その味は・・・ビミョーだった。
もちろんトマトであることに間違いは無いのだが
言うなれば「熟れ過ぎ」だった。
私の好みより、かなりスカスカしていた。

c0322794_194703.jpg

真っ赤になってからの収穫では遅いと悟り
次の3つはオレンジの段階で採った。
見て見て!右の子。
絵に描いたみたいに綺麗なハート型♪
またまたお弁当で食べたが、今度はバッチリ!
甘味は強くないが皮のしっかりしたトマトだった。

c0322794_19512448.jpg

そして、さらに5つのハートトマトを収穫♪
こちらは夕飯時に食べた。

c0322794_761920.jpg

そして今朝の様子。
現在ベランダに残るハートトマトである。
あとは青くて小さいものが少しで、枝は枯れた。

c0322794_773877.jpg

このオレンジ2つも収穫したので、残りは4つ。
今週中にはベランダ菜園も終わるだろう。
ちょっと寂しい・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-26 09:39 | ガーデニング | Comments(0)

蟻とバトル

考えてみれば、テーブルのお菓子に集まった蟻を
退治したからと言って、それで終わるはずが無かった。

あれだけの数の蟻が集まるには
すでに相当数がリビングに入り込んでいるわけで
今日は朝から午前中いっぱい
リビングにいた蟻との戦いに時間を費やした。

実際、あれだけ小さい蟻だけに
テーブルの隅から隅、カーペットの端から端までを
顔をひっつけ目を凝らしてみたところで見つからない。
けれど私が座って足を伸ばした途端
どこからか現れ、足に這い上がってくるのである。
違和感に足を見れば蟻が・・・。
それを何度繰り返したことだろう。

しかも、ただ這っているだけならともかく
ヤツらは私の足を噛むのである。
それが、小さいくせにチクッと痛い。
まったく・・・腹が立つったらありゃしない!
何匹叩き落としたことか。

幸い、どこの窓にも新しい蟻はいなかったので
すでに入り込んでいた残党たちと思われる。
けれど暑い中、それでなくてもイライラするのに
生意気にも足まで何ヶ所も噛まれ
憂鬱モード全開の週末である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-25 16:58 | しーちゃんち | Comments(0)

蟻だらけ・・・

背中合わせに座っているNさんが
九州の出張土産を買って来てくれた。
小さなバームクーヘンのようなお菓子である。

私はもともと間食をしない人なので
お土産や手土産やお中元などで
お菓子が並んでいても食べることはまず無い。
けれど今回はNさんが
「いつもお世話になっているしーちゃんに」
と、最初の1つをくれたため有り難くいただいた。
と言っても、会社では食べず持って帰って来た。
昨日のことである。

今朝、出がけにバッグの中を確認した際
そのお菓子が入ったままだったことに気づいた。
私はそれをリビングのテーブルにポンと置き
そのまま出社した。

そして夕食後、その存在を思い出した私は
「そうだ!食べちゃお~♪」
と、包みを開きかけ跳び上がった。
ギョエ~~~!!
何と!包みの裏側にいたのはたくさんの蟻だった。
しかも、突然開かれた包みに
パニクったのは蟻も同じで、あろうことか
テーブルの上で見る見るうちに散らばり始めた。
やだぁ~~~~!どうしよう!!

キッチンへ走った私はビニール袋を取って戻り
その中に蟻だらけのお菓子を入れ口を結んだ。
すでに四方八方へ散らばった15匹の蟻に罪は無いが
そのまま部屋中に逃がすわけにはいかない。
美味しいお菓子も食べたことだし
彼らには天国で幸せになってもらおう。

c0322794_22494475.jpg

ちなみに、ビニールに閉じ込めたこの蟻たちは
明日ゴミとなる。

それにしてもどこかに入って来たのだろう。
そう言えば何年か前にも
帰宅したら窓から蟻の行列が続いていたことがあった。
食べ物はダメだ。

今後、彼らが生き残るためにも
もらったお菓子はやっぱりその場で食べることにする。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-24 23:52 | しーちゃんち | Comments(0)

急ブレーキ!

毎日の通勤で利用しているJRは
かれこれ40年もの間乗り続けている
言わば「乗り慣れた電車」である。
つまり電車の揺れ方までもが
身体に沁みついているわけで
吊り革に掴まらないこともたまにはある。

今日乗った電車は比較的空いていたが
それでも座ることはできず
私は座席間の手摺りの前に立った。
いつものように左手に文庫本を持ち
右手を形だけ手摺りに添える。
それから乗り換え駅に着くまでその体勢でいた。

そして12分後、電車が乗り換え駅に到着すべく
ややスピードを落とし始めた。
私も手摺りを離し、右手で本に栞を挟み
降りる準備を始めた。
と!その時、ありえない急ブレーキがかけられ
乗客は一斉に進行方向に流された。
私はとっさに両手で手摺りを掴んだものの
身体は引っ張られて反転し
危うく座っている人の上に腰かけそうになったが
全力を振り絞り、かろうじて阻止した。

その余裕のない体勢の中で見たのは
私の左側に立っていた男性が
なすすべもなく吹っ飛ばされて行く姿だった。
吊り革に掴まることもせず
スマホに夢中になっていた若いビジネスマンだ。
座席の間に立っていた人の全てがそうであるように
彼も抵抗の甲斐なく流されて行った。
ただ、彼は何とか踏み止まろうと必死だった。
バタッ!バタッ!バタッ!
彼が踏ん張る靴音だけが
静かな車内に虚しく響き渡っていた。

けれど全ての人は吹っ飛んだ。
私が体勢を立て直した時
座席の間にいた人たちは綺麗に流され去っていて
ガラ~~~ンとしていた。
転んだ人がいたかどうかは分からない。
これだけのことがあっても車内は恐ろしく静かで
私は人のことを気にかける余裕もなく
ドキドキしつづける心臓と
瞬間的にかなりの力がかかった腕をなだめた。

電車はホームに半分ほど進入したところで止まった。
駅で非常停止ボタンが押されたとのことである。
そして再び定位置に戻った乗客たちは
何事も無かったかの如く発車を待った。
彼もまた私の左側に立ったが
その手は止まっているにもかかわらず
しっかりと吊り革を掴んでいた・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-23 22:56 | Comments(0)

盆栽生活始まる

ここまでで分かるように、私はキットになった
「育てるシリーズ」が大好きである。

c0322794_22495679.jpg

今回の女子会にも
このビニールハウス型栽培キット
「四季なりいちご」を持って行った。
夏から秋にも実のなる品種らしく
イチゴのパックを小さくしたようなケース入りで
場所を選ばないところが良い。

c0322794_22534047.jpg

それでいて農家でも使われている培養土と
ミニサイズでありながら立派な畑なのである。

c0322794_22571139.jpg

その土を湿らせてから、さっそく種を蒔いた。
ちゃんとイチゴ、できるといいなぁ。

そしてそして、この探しものをしている時に
見つけてしまったのが盆栽シリーズである。
盆栽でありながら種から育てると言う
気の遠くなるシリーズだが
「盆栽」の文字に反応してしまう年頃ゆえ仕方ない。
私は購入を即決した。

「くろまつ」「もみじ」「さくら」のどれにしよう・・・。
さんざん悩んだものの、結局決められなかった。
え~い!全部買ってしまえぃ!!

c0322794_2361176.jpg

c0322794_23134493.jpg

後悔することを思えば正解♪
キットは簡単なもので、鉢に網を敷いて土を入れ
湿らせたら種を蒔けばいい・・・はずだった。

c0322794_23155433.jpg

c0322794_23161388.jpg

ところが、さすが盆栽。
何と!すぐに蒔いていいのは黒松だけで
桜ともみじの種は冷蔵庫に入れて3か月程度
冬を体験させる必要があるらしい。
しかも、蒔く際には時期を考えるだけでなく
桜に至ってはさらにお湯につけ2晩置けとある。
何と手のかかる子だろうか。

c0322794_2323472.jpg

それでもやるしかない。
とりあえず、桜ともみじは冷蔵庫に入れ
冬眠を開始した。

c0322794_23275250.jpg

ということで、今回スタートしたのは
「四季なりいちご」と「黒松」だけである。
真夏のスタートはどうかと思うものの
それでも楽しみ~~♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-07-22 23:53 | ガーデニング | Comments(0)