つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:仲間たち( 71 )

転職を応援

木曜日、元同僚の彼女とアリスに行った。
毎月定例となった食事会である。

この1ヶ月の間に彼女はついに転職を決意し
その意思を会社に伝えたと言う。
来月中旬には退職となるそうだ。
1年半でまた転職活動の再開である。

それでも、よくここまで我慢したと私は思う。
本当によくここまで頑張った。
転職の大変さを思うがゆえに
なかなか踏み切れず悩んだ日々だったが
これで良かったと思うと同時に遅すぎた気もする。

その会社に転職して
1年も経たないうちに始まった給料の未払い。
最大で3ヶ月分が払われず
正社員採用にもかかわらずボーナスは1度もナシ。
さらに社長という人が吐く、呆れるほどの暴言。
ありえない酷い会社である。
しかも未払いの原因は業績の悪さではなく
会社自体の問題なのである。

彼女がハローワークで紹介されたのはAという会社。
入社するに当たり、彼女はネット検索したそうだ。
幸い、何も出てこなかったので安心して転職した。
ところがいざ入ってみると
彼女はA社ではなく、関連別会社Bに行かされた。
そして始まった給料の遅れ。
たまに1万円ずつ払われるも、未払いは増えるばかり。
心配した彼女がB社でネット検索すると
その名前で書き込みを発見した。
以前勤めていた人たちからのものだった・・・。
私も見せてもらったが、詐欺もどきである。

ところが幸いなことに
それらは3月末にすべて支払われたと言う。
そのタイミングを逃す手はなく
彼女は退職を申し出た。
実際、すでに4月頭に支払われるはずの給料は
またしても支払われていないそうだ。
結局、こうして同じことを繰り返すのだろう。

驚くのは、そんな会社が
さらに新しい人を採用したと言うことだ。
彼女が退職を申し出る前であることを思うと
呆れてものが言えない。
何も知らずに入って来た20代、30代の2人の女性。
彼女たちが気の毒でならない。

とにかく、彼女は転職を選んだ。
この年齢からの再就職は簡単ではないだろう。
事実、すでにいくつかの会社に応募し
そのすべてに断られたそうだ。
それでも頑張ると彼女は力強く言った。
私はそんな彼女を全力で応援する!

頑張れ~~~~~!!!!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-04-11 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

定例女子会♪

健康食品会社で8年の間一緒に働いた
元同僚とのご飯は今や定例化している。
今月の会もまたまたアリス。
ゆったりとしていて2人のお気に入りの店だ。

店内は今日も女性客ばかりだったが
メニューは、パスタはモチロン
その他の料理もサイズが選べる。
おなかが空いていなければSサイズ
たっぷり食べたい時にはLサイズにするとか
なかなかありそうでないサービスである。

c0322794_17282811.jpg

今日は海の幸のトマトソースオムライスと
海の幸のジェノベーゼをシェア♪
それぞれサラダ付きのセットにした。
サイズはどちらもMだが十分な量である。

先月の会に続き
今回もお互いネックは仕事である。
彼女はすでに転職活動を開始しているが
現在のところ2敗だそうだ。
この歳での転職が
そうそうスムーズにいくわけもないが
それでも詐欺もどきの酷い会社に
これ以上いることができない彼女である。
真面目で頑張り屋の彼女に
1日も早くいい職場が見つかるよう応援したい。

彼女は私の転職には「ちょっと待った組」だ。
とにかく貼り紙女がいなくなるまで待てと
今日もまた言われた。
「でもさ・・・1日が長いんだよ」
私は何度も言った。

そんな暗い私たちに、唯一の明るい話題は
このたび彼女の家族になった
白いフレンチブルドックの女の子の話である。
その名は「カトリーヌ」♪
・・・ゴメン。思わず吹き出した。
あの体型と顔から想像しにくかったんだもん。

彼女曰く、可愛いんだけどよく鳴くらしい。
実際、彼女宅に来てまだたったの4日なので
夜中もかなり鳴くそうだ。
けれどすぐ抱くとしつけにならないそうで
諦めて鳴き止むまで泣かせるらしい。
仕方ないにしても、さすがに
お隣に聞こえているのではと心配する彼女だった。

犬を飼うことに積極的だったのはご主人で
犬種から名前まで、すべてご主人が決めた。
現在は自宅を仕事場にしているご主人が
彼女の留守の間の世話を引き受けているようだ。

来月会う頃にはすっかり慣れてるよね?
カトリーヌ♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-02-27 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

5人で女子会~!

久しぶりに全員集合の女子会である。
当然、話したいことはテンコ盛りだ。

今日も飲み放題付きの3時間「女子会コース」。
部屋は個室と謳いながらもビミョーだった。
この金額では止むなしかもしれないが
私はやっぱりドア付きの完全個室が好きだ。

c0322794_0161086.jpg

c0322794_0162472.jpg

c0322794_0163874.jpg

c0322794_0165557.jpg

カキフライは久々である。
早速おブーが生カキに当たりまくった話を披露し
そこから甲殻類アレルギーの話へと進んだ。
さらに長いもで痒くなる話で盛り上がると
カキフライは忘れ去られた。

c0322794_0253335.jpg

写真を撮り忘れたバーニャカウダ。
気づいた時には1人分しか残っていなかった。

c0322794_0275576.jpg

c0322794_028865.jpg

c0322794_028222.jpg

この鍋が・・・よく言えば薄味で
のんちゃんはピザ用にもらったタバスコをかけた。
そこから話は「辛いもの好き度」の話になり
1滴のデスソース体験をユリが報告してくれた。
のんちゃんの辛いもの好きはすでに知るところだが
ガミもそうだったとは驚いた。

c0322794_03847.jpg

現在、それぞれに大変な私たちである。
それでもこうしてみんなと会って話すことで
元気をもらい、また頑張ろうと思えるのだから
やはり定期的な女子会は必要だ。
実際、こうして時々友人たちに会わなければ
私は笑い方も忘れてしまいそうだ。

この私が会社では誰とも話さないという事実を
「信じられな~い!」という仲間たちである。
それでも今日の結論は、満場一致で
「あと51日我慢し、その後の様子を見てから
転職するか否かを決めた方がいい」
となった。

そしてあっと言う間に3時間が過ぎ
次回「6年4組給食コース」での女子会を決定し
会はお開きとなった。
今日もみんなに感謝♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-02-17 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

ドア付き個室ね・・・

アメリカから戻って来ているA子を囲み
仲間たちが集まった。
週明けにはアメリカへ帰り
春にはドイツへ引っ越す多忙なA子である。

彼女は前回、旦那を連れて参加したが
今回は28になる娘を連れてやって来た。
集合した仲間は9人、合計で11人である。
今回もお店は「ドア付き個室」を条件に選んだが
またしても見事に失敗した。

確かにドアはついていた。
ただ建て付けが悪く、開閉には力を必要とした。
見ればドアの上はガムテープで止められており
部屋の広さにもゆとりは無かった。

c0322794_22335940.jpg

誰が撮ったの?ボケボケじゃん。

c0322794_22343810.jpg

さらに、鍋コースは飲み放題付きだったが
私が頼んだ「梅酒のお湯割り」は
「お湯の白湯割り、梅の香り添え」だった。
無色透明の液体だったことからしても
とても梅酒が入っているとは思えない代物だ。
これには見かねたNちゃんが
店員さんに梅酒を足すように頼んでくれた。

ほとんどアメリカ人化しているA子は
今日もパワー全開で
私たちは昔話で大いに盛り上がった。
けれど時々日本語の単語が出ず
言葉に詰まる彼女に、優しい仲間たちは
「英語で話していいよ」と言った。

ところが大爆笑!
A子が悩んでいたのは
「ヘッドハンティング」の日本語だったのである。
「それはそのままでいいんだよ~」
「訳したらヤバイし~」
娘も一緒に大笑いだ。
彼女は母親の同級生たちに会い
自分の知らなかった母の昔話を聞き
驚いたり、笑ったり、質問したりと大忙しだった。

この歳になれば
みんなそれぞれに大変な毎日を過ごしている。
悩んでいるのだって私だけではない。
それでもみんなの顔を見ると
元気になれるから不思議だ。
たくさん話し、大声を出すだけでも
今の私には十分ストレス発散となる。
これだけ笑うのだって久しぶりのことだ。

やっぱりいいよね、友達って。
今日もまたそれを実感した私であった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-01-21 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

次はドイツ語?

実は今週はずっとおなかが緩かった。
風邪が原因なのか、精神的なものなのか
絶好調には程遠い1週間だった。

そんな週末の今日は
アメリカに住む友人A子とアリスでご飯した。
後日、みんなと集まることにしているが
その前に2人でゆっくり話すことにした。
ご存知ない方のために書いておくと
彼女のご主人はアメリカの人である。
現在は引退している元軍人で
日本にいた時は一家で厚木基地に住んでいた。
私は2度、基地の彼女宅に遊びに行ったことがある。

彼女とは中学、高校が一緒で
高校時代は同じ体操部に所属していた。
さらに同じクラスだった1年の時には
2人でクラスの代表として弁論大会にも出た。
もちろん2年前に亡くなった
中目黒の友人とも仲良くしていたA子である。
私は彼女の最期を詳しく報告し
しばし懐かしい彼女との思い出話に浸った。

c0322794_1124129.jpg

「魔法の国アリス」はカワイイお店である。
「何か、こっ恥かしいね」
と言いながらも大喜びのA子だ。

c0322794_1126443.jpg

こちらはメニュー。
隣は横文字で何だかと言う「お通し」。
これを食べると魔法で身体が小さくなるので
気をつけるようにと、アリスから注意があった。
「これ以上小さくなったら困るわ~」
私も話を合わせた。
ちなみにアリスとは店員さんのことである。

c0322794_11301939.jpg

このシーザーサラダは
アリスがテーブルで和えて作ってくれる。
ただ、その作業はアリスが歌を歌いながら行ない
私たちはその間中、手拍子である。
まぁ、ニャンニャンやらされないだけ良しとしよう。

あとはパスタを食べたが、写真は撮り忘れた。
それだけお互い色々と報告し合うことがあり
2人でいると漫才のようだと言われた私たちゆえ
弾丸トークは止まるところを知らなかった。

A子はすでにアメリカ人化している。
よって日本語がヘンだ。
以前帰国し、みんなで集まった時には
「人生ドン底」と言うべきところを
「人生ズンドコ」と言い、大爆笑となった。
今回も目の話になった時には
「目薬点滴してさ~」とフツーに言っていた。
それでも、笑った私に気づくと
「ん?あ、点眼だ」と言い直していたので
まだ日本語を忘れたわけではないらしい。

彼女は月末にアメリカへ戻るが
その後はドイツに引越すと言う。
すでにご主人はドイツへ行っていて
これからはヨーロッパの平和を守る
軍の補佐をするようである。

彼女の頭には新しくドイツ語が増えることになり
次に会う時には
さらに日本語が怪しくなっているのは間違いない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-01-09 23:59 | 仲間たち | Comments(2)

我が家で初顔合わせ

今日はドイツ時代の仲間たちが遊びに来てくれた。
ドイツ語教室で同じクラスになったのが20年前。
それから日本に帰国後も付き合いは続き
私たち家族には身内同然の仲間たちである。

今回は七夕に産まれた息子の娘Rに
はるばる会いにやって来てくれた。
Sさんは娘のMちゃん、孫のRくんとともに
そしてYちゃんは息子のYが朝4時に起きて
わざわざうちの息子のために焼いてくれたと言う
スポンジケーキを持参してくれた。

ドイツで産まれた彼を
息子は赤ちゃんの時から知っている。
今や大学生になった彼は料理にハマり
味噌汁はダシを取るところから始め
そばだろうが何だろうが全て1から作るそうだ。
何とも羨ましいことである。

当初は息子宅にお邪魔するつもりでいたが
嫁に気を使わせるのもかわいそうなので
全員が我が家に集合することにした。
その方がみんな気楽ってもんである。

嫁はRをベビーカーに乗せてやって来た。
息子は大みそかまで仕事が入っており
残念ながら参加できなかったが
みんなは嫁と孫に対面でき喜んでくれた。
最初こそ大泣きしていたRだったが
Rくんがいてくれたこともあってすぐに慣れ
ニコニコ笑顔を振りまいていた。

c0322794_17113698.jpg

遠いところをわざわざ来てくれたことに
心から感謝である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-12-28 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

学校で女子会~♪

昨日は、忘年会と
ガミのお誕生会を兼ねた女子会だった。
お店は「6年4組新宿東口駅前分校」である。

c0322794_2112651.jpg

学校がテーマのこの居酒屋は
店員さんがジャージ姿の先生たちである。
個室は校長室、保健室、音楽室、図工室などなど
それぞれ違った部屋になっている。
廊下を歩くだけでなぜかワクワク~♪

c0322794_21212393.jpg

そんな中、私たちの部屋は「部室」だった。
グローブやバットを見て喜んだのは
もちろんゴジラ松井ファンのガミである。
テーブルの上の
ジャポニカ学習帳は落書き帳だ。

c0322794_239891.jpg

料理は「お誕生日会コース」。
飲み放題でもお酒が美味しいと
喜んだのは日々お疲れモードのYリで
お気に入りの果実酒をおかわりしていた。

c0322794_22561729.jpg

取り皿には
アルミの懐かしいお皿が出てくる。

c0322794_2256292.jpg


c0322794_22563729.jpg


c0322794_22565358.jpg


c0322794_22582633.jpg


c0322794_22584692.jpg


c0322794_2335524.jpg

c0322794_2259528.jpg

この「ロシアンプチオムライス」。
1つはワサビ入りである。
「いっせ~のせ!」でパクついた3人・・・
飛び上がり、もだえ始め
吐き出したのはガミだった。
きゃあ~!忘れられない誕生日~♪

c0322794_235644.jpg

そしてそして先生が持って来たのがテスト。
水曜日は理科テストの日らしい。
食塩、ミョウバン、ホウ酸の溶け方を
グラフから読む問題である。
私たち3人はカンニングすることなく
それぞれクソマジメにテストを受けた。

c0322794_2384852.jpg

最後はバースデーケーキの登場である。
廊下からハッピーバースデーの曲が流れ
社会の先生がプレートを運んでくれた。
この花火ロウソクが大ヒット~!
最初はチューリップ型のつぼみなのだが
しばらくするとこのように開く。
これには大興奮~!
きゃあ~!かわいすぎるぅ~♪
しかもケーキは美味しく、感激した。

年末のこの時期は
どこのお店も時間の延長ができず
あっと言う間に2時間が過ぎた。
次回は3時間で「給食コース」としよ~っと。

そうそう、理科テストの結果を載せておく。

c0322794_2330517.jpg

ジャ~ン!しーちゃん80点~~!!
1問間違え、プレゼントをもらい損ねた。
あ~残念・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-12-18 23:44 | 仲間たち | Comments(0)

悩める熟女たち

元同僚とアリスに行って来た。
アリス系のカワイイお店はあちこちにあり
私たちもすでに2つのアリスに行っている。
いくつになってもカワイイお店は良い。

今回は「冬の4点セット」である。

c0322794_23363332.jpg

c0322794_23364442.jpg

c0322794_23365527.jpg

パスタとオムライスを頼んでシェアしたが
ずわい蟹のパスタは
撮影前にすでに分けてしまった。

アリスはお客のほとんどが女性である。
店内もメニューも女性向けであるため
見かける男性客は必ず女性と一緒だ。
ところが、私たちが注文を終えた頃
男性の2人連れがお店に入って来た。
モチロン、誰が来ても問題は無いが
さすがにサラリーマンの親父2人は
どう見ても浮いていた。
けれど当の本人たちは、私から見える席で
全くフツーに食事を楽しんでいた。

そんなお気に入りのお店アリスで
私たちはひたすら暗い話題を語り合った。
彼女は去年の今頃今の会社に転職し
やはり2人でお祝いしたと言うのに
まさか1年後こうなるとは・・・
誰も考えてもみなかった。

私も彼女も現在の職場に問題を抱え
同じように再転職すべきかを悩んでいる。
けれどまたあれをやるのかと思うと
彼女もイマイチ踏ん切れずにいる。
それでも彼女の問題は私より深刻で
すでに2ヶ月分のお給料が払われていない。
当然、賞与も1度も出ていない。

たとえ給与が5万円下がったところで
ちゃんと毎月もらえるだけ
私は幸せなのかもしれない。
さらに気持ちが複雑になった・・・
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-12-12 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

久々のお疲れさん会♪

屋根事件により寝不足となった火曜日は
いつものメンバーで久しぶりの飲み会だった。

通常、会を企画設定するのは私である。
その私が春からドン底の悲しみに沈み
これまで人と会う気持ちになれなかったため
飲み会自体が久しぶりとなった。
それだけに、最近誘いが無くなり
メンバー落ちしたと勘違いしていた仲間もいて
大笑いである。

今回は10名が集まった。
来られなかったメンバーは
仕事より家庭の事情が理由の方が多く
まさにそういう年齢真っ只中の私たちである。
子育てが一段落し、次は親だ。
みんなそれぞれに大変な毎日・・・
こうして気を使わない仲間とワイワイやることで
笑って話してまた元気になれるのである。

c0322794_23341148.jpg

c0322794_23342314.jpg

c0322794_23343432.jpg

今回の居酒屋はカラオケもできる部屋だったので
防音はバッチリ!
隣のテーブルの声に邪魔されることも無く
大声を張り上げなくても会話ができた。
私たちには大切なポイントである。

飲み物は当然電話で頼むことになる。
私としてはいつもの声で話したつもりだったが
これに喰いついたのが男子たちである。
「声が全然違う」「別人だよ~」
「誰が話してるのかと思った」
と次々に感想が飛ぶ。
「え~!会社でもコレだよ~。
電話だと普通、声高くなるよね?」
そう言った私は、ゴジラ松井ファンの友人に言った。
「ねぇねぇちょっと会社の電話やってみて」
彼女はフツーにいつもの低音で言った。
「ハイ、△△△です」
大爆笑である。

今回も中学時代にあった色々な事件の話から
それぞれの近況報告、家族の話など
あっと言う間の3時間だった。
当時の記憶については
昨日のことのように覚えている男子がいれば
たった今話したことも覚えていない男子もいて
その度に笑いコケた私たちだった。

毎日話すことも笑うこともほとんどない私にとって
みんなと過ごす時間は
以前にも増して貴重なものとなっている。
本当に心から楽しいと思えるのは
やっぱりみんなといる時だ♪

みんなぁ~励ましてくれて・・・ありがとう。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-10-30 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

Kちゃんちへ

このたび2度目の離婚をし
めでたくバツ2となったKちゃんちへ出かけた。

私同様、離婚の際に家をもらった彼女だが
ローンはまだ残っていると言う。
その点は私の方が恵まれているようだが
話を聞く限り、彼女の元夫はとってもいい人だ。
離婚についても今後彼女が困らないように
ありとあらゆる気遣いをしているところは
何ともうらやましい限りである。

初めてお邪魔した彼女の家も
我が家同様3階建ての一軒家である。
ただ、うちほど小さく狭くは無く
築6年の家はまだ光り輝いている。
現在は、娘と保育園や小学校
学童も一緒だった息子との2人暮らしである。
彼が保育園に入って来た時には
すでに彼女はバツ1だった。

実は我が家にウンベラータをくれたのは彼女だ。
当初出窓に置くも、頭が閊えたため床に下ろされ
今や私の背丈を超えたウンベラータである。
実際、観葉植物好きの彼女宅は緑だらけで
特にトイレは植物園の如くで見事だった。
まさにあっぱれ状態だったが写真を撮り忘れた。

そんな彼女宅で、一緒に行ったKさんと3人
昼間から女子・・・もとい、熟女会である。
日頃話すこともない私には嬉しい会だ♪
けれどKちゃんはよく飲む。
次から次へと飲みまくり、目は据わり
5時間もするとしつこくからみ始めた。

私がお酒を飲まないことをブツブツ言い
Kさんがウーロン茶を頼んでも
チューハイを持って来る。
こうなると話にならない。
私たちは早々に引き上げることにした。

明日が休日で良かった。
いくら注射が得意だと言ったって
二日酔いの看護師じゃ危なくてしょうがない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-09-14 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん