きしめんセット?

駅前で細かい買い物を済ませ
いつもより少しだけ遅く帰宅すると
ポストの上に小さな紙袋が置かれていた。
のぞくと何やら食べ物が入っているようである。
お隣のHばあちゃんに違いない。

c0322794_00285222.jpg

中身は封の開いたきしめん、肉厚の生椎茸が2個
油あげが1枚、そして笹かまぼこが2つであった。

早速お礼のメールを入れた。
ところがそれでは終わらず電話があったらしい。
別の部屋にいたため、留守電が入っていた。
「頂き物だけど食べ切れないから持ってったの。
よく私だって分かったわね~。
しーちゃんは料理しないから冷蔵庫も空だと思って
適当にあるもの一緒に入れたから、これで食べてね」
なるほど、そういうことだったか。

そこでまたメールした。
極力電話を避ける私である。
「それで色々入ってたんですね。納得♪
早速いただきますね!ありがとうございます」
今度こそ終わるかと思いきや
Hばあちゃんはどうしても私と話したいらしく
また電話がかかって来た。。。

この時間、私は食事中であり長電話は避けたい。
ところが週末温泉に行くとポロっと漏らしたために
Hばあちゃんにスイッチが入ってしまった。
「私なんか一緒に行く友達がいないもの。
み~んな死んじゃった。
出かけたいと思っても仲間が1人減り2人減り
三味線の仲間にはそんな元気のある人もいないし
もう旅行にも行けないわ・・・」

ヤバっ・・・。
話好きのHばあちゃんである。
調子に乗れば次から次へと話は止まらない。
このままではご飯が冷め切ってしまう。。。
私は無理やり話に割り込むと
しんみりしたHばあちゃんを黙らせ
お礼だけ言ってサッサと電話を切った。
セ~~~~~~~~~フ!

もちろん、きしめんはちゃんといただく。
あげと蒲鉾と椎茸入りだ♪

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-12-14 23:59 | ご近所さん | Comments(0)

ついにdocomoへ

softbankの電波状態が急に悪くなったことで
docomoに乗り換えることにしたお隣のHばあちゃん。

今日は自宅内の電波調査にdocomoがやって来たそうだ。
softbankとは違い、2人でやって来た調査員に
早くも感動したHばあちゃんである。
結局、自宅内は良好で何の問題もなかったらしい。
「やっぱりdocomoだわ」
と、早速手続きに出かけたそうだ。

もともとスマホデビューの時にも
私が散々言ったにも関わらず
シンプルスマホでなくiPhone7を買ったHさん。
その後、使い方が全く分からず
スマホにしたことをずっと悔やんでいた。

なので乗り換えにあたり、かなりしつこく言った。
「この際ガラケーに戻すか
今度こそ!シンプルスマホにした方がいいですよ」
けれど、やっぱりまたiPhone7にしてきたと聞き
さすがに呆れた。

Hばあちゃんの言い分はこうだ。
「シンプルスマホなんて、とっても使えないわ。
あんな文字が目立つのなんてイヤよ。
今度見てみてよ。恥ずかしくて持てたもんじゃない。
今のやつで使えてるんだから、またそれでいいわ」

はいはい、余計なお世話でしたね。
ちゃんとiPhone7を使いこなしてるんだから
今さらシンプルスマホなんか使えないですよね。。。
さんざん相談しておいて、結局そうするなら
最初から聞かないでほしいと思った私である。

iPhone7でありながら
ほとんど電話しか使わないHさんであるが
本人がそれでいいなら私には何も言うことはない。
auとはケンカ別れし、softbankとも合わず
結局docomoに落ち着いたHさん。
docomoで何を言われてきたのか
今度は盛んにdocomoへの乗り換えを
私に勧めるのであった・・・。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-09-26 23:59 | ご近所さん | Comments(0)

softbank、電波悪い事件

「ばあちゃんず」が自然消滅してからも
Hばあちゃんとは仲良しの私である。
手伝えることがあれば手伝い
定期的にお茶しては、話し相手になっている。

先週木曜日、そのHさんからメールが届いた。
携帯のことで何やら私に聞いて欲しいらしい。
iPhoneに機種変した時にはどうなることかと思ったが
今やちゃんと絵文字まで入ったメールである。
ということで土曜日の午後、さっそくお茶した。

今回の話は携帯の電波が悪いという話だった。
去年の秋、長年使っていたauと大ゲンカして
softbankに乗り換えたHさんであるが
これまでは問題なく家の中で使えてたものが
最近になって調子が悪いのだと言う。
ビックリした!
実は私も全く同様の状態で困っていたところだ。

かれこれ2ヶ月になるだろうか。
突然、家の中の電波状態が悪くなったのである。
使ってもいないのに電話が通じないと言われ
メールは変な時間に突然受信を始める。
いつだったか、立て続けに着信音が5回鳴った時に
初めてその異常に気がついた。
先日も「あと20分で着くよ」というメールより先に
娘の方がやって来た。

話が逸れたが、Hさんはお店に相談に出かけたそうだ。
そして、まずは家の中の電波状態を測定することになり
1ヶ月待たされたのち、チェックしてもらったと言う。
結果はやはり、窓際以外は電波が弱いことが分かり
ホームアンテナを提供してもらうことになったそうだ。
ところがそれが届くのにさらに2週間待たされ
その上、配線コードが必要だからと買いに行かされ
やっと設置できたのが先週だったらしい。

ところがそれで解決したかと思いきや
大きな変化は無かったらしい。
ブチ切れたHさんが連絡すると
電話に出た担当者は、この地域の電波状況を確認し
何の問題もなく、電波状態は良好だとして
ホームアンテナを外すよう指示したと言う。

「付けろっていうから付けたのに、今度は外せって。
しかも連絡するたびに応対する人が違って
言うことも全く違うんだから頭に来た!」
Hさんの怒りは収まらない。
・・・ごもっとも。

結局、大騒ぎしてコードまで買わされたのに
何も解決していないのである。
auの時もそうだったが、Hさん曰く
「ばあちゃんが1人じゃナメられる」のだそうだ。
私もいつかそうなるんだね。。。
将来の自分が見えて、何やら虚しい私だった。

それでもくじけないHばあちゃんである。
今、ハマっているのは
スマホでのネットショッピングらしい。
しかも「女1人だとバレたくない」という理由で
12年も前に亡くなったご主人の名前で買い物をしている。
・・・意味不明。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-08-07 21:59 | ご近所さん | Comments(0)

意味不明・・・

それは昨日、午前10時頃のことだ。
玄関のチャイムが鳴った。
ピンポ~ン♪
リビングにいた私はモニターを確認したが
そこに立っていたのは知らないおばあさんだった。

週末、家にいると
何気に多いのが宗教に関係する訪問である。
今回もきっとそうだろうと考えた私は
そのまま無視することにした。
応対するのは時間の無駄であり
そもそも、暑さ対策で裸同然の私だけに
すぐには出ることは不可能でもある。

するとおばあさんは、さらにチャイムを鳴らした。
もちろん、何度鳴らそうが出ないものは出ない。
ようやく諦めたおばあさんは去って行った。
ところが、これで終わったかと思いきや
実はおばあさん、置き土産をしていた。。。

c0322794_18413171.jpg

「ドアノブにかかってたよ」
と、午後に遊びに来た娘に渡されたのがこの袋だ。
え~!?何??
中には手紙が入っていた。

差出人はAさん、聞いたこともない人である。
早い話が、1ヶ月半くらい前にAさん宅の2階に
この洗濯物が4つ落ちていたらしい。
裏のマンションへも行ったが持ち主は分からず
うちのではないかと持って来たようだ。

けれど、書かれていたAさん宅の住所を見ると
間違っても洗濯物が飛び込む距離ではない。
そもそも何でうちに持って来たのか。。。
全くの意味不明である。

仮に「H」の文字を道路だとすると
我が家は左の縦棒の1番下で
Aさん宅は右の縦棒を上に延ばした延長線上にある。
しかもうちのベランダはこの縦棒上にはなく
何をどう考えたってAさん宅までは行くわけがない。
見ただけで分かりそうなものだ。

しかもチラっと見ただけだが
袋の中のTシャツは全てハンガーにかかっている。
そんな重たいものが飛ぶ距離は限られているだろう。
とにかく、一刻も早く返したい。

夕方、Aさん宅を探して訪ねたが留守だった。
TVの音はするものの
2度鳴らしたチャイムに応答は無かった。

そして今日の午後、再度訪ねると
男の人の声でインターホン越しに
「そこに置いておいてくれればいい」
と言われた。
なので、玄関脇に袋を置いてきた。

Aさんに返したところで困る話だとは思う。
だからと言って、うちに置いておくわけには行かない。
Aさんには申し訳ないが、とりあえずホッとした。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-07-23 19:35 | ご近所さん | Comments(0)

猛練習中

私が用意した「使い方の本」と「タッチペン」で
日々iPhone7の練習に励む隣のばあちゃんである。

先週、私の元にHばあちゃんから届いたメールは3通。
1通目・・・「あすおてら」
あ~、明日はお寺に行くから留守だってこと?
2通目・・・ちゃんと日本語のお礼メール。
3通目・・・「辺無用です」
たぶん返信は要らないってことだな。

あとで訊いたところ
1通目は、本人に送ったつもりは全くなく
もちろんお寺に行く予定も無く
フリック入力の練習していた上の誤送信らしい。
3通目は思った通り「返信無用」の意味だった。

さらに着信が1回。
これももちろん間違いである。
たぶん、私だけでなく
他の人たちにも同様のことをしているはずだが
本人曰く「もうだいたい分かった」らしい。
とりあえず必要な電話とメールについては
何とか使えると言う意味だが
それでも83歳でiPhone7、あっぱれである。

そして昨夜23時前・・・私の携帯が鳴った。
Hばあちゃんからである。
私はすぐに出たが
受話器からは何も聞こえなかった。。。

はぁ。。。
できることなら夜中は避けてもらいたい。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-10-31 22:09 | ご近所さん | Comments(0)

まさかの・・・iPhone7

お隣のHばあちゃん83歳から
相談を受けたのは今月半ばのことである。

何を思ったか、ガラケーをスマホにしたいと言う。
しかも、あまりにも自信たっぷりに
自分なら使える気がすると言い張るため
「だったら、らくらくフォンのような
簡単なスマホにしたらいいですよ」
と言うしかなかった。

翌日、さんざんバトルをしてきたauを解約すると
さっそくSoftBankに出かけたHさん。
「簡単なスマホがいい」
そう言って、新しくスマホをゲットした。

そうとは知らない私は、先週Hさんにメールした。
ところが2通送るも全く返信が無い。
ん??どうした??
と思っていたら電話が来た。
返信の仕方が分からないと言うのである。
当然あると思ったマニュアルも無いと
怒り爆発のHさんは、使い方が分からない上に
画面が思うように反応しないとパニックだった。

けれど私は一生ガラケー愛用者であり
スマホの使い方を教えられるわけもない。
そこでちょうど日曜日、やって来た娘夫婦に
基本的な使い方を教えてもらうことにした。

ところがHさんのスマホを見た娘夫婦はフリーズ。
「え!?iPhone?しかも7じゃん」
当然シンプルスマホだと思っていた私もビックリ!
え~!ありえないでしょ。
ばあちゃんにiPhone7って・・・何考えてんの!
いくら何でも酷過ぎ!SoftBank !

悪戦苦闘しながら
何とか電話とメールとカメラの操作を教えるも
画面を触る指の加減すらうまくできず
前途は多難である。

そして昨日、私はSoftBankへ出かけた。
すでにクーリングオフ期間は2日過ぎてしまったため
シンプルスマホへは機種変するしかなく
その費用について訊くためである。
そしてモチロン一言、文句を言ってやるつもりだった。

ところが、担当した彼の話を聞いて驚いた。
何と!Hさんが窓口に出かけた前日に
Hさんの甥っ子からお店に電話があったそうだ。
彼はシンプルスマホを含む3機種を案内したが
その甥っ子がiPhone7にしてくれと言ったと言う。
さらにHさんにも再度、3機種を見せたが
iPhone7でいいとのことだったらしい。

全然話、違うじゃん。
SoftBank、悪くないし・・・。

結局、シンプルスマホに機種変するのは止め
このままiPhone7でいくことにしたようだ。
「今日1日触ってたらだいぶ慣れてきたし
何だか大丈夫そうだわ」
さっきの電話でHさんは明るく言った。。。

はぁ・・・・・・・・疲れた・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-10-25 23:59 | ご近所さん | Comments(0)

あって良かった♪

地元にTSUTAYAができたのは
もう何年も前のことである。
喜んだのは当時同居していた息子で
彼は足繁く通っていた。
・・・そして今、通うのは私だ。

現在、毎日BS放送で流される韓国ドラマを
片っ端から録画し、ハマっている私である。
もちろん、その全てを見ることは不可能で
気に入ったものだけを選んで見ているわけだが
それでもかなりの数になる。

ところが、天気が悪く電波状態が良くないと
画像や音声が途切れることも多い。
挙句の果てに、途中でブチッと終わることもあり
その度にショックを受ける私だった。
これまではネットでその回のあらすじを読むことで
我慢していたのだが、最近になって
TSUTAYAの存在を思い出した。
やだぁ~、借りてくればいいじゃん♪

実際、悪天候による録画不良ならまだ我慢できる。
けれど最近は全く原因不明の録画不良が続き
かなり不機嫌な私である。
何が気に入らなくて
途中で勝手に録画を止めるわけ?

先日は30分の予約に対して、たった6分の録画。
今日に至っては
同じく30分の予約に4分だけの録画。
どちらも突然、ブチッと終了した。

もちろん、予約時間がダブっているわけではない。
そもそもダブル録画が可能な機種ゆえ問題は無い。
現に、どちらも毎日繰り返しの録画予約をしているが
これまではちゃ~んと録れていた。
何なんだよ!ムカつく~!

それでも明日、私はTSUTAYAに寄る。
「非常時に あって良かった TSUTAYAかな」

追加のもう一句。
「録画指示 しっかり守れよ ブルーレイ」
・・・字あまり。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-10-18 23:58 | ご近所さん | Comments(0)

パワフルばあちゃん

お隣のHさんと久しぶりにお茶した。
いつもはどちらかの家でのお茶会だが
時々駅前の「喫茶店」にも出かける。
昨日も商店街のお店で3時のお茶だった。
私はアイスカフェオレ、Hさんはコーヒーゼリーだ♪

Hさんは毎週月曜日に三味線のお稽古に出かける。
亡くなったご主人は、そんなHさんのために
自宅の1部屋を完全防音にしてくれた。
周りを気にせず思う存分、気兼ねなく練習できるのも
優しいご主人のおかげである。
その全国大会が今月、国技館であるそうだ。
ますます元気なHさんだが
お稽古仲間の最高齢は98歳だと聞きぶっ飛んだ。
上には上がいるものである。

そんなHさんは、携帯をスマホにすることを考えている。
友人たちの中にはスマホを使いこなす人も多いらしく
刺激を受けたようである。
現在のガラケーでは私がメールの使い方を教え
今や友人たちとも絵文字入りでやりとりしている。
来月のお誕生日で83歳になるHさんだが
そのパワーには圧倒されっぱなしだ。

もちろん、終活もしっかりしているHさんである。
大きな家に住むHさんには遺すものが多いが
子供がいないためにすでに遺言状も作成してある。
が~!
先日、相続人として指名した
何人かのうちの1人である姪御さんから
「相続人から外してほしい」との申し出があったと言う。

遺言状を作成する際には
ちゃんと彼女の意思も確認、了承の上だったらしいが
その後、気持ちが変わったらしい。
「人のものをもらって人生が変わったらイヤだ」
と言うのがその理由だそうで
Hさんは怒り爆発だった。
「もう面倒臭いから△△区に寄付しようかと思ってる」
と言うから、よほど悔しかったようだ。

何だかんだと、2時間話しまくり
タバコの煙が漂って来たところで店を出た。
昔ながらの喫茶店には禁煙席と喫煙席の境はない。

今日の一句。
「無くて揉め あっても揉める 遺産かな」
ナイス♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-10-03 23:59 | ご近所さん | Comments(0)

この木なんの木?

今の家に引越して17年目。
駅までの毎日通る道に
最近になって改めて気づいた大きな木がある。
はて?
いつの間にこんなに大きくなったんだろう??

c0322794_9461669.jpg

一方通行の道路を
半分以上覆うほど枝を伸ばした見事な生長っぷり。
何の木だろう?

帰宅時、うす暗い中でも
もちろんその存在感は抜群である。
雨の時には雨宿りもできる余裕サイズだが
ここからなら走って帰った方が早いので
利用したことは無い。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-09-03 23:59 | ご近所さん | Comments(0)

驚きの食欲

連休の間にお茶しにおいでと
隣のHばあちゃんからお誘いがあった。
「時間ができたら連絡しますね」
一応そう答えたものの
ここまで連絡することはなかった。

Hさんとお茶するのがイヤなわけではない。
けれど、如何せん話好きなHばあちゃんだ。
行くとなると1時間では絶対に帰してもらえない。
結局、午後が潰れてしまうことは明らかで
連休中はできることならパスしたかった。

ところが、そうは問屋が卸さなかった。
昨日の朝Hばあちゃんから電話があり
「忙しくてお茶する時間がないみたいだから
今日、一緒に夕飯食べましょ」
と誘われてしまったのである。
う~・・・断れない・・・。

と言うことで、18時に隣の駅で待ち合わせ
Hばあちゃんがいつも夕飯を食べに行く
小料理屋さんに入った。
驚いたのはHさんの食欲である。
82歳を超えたHさんは
体重40キロほどのスリムな体型である。
ところが食べる食べる!
2品のおかずでは足りないと、次から次に追加した。

もちろん、いくら食べてもらっても構わない。
自分が追加したのだから
自分で全部食べてくれれば・・・だ。
けれど、Hさんは私にも全て半分食べろと言い
さらには「残したくないのよね」と言う。

私はもともと食べない人なので、最初から
「これだけでおなかいっぱい」
「これ以上は食べられない」
を繰り返し、追加料理は不要だと言い続けた。
なのに勝手に追加されてしまったのである。

当のHばあちゃんはと言えば
「自分の分」はペロリとたいらげ
「あとはしーちゃんの分だから食べて」と言う。
遠慮せず「私の分」も食べてくれればいいのに。

結局、私はこれ以上ないほど無理をした。
美味しいより辛い夕食だった。
これならお茶の方がマシだったかもしれない。

帰り道、Hさんはさらにお茶しようと言ったが
おなかが苦しく気分もイマイチだったので遠慮した。
けれどHさんは簡単には帰してくれず
途中、公園のベンチに座り
そこからさらに30分話し続けることになった。

はぁ・・・疲れた。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-06 23:59 | ご近所さん | Comments(0)