カテゴリ:仲間たち( 74 )

ユーロに感動♪

ドイツから無事に到着したアヤコは
この後、沖縄にも行くため、驚くほど大きくて
重たいスーツケースを引きずっていた。

食事を済ませ、我が家までの移動も
エレベーターの無い階段は2人で抱え上げる
ありえない大変さだった。
新宿駅たるもの、まだまだ改善が必要だ。

私が暮らした当時、ドイツの通貨はマルクだった。
その後ユーロに統一されたが
私はこれまで、その実物を目にしたことが無かった。
今回、アヤコの財布にはそのユーロがあり
初めての対面である。

c0322794_15451227.jpg

c0322794_15454317.jpg

当時のマルクより種類が増えている。
お札のサイズは当時も違っていたが
ここまで数があると財布に入れても落ち着かない。

c0322794_1605648.jpg

小銭も実際はもっと種類がある。

アヤコの財布には現在、このドイツのお金と
日本のお金、さらにアメリカのお金も入っていて
かなり国際的である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-06-03 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

アヤコ、到着

以前、厚木基地に住んでいた友人のアヤコは
現在ドイツに住んでいる。
そして彼女は昨日、今週末に開催される同窓会に
出席すべく一時帰国した。

日本には彼女のお母さんが購入した家があり
お母さん亡きあとは、アヤコのお姉さん夫婦が住んでいた。
けれど、そのお姉さんが3年前に突然亡くなると
未だ家の相続問題で揉めている。
そのため義兄の住む「お姉さんの家」には泊まれず
今回はホテルに予約を入れたと言う。

そんな無駄なお金、使うことないよ~!
私はすぐにそれらをキャンセルするように言い
彼女をうちに泊めることにした。
こんな時、1人暮らしは便利である。
どうせ部屋は余っているのだから
いつでも好きな時に使ってくれればいいのだ。

実はアヤコと私の付き合いは長い。
保育園に始まり、中学校と高校も一緒で
高1の時にはクラス代表として2人で弁論大会に出場
さらに3年間を共に体操部で過ごした。
部活帰りには、渋谷で必ず甘味屋に寄り
そうでない時には新宿でソフトクリームを買い
食べながら歩いて帰って来たものだ。

彼女は明日から8日までうちに泊まる。
懐かしい話からドイツの話まで
話すことはお互いたくさんあり、盛り上がることだろう。
家に話し相手がいるのは久しぶりのことだけに
私は今からウキウキしている♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-06-02 23:57 | 仲間たち | Comments(0)

再会プロジェクト第3弾

懐かしい友人たちとの再会を目指し
スタートした「しーちゃん再会プロジェクト」も
すでに第2弾までが終了している。

第1弾では書道学校時代の友人と再会し
第2弾ではドイツ時代の友人たちと会った。
第3弾となる今日は、結婚して11年住んだ
社宅時代の友人との再会である。
前回会ったのはドイツから帰国した夏休み。
つまり18年ぶりと言うことになる。

ランチしながらお互いの近況報告に始まり
それまでの生活ぶりを話しまくった。
けれど彼女が先月母親を亡くしたばかりと知り
本当に驚いた。
先週四十九日が済んだばかりだと言う。

とにかくジェットコースター人生の私である。
元旦那を良く知る彼女だけに
最近話すことの無かった離婚についても訊かれ
すっかり過去のこととなった話をした。
もちろん、それ以外にも話すことは山ほどあり
ランチを食べ終わった後も延々と続いたため
途中でケーキセットを追加注文することとなった。

c0322794_22152487.jpg

きゃあ~!カワイイ♪

結局、冷房が寒すぎるなどと文句を言いつつ
私たちは4時間15分もの間お店にいた。
恐るべし!オバサンパワー!!

けれど、何よりウケたのがお互いの習い事である。
彼女は私がやってみたいと思っている
「飾り巻き寿司」の教室に通っていて
私は逆に、彼女がやりたかった
カービング教室に通っていたのだった。

その結果、次回は彼女が我が家へ泊まり
その際に「飾り巻き寿司」と「カービング」を
教えっこすることで話がまとまった。
やだぁ~!楽しそうじゃ~ん♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-05-21 22:34 | 仲間たち | Comments(0)

同窓会は欠席

これまで幹事として同窓会を3回開催して来た。
覚えやすいように、これからは4年ごと
「オリンピックの年に同窓会をやろう!」
と決めたのも、私たち幹事である。
けれど訳あって、4年前の同窓会をもって
私は幹事を辞めた。

そして今年はオリンピックの年である。
もちろん、ちゃんと同窓会は開催される。
今回の幹事仲間が頑張ってくれ
6月の土曜日に決定した。
すでに先週末、その案内状も届いている。

ご存知のように、私の今年の目標は
「ご無沙汰の友人たちとの再会」である。
つまり、同窓会は久しぶりの顔に会える
またとないチャンスなのだ。
さらに、幹事でない一般人としての参加も
とても楽しみにしていた。

けれど・・・
私は同窓会に出席できない。
二次会にも出席できない。
すでに返信ハガキも「欠席」として出した。
本当に・・・本当に残念だ。

実は会場が決まったと聞いたその瞬間から
私は欠席を決めていた。
同窓会は54階で、二次会は53階・・・
ありえない設定である。

親しい仲間なら知っている私の高所恐怖症。
高いところでは揺れを敏感に感じてしまうのに
その状態で6時間近くも我慢するなんて
絶対に無理!考えただけでも具合が悪くなる。
行きたい気持ちは山々なれど
身体が受け付けないのだから仕方ない。

懐かしい仲間に会いたかったけど、また4年後
東京オリンピックの年の同窓会を
楽しみに待つことにする。
それまで元気でいられる自信もないけど・・・。

その会場がまた高いところだったなら
そりゃ間違いなく嫌がらせだな。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-04-26 23:36 | 仲間たち | Comments(6)

あ~スイーツ食べ放題

有休も取れぬまま筋肉痛を伴った今週。
タバコ臭い歓送迎会ではさらに疲れたが
水曜日は楽しみにしていた女子会であった。
ここでパワーを補給し直すのである。

今回は「スイーツ食べ放題」つきのコースだ。
女子会コースがある居酒屋は数々あれど
やっぱりここが私の1番好きなお店である。
何より、扉つきの完全個室なので落ち着くし
大声で話さなくていいのは嬉しい。
しかも料理はしっかりしているし
飲み放題も水っぽい飲み物でなく本物だ。

c0322794_17272586.jpg

c0322794_17273922.jpg

c0322794_1727523.jpg

c0322794_1728537.jpg

c0322794_17281939.jpg

メイン料理は肉が1人、魚が3人に分かれた。
私はモチロン、魚である。

c0322794_17285316.jpg

c0322794_1729985.jpg

さらに食事はピザ1/2が1人、ロール寿司が3人だ。
私はロール寿司である。
けれど実際、この量は多い。
ここに来るまでにかなりの量を食べて飲んで
すでにみんなおなかがいっぱいだった。

c0322794_17293542.jpg

けれどここからが本番!
6種類のスイーツが食べ放題なのである。
デザートは別腹・・・とは言ってもこの大きさ。
コーヒーと一緒でも1つ食べるだけで精一杯だ。
結局、2人がアイスを追加で食べたものの
私は食べ放題を利用することなく終わった。
気合は入ってたんだけどなぁ。。。

実は今回、最初に頼んだ「柚子梅酒のお湯割」が
誤ってロックで出てきていた。
けれどとても美味しい梅酒だったので
そのまま飲んだ私はいきなり酔ってしまった。
さらに花粉症の薬も飲んでいたことから
途中で猛烈な睡魔に襲われてしまったのである。
そしてついに戦いに敗れて瞬寝・・・。
ありえない。
幸い、3時間の最後には復活したが
スイーツ追加のパワーは無かった。

こりゃ、次回リベンジだな。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-04-23 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

急きょ、温泉へ♪

この週末、ご主人が留守だというのんちゃんから
「遊びたい~♪」とメールが届いた。
ちょうど孫の世話もしなくていいことになったため
久しぶりに息抜きをしたいとのことである。

ただ・・・何分にも急な話だ。
とりあえずは付き合ってくれるメンバーを募り
それからどうするかを決めることにした。
結果は予想通りの惨敗。
1泊で付き合える仲間は私を入れて4人だけ。
しかも女3、男1というバランスの悪さである。
ん~・・・どうする?

土曜日だけなら参加できるメンバーがいたことから
日帰り温泉にするか、飲み会か。。。
はたまた女子だけで温泉1泊にしちゃうかと悩んだ。
ん~・・・やっぱり飲み会かなぁ。

けれど、諦めきれないのは温泉好きののんちゃんだ。
毎日PCとにらめっこし
何と!空きの出た保養所をとってしまったのである。
やだぁ~♪ 取れたら行くしかないじゃ~ん!

ということで、明日から私たち4人は温泉に出かける。
結局、男1のワチキが車を出してくれることになり
車で行く温泉旅行となった。
きゃあ~!楽しみぃ♪

ではでは、行って来ま~~~~~~す!!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-04-15 23:47 | 仲間たち | Comments(0)

結局、何年ぶり?

ドイツに駐在していた当時、息子のクラスで
一緒に役員をやった仲間4人でランチした。
帰国後も定期的に会っていた仲間だが
そのうちの1人が透析生活に入ってからは
なかなか会えないまま今日に至っていた。

ちなみに私が1番年下、まさに熟女会である。
ところが4人もいながら、前回いつ会ったかは
それぞれの記憶があいまいで結局不明だった。
彼女が透析生活に入るという頃だったことから
10年近く前だったことは間違いない。

今回は3時間の「チーズフォンデュコース」。
個室はソファー席でゆったりと家でくつろぐ感覚♪
とっても居心地のいいお店だった。

c0322794_23155422.jpg

c0322794_2316894.jpg

c0322794_23162355.jpg

c0322794_23163774.jpg

c0322794_23165323.jpg

c0322794_2317658.jpg

c0322794_23171952.jpg

おしゃべりに夢中ゆえ、食べかけの写真あり。
毎度のことである。

とにかく久しぶりなので話は山とあった。
それぞれに子供たちの近況から始まり
自分のことや仕事のこと、病気のことなどなど。
次から次へと報告は続く。
そして現在は子供たちも独立し
1番下の子供のみが同居する1人を除けば
他は夫婦2人だけの生活となっていた。
あの、当時6年生だった子供たちが
結婚してそれぞれに家庭を持っているとは・・・
私たちも老けるわけである。

透析生活を続けていた彼女は5年前
ご主人から腎臓をもらい移植手術を受けた。
現在は体調も良く、すっかり復活している。
本当に良かった♪
さらに驚いたのは、緑内障がもう1人いたことだ。
彼女は半年前に病気が見つかったばかりだが
すでに私同様、4分の1は見えていなかったと言う。
40歳以上の20人に1人と言われる緑内障患者が
4人中2人もいたとはビックリだ。

そんなこんなで話はさらに盛り上がり
当然、3時間では終わらない私たちである。
さっそく、店を出るとお茶するために場所を替え
それからさらに2時間近く話しまくった。
あ~!楽しかったぁ♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-03-22 23:50 | 仲間たち | Comments(0)

突然のお誘い♪

前の会社の元同僚Mさんから
「用事で近くまで来たので駅で待っている」
とのメールが、終業の少し前に届いた。

最近は定時に会社を出ることが難しかったが
ラッキーなことに、今日は17時30分に席を立てた。
ほどなく駅前で待つMさんを無事に発見し
半年ぶりにご飯することにした♪

現在Mさんは2つのパートを掛け持ちしているが
そのうちの1つは私の会社のすぐ近くである。
できることなら働きたくないと言いながらも
少ない年金だけでは生活できないと
繰り返し訴えるMさんであった。
私より厚生年金の加入期間が長かったのに
それでも暮らしがキツイと言われては
私のお先は真っ暗である。

その原因は「家賃」だ。
収入が減った今では大きく家計を圧迫している。
いよいよ本気で引越しを考え始めたMさんだが
占いによれば、今年は動くべきでないと言う。
今より安い部屋探しは来年の話になるらしい。

確かに、生活がどんなに苦しくても
家賃は毎月払わなければいけない。
たとえアリが出る家でも無いよりマシか・・・。
次から次へとお金がかかる家でも
家があることは幸せなことなのか・・・。

最近我が家を持て余し気味の私には
何ともビミョーな現実であった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-03-09 23:59 | 仲間たち | Comments(0)

20年ぶりに再会♪

ドイツに行く前の友人と20年ぶりに再会した。
前回会ったのはドイツから一時帰国した1996年だった。
それからもずっと年賀状のやり取りは続けていたが
なぜか会うことがなかった友人である。

14年間勤めた保険会社を辞めた私は、当時
お習字を勉強し直すべく、書道学校に入学した。
彼女とはそのクラスで初めて出会った。
言うなれば「書道友」である。
教室では隣の席に座り、共に励まし合った仲なのだ。

その後、お互いに点々と住まいを替え
再会した今は2人そろって名前も変わっていた。
何とも、20年の月日を感じる現実であるが
お互いに当時の名前で呼び合うのには笑えた。

c0322794_23302680.jpg

c0322794_23303981.jpg

まずは「雪人参御膳」である。
人参だらけのランチだったが美味しく頂いた。
ちなみに私はご飯少なめ、彼女は普通である。

食後は近くのファミレスに移動し
何と!それから5時間お茶した。
この20年間の報告から始まり近況まで
話すことはた~~くさんである。
ドリンクバーで何度もおかわりしつつ
私も波乱万丈のジェットコースター人生を報告した。

彼女は私と同じ歳だが、出会った時は
すでにバツイチで2人の子供を育てていた。
現在もパートを2つ掛け持ちして頑張っている。
久しぶりの再会に多少の不安はあったものの
待ち合わせ場所では、お互いすぐに分かり
「ちっとも変わってないねぇ~」が挨拶になった。

実は現在、私たちはすぐ近くに住んでいる。
今日会った駅まで彼女は5分、私も10分ほどで
まさに目と鼻の先である。
しかも、今や2人とも自由気ままな独り暮らし。
お互いの安否を無事に確認し合ったところで
これからも定期的に会うことにした。

あ~!楽しかったぁ♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-03-06 23:58 | 仲間たち | Comments(0)

ガタつく年頃

もともとが物静かな私ではあるが
さすがに話すことの少ない日々が続くと
無性に誰かと話したくなる。

そんな時、久しぶりの友人が連絡をくれた。
めちゃくちゃ忙しい仕事の中で
たまたま時間ができたと言う。
やだぁ~!ナイスタイミングじゃん♪

ということで、昨日仕事帰りに会ってきた。
一見、かわらず元気そうに見えたものの
訊けば、去年はなかなか大変な年だったらしい。
何といってもシニアな私たちなのである。

悲しいくらいに次から次へとガタつく身体。
私たちの年代では当たり前のことなのだが
何やら空しい。

しゃべりまくること3時間。
それからカラオケ案が出たものの
中途半端な時間では消化不良となるため
今回はそのまま帰宅することにした。
シニアたるもの早寝早起きであるべきだ。

それでも、おかげでスッキリ♪
やっぱり私にはおしゃべりタイムが必要みたい。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-03-03 23:59 | 仲間たち | Comments(0)