つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

隅田の花火、満開~♪

今年もまた
気づいた時にはさらに生長していた
我が家のガクアジサイ「隅田の花火」。

c0322794_18232860.jpg

去年同様、とっくに私の背丈を超えて
梅雨入り前に満開である。

c0322794_1825721.jpg

何年前か・・・小さな鉢で買って来た。
実はその後、ピンク色の花の鉢が店頭に並び
そっちを買えば良かったと早まったことを後悔した。
実際、こんなに大きくなるなら
やっぱりピンクにしておけば良かったなぁ・・・。

c0322794_18284256.jpg

この真っ白な花(ガク)は「装飾花」で
本当の花は真ん中に青く見えるやつらしい。
今は白いこの花も
もうしばらくすると青みがかって来るはずだ。

c0322794_1830631.jpg

ナガミヒナゲシはそろそろ終わり。
今はたくさんの種がついている。
もう少し枯れてから取ろうと思い放置しておいたが
気づいた時には種の部分が折られ盗まれていた。
花が咲いた時もそうだったが、我が家の近所には
花泥棒、種泥棒がいるようである。
サイテー・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-30 23:59 | ガーデニング | Comments(0)

席も外せない

私は1日席に座ったままPCの画面を見つめている。
特に毎月下旬は何も仕事が無く
見たくもない画面を見ては時間を潰す。

喫煙者は午前中に2回、午後にも2回
1回に15分程度の時間を使って
通りを渡った公園までつるんでタバコを吸いに行く。
つまり1日1時間はタバコ休憩である。

派遣女は毎日銀行に出かけ1時間は戻らない。
彼女も喫煙者であるため
それ以外にも席を外してはタバコ休憩をとっている。

私はタバコを吸わないし、銀行にも行かない。
気分転換を図るのは唯一トイレに行く時だけで
ギックリ腰予防のために必ず体操をするが
それでもどう頑張っても10分もいられない。

昨日も席を外したのはほんの7分だった。
ところが、たまたまこの間に
秘書室から私宛に急ぎのメールが入っていた。
「添付資料をプリントアウトして役員に渡して欲しい」
というものだった。
結局、私が戻らないため
電話を受けた派遣女がプリントアウトし処理したらしい。

私が席に着くと派遣女は言った。
「秘書室からメールが届いてたと思いますけど
急ぎだそうなのでもうやりましたから!」
その言い方が何とも投げやりで
「全く役に立たないんだから」
と顔に書いてある。

私が席に戻ったのは11時14分。
メールは11時7分に届いていた。
席を立つ際には届いていなかったものである。
たったの7分いなかっただけなのに
そんな言われ方をされる覚えはない。
そもそも席を外すのは私だけではない。

社内の半分はタバコを吸わない。
やはりその人たちは
堂々とタバコ休憩を取る喫煙者がおもしろくない。
彼らが席を外していれば「タバコ」で済むが
私たちが同じ時間席を外せば
どこをフラフラしてる・・・となるのだから当然だ。
それでも男性社員たちは外出が多いのだからいい。
1日席にいる私とは違うのである。

たまたま席にいなかっただけなのに
何なんだかね。
あ~ぁ・・・会社がつまらない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-29 23:59 | 会社・転職 | Comments(2)

らっきょう漬けた♪

梅と共に今が季節なのが、らっきょうである。

母は毎年たくさんのらっきょうを漬けていて
それがとても好評である。
叔父叔母は無くなるまで何度でも
ビンを持参しもらいにやって来る。
今年も、その作業のために母は1週間
らっきょう休暇を取り一時帰宅していた。

そして、母の漬けたらっきょうを
大いに気に入ったのが娘夫婦である。
今回、タイミングも良かったため
娘はらっきょうデビューを宣言した。
つまり母は、うんざりするほどの作業を
今また我が家で繰り返すことになったのである。

さすがにらっきょう漬けのプロとなると
素材選びにはうるさい。
毎日毎日スーパーに足を運ぶも
母の目を満足させるらっきょうが
やっと店頭に並んだのは、つい先週のことだ。

c0322794_2222494.jpg

大き過ぎず粒が揃い
芽が伸びていないものがいいようである。
今回は2パック、2キロ購入した。

c0322794_2243837.jpg

c0322794_225155.jpg

まずは泥や砂を洗い落とし
薄く皮をむいて上下を少しずつ切り落す。
これが何気に地味で時間のかかる作業だが
母に教わりながら娘は楽しんでやっていた。
ちなみに、私はらっきょうに興味はなく
作業には全く参加していない。

c0322794_22101516.jpg

きゃあ~!ツヤツヤしてとっても綺麗~♪
確かに大きさも適当で、いいらっきょうだ。

c0322794_22115881.jpg

つづいて、鍋で調味料を作る。
もともと母にレシピはなく、すべては勘だ。
とりあえず娘のためにアバウトなレシピを書いたが
味をみてはその都度調整するため
正確なところは誰にも分からない。

c0322794_22151461.jpg

あとはトウガラシとらっきょうをビンに入れ
冷ました調味料を加えれば完成~♪

c0322794_22195944.jpg

あとはたま~に混ぜればOK!

こうして母直伝のらっきょうは
娘である私を飛び越して
無事、孫娘に引き継がれたとさ。
めでたしめでたし。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-28 22:36 | 美味しいもの | Comments(0)
待ちに待ったW杯に向け、私の準備もバッチリだ。

c0322794_2130657.jpg

今日は全~部キティちゃんバージョンで
ザックジャパンを応援♪

c0322794_21324244.jpg

ちなみにこのジャパンのタオルは
昨日会った友人からのプレゼントだ。

あ~ワクワクする!
楽しみ楽しみ、た・の・し・み~♪
頑張れ!ザックジャパン!!

今日の試合は最低でも3点欲しかったから
私の応援も不完全燃焼だけど
勝ったからまぁ良しとしよう。

親子3人で、さぞかしうるさく
応援してると思ったあなた・・・大ハズレ!!
母はとっくに寝たし
娘は自分の部屋で韓国ドラマに夢中。
つまり今日もうるさく応援してるのは
いつものように私1人だけなのだ。

同じ血が流れてるはずなのに、この冷めよう・・・
信じられん。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-27 21:56 | サッカー | Comments(0)

梅酒漬けた~♪

毎年この季節になると気になっていた梅酒を
今年初めて作ってみることにした。
私はお酒は飲まないが、梅酒は別だ。
その昔、私の実家には
年代物の美味しい自家製梅酒があった。
私も是非作ってみたい。

ということで、必要な材料を用意し
スーパーに大粒の青梅が並んだ土曜日
梅酒作りに着手した。

c0322794_12465585.jpg

まずはビンを熱湯消毒してよく乾かし
梅も綺麗に洗った。

c0322794_1253018.jpg

お酒はホワイトリカーを使うのが一般的らしいが
我が家の梅酒はブランデーで漬ける。
この方が優しい味になるのである。

c0322794_1257275.jpg

c0322794_1257171.jpg

続いて梅のヘタを取ったら
2時間ほど水に浸けてアク抜きをする。

c0322794_1324777.jpg

あとは水分を完全に拭きとって
氷砂糖と交互にビンに入れるだけである。

c0322794_136252.jpg

最後にその上からお酒を入れれば完成~♪
アバウトな私にも簡単にできる梅酒である。
ちょうど、いただいたハチミツがあったので
少し入れてみた。
どうせなら甘い梅酒の方がいいし。

c0322794_138056.jpg

けれど、これで完璧~♪と思っていたら
梅に穴を開け忘れていたことに気づいた。
そうすれば早く飲めたのに・・・マヌケ。
仕方ないので今回は気長に待つことにする。

さて、問題はどこに置いておくかである。
ちなみに我が家で1番涼しいのは1階のトイレだ。
けれどさすがにそこに置くのは抵抗がある。
ということで悩んだ末、とりあえず
玄関のスリッパ立ての後ろに置くことにした。

さてさて、美味しい梅酒はできるのか・・・。
乞うご期待!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-26 22:25 | マイブーム | Comments(0)

初孫、四十九日

初孫の凛太朗が天使になってから
今日がちょうど四十九日目である。

昨日がお休みだった娘婿は自宅に戻り
夜には我が家に凛太朗を連れて来てくれた。
娘と私は昼のうちに花屋へ行き
凛太朗のためにカワイイ花を用意した。
今、こうして改めて見ると
骨つぼのあまりの小ささにまた悲しくなった。

その凛太朗の横には花瓶に挿した花が置かれ
両側には、娘婿が用意した木製の男の子と
女の子の人形が並んだ。
モチロン哺乳ビンにはミルクを作った。

4月7日、あの魔の日から四十九日が経つ今も
あの日の気持ちを忘れたことはない。
今も自責の念は少しも消えることはなく
抱っこした時の凛太朗の温かさも
昨日のことのように思い出す。

娘婿は今週いっぱい撮影が入っているため
今のところ来月以降、仕事の様子を見て
四十九日の集まりをする予定でいる。
法要という形ではなく
娘婿のご両親との食事会になるようだ。

納骨はしないことにした。
凛太朗はこの先もずっと
お父さんお母さんと一緒に暮らすことになる。
それなら凛太朗も寂しくないだろう。

娘の体力はまだ完全には戻っていないものの
おかげさまで身体の方はほぼ回復してきた。
今週末に再度の健診に行けば一段落。
7月からの復職に向け準備開始だ。

いよいよ、すべてが日常に戻り始める・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-25 22:30 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

みんなで餃子

今日は娘のリクエストで餃子を作ることにした。
思えば、最後に自分で餃子を作ったのは
いつだっただろうか・・・。

忘れている人がいるかもしれないので書くと
私はラーメン屋の娘である。
つまり父も母も中華料理のプロなのだ。
当然、母と一緒に作る餃子はプロのレシピ・・・
かと思えば、コレが至って普通である。

なぜなら、餃子は仕込みから完成までを
父が一手にこなしていたからである。
しかもその量たるやハンパではなく
調味料も大さじの世界ではない。
さらにラーメン屋を止めた後は
クリーニング屋をやっていたため
餃子はいつしか母の記憶の彼方に消えた。

かくして分量も何もかもがアバウトな
餃子作りは開始された。
とりあえず皮を2袋購入したので、52個が目標だ。

c0322794_029984.jpg

まずは「こんなもんじゃない?」と言いながら
白菜を適当量みじん切りにした。

c0322794_0514020.jpg

c0322794_0515838.jpg

それから塩もみし、手ぬぐいに包みよく絞る。

c0322794_0533897.jpg

ひき肉におろしたにんにくと生姜を加え
調味料をアバウトに入れて味を調整しつつこね
白菜、ニラ、長ネギのみじん切りとまぜる。
これで母曰く「餃子のあんこ」が完成~♪
量りも計量スプーンも一切使わない
勘だけで作ったあんこである。

c0322794_1369.jpg

c0322794_132250.jpg

さっそく3人で皮に包んだ。
さて、皮とあんこのバランスはいかに・・・。

c0322794_154338.jpg

ジャ~ン!アバウト餃子の完成~♪
結局、皮2枚分のあんこが残ったが
最初のいくつかを少な目に包まなければ
ピッタリの量だったところはさすがプロである。

c0322794_1104895.jpg

そしてそして味はと言えば、娘曰く
「お店の餃子の味~♪」
だそうで、1週間ぶりに撮休で帰って来た娘婿も
喜んで食べてくれた。
彼は明日、ニンニク臭を漂わせながら
4時起きでロケに行く。

そうして私は今、ニラ臭いリビングで
この記事を書いている。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-24 23:59 | 美味しいもの | Comments(0)

お試しらしい

今も変わらず、事務用品や切手の購入と
事務所のお茶に関することは派遣女が仕切っている。
ファイル1冊、筆記用具1つ頼むにも
派遣女にいちいちお願いしなければならない。
しかも切手の購入依頼はメモでよこせと言われ
ムカつく気持ちを抑える日々だ。

現在、事務所には
ユニマットのコーヒーメーカーが置かれている。
今月中旬からはアイスコーヒーメーカーも置かれ
給茶コーナーは満員御礼だ。
ところが今週半ば、その2つのマシンの横に
突然もう1つ新しい機械が無理やり置かれた。
派遣女が別の会社に持って来させた
お試しの機械らしい。

それについてどうこう言うつもりはない。
けれど、その機械について
派遣女からは何1つ説明が無いのである。
モチロン全員に声をかけるわけでも
知らせるわけでもなく
使いたければ訊けばいいということらしい。
自分は毎日色々飲んでいるところを見ると
そのために頼んだのかもしれない。

それは1杯ずつ
飲みたい時に淹れるタイプのものだが
素は粉ではなくチューブのようなものに入っている。
私にはどうやって淹れるのやら想像もつかない。
そして好奇心旺盛な男性社員がいると、派遣女は
「しょうがないなぁ~」
と嬉しそうに言いながら使い方を教える。
キャッキャとはしゃぎながらバカ丸出しである。

幸い私はあまり水分を摂らない人なので
彼女にわざわざお願いしてまで
その機械から何かを飲みたいとは思わない。
仮にお茶とコーヒー以外に
どうしても飲みたいものがあったなら
コンビニまで買いに行くまでだ。

いつまでのお試しだか知らないが
私はこの機械を試すことも触ることもないだろう。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-23 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

2年ぶりの脳検査

今年度より健康保険組合から
脳ドックに補助金が出るようになった。

私のMRI初体験は2008年の2月である。
その際には白い丸がいくつも写り
「軽い脳梗塞の可能性もあるが
実際にはハッキリそう言えるものでもない」
と、よく分からない説明を受けた。

2011年の2月には
脳神経クリニックでCTを撮ったが
やはり白い丸はその時点でも確認できた。
これ以上増やさないためにと投薬を開始し
結果的には1年5ヶ月の間毎日
血液を固まりにくくする薬を飲んだ。
けれど画像に白い丸が無くなったことで
投薬も通院も止めた。

そろそろまた検査に行かなくては・・・
と考えてたところだったのでナイスタイミング♪
早速、検査の申し込みをした。
今回はMRIとMRAの両方の検査であり
先週の金曜日に出かけた。

検査後に見せてもらった画像では
血管に異常らしきものは無かった。
けれど、脳の画像にはまた白い丸があった。
「これは古いものかもしれないですね。
今すぐどうこうという心配はありません」
先生はそう言った。
何だ・・・やっぱり白い丸はずっとあったのだ。

そして今日、さらに画像を専門医が確認してから
送ると言われた結果が届いた。

c0322794_23584599.jpg

これだけを見ると、至って健康な脳っぽいが
白い丸については何も触れられていない。
え~・・・大丈夫かなぁ。
心配するものではないということなのかな。

ん~・・・異常ないと言われても
あまりに簡単な報告に、納得できない私である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-22 23:59 | 健康 | Comments(0)

心が揺れる・・・

週末の折り込み求人に心が大揺れした。

同じ沿線の会社で
経理事務の正社員を募集をしていた。
仕事内容は、まさに私の得意とするもので
経験者優遇「あれば尚可」の簿記資格もクリアだ。
月給は25~28万円で
勤務時間こそ9~18時と長いが
休日、待遇もほぼ希望通りだった。
「40~50代の女性が活躍中の職場」
という文字が何より嬉しく
この求人は間違いなく私を呼んでいた。
あ~・・・応募したい!したい!した~い!!

転職したい度300%の私である。
けれど社長のことを思うと
とても悔しいがそれはできない。
見ず知らずの私を、人が足りているにも拘らず
拾ってくれた社長なのである。

今や私の仕事は社長の秘書化しており
今日も新たに
現在は社長が作成している取締役会の資料を
来月から作ってほしいとお願いされた。
細かい数字を使った手間のかかる表作りだ。
さらに最近は社長の代わりに
親会社の秘書室とのやりとりもする私である。
あちらの取締役でもある社長は
当然秘書室に顔を出すことも多いのだが
どうやら社長は、そこで私のことを
「何でもできるすごい人」
と言っているらしい。

そこまで買ってもらっているのに
「派遣女がイヤなので辞めます」
とは言えない。
自分が異動する時には
ちゃんと後任に私のことを頼んで行くので
心配はいらないとまで言ってくれた社長である。
それで辞めたら女が廃る・・・。

私は全身が義理と人情でできている。
・・・だから辛い、辛すぎる。
派遣女がどんなに私にツンケンしようが
私との間にだけ物を投げて置こうが
私の休暇届をわざとクシャクシャにしようが
露骨にイヤな顔をされようが何だろうが
耐えるしかないのである。

幸い、今日私は友人から
「派遣女に耐えられるお守り」をもらった。
しばらくはこのお守りパワーで
我慢ができるかもしれない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-05-21 23:59 | 会社・転職 | Comments(2)

激動のしーちゃんブログ


by しーちゃん