つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ご近所さん( 26 )

ばあちゃんと不動産屋

当初は我が家でお茶するはずだったが
突然の息子の出戻りで予定を変更。
綺麗好きHばあちゃんと
駅前通りのカフェに出向くことになった。

先日犬が亡くなった、ばあちゃんずの片割れ
Nばあちゃんにも声をかけたが
当分は孫の世話に通わなくてはならないらしく
時間が取れないとのことだった。
本当のところは分からないが
そんなわけで今日は2人である。

サンドイッチランチを食べながら
さっそく会話はスタートした。
ばあちゃんは先日、無料でもらったチケットで
八代亜紀のコンサートに行って来たと言う。
ところが2時間のうち
歌ったのはせいぜい5~6曲だったらしく
「タダだから話ばっかりで
最低の数しか歌わないのよ。もう行かないわ」
と文句タラタラだ。

私は身の周りの激動の出来事を報告した。
さらに現在息子が部屋を探しているものの
なかなか少ない予算では難しいとの話もした。
結局、ネックは駐車場で
それを借りるとなれば完全に予算オーバーだ。
これにばあちゃんが喰いついた。
「絶対に同居なんかしちゃダメよ!」
と声を大にして言う。

そうなると、この近所で部屋を借り
車は我が家に置くしかないだろう。
そう結論したばあちゃんは
突然バッグを持って立ち上がると言った。
「今から不動産屋行ってみましょうよ!」
行動力があるのか、せっかちなのか
とにかくこのパワフルさには驚くばかりである。

お店を出た私たちは
そのまま近所の2軒の不動産屋を回った。
ばあちゃんは一緒に話を聞き、口を挟み
自分の孫が部屋を探しているかの如くである。
それでも探せば結構あるもので5件がヒットし
それらのコピーをもらって帰宅した。

「部屋見に行く時は私も行くから声かけてね!」
別れ際にばあちゃんは言った。
何やらウキウキと楽しそうなばあちゃんであった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-01 18:32 | ご近所さん | Comments(2)

犬、旅立つ

結局、やたらと吠えていたあの日以来
お隣の犬を見かけなくなって2週間になる。

この週末もとても静かで平和な休日となり
私としては嬉しいところだったが
それでもさすがに気になった。
本当に玄関で飼ってるのかなぁ・・・。

そこで今日のお昼
飼い主であるNばあちゃんにメールしてみた。
すると帰り道、電車に乗っている時に返信が来た。
「△△は旅立ったの。
しばらく玄関暮らしをして。色々ごめん」

え・・・死んじゃったの?
まさかまさかの展開である。
正直、私もそこまでは考えておらず
この返信にはビックリした。
そうか・・・いなくなっちゃったんだ。
ん~・・・何とも複雑な気持ち。

けれど、ばあちゃんは悲しみに暮れている様子も無く
メールは孫の子守りに出かけた帰り
お茶をしながら打っているとのことだった。
いつものように絵文字がたくさんのメールだ。
私はとりあえずお悔やみの返信をした。

それでもここだけの話
本当のことを言えば、ホッとしている。
犬に罪は無く、最期はかわいそうだったと思いつつも
これで良かったのかも・・・と思う。
この先、いつまで続くか分からない悪臭に
ただただ憂鬱な日々だったが
もう今以上ひどくなることは無いのである。

これからは玄関前の臭いを気にしなくていいし
安心して梅雨から夏も迎えられる。
これまで長いこと開けることのなかった
お隣に面した窓だって
思い切り開けることができるのである。
やっぱり素直に嬉しい。

△△は天寿を全うしたと信じ、冥福を祈りたい。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-01-28 23:18 | ご近所さん | Comments(0)

犬、いなくなる

先週末、お隣の犬が吠え続け
とてもうるさかったことは書いた通りである。
ところがその後、犬がいなくなった。

さすがに連日、夜中にも吠えていたことで
ご近所からクレームがついたのかもしれない。
実際、向かいの家からは以前も
やはり夜中に吠え続けた際に
「昨日は犬がうるさくて眠れなかった」
と言われたらしい。
今回もあれだけ続けば
文句の1つも言いたくなるのは当然だろう。

ここ3日くらい、犬はどこにもいない。
朝、前を通る時に小屋の中を見ても
いつも寝ていた犬の姿は無くなっている。
まさかと思い、以前飼っていた駐車場を見ても
どこにもいないのである。

何年か前、近所の別の家に
やはり朝から晩まで吠えまくる犬がいた。
ところがある日
向かいのご主人が文句を言ったところ
何と!飼い主はほどなく
犬を保健所に連れて行ってしまったのである。
私はその話を思い出した。

けれど昨日の朝はどこからか声が聞こえた。
保健所に連れて行かれたわけではなかったようだ。
その声は裏の方から聞こえた気がしたが
そちら側にそんなスペースは無い。
どこに行ったんだろう・・・。

今日、綺麗好きばあちゃんと話して
犬は玄関の中だろうという結論に達した。
だとすれば、これまでいた玄関脇より
さらに狭く身動きもできない場所に
押し込まれていることになる。
何か・・・かわいそう。

何度も書いたように犬は何も悪くない。
これまで吠えることがほとんどなかった犬が
吠えている原因は何なのか・・・。
まずはそれを考えてやるべきではないか。
散歩にも連れて行かず糞尿もさせっぱなしでは
いくら犬だってストレスが溜まるだろう。
それを文句を言われたからと
押し込み隠すのは何か違う気がする。

それでも静かになったことは本当に嬉しい。
やはりあの甲高い鳴き声は耳につき
イライラが募るものだった。
久しぶりの静けさ・・・あ~平和♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-01-23 23:29 | ご近所さん | Comments(0)

今度は鳴き声・・・

隣りの家の犬が原因だった悪臭事件は
境のブロック塀の穴を塞いだことで
とりあえずは落ち着いている。

現在、あの何とも言えない悪臭が
我が家の玄関前で漂うことは無くなった。
穴を塞いだと同時に
犬を自分ちの玄関脇に移動させたことと
今が冬であることが幸いしているのだろう。

けれど実際は何も変わっておらず
新しい場所はいつ見ても糞がてんこ盛り。
そばを通ればやっぱり臭い。
これまで我が家寄りの駐車場で飼っていた時は
たま~に水を流して洗っていたようだが
現在はそれすらしていない。
さらに散歩に至っては全くさせていないようだ。

それでも悪臭の日々から解放されたことで
私は心からホッとしている。
これからは何も気にすることなく
リビングの窓を思いっきり開けられるのである。

ところが、そんな幸せな気分も束の間だった。
今、私が悩まされているのは鳴き声だ。
お隣の犬は老犬だからか
これまであまり吠えることは無かった。
それが最近はストレスなのか何なのか
やたらと吠えるのである。
それも、昼夜が逆転しているようで
私が本気で寝ようとしている
夜中の0時半頃から決まって鳴き始めるのだ。

それも「ワンワン」という吠え方ではなく
「フェ~」とも「ホェ~」とも聞こえる
甲高い、耳につく鳴き声である。
うちでもこれだけ気になるのだから
向かいの家はさぞかしうるさいことだろう。
それがここ最近は毎晩繰り返されている。
あ~・・・最悪。

さらに、せっかくの休養日であった昨日は
昼間もず~~~っと継続して吠えていた。
私は何度も閉め切ったリビングで
「うるさ~い!」と叫んだ。
犬好きの人には気にならないのかもしれない。
けれど私はダメだ。
あれだけ鳴かれたらイライラする。
もっとも、飼い主に言わせれば
私は「神経質」らしいが。

臭いの次は鳴き声だよ・・・。
あ~もう、溜め息しか出ない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-01-20 20:52 | ご近所さん | Comments(0)

犬を移動

その後も続く隣の犬が原因の悪臭事件。

先日業者さんにお願いし、隣との境にある
ブロック塀の穴をこちら側から塞いでもらうことにした。
その塀沿いが犬のトイレと化している今
我が家にできる最後の自衛策である。
「気休め程度だと思いますよ」
と業者さんには言われたけれど
それでもやらないよりはいい切羽詰まった状態だ。
近々作業に来てくれることになっている。

当のNばあちゃんはと言うと
「友人にも見てもらったけど
『暮らせないほどじゃない』と言われたわ」
と綺麗好きのHばあちゃんに話したそうである。
さらには
「しーちゃんが神経質すぎるんじゃないかしら。
鼻がマヒしちゃって臭いと思い込んでるだけで。
ほら、元々神経質なところがありそうじゃない」
とも言っていたらしい。

冗談じゃない。
だったらその友人をうちに住まわせたらいい。
このオエ~となるほどの悪臭を日々嗅がされれば
そんなことは口が裂けても言えないだろう。
それに私は神経質ではない。
私の長年の仲間たちに訊いてみればいい。
私を「几帳面」と言う友人はいても
「神経質」という人はいないだろう。
実際、自分の世話のいい加減さで
迷惑している隣人がここにいると言うのに
その言い草には開いた口が塞がらない。

けれどHばあちゃんがしつこく言ってくれた効果か
ついに、これまで駐車場で飼っていた犬を
玄関脇に移動させることにしたらしい。
1畳ほどのスペースしかない場所で
しかも大きな木の下にセメントを塗り飼うようだ。
とりあえず何やらの行動をしてくれたことには
素直に感謝である。

けれどそれがベストかどうかは分からない。
確かにこれまでより犬との距離はできるが
逆に道路沿いの場所である。
今のようにそこに糞尿を放置すれば
悪臭は道路中に漂うだろう。
そしてそれがまた
我が家の玄関前まで来ないとは言い切れず
どの程度の効果が期待できるか
とても楽観視はできない。

それにしても
飼い主の都合で散歩にも連れて行ってもらえず
今度は木の下の狭い場所に押し込まれるとは
何とも可哀想な犬である。
何度も言うが、犬には全く罪は無く
そもそもその方法自体私の意図するところではない。
問題は飼い主の世話の仕方なのだ。

それでも木の根元はセメントで埋められた。
昨日のことである。
考えてみれば20年以上の大木にとっても災難だ。
これだけの犠牲を払ったのだから
悪臭事件解決!と行きたいところだが
そう簡単に行くかどうか・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-11-02 12:17 | ご近所さん | Comments(0)

ついに自衛策・・・

あ~・・・もう限界だ。
今日は開け放っていたリビングの窓から
犬の糞の臭いがモロにプンプン。
朝から1日中入って来るため、午後に閉めた。
臭い臭いくさ~~~い!!!

そりゃそうだよ、臭わない方がおかしい。
犬の糞は放置されたまま、ドンドン数が増え
しかも我が家との境にあるブロック塀寄りに
いつも転がっている。
昨日から降り続いた雨のあと
今日は時々日が差し湿度が高くムンムン。
悪臭が漂うのにこれ以上の好条件は無いだろう。

自分にできることは全てやったと言われれば
それ以上は何を言っても無理だろう。
それでなくても人間、歳と共に
何をするのも面倒になるのは仕方のないことだ。
それに植木屋が来たらセメントを塗るらしいが
何を塗ろうが問題の解決にはならない。

そもそもの問題は飼い方そのものなのだから
それを変えない限り、何をしても無駄である。
散歩もさせず、そこで糞尿をさせ
すぐに片付けるでもなくマメに掃除もしなければ
犬が生きている間は何1つ変わらないだろう。
もちろん犬に罪は無く、悪いのは飼い主である。

c0322794_1910543.jpg


現在、悪臭はこのブロック塀の穴を通り
我が家との境に入って来て溜まる。
つまりこの通路部分には常に悪臭が漂っている。
そして風が通ると重たい臭いは押し出され
我が家の半地下の玄関前に溜まるのである。
さらに風向きによってはその臭いは上へあがり
2階の窓からリビングへ流れ込む構図となる。

引越せば全てが解決することは分かっている。
けれど今の私には引越すパワーもお金も無い。
臭くてもうるさくても
今しばらくはここに住むしかないのである。
だったら私にできることをするしかない。

c0322794_1910564.jpg


「この穴を塞ぐこと」。
つまるところ、それしかない。
数えてみたら穴は全部で10個あった。
たまたま写真の穴の向こうには何かが置かれているが
他の部分からはそのまま犬のいる駐車場が見える。
素人考えだが、この部分に板か何かを当てて
その上からセメントで塗り固めたらどうだろうか。
私はさっそく、いつも助けてもらっている業者さんに
相談してみることにした。

このブロック塀はお隣の家のものなので
作業をするにあたってはモチロン許可を取るが
以前もその話が出たことがあるので
こちらが負担してやる分には問題ないだろう。

けれど実際のところ
それでは根本的な解決にはならない。
それでも浴槽でだけでなく、リビングでも
鼻にタオルを当てなくてはならないのはあり得ない。
もともと休みの日には窓を開け放ちたい私が
もう長いこと犬側の窓を開けていないことだけでも
十分に辛いことなのである。

もう1人のばあちゃんによれば
近所で遊ぶ子供たちも臭いと言っていたそうだ。
1人の女の子などは
2年くらい前からひどくなったと言っていたらしい。
少なくとも、これで私だけが
神経質になっているのではないことが証明された。
けれどホッとしたところで何にもならない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-10-06 17:56 | ご近所さん | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん