つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

傷ついた出来事

一般病棟で娘が入ったのは
新生児や産後の母親たちのいるフロアではなく
娘のような患者が過ごす個室だけのフロアだ。
当然赤ちゃんの声が聞こえることはなく
娘は静かな環境の中で1週間過ごした。

当初娘婿は、娘の体調が落ち着けば
すぐにでも凛太朗に会わせたいと考えていた。
ところが1日目は腸の働きが悪い状態で
娘は吐き気と闘い続けていたため断念。
結局、対面は手術から6日目になった。

凛太朗はその間、霊安室の冷蔵庫にいた。
娘婿は毎日会いに行き、3日目には
退院時に着せようと用意していた
娘婿の両親が買ってくれていた服を着せた。
亡くなって1日1日と日が経っても
凛太朗の状態はほとんど変わらず
むしろ顔はスッキリし微笑んでいるようだった。

初対面の夜
娘の病室にやって来た凛太朗は
元気な赤ちゃんと同じように
看護師さんに抱かれていた。
冷たくなった自分の息子との対面は
見ているのも辛く病室にいた全員が涙した。
凛太朗に謝ることしかできない娘に
ただただ泣くことしかできない私・・・。
今回だけは神様を恨んだ。

少し気持ちが落ち着くと
娘は本当に男の子なのか確認したいと言った。
ボタンで呼ぶと看護師さんはすぐに来てくれ
娘の希望を叶えてくれた。
「ちょっと寒いけどごめんね~。
ママにちゃんと見てもらおうね~」
と話しかけながら紙おむつを外してくれた。
彼女の接し方は、連れて帰る時も
生きている赤ちゃんの如くだった。

娘は翌日も凛太朗に会いたいと言った。
ところが前日の看護師さんと違い
しばらくして連れて来られた凛太朗は
小さなベビーカートに寝かされていた。
それも全身をシーツにスッポリ包れたまま・・・。
何とショッキングな姿だろう。
どっちが頭か足なのかも分からない。
シーツを開くと顔の上にも白い布があった。

確かに凛太朗は亡くなっている。
霊安室ではこの状態で眠っているのだろう。
けれど、だからと言って
そのまま「物」扱いするのは許せない。
娘の気持ちを考えれば
そんな無神経なことができるはずがない。
そんな基本的な気遣いもできない人間に
看護師などやる資格はない。
生きていなくたって
娘夫婦にとっては大切な息子なのである。

彼女の行動に傷ついた私たちだった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-28 23:21 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

退院して1週間

退院して1週間が過ぎた金曜日
娘は私の母に付き添われて健診に出かけた。
おなかの傷が痛むのでゆっくりと歩き
リハビリを兼ねて電車に乗った。

今回お世話になった大学病院では
一般の外来の診察は午前中で終わり
午後は時間をかける必要のある患者を診る。
乳児を見かけることがないため
娘にとってもありがたい時間帯である。

診察してくれたのは娘曰く、偉い先生だそうだ。
娘は入院している間にお世話になった先生方や
全ての看護師さんの名前から情報までも仕入れた。
その偉い先生が言うには
胎盤剥離は軽いものから重いものまで幅が広く
娘はその中でも、もっとも重度のものだった。
だから赤ちゃんが亡くなってしまったのも
仕方がないことだった・・・。

「アタシ伝説を作っちゃった。
ちょっとした有名人だよ」
娘は言った。
実際、娘の入院中は毎日入れ替わり立ち替わり
たくさんの先生方が様子を見に来てくれた。
それだけでも娘が大変な状態だったことが分かる。
事実、この日も病院にいる間は
みんなが娘に気を使ってくれているのが分かったと
母が言っていた。

けれどその娘が伝説なら、当然娘婿も伝説だろう。
彼は娘が一般病棟に移ると、その日から
退院までの1週間毎日病室に泊まり込んだ。
初日、娘は「単純性イレウス(腸閉塞)」を起こし
一晩中吐き続けた。
娘婿はそんな娘の背中を一晩中さすっていた。
自分が眠らなければ絶対に寝ない娘婿を気遣い
娘はさすがに3日目、4日目と
絶対に飲みたくないと言っていた睡眠剤を飲んだ。

助監督という仕事は誰より先に気を回し
言われる前に動かなければならない。
そのマメさは仕事でさらに磨かれたようで
娘の看護も看護師さん並みにこなす娘婿だった。
どの看護師さんも声を揃えて娘婿を絶賛し
「どうやってこんな素敵なご主人を見つけたのか」
と、娘は何人にも訊かれたそうだ。

今回の入院は本当に辛いものだったが
娘夫婦の仲の良さを毎日見ることができたのは
唯一良かったことだ。
娘をこんなにも大切にしてくれる娘婿には
いくら感謝してもしきれない。

そして健診の結果は順調。
子宮の戻りも良く、高かった血圧も落ち着いたため
今後、薬は母乳を止めるもののみとなった。
とりあえずは一安心だ。

初孫をこんな形で亡くしてしまったことは
あまりにも悲しい出来事だった。
けれど日が経つにつれ
娘が生きててくれて良かったという思いが
今さらながら強くなってきた。
あのまま娘まで失ってしまっていたなら
立ち直ることは不可能だった。

やっぱり凛太朗が
お母さんを助けてくれたんだと今は思える。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-26 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

必ず戻っておいで・・・

娘の手術が終わったあと
娘婿と私は赤ちゃんに会った。

看護師さんに抱かれてやって来た赤ちゃんは
ただただ寝ているようにしか見えず
最初に抱いた娘婿も、私も大泣きした。
赤ちゃんはまだ温かく
今にも目を開けそうに見えた。
「起きて・・・目を開けて」
私は何度も何度もそう言った。

体重2519グラム、身長51.2センチ。
手足の指が長く、娘に似たカワイイ男の子で
36週と4日での出産だった。
もっともっと小さく産まれたって
育つ赤ちゃんはたくさんいるのに・・・何で。
私たちは泣くことしかできなかった。

長い時間、交代で抱っこしたあと
看護師さんの勧めにより
手形と足形を母子手帳に押すことにした。
赤ちゃんのいた証を残すためである。
クリクリの髪の毛も少し切った。
その後、赤ちゃんは霊安室へと連れて行かれた。

こんなにちゃんとした赤ちゃんなのに
その存在はどこにも残らない。
生きて産まれて来なかったから扱いは死産。
戸籍には何も記されないのである。
それでも娘夫婦は
赤ちゃんに「凛太朗」と名付けた。

2人は凛太朗を送るためできる限りのことをした。
白い骨壺では寂しすぎると
藍色で桜の描かれた綺麗な骨壺を用意し
棺に入れる花は2人で決めたいと
店頭にいる娘婿と病室の娘がTV電話で選んだ。

さらに1人で旅出せるのは可哀想だからと
たくさんのオモチャや全員で折った折り紙
凛太朗のこれまでのエコー写真を入れたアルバム
娘夫婦それぞれから凛太朗に宛てた手紙や
私が書いた「命名凛太朗」の小さな色紙も入れた。
もちろん、ミルクも入れた。
病院で使っているのと同じ銘柄のミルク60CCを
ちゃんと哺乳瓶に作って棺に納めた。

火葬場へ向かう前には
たくさんの看護師さんや先生までもが
わざわざお別れに来てくれた。
たくさんの人に愛された凛太朗だった。

そして娘夫婦、娘婿のご両親、私、息子、母
元旦那の8人に見送られ、凛太朗は天使になった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-24 22:47 | しーちゃんファミリー | Comments(2)
これまで私の周りには、幸か不幸か
出産で異常があった人はいなかった。
それゆえ赤ちゃんは
月が満ちれば予定日より早い遅いはあれど
ちゃんと産まれてくるものだと思っていた。

まさか妊娠の後期に
こんな落とし穴があろうとは・・・
そしてそれが娘の身に起きるとは
夢にも思わなかった。

「常位胎盤早期剥離」。
予測不能で、突然起こり
母子ともに死亡率が高い病気である。

そもそも「胎盤」というのは
赤ちゃんが産まれた後に剥がれるものである。
それが妊娠を継続しているにもかかわらず
先に剥がれてしまう・・・それがこの病気だ。
原因は不明で、健診でも見つけることができない
産科医がもっとも恐れる病気なのである。
現に娘も3日前に健診に行ったばかりだったが
何1つ異常はなかった。

当然、胎盤が剥がれてしまえば
赤ちゃんは酸素が届かない低酸素状態となり
最悪の場合は死に至る。
その割合は2~3人に1人と高いものだ。

さらに母体も危険にさらされる。
胎盤が剥がれたところには血腫ができるが
それを固めようとして
血液中の凝固系成分が活性化してしまう。
その結果、血栓を作るだけでなく
凝固成分を使い果たしてしまうため
今度は出血が止まらなくなってしまうのである。
これが「DIC」という血液凝固異常だ。
娘はこのDICを併発し出血多量となった。
母体の死亡は10~20人に1人であり
娘も危険な状態だった。

胎盤の早期剥離自体は
200人程度に1人の割合で起こるようだが
ここまで酷いものは多くはないらしい。
実際、娘の胎盤はほとんど剥がれていた。
血腫もいくつもできていたが場所が悪かった。
すべてが裏側だったそうだ。
つまりそれだけ酷い剥離だったにもかかわらず
まったく出血がなかったのである。
これが表側にあれば「出血」という形で現れ
そうなればすぐに病院に飛んで行っただろう。
「悪いことが重なった」
と先生は言った。

魔の日から2週間以上が過ぎた今
「何で娘だったんだろう」
という思いを私は日に日に強くしている。
仲良く一生懸命
真面目に生きて来た娘夫婦なのに・・・。

「赤ちゃんはお母さんの異常を教え
赤ちゃんがお母さんの命を救った」
娘と同じ経験をした女性に
先生が言った言葉だそうだ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-23 23:16 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

初孫は天使になった

ブログを更新していないことで
たくさんの心配をかけてしまっているようだ。
正直とても辛いが、報告だけはしようと思う。

この2週間は、私が生きて来た中で
最悪の辛く悲しい日々だった。
悪夢としか言いようのない毎日だった・・・。

臨月に入っていた娘の赤ちゃんは
4月7日、早期胎盤剥離により
病院に着いた時には亡くなってしまっていた。
それだけではなく、娘自身までもが
出血多量で危ないところだった。
救命と産婦人科のたくさんの先生方が
走りまわり、手を尽くしてくれた。

娘は3Lを超える輸血をし
口から鼻から管が入れられ
いくつもの点滴が腕に刺さった状態で
それから2日間、麻酔で眠らされた。
そして5日間をICUで過ごした後
何とか一般病棟に移ることができた。
結局、娘が赤ちゃんに対面したのは6日目だ。

赤ちゃんは今週水曜日に火葬された。
娘はやっと歩ける状態でも喪服を着て
小さな棺に入った自分の息子を見送った。
私の初孫は天使になった。

幸い娘の回復は順調で、昨日無事退院できた。
小さな骨壺に入った息子を
初めて自分の家に連れて帰り
親子3人で週末を過ごしている。

明日から娘はまた我が家で暮らす。
しばらくは大事にしなければならない上に
今は何より精神的なケアが必要であり
また、チェックのための病院通いもある。
昼間は私が留守にするため
母も当分は我が家に泊まり込み
一緒に娘をサポートしてくれることになった。

私でさえ赤ちゃんを見たり、泣き声を聞いたり
妊婦を見かけるだけでも涙が出るのだから
娘夫婦はどんなに辛いことだろう。

この2週間で一生分泣いた・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-19 19:00 | しーちゃんファミリー | Comments(6)

今日は自由が丘ランチ♪

今日は自由が丘へ出かけた。

嫁のご両親と息子夫婦
5人でのランチは「シャッターズ」である。
とてもオシャレなお店の奥にあるドア付き個室で
美味しいイタリアンをごちそうになった。
今回は気を使わず気楽な食事会ということで
ブログ用に写真も撮った。

c0322794_19364841.jpg

最初は本日のサラダ。

c0322794_1939310.jpg

お店の看板メニューはスペアリブ。
しゅうゆ味と

c0322794_19403613.jpg

塩こしょう味。
このスペアリブがナイフ不要の軟らかさ。
簡単に骨から剥がれ、とっても美味しかった♪

c0322794_19442669.jpg

かに味噌のグラタン&ハーフトースト。
本当はガーリックバター&
ほたてマヨネーズが塗ってあるのだが
ガーリックが苦手な人に合わせたため
ただのトーストだ。

c0322794_19475871.jpg

今月のおすすめパスタは
バジルのカルボナーラをチョイスした。

c0322794_19491820.jpg

そしてデザートはもう1つの看板メニュー
「アップルパイアラモード」♪
焼きたてアツアツのアップルパイの上に
冷た~いアイスクリームを乗せて
さらにお好みソースをかけた超人気スイーツだ。
ちなみにこちらはメープルシロップ。

c0322794_19544797.jpg

奥からキャラメル、ブルーベリー
そしてチョコレートである。
注文してから焼き上げるため生地はサクサク♪
しかもアイスがこれまたと~っても美味で
相性は抜群だ♪
きゃあ~!おいし~い♪

揃って感激しつつ、息子夫婦の引越しの話から
産まれて来る子供の話などなどなど。
さらには歴代の戦隊ヒーロー話で盛り上がった。
その結果、嫁のお父さんは
私の叔父が実はミラーマンだった真実を知り
えらく感動したのであった。

「今度はボーリングに行きましょう!」
ノリノリのご両親はそう言いながら帰って行った。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-06 20:40 | 美味しいもの | Comments(0)

銀座でランチ

久しぶりにドイツ組でランチすることになった。

今から20年前の1994年
ドイツ語教室で同じクラスになったことから
意気投合し、未だに仲良くしているメンバーだ。
S子さんの思いつきで
最初は表参道界隈を予定していたものの
結局、銀座のお店に私が予約を入れた。

今回のメンバーは4人。
S子さん以外の3人は銀座に不慣れで不安があり
前もってそれぞれが下調べをした上で集合した。
最初に到着したのはMさんで
地下鉄の出口番号を呪文のように繰り返し
かなり早くに到着したようである。
続いてS子さん、そして私。
ちなみに私は地図まで準備しながら遠回りした。
方向オンチもここまで来ると笑うしかない。
とにかくあとはYちゃんを待つだけだ。

c0322794_23333615.jpg

その前に私がトイレに行くと言うと
Mさんが案内してあげると連れて行ってくれた。
くねくねと曲がった先にトイレはあった。
と、ちょうどその近くの部屋に
入ろうとしているY子ちゃんとバッタリ会った。
「え?部屋あっちだよ」
私たちは言った。

実は、彼女は何も考えずに
私の離婚前の名前を店員に告げていた。
たまたま同姓の予約があったために
その部屋に案内されてしまったところだった。
マヌケ~!
あとでみんなで大笑いしたことは言うまでもない。

とにかく無事に4人が揃ったのでランチスタート!

c0322794_2337243.jpg

本日の小鉢、五種盛合せ、お造り二種盛合せ。

c0322794_23381324.jpg

鶏肉の紙鍋仕立て。

c0322794_23383494.jpg

おまかせサラダ。

c0322794_2339991.jpg
  
食事は仕上げそば。
撮り忘れた天麩羅盛合せが後ろに写っている。

c0322794_23394534.jpg

デザートはごぼうのガトーショコラだ。

落ち着いた部屋でゆっくりと食べるランチ・・・
と、優雅にいきたいところではあるが
このメンバーが集まれば、しゃべるか食べるか
常に口を動かしていることになる。
話したいことがあっても割り込むのが難しいほど
次から次に話が続く。
子供の話、孫の話、ドイツの話、病気の話
そして身体にいい水の話などなどなど・・・。

3時間近く話し続けただけでは足らず
さらに場所を変えてアイスコーヒーを飲み
タバコの煙が臭いと言いながら
私たちは懐かしい昔話に花を咲かせた。

そして楽しい時間があっという間に過ぎると
私たち銀座不慣れ組3名は
来た時と全く同じ道を逆にたどり、無事帰宅した。

久しぶりに心から笑った1日だった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-05 23:56 | 仲間たち | Comments(0)

娘、いよいよ臨月

本日、娘がやって来た。
大きなスーツケースに荷物を詰め
入院セットの入ったバッグも持参した。

娘婿はここしばらく仕事が一段落だが
今月下旬からは
戦隊ものの撮影準備にかかるそうだ。
持参してくれた「しろたえ」の
チーズケーキを食べながらの話である。

娘はと言えば
さすがに立派になったおなかを突き出し
のっそりのっそりと歩いている。
階段だらけの我が家には危険が沢山だが
こればかりは気をつけて行動してもらうしかない。

2人はそれから、コンビ
「ホワイトレーベル ネムリラAUTO SWING
ダッコプラス エッグショック
(ミルクティー)」の箱を開けた。
さっそくコンセントを入れ、動かしてみる。
ラックの揺れと共にメロディーが流れた。
何曲か入っているようである。
今日も調子良くシャカシャカとラックは揺れた。
相変わらず酔いそうな感じだが
空だから揺れが大きいのだろうと結論した。

娘の準備はバッチリである。
すでにマタニティータクシーの申し込みも済ませ
今日はアカチャンホンポで産後用のベルト
その名も「産後パーフェクトセット」を購入して来た。

さらに病院には1度入院しているため
要領が分かっているのは心強い。
どうやらあとは「ふりかけ」を用意すれば
完璧のようである。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-04 23:57 | しーちゃんち | Comments(3)

そろって無事正社員♪

今日は元同僚の彼女と会った。
私が辞めた後も、色ボケオーナーの会社で
ひたすら頑張っていた彼女である。

そんな彼女も12月についに転職し
先月無事試用期間の3ヶ月を終えた。
私も7ヶ月の試用期間を経て
共に晴れて正社員の身となったことから
さっそくお祝いである。

今回は彼女の職場の駅前のお店にしたが
何と!私の会社からは歩いて10分の距離だ。
しかもその昔、私が14年間働いていた
保険会社があった場所であるだけでなく
現在通っているカービング教室も近い。
どうやら彼女とは
切っても切れない縁があるようだ。

限定コースは2時間飲み放題付2980円!
1日5組だけらしい。

c0322794_0686.jpg

部屋はドア付きの個室でホッとした。
やっぱりこうでなくちゃ落ち着かない。

c0322794_071196.jpg

冷凍ではない枝豆が出て来た後は
京豆腐の冷奴。
氷でそれはそれはよく冷えている。

c0322794_09686.jpg

地鶏と有機野菜の天麩羅盛り合せ。
実は私は外であまり揚げ物は食べないが
揚げたてでとっても美味しかった。

c0322794_0155694.jpg

こちらはシークレットクーポンのサービス品。
茄子と生麩の揚げびたし。

c0322794_0225271.jpg

そして選べる鍋は
「美豚の茶しゃぶ~緑茶仕立て~」にした。
ほうじ茶と緑茶で悩んだが緑茶をチョイス。
見た目には分からないが緑茶の出汁である。

c0322794_023631.jpg

彼女は後味にお茶を感じると言っていたが
私はポン酢の味しかしなかった。
それでもおなかはいっぱいである。

c0322794_0291523.jpg

鍋の〆は雑炊にした。
最後まで緑茶を感じられなかった私だったが
美味しい雑炊だった♪

話はモチロン
お互いの会社の様子や仕事の報告に始まり
今や友人で知らない人はいない派遣女子のこと
そして、彼女の旅行が中止になった話など
飲み物をおかわりしながら話し続けた。

彼女が楽しみにしていた初めての北海道旅行は
大雪のために残念ながらドタキャンとなった。
友人たち5人と共に飛行機に乗り込んだものの
1時間待たされたところで欠航が決まった。
その間、飴玉1つしか出なかったと
不満気な彼女であった。
実際、仕方なく大荷物で自宅に戻ろうにも
次々と雪で電車が止まり始め
結局家に着いたのは23時を回っていたらしい。
天気が相手だけに虚しさが募る。

そして2時間はあっという間に過ぎた。
まだお互い、職場に完全に慣れたわけではなく
それぞれに問題はあるものの頑張るしかない。
根性だけはあるさそり座の私たちだ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-03 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

突然飲み会

17時を回った頃、部長がやって来て言った。
「急で悪いんだけど18時からお店予約したから
時間あったら顔だけでも出してもらえるかな?」
・・・そりゃ時間はあるけど、どうしよう・・・。

派遣女子は片付けのため席を外していた。
彼女は行くのだろうか?
だとしたら絶対に行きたくないが
だからと言って彼女に聞くわけにもいかない。
どうしたものか・・・。

いつもは17時半ピッタリに席を立つ私だったが
そんなこともありモタモタしていた。
すると、派遣女子は片付けを終え
サッサと帰って行ったのである。
どうやら彼女は行かないらしい。
あ~良かったぁ♪

ということで、試用社員期間が終わり
今日からやっと「社員」になったので
少しだけ参加させてもらうことにした。

駅の近くの居酒屋に集まったのは9人。
テーブルは2つ並んだが
やっぱり会話が分かれる微妙な人数である。
結局、話をするのは
自分と同じテーブルに座った3人だけとなったが
それでも十分楽しかった。
彼女がいなけれぱ心から楽しめる。

そして2時間半後
隣に座った息子より年下の彼が
次の約束のために帰るタイミングで
私もひと足お先に失礼することにした。

今日から正社員!
新しい年度の始まりである。
相変わらずイヤな女はいるけれど
社長のためにもここは1つ
頑張るしかないだろう。

ファイト~!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-01 23:59 | 会社・転職 | Comments(2)

激動のしーちゃんブログ


by しーちゃん