カテゴリ:仲間たち( 74 )

そろって無事正社員♪

今日は元同僚の彼女と会った。
私が辞めた後も、色ボケオーナーの会社で
ひたすら頑張っていた彼女である。

そんな彼女も12月についに転職し
先月無事試用期間の3ヶ月を終えた。
私も7ヶ月の試用期間を経て
共に晴れて正社員の身となったことから
さっそくお祝いである。

今回は彼女の職場の駅前のお店にしたが
何と!私の会社からは歩いて10分の距離だ。
しかもその昔、私が14年間働いていた
保険会社があった場所であるだけでなく
現在通っているカービング教室も近い。
どうやら彼女とは
切っても切れない縁があるようだ。

限定コースは2時間飲み放題付2980円!
1日5組だけらしい。

c0322794_0686.jpg

部屋はドア付きの個室でホッとした。
やっぱりこうでなくちゃ落ち着かない。

c0322794_071196.jpg

冷凍ではない枝豆が出て来た後は
京豆腐の冷奴。
氷でそれはそれはよく冷えている。

c0322794_09686.jpg

地鶏と有機野菜の天麩羅盛り合せ。
実は私は外であまり揚げ物は食べないが
揚げたてでとっても美味しかった。

c0322794_0155694.jpg

こちらはシークレットクーポンのサービス品。
茄子と生麩の揚げびたし。

c0322794_0225271.jpg

そして選べる鍋は
「美豚の茶しゃぶ~緑茶仕立て~」にした。
ほうじ茶と緑茶で悩んだが緑茶をチョイス。
見た目には分からないが緑茶の出汁である。

c0322794_023631.jpg

彼女は後味にお茶を感じると言っていたが
私はポン酢の味しかしなかった。
それでもおなかはいっぱいである。

c0322794_0291523.jpg

鍋の〆は雑炊にした。
最後まで緑茶を感じられなかった私だったが
美味しい雑炊だった♪

話はモチロン
お互いの会社の様子や仕事の報告に始まり
今や友人で知らない人はいない派遣女子のこと
そして、彼女の旅行が中止になった話など
飲み物をおかわりしながら話し続けた。

彼女が楽しみにしていた初めての北海道旅行は
大雪のために残念ながらドタキャンとなった。
友人たち5人と共に飛行機に乗り込んだものの
1時間待たされたところで欠航が決まった。
その間、飴玉1つしか出なかったと
不満気な彼女であった。
実際、仕方なく大荷物で自宅に戻ろうにも
次々と雪で電車が止まり始め
結局家に着いたのは23時を回っていたらしい。
天気が相手だけに虚しさが募る。

そして2時間はあっという間に過ぎた。
まだお互い、職場に完全に慣れたわけではなく
それぞれに問題はあるものの頑張るしかない。
根性だけはあるさそり座の私たちだ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-04-03 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

何年ぶり?

ドイツでの4年間
娘が通ったインターの母友と再会した。
帰国後、他の母友仲間と一緒に
1度会ったような気もするが
10年以上も前のことであり定かではない。

実は今回
彼女の隣駅へ行く用事ができたことから
久しぶりに会いたいと思い私から連絡した。
このチャンスを逃せば
次はいつ会えるか分からない。

そして土曜日
用事を済ませた後に駅前で落ち合い
2時間ほどランチした。
彼女とドイツにいたのは20年前のことだが
お互いマスク顔にもかかわらずすぐに分かった。
あまり変わっていないと言うことかな。

さっそくお店に入ると近況報告を開始した。
彼女は当時から英語がペラペラで
インターの父母会では
何も分からない私によく通訳してくれた。
現在は3ヶ所で英語を教えているそうだ。
驚いたのは、息子さんのところに4月末
女の子が産まれる予定だとのことで
共にばあちゃんデビューである。
ただ、娘と同級生のユキちゃんは独身で
本人には全く結婚する気がないと嘆いていた。

お互い、最近の子供たちの写真を見せ合うも
すっかり大人になった顔には面影すら探せず
「え~全然分かんない」
と言い合った。
当時娘たちは中学生
息子たちは小学生だったのだから無理もない。

話をしているうちに、彼女と毎日のように
ゴルフの打ちっぱなしに行ったこと
イチゴ狩りに行ったこと
お互いの家でお茶したことなどなどを
次から次に思い出した。
あ~懐かしい・・・。
今となっては遠い昔である。

あっという間の2時間が過ぎ
その後、彼女は英語の先生に変身し
仕事に出かけて行った。
短い時間だったけれど会えて良かった♪
やっぱり思い切って連絡して正解だった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-03-30 23:11 | 仲間たち | Comments(0)

彼女にお別れ

15日の土曜日もまた
お稽古帰りに彼女のところへ寄った。
去年の4月15日に突然旅立ってしまった
中目黒の彼女である。

彼女は自分亡き後のことを色々と記していたが
一周忌となる来月15日に
遺言どおり散骨されることになった。
夫であるHちゃんが彼女の希望を叶えるべく
頑張った結果である。

その際に出る船は大きいものではなく
10人ほどしか乗れないと言う。
Hちゃんは私にも乗ってほしいと言ってくれたが
自慢じゃないが私は船が大の苦手である。
それは彼女もよ~く分かっているので
申し訳ないが遠慮させてもらうことにした。
乗った途端にオエオエなるのは確実で
そんな状態ではお別れどころでない。
私が行かなくても彼女は許してくれるだろう。
「かなり揺れるらしいんだよね」
聞いただけでも無理である。

そんなわけで
こうして彼女の部屋にお邪魔するのも
今回が最後になった。
思い起こせば彼女がここに住むと決まった時
掃除を手伝いにやって来たっけ。
その際にトイレの非常ボタンを押してしまい
警備会社への連絡で慌てたよね。
ついこの間のことのように思い出す・・・。

これで彼女とは本当にお別れだ。
来月には彼女の全てが、希望通り
大好きな初島沖の海に帰るのである。
けれど私は今でも彼女の声を聞くことができるし
彼女を思い出すこともできる。
私が彼女を忘れることはないのである。

ありがとう・・・そしてさよなら。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-03-19 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

今年も新年会♪

昨日は午後から我が家に仲間たちが来てくれた。
去年に続き、ちょっと遅い新年会である。

お昼過ぎにGミに付き合ってもらい買い物を済ませ
その後、おBが到着すると
彼女が買って来てくれた「アンティ・アンズ」の
プレッツェル&コーヒーでまずは女子会だ♪

c0322794_11462924.jpg

写真はメープル、シナモンシュガー、アーモンド
サワークリーム&オニオン、オリジナル
そしてきなこのプレッツェル。
手前の袋入りは
ダブルハートプレッチェル(ピンク&ホワイト)だ。
まずは、きなこを食べたが美味しかった~♪

15時を過ぎると
仕事で遅れるI央を除き、全員が集合!
リビングはお雛さまも合わせて17名となり
新年会は賑やかに始まった。

c0322794_1243043.jpg

今回も飲み物からつまみまで持ち寄りである。
テーブルに乗り切らないのでサラダは写真に無い。

相変わらずいつものメンバーではあるが
消防士のS介からは
つい最近の感動的な報告があった。
彼が到着した時には
自宅で赤ちゃんが産まれてしまっていた話だが
そんな場面に遭遇することも珍しくないらしい。
モチロン、悲惨な場面に出合うことも多く
改めて彼の仕事の大変さを感じた。

1時間ほど遅れて全員が揃うと
今回も色々なテーマで熱い議論が闘わされた。
この歳になると、夫婦の在り方から不倫話
さらには新宿出身である私たちならではの話など
話題が尽きることは無い。
I央の登場で、話はやや下がり気味になったが
私たちは大いにしゃべり、大いに笑いコケた。
こんなに大笑いしたのは久しぶりである。

そして男子たちは
私は1番長生きすると揃って太鼓判を押した。
彼ら曰く、私はみんなを見送り終わるまで
長生きしなくてはならないらしい。
そして見送った際には
「彼はいい人だった」と証言することを頼まれた。
いい歳をして
「美人薄命」の言葉を知らない彼らである。

あっという間に時は過ぎ
22時半前に新年会はお開きとなった。
今日の東京マラソンの警備で
早朝から仕事となるS介に合わせての解散だ。
ちなみに、Nちゃん夫妻は
今年は抽選に外れ走れないものの
マラソン仲間の応援に行くそうだ。

今年も元気な仲間たち。
次は2週間後に温泉である♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-23 12:55 | 仲間たち | Comments(0)

話しまくり

木曜日、前の会社の元同僚とご飯した。
彼女の胃腸炎でのびのびになっていたものである。

12月半ばに転職した彼女はまだ入社2ヶ月
9月に転職した私もやっと半年。
共に50を過ぎての転職で
お互い現在もまだ試用期間中だ。
ご存知の通り、私は日々ストレスを溜め込んでおり
「話したい症候群」となっている。

c0322794_1225047.jpg

飲み物+サラダで400円なので
ミニサイズかと思いきや、しっかり普通サイズだった。
ビックリしたので珍しくもないが載せておく。

c0322794_1252065.jpg

オムライス&カニのクリームパスタである。
2人でシェアしていただいた。
どちらも美味しく得した気分で大満足~♪

本来であれば、彼女の新しい会社の様子や
仕事の報告なども訊くべきだったが
私にそんな余裕は無くひたすらしゃべりまくった。

派遣女子の態度については
やっぱり今まで1人で好き勝手にやっていたのが
私が入りできなくなったことが面白くないのだろう。
というのが彼女の意見である。
それは私がどうこうではなく
彼女のような人間には誰が入っても同じだろうと。
「やってることが子供だよね。幼稚園ベル」
その通り!

私もそこは割り切り、大人の対応をしてきたつもりだ。
何度もブチ切れそうになったが
グッと堪え我慢し続けたのである。
でももう無理だ。

それでも彼女に聞いてもらったことでスッキリした。
私という人間を分かってくれている友人だけに
思っていることを遠慮なく吐き出せる。
彼女の言葉1つ1つが私にはとても温かかった。

あ~・・・持つべきものは優しい友人である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-07 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

プチ新年会

私の自宅に近い地域で仕事があり
そのまま直帰する予定だという同級生が
声をかけてくれた。
さっそく、会社が近い友人も誘っての
プチ新年会である。

最近は家でも会社でも話し相手がおらず
「話したい症候群」に陥っている。
まさにグッドタイミングだ♪
ということで水曜日
オープンして1ヶ月の居酒屋へ行って来た。

c0322794_23344069.jpg

最初に出て来たのがお通しのツブ貝。
何と!自分で焼いて食べるパターンである。
これまで数多くの居酒屋へ行ったが
こんなお通しは初めてだ。
しかも見ての通り大粒である。

c0322794_23365519.jpg

毎度のことながら
食べる前に写したのはこの2枚だけだ。

c0322794_2338127.jpg

c0322794_23384428.jpg

あとはみぞれ鍋だって食べちゃってから気づく。
実際、今回はウーロン茶に替えることなく
梅酒のお湯割りを大き目のグラスに2杯
しっかり飲んだので酔っぱらった。
何とも安上がりな私である。

まずは年末の
息子のデキ婚に始まる一連の行事から
会社の状況、派遣女子のことを報告した。 
話はその後、お墓の在り方や家系の話
さらには現代医療の問題点にまで展開し
深くて熱~い討論が交わされた。
モチロン、私だけではなく
彼らには彼らなりの立場や思い、悩みがある。
それらを吐き出すことでお互いスッキリし
最後には「エンディングノートを書こう」宣言で
5時間はあっという間に過ぎた。

c0322794_2355954.jpg

そして最後に出て来たデザートがコレ。
先日お誕生日を迎えた
友人のバースデーケーキである。
運んでくれた店員さんが
「写真撮りましょうか?」
と言うので、そういうサービスがあるのかと思いきや
私のカメラのシャッターを押してくれただけだった。
しかもこの写真はボケている・・・。

c0322794_0373627.jpg

けれどこのケーキ
バースデーケーキのはずなのに
良く見ると何やらメッセージが書いてある。
「がんばれ!!しーちゃん」
え~~!!私への応援メッセージじゃん。
やだぁ・・・嬉しすぎるぅ。

実際、食べ応えのあるケーキだったが
居酒屋ケーキにしては普通に美味しかった。
生クリームも甘すぎずにちょうどいい。
さっそく3人で仲良くつつき、完食した。

あ~持つべきものは優しい仲間たちである。
ありがと~!まだまだ頑張るよ~!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-01-31 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

進まない年賀状書き

この連休中に年賀状を完成させるべく
気合を入れていた私であったが
なかなか予定通りに進まないのが世の常である。

日曜日の午後には、娘の保育園時代の母友2人が
ワインとつまみを持参しやって来た。
前回、我が家にウンベラータをくれた彼女は
リビングに入るなり早速葉っぱをチェックし
「何かシワシワしてる~」
と文句を言った。
昔から口を開けば文句連発の彼女である。

彼女は保育園で知り合った当時すでにバツイチで
その後に再婚して18年が過ぎたと言う。
持参した赤ワインをクイクイ飲み干し
間もなく酔っぱらいと化した彼女は1人で喋りまくり
マヨネーズとレモンが我が家に無いと分かると
ブーブー文句を言った。
全く・・・これだから酔っ払いはイヤだ。
普段使わないんだから無くて当たり前~!

そんな酔っ払いが繰り返し言った。
「しーちゃんいいなぁ~!1人暮らしで~」
実際、彼女は2年後の離婚を決意しており
現在はそれに向けてお金を貯めていると言う。
何が何でも2年後には自分もフリーになると
声も高々に宣言していた。

その後、ほとんどワイン1本を1人で空けた彼女は
2本目のワインを飲み始めたところで爆睡した。
やっと我が家に平和が訪れたわけである。
残された私たちは改めて会話を開始した。
今度は途中で口出しされることもなく
話を逸らされることもなく会話は弾んだ。
うるさい酔っ払いは寝かしてしまうに限る。

結局、この日年賀状を仕上げることはできなかった。
あ~ぁ・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-12-23 23:00 | 仲間たち | Comments(0)

彼女の就職祝い

6年前まで勤めていた健康食品の会社で
一緒に働いていた彼女と、火曜日に会った。

オーナーがエロじじいで女社長と元愛人関係にあり
さらに新しい愛人を会社に雇い入れたため
社内がドロドロとなったあり得ない会社だった。
私はそれらがイヤになり辞めたのだが
彼女はその後も耐え続け、勤め続けた。
「自分は一般事務しかできないから
この歳で辞めたら次の仕事は見つからない」
というのが理由だった。

けれど、その彼女にも限界がやって来た。
エロじじいは今度は社員の1人を愛人にし
もはや何だか分からない公私混同ぶりらしい。
自分が壊れないうちにと退社を決意した彼女・・・
ここまで頑張ったのだから十分だ。

私より4つ下だが何の資格も無いからと
彼女自身、転職は難しいだろうと覚悟していたが
ハローワークに通って1ヶ月、新しい仕事が決まった。
終わってみれば3つの会社から採用通知をもらい
その中の1つで今週から働き始めた。
これまで真面目に働いてきたことを
神様はちゃ~んと見てくれていた。

となればお祝いである!
おめでと~!良かった良かった♪
さっそくサンマルクでパンを食べまくることにした。

c0322794_1911691.jpg


今回は「カジュアルセット」。
本日のスープはごぼうのポタージュ♪

c0322794_1911657.jpg


とりあえずパンはこの2つからスタート。
私はまだ抜けない鼻声である。

c0322794_1911773.jpg


メインは2人ともチキン。

c0322794_1911793.jpg


彼女の転職活動の報告や
新しい会社の話を聞きながら次々とパンをおかわり♪
実際、彼女の今度の会社は私の会社とも近く
歩いてもそう遠くは無い。
何かの時にはお互いに心強いと話した。

考えてみれば、今年は2人とも転職の年になった。
新しい仕事探しに不安を抱えながらも
揃って新しい仕事につけたことは嬉しいことである。
誕生日も2日違いの「さそり座の女」同士。
何やら通じるところがあるみたい♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-12-19 23:00 | 仲間たち | Comments(0)

女子会忘年会~♪

昨日は女子会忘年会だった。
が・・・朝から私は風邪がピークで絶不調。
午前中は声が出ない状態だった。
それでも溜まったストレスの発散には
みんなとのおしゃべりが1番である。
かくして気合だけで出かけた。

けれど、またしてもひどいお店でテンションは急降下。
ネットの写真に大いに偽りありだ。

c0322794_19105352.jpg


c0322794_19105380.jpg


壁紙くらい貼り替えたらどうよ?
しかも「全室個室」も当たり前。
元はカラオケのお店を
そのまま居酒屋として使い回していたのである。
やっぱり歌舞伎町のお店はダメだな。

料理もイマイチを通り越してイマサン。
もう2度と使うことは無いだろう。

c0322794_19105318.jpg


c0322794_19105395.jpg


それでもドア付きの個室はゆっくりできて良かった。
私は立て続けに最近の出来事を報告しまくり
あまりの展開の早さに驚いた友人たちは
すっかり目がテンになっていた。
たまには話すことが何も無く
ひたすら聞き役に徹してみたいものだと思いつつ
会社のこと、派遣女のこと、娘や息子の話
そしてそして腕時計についての討論も白熱した。

その後、話に一段落して風邪薬を飲むと
間もなくハンパない眠気に襲われた。
さんざんしゃべるだけしゃべり、後はウトウト・・・
何とも呆れるオバサンである。
これが飲んだ薬のせいなのか
それとも毎日の悪い習慣のせいなのかは分からない。

c0322794_19105356.jpg


それでも恒例のプレゼント交換あり
みんなの近況報告ありのあっという間の3時間だった。
女子会ならではのナイショ話もできたし
お店はサイテーだったけど、まぁ良しとしよう♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-12-11 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

2枚のハガキ・・・

今日は1日中、目がポンポコリンだった。
それでなくても小さな目だと言うのに
さらに悲惨な状態となった。

昨夜、彼女からのハガキを前に大泣きした私である。
「△年後に配達します、届けます」
こういった企画やサービスは最近よくあるが
驚きや喜び、懐かしさだけでなく、時として
悲しみをも届けてしまうのだと思い知らされた。

私はひとしきり泣き続け
何とか落ち着いてきたところでお風呂に入った。
ところが、出て来ると
彼女のご主人からメールが来ていた。
何と・・・彼女は私だけでなく
彼にもまたハガキを送っていたのである。

「来年は一緒に来ようね」
「それまで元気でいないとね」
そう書かれていたらしい。

「泣かずにいられるか!
どんな気持ちで書いていたかと思うと涙が止まらない」
そう書かれた彼のメールを見て、私はまた泣いた。

彼女がハガキを書いてから1年。
今年も私の誕生日がやって来た。
いつもは温泉宿で彼女と一緒だった誕生日・・・。
今年は私1人だ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-10-23 21:08 | 仲間たち | Comments(0)