カテゴリ:しーちゃんファミリー( 121 )

ちゃんと招待状

来年2月に
3年遅れの結婚式を挙げることにした息子夫婦。

その招待状の宛名書きは
私が毛筆で手伝うつもりだったのだが
結局時間がないとのことで嫁が書いて出した。
招待状自体も見ておらず
どんなものかと心配していたが
昨日、息子が持って来た。

c0322794_13501220.jpg

c0322794_13503928.jpg

思ったより、ちゃんとした招待状である。

通常の結婚式の招待状と違うのは差出人の名前で
息子、嫁、孫と3人の連名となっている。
しかも返信ハガキの期限は1月9日だ。
年末年始の忙しい中
返信を忘れられたとしても文句は言えないだろう。

それでも準備は順調に進んでいるようだ。
何だかんだと忙しい年末年始である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-12-25 14:07 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

今年はクリスマス♪

もう何年もツリーすら飾ることなく
いつもと変わらない日々を過ごしていたクリスマス。
けれど今年は違ったものになった。

娘夫婦が一時的に同居し、3人になったところへ
今日は私の母も合流して当分は4人家族である。
だったらと飾ったツリーは点灯され
我が家は何年ぶりかのクリスマスモードになった。

隣の駅前のスーパーがリニューアルされたので
夕方には娘夫婦と買い物に出かけた。
スーパーが大好きな娘婿は
ものすごい品数が並ぶ売り場に目を輝かせ
買い物を心から楽しんでいた。
全て見て回るには相当な時間がいるため
これから度々行くことになるだろう。
輸入品も多く、本当に
見るだけで楽しいスーパーである。

夕飯には食べたかったローストチキンが並び
久しぶりに賑やかな食事となった。
溜まった韓国ドラマを見る時間はなかなか無いが
当分はこの生活を楽しむことにしよう♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-12-24 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

娘のおかげ?

2年前、娘が入院した時にも思ったが
とにかくマメな娘婿である。
娘によれば、お義父さんも同じだと言うから
遺伝なのかもしれない。

今、夕飯後に洗い物をするのは娘婿である。
訊けば家でも彼の担当らしく、ここへ来るにあたり
ちゃんと自分専用の洗い物用の長いゴム手袋まで
持参して来ていた。
それも、あれやこれやと色々試した結果の
お気に入りでこだわりのゴム手袋らしい。
男の人に洗い物をしてもらうことに慣れていない私は
何やら落ち着かないが、娘には日常らしい。

けれど彼のマメさはそれだけではない。
先日、土日で温泉に出かけた私が帰宅してみると
家の中が綺麗になっていた。
何と!娘婿が家中に掃除機をかけてくれたと言う。
ビックリした。。。
先週、カービングで出かけた土曜日も同様だった。

持つべきものは家事を手伝うお婿さんである。
すべてを奥さんにやらせるのではなく
自分から進んで当然の如く手伝う優しい旦那さん・・・。
それこそがまさに私の理想だった。
娘は本当にいい人にもらってもらった。
ありがたいことである。

そしてこんな素敵なお婿さんと結婚した娘は
私には無い「人を見る目」があったということだ。
おかげで私はと~~~っても助かっている♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-12-22 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

誕生日をお祝い

13日は娘婿の誕生日だった。
いつもは遅い娘婿も、この日は20時には帰宅し
3人で38歳のお誕生日をお祝いした。

去年、監督デビューが決まった娘婿だが
あれから何度も何度も脚本を書き直し
先日やっと納得のいくものに仕上がったところだ。
これからキャストを決める段階に入り
撮影のスタートは来年の春頃だろうか。。。
40歳までには叶えたいと言っていた
監督デビューの夢を自分の手で勝ち取り
実現させてしまった娘婿・・・。
本当にすごい!

c0322794_23231015.jpg

お祝いはお寿司~♪
近所の美味しいお寿司屋さんに配達してもらった。
ここの握り寿司は、配達の場合
ご飯を多めにしているだけあっておなかはいっぱい。
そして本当に美味しいの♪

ところが、ここで事件発生!
写真を良く見ていただけば見えるのだが
実は金目鯛の横のカップには「岩塩」が入っている。
食べる時にはこれを乗せて食べるわけだが
このカップを手に取った瞬間
あろうことかピキッと弾かれ、中の塩が飛び散った。
そしてその1つが何と!私の左目に入ったのである。

よくもまあ、こんな小さな目に上手く入ったものだ。。。
などと感心する間もなく激痛である。
ギョエ~~!!
とにかく痛くて痛くて目が開けられない。
慌てて洗面所に走ったが
小さな1粒がしっかり目の中に張りついていた。
最悪・・・。

c0322794_023523.jpg

それでも気を取り直して、ケーキである。
娘と2人でハッピーバースデイの歌を歌い
娘婿が3本だけ立てたローソクを吹き消した。
考えてみれば、こうして誕生日をお祝いするのは
ずいぶんと久しぶりのことである。

美味しいお寿司に、美味しいケーキ♪
左目は充血したけど、大満足である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-12-16 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

しばらく賑やか

娘夫婦が、使っていたベッドを実家へ送ったことで
部屋で寝ることができなくなった。
そんなこんなの理由もあり、昨日から当分の間
我が家で一緒に暮らすことになった。

同居することに問題は無いものの
困るのは料理である。
ご存知のように、私はこれまで
毎日「食宅便」のお弁当にお世話になり
もう何年も料理らしい料理をしていない。
すでに調味料すら満足に揃っておらず
まずはそこから買い出ししなくてはならない。

さらに、得意な人には何でもないだろうが
もともと料理が苦手な私ゆえ
長いブランクで「料理勘」は完全にゼロである。
何だかんだと思い出すには
間違いなく相当の時間がかかるはずだ。

当然、生活のリズムも変わるため
しばらくはブログの更新もままならないだろう。
まぁ、止むなしってことで。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-11-28 23:44 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

衣装合わせへ

予定通り、嫁の衣装合わせに行って来た。
結婚式会場となるレストランと提携しているお店だ。

c0322794_21563619.jpg

c0322794_2157080.jpg

店内には予め訊いた、嫁の好みや
希望に合ったドレスが並べられていた。
その中からウェディングドレスを3着
色つきのドレスを2着選び、さっそく試着だ。

c0322794_2211995.jpg

c0322794_2213595.jpg

これはどちらもボツになったドレスだが
どちらもとても素敵だった♪
係の女性は会場の様子を熟知していて
よりその雰囲気に合い、嫁に似合うドレスを
選ぶ手伝いをしてくれた。

ちなみに、今日来れなかった息子は
来週の休みに衣装合わせをする予定だ。
2月の式まで日が無い中
やらなければならないことは山積みである。

嫁の衣装選びが済むと、次は私たちの番だ。
もともとは付き添いのつもりで来た嫁の母と私も
当日何を着るのかを決めなければならない。
留袖か、ドレスか、スーツか・・・。
私はすでに娘の式で1度留袖を着ているので
嫁のお母さんの希望に合わせると言った。

そしてさんざん悩んだお母さんは
やっぱり留袖を着ることを決定!
それからは私たちの留袖選びとなった。
けれど、こちらは至って簡単。
それぞれ予算と希望を言い
条件に合ったものを並べてもらって選ぶだけ。

c0322794_22234494.jpg

私の希望は花柄で、もちろんピンクの入ったもの♪
ちょうど希望通りのものがあり即決定!
嫁のお母さんも迷うことなく
鶴の入ったゴールド系のものに決めた。

c0322794_22442721.jpg

この間、ちっともジッとしていなかった孫のRは
最後にマネキンと手をつなぎ、ご機嫌だった。
次は嫁のドレスに合わせ
Rのドレスも準備しなければならない。
どうやらママと似ているドレスを
着ることになりそうなRである。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-11-23 23:02 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

ついに結婚式

デキ婚の息子が結婚式を挙げることになった。
予定では「子供が産まれたら」だったが
その子供はとっくに生まれ、はや2歳4ヶ月。

息子は男だから、やらないならそれでもいい。
けれど嫁はそうはいかない。
一生に1度の晴れの舞台である。
これ以上の時間が経つことは良しとしないし
何より、嫁のご両親にも申し訳ない。

しつこいほど息子を責っ付き続けた結果
ついに来年の2月に式を挙げることが決定!
私もホッとした。
仕事の都合で2月になったらしいが
式はレストランウェディング、人前式だそうだ。

そして明日、嫁がドレスを見に行く。
10時の予約で、嫁のお母さんが同行するが
楽しそうなので私も合流することにした♪
あ~私にも試着させてくれないかなぁ。。。
もう1度着てみたいな、ウェディングドレス♪

それに、ちょうど良かった。
息子相手だとイマイチ話が見えないので
明日は式の詳細について、嫁に確認しよう。
そして当日、留袖を着るかどうかも
嫁のお母さんと相談してこよう。

きゃあ~!楽しみ♪♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-11-22 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

誕生日を前祝い♪

娘夫婦がお気に入りの
イタリアンレストランに連れて行ってくれた。
明日の私の誕生日を前に、1日早いお祝いである。

現在、自分の映画を製作中の娘婿は
相変わらず忙しい日々を送っているが
じっくりと時間をかけて手直しを加えた脚本も
ようやく完成までこぎつけたそうだ。
撮影に入るには今しばらく時間がかかりそうだが
来年はさらに忙しい年になりそうである。
いよいよ監督デビュー、楽しみだ♪

c0322794_19394728.jpg

c0322794_194027.jpg

野菜がたくさんのピザ。

c0322794_19402019.jpg

娘夫婦がオススメの青カビチーズのピザ。
蜂蜜をかけて食べるのだが
これがまたなかなか美味しかった♪
やはり本格的なレストランで食べるピザは違う。
宅配ばかりでなく、時にはお店に行くべきだ。

出かける前に、お土産のケーキを食べた上に
2種類のピザをごちそうになり
すっかりおなかがいっぱいの私であった。
持つべきものは優しい子供たちである。

・・・そして私はまた1つ歳をとる。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-10-23 23:45 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

孫と公園へ行くの巻

毎週土曜の午後は嫁がパートに出ているが
その間は近所に住む嫁の母親が
孫の世話をしてくれている。
けれど今日は息子が休みだったことから
孫の世話は息子の担当となった。

そこで私に声がかかった。
ちょうど私の誕生日も近いことから
孫を連れて遊びに来ると言う。

そして昼過ぎ、息子と孫のRがやって来た。
ママべったりだったRも
ちゃんとお留守番ができるようになり
成長したものだと思う。
さっそく、お昼を食べると近所の公園に出かけた。

私たちがここへ越して16年が過ぎたが
実は公園へ出かけたのは初めてのことである。
けれどいざ出かけて見ると、驚きの公園だった。
健康づくりをテーマにしたその公園には
色々な運動ができるように、それぞれに番号がつけられ
設備の使い方の説明がある。
散歩がてら1周すれば無理なく体力づくりができる
何気にとってもいい公園だったのだ。

奥の方には子供向けに滑り台やら乗り物があり
Rは目を輝かせて大はじゃぎ!
滑り台を滑ったり、恐竜やシマウマの乗り物に乗ったり
落ち葉を拾い集め、その落ち葉を池にまき
地面に枝でお絵かきし、さらには走り回りぶっ転んだ。
それでも泣くことなく
「痛いの痛いの飛んでったぁ~!」
と元気なRである。

さらに、途中からやって来た5歳の男の子が気に入り
照れて逃げ回るお兄ちゃんを
「手つなご~」と追いかけまくっていたり
とにかく、一時もジッとしていないR。
子供は元気である。

帰って来ると、今度はリビングでボールを蹴り
相手に指名された私とサッカーである。
その後は私の部屋からぬいぐるみを出してきて
何やらしばらく遊んでいた。
結局、自宅からわざわざ持参した三輪車には
1度も乗らずじまいのRだった。

おかげさまで順調に成長しているRだが
問題は食事である。
Rはとにかくご飯を食べない。
原因はお菓子である。
こればかりはしつけの問題だが
嫁のご両親も親があげないと
内緒でお菓子を食べさせるらしく
そんな環境で育てばどうしようもない。

外食した夕飯もやはりほとんど食べなかった。
そのくせ戻って来ると
「お菓子食べていい?」と訊くのである。
「ご飯をちゃんと食べなかったからダメよ」
とキレ気味の私が言うとガン泣きである。
「泣いたってダメよ。
ご飯をたくさん食べない子はお菓子ももらえないよ」
私は言った。
もはや眠たさも手伝ってメチャクチャなRは
それから着替えもさせずに泣き続けた。

けれど泣こうが叫ぼうが、ダメなものはダメ!
しーちゃんババは厳しいのだ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-10-22 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)

突然の孫台風

あまりに仕事が無いので有休を取った今日
たまたま休みだという息子家族がやって来た。

孫のRは間もなく2歳3ヶ月になるが
ちっともジッとしていなかった息子の子だけあって
常に動き回り、とにかくよくしゃべる。
「しーちゃんババ」と呼ぶと怒られるため
ババを抜き、私を「しーちゃん」と呼ぶRである。

そもそも昼間に来てゆっくりすることは珍しいので
そのままになっていた息子の部屋を
片付けることを思い立った2人。
当然私はその間、Rのお守である。

一緒に歌を歌ったり、サッカーをしたり
パズルをしたり、絵(?)を描いたり・・・。
さらには嫁のスマホに保存されている写真や動画を
慣れた手つきで操作し、見せてくれた。
おかしいのは私のデジカメをいじり
写真をめくるべく画面をスワイプしたことである。
恐るべき2歳児!
私よりよっぽどスマホ操作が身についている。
当然、画面が動くわけもなく
「できない」と文句を言っていたけれど。

そんな孫の家には、毎日のように
近所に住む嫁の両親が顔を出してくれている。
何かと助けてもらっているようでありがたいことだ。
しかも、家事が得意な嫁の父は
すでに色々と教えてくれていて
Rはスポンジに洗剤をつけて食器も洗えば
布巾をちゃんと広げて洗い、絞ることもする。
もちろん完璧ではないけれど、ビックリだ。

これからサッカーの練習があると19時には帰ったが
孫台風にドッと疲れたババであった。
これなら会社で眠気と闘っていた方が
楽だったかもしれない。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-09-28 23:35 | しーちゃんファミリー | Comments(0)