つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:会社・転職( 181 )

社長、異動

すでに気持ちは連休モードだった15時過ぎ
親会社の取締役会に出席していた社長から
「FAX送ったから回覧して」
との連絡が入った。

それは親会社が発表した
子会社間の人事異動文書だったが
な!な!なんと!!
うちの社長が別の子会社の社長として
異動することが書かれていたのである。
え~~~~~~!!!
事務所にいた数少ない社員たち全員が
驚きのあまりフリーズした。。。
マジで??

あまりに突然で、誰も予想していなかった異動。
私もショックすぎて言葉が出なかった。
もちろんパートの彼女も同様で
「え!?マジですか?」
と言ったきり絶句である。
今年はすでに2人の異動があってバタバタなのに
さらに社長までもが代わるとは・・・。

・・・私の思いは複雑だ。
ご存知の通り、前の会社が閉鎖された時
プーになった私を拾ってくれたのが社長である。
私はその社長に少しでも恩返しをすべく
ここまで社長の目指す改革を手伝ってきた。
最強の意地悪派遣女と合わず
1日1日が長くて辛くて辞めたいと思いつつも
我慢し続けたのは
社長への恩があったからに他ならない。

その社長がいなくなる。。。
私にはもう辞められない理由が無くなった。
正直、ホッとした。

新しく来る社長は、親会社の役員だ。
現在うちの役員も兼ねているため
月に1度は役員会にやって来る。
物事をハッキリ言う厳しい人という印象である。
決して嫌いなタイプではないが
社長になればまた違ってくるかもしれない。

とにかく私にもう縛りはない。
新しい体制に自分が必要ないと感じたら・・・
やっぱり違うと思ったなら
その時はいつでも辞めることを考えていい。
私は自由なのだ。
ちょっと嬉しい♪

そしてそれはパートの彼女も同じようだ。
冗談めかして彼女は言った。
「じゃあ私もここまでってことで・・・」
社長に頼まれ手伝いに来ることになった彼女だ。
やっぱり思うとこはあるだろう。

社長の異動は5月末、あと1ヶ月である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-04-28 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

余計な心配?

会社の私と同い年の課長の話だ。

彼は独身で母親と2人暮らしである。
彼は小太りでハゲている。
中途半端なハゲでなくツルツルと言っていい。
早い話が「典型的な日本のオヤジ」であり
どう見てもモテるタイプではない。
だからこの歳まで独身なのか・・・
はたまた理想が高いのかは分からない。
たぶん、このまま一生独身なのだろうな。。。

と思っていたらビックリ~!
お酒を飲まない上に、飲み会が嫌いなため
これまでほとんど出席しなかった彼が
先日の歓送迎会の際、私の前に座った。
同級生なので私とは普段からよく話すのだが
そんな彼が「ここだけだよ」と見せてくれたのが
彼女の写真だった。

やや上目使いにこちらを見る彼女は
何と!ベトナム人。
見るからに若くカワイイ娘であった。
訊けば歳は28・・・って親子じゃん!
娘と言っても何の違和感もない歳の差である。
え~!!大丈夫?

メールだかラインだかが毎日3回は届き
GWにはあちらへ行って来ると言う。
彼女の家族にはすでに会っていて
新しい家こそ買っていないが
家電やら自転車やらは購入済みだそうだ。
彼女は日本にも3度来ていて
近いうちに母親にも会わせると言っていた。
つまり結婚するつもりのようで
まさに今がラブラブな彼、満面の笑みである。

何でも、ベトナムに出張した際に
通訳で付いてくれた女性の友人だそうで
1度食事をしたところ
彼女から連絡が来るようになったらしい。
ん~・・・どうなの?

もちろん、私は彼の幸せを願っている。
「本当に」愛し合っているのなら
こんなに嬉しいことは無い。
けれど・・・なぜか素直に喜べない私がいる。
大丈夫だろうか?

騙されていないか・・・
いい金ヅルにされてはいないか・・・
と心配するのは余計なお世話?
詐欺に遭ってから
人を疑り深くなってしまった私・・・ヤダヤダ。
彼がそれでいいんだからいいんだよ。
大丈夫だよ・・・たぶん。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-04-25 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)
早いもので、パートの彼女が来てから1年。
去年の今頃はまだ派遣女がいたわけだが
もう遠い遠い昔のことのようだ。

パート女性は週に3日、1日5時間の契約だが
実際定時に帰れることはなく
いつも時間をオーバーして頑張ってくれている。

男の子2人の母らしく、サッパリしていて
とにかくよくしゃべる明るい女性である。
おかげさまで私たちはうまく行っている。
変な気を使う必要もないので
疲れることもないのは嬉しいことである。

ただ・・・ただ・・・ただ1つを除けば。。。

これまで誰にも言わず、言いにくいことではあるが
それでも、そろそろ暖かい日が続く今日この頃
私は辛い時間を過ごしている。
去年1年こそ何とか耐えたが
正直なところ、今年も我慢できる自信がない。

彼女はハンパない「ワキガ」なのである。
それもかなり重度。。。
電車では周りの人が顔をゆがめるレベルだ。
確かに私は臭いに敏感だが
そうでなくてもハッキリ分かるだろう。

隣同士の彼女と私の距離はそれなりにある。
それでもダメだ・・・辛すぎる。
去年の夏、私はいつも憂鬱だった。

彼女はいい人である。
でも・・・我慢できない。
彼女自身、気づいているのかいないのか。

今年もすでにその臭いは漂い始め
私は思いっきり憂鬱である。
あ~・・・つらいよ。。。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-04-05 23:59 | 会社・転職 | Comments(2)

今年は異動あり

何度も本意でない転職を続けるうち
いつしか人事異動は身近なもので無くなっていた。
けれど、春は異動の季節であったことを
今週、思い出した。

この4月1日付での人事異動が2件
発表されたのである。
1人は部長で、静岡の支店長になる。
もう1人の課長は、親会社の工場の1つに
部長として出向し、その工場からは
入れ替わりで課長が出向して来る。
会社としては1名の減である。

そのため社長は、新入社員を入れたがっていて
求職中の30代男性を知らないかと
みんなに声をかけていた。
けれど、縁故採用には限度があり
私自身は好きではない。
そもそもこの会社の体質は
みんなが繋がっていることに起因し
少なくともそれはプラスに働いていると言えない。

新年度は1名少ない中でスタートする。
みんなが手一杯の担当を持つ現状で
部長が担当している50を超えるお客さんは
いったい誰がどう引き継ぐのか。

何やら先の見えない新年度である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-03-25 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

ホワイトデー♪

昨日は有休だったが
世の中ホワイトデーだったらしい。
昔はそんな日、無かったのにね。

出社すると、私と隣の彼女のデスクの上には
何やら包みがいっぱいだった。
律儀な皆さんからのお返しである。

c0322794_23104925.jpg

ちゃんと、この日のために準備してくれたものや
出張のついでのお土産
さらには慌ててコンビニで買ってくれたものまで
それぞれの性格を表しているようで面白い。

c0322794_2314228.jpg

中身はクッキー、チョコレート、ラスクに紅茶。
どれも有り難いプレゼントである。
けれど、私が1番嬉しかったのは
実は右端のタオルハンカチだったりする。
スヌーピーのワンポイント付きで、何より色がいい♪

思いがけないお返したちに、笑顔全開の私であった。
やだぁ~!みんな、優しいじゃ~ん♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-03-15 23:41 | 会社・転職 | Comments(0)

またまたモヤモヤ

やっぱりず~~~~っと思っていることである。
「この会社は私に合っているのかな・・・」

世の中、本当にやりたい仕事ができるのは
ほんの一握りの人たちだけだ。
モチロンそんなことは分かっている。
それでもやっぱり今の仕事はつまらない。
現金も、銀行も、伝票も、経費も、請求書も
私には何~にも関係が無いのである。

忙しそうな社員には
何度声をかけても手伝わせてもらえず
未だに他の仕事を覚えることすらできていない。
私は1日中自分の席に座ったままで
ただただPCとにらめっこの資料作りである。
総務や給与の仕事はあるがボリュームは無い。
やっぱり今の仕事はあまりにも退屈で
ちっとも楽しくない。

だったらと社長の言うように仕事の効率化を考え
色々な変更を提案してみるも
すんなりと受け入れられることは無く
今日は社長自ら、今のままでいいと言った。
とにかくだらしない営業社員たちゆえ
現在のアナログなやり方でないとダメらしい。
社長曰く、今のやり方こそがベストなのだそうだ。
今どきありえない仕事の流れである。
結局この会社は、これからも何も変わらないだろう。

私はすでにシニア社員である。
シニアはシニアなりに給料分だけ働けばよい。
それでもやりがいのない仕事はやりたくない。
けれどこの会社にいる限り
この先も私の仕事は変わらないだろう。

このままここにいるべきか・・・。
またまたモヤモヤが強くなった今日この頃である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-02-16 22:46 | 会社・転職 | Comments(0)

今年はバレンタイン

バレンタインデーと言えば
思い出すのは学生時代のことばかりである。
自分で記憶していることもあるが
それ以外にも、仲間たちとの温泉の夜に暴露された
当時のありえない私自身の姿などなどなど。
あ~青春だったなぁ。。。

実は、社会人になってからを振り返っても
職場で「義理チョコ」を配ったことは無かった。
元旦那に至っては
「作り出されたブームに乗るのは大嫌い」と
バレンタインデーに会うことすらしなかった。
結局、バレンタインチョコを最後に買ったのが
いつだったかも思い出せない。

そして、今の会社に入り
最悪の意地悪派遣女と一緒だった間に
2回のバレンタインデーがあった。
「何もやったことはない」と言った彼女に合わせ
2回とも何もしなかった私だったが
実は派遣女は何人かに陰で自分だけ配っていた。

今年のバレンタインはパートの彼女と2人である。
さっそくどうしようかと考えた。
当日が日曜になるためスルーする案も出たが
チョコ好きが多い職場であり
やっぱり何かしようということになった。
けれど私たちはしがないシニア社員にパートであり
20個弱配るとなれば単価を下げる必要がある。
昼休みに「安いけどそこそこの量」のチョコを
ネットで探して注文、会社に届けてもらった。

ところが、彼女が帰る時間になっても
外出した社員はほとんど戻らず、事務所には3人だけ。
仕方ないのでいない人にはメモを貼って置いた。
それにしても、みんなの嬉しそうな笑顔・・・
やっぱり買って良かった~♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-02-12 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

今年も忘年会

今日は会社の忘年会だった。
参加者は15名、うち女は私だけである。
年に1度我慢の辛い2時間・・・。
まずは料理を載せておく。
ちなみに最初の胡麻豆腐は写し忘れた。

c0322794_1651670.jpg

c0322794_16511934.jpg

c0322794_16513162.jpg

c0322794_16514377.jpg

c0322794_16515580.jpg

c0322794_16521020.jpg

c0322794_16522223.jpg

c0322794_16523960.jpg


何が辛いって・・・タバコである。
私はとにかくタバコの煙が大嫌い!
なのに今どき、うちの会社では
社長を始めその半分がタバコを吸う。
会社のビルは禁煙なので
仕事中は通りを渡った公園まで出かけるため
普段はその存在を感じることはないが
忘年会だけは別である。

今回もお座敷での会となり
タバコを吸う派、吸わない派で別れるものの
ふすまを閉めれば1部屋である。
7人が立て続けに吸うタバコで
いつしか部屋は煙だらけ・・・も~最悪!
1番隅っこに座ってても全く意味ナシ!!

2時間半後にお開きになった時
私のコートからバッグまでもがタバコ臭となり
髪の毛も何もかもが臭いまくりだった。
自分で自分が臭くてたまらない。
帰宅するなりお風呂に飛び込んだ私だった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-12-18 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

今年のツリーは赤♪

ビルの入口には今年もツリーが飾られている。
私よりも背の高いツリーである。

c0322794_22491623.jpg

今年のカラーは「赤」だ。
並びのビルにもそれぞれ飾られているが
たまたま隣のビルのツリーも赤がメインである。
もしかして今年の流行?

ちなみに一昨年のツリーはピンクだった。
去年はわざわざ載せていないところを見ると
たぶん同じだったと思われる。

何気に楽しみなツリーである。
おかげで殺風景なビルはすっかり明るくなり
気分もワクワクだ♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-12-17 23:17 | 会社・転職 | Comments(0)

まだ派遣女

今週末、会社の忘年会がある。
そのために毎月給料から積立金が引かれ
費用はそこから払われる。

積立金は口座に入金しているが
引き出すのは年に1度、忘年会の時だけである。
金庫には通帳とカードが入っていて
今日、パートの彼女が引き出しの準備をした。
カードはまさかの「太陽神戸銀行」のものだが
はて・・・暗証番号がわからない。

手提げ金庫の中やら何やら
どこかに書いていないかと探してみるも
見つけることは出来なかった。
「仕方ない、(派遣女)さんに訊くしかないな」
課長が言った。
ゲッ!聞きたくもない名前・・・。

すぐに反応したのは男性社員である。
その言葉を聞くや否やスマホを手に持ち
「今メールで訊いてます」
とニコニコしながら言った。
さすが仲良し。
私の不快度は急上昇!1000%になった。

返信はすぐに届いた。
とても仕事中だとは思えない早さである。
すっかり考えることもなくなった派遣女を
今また思い出させられたことは
不愉快以外の何ものでもなかった。

久しぶりに気分最悪で帰宅した私である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-12-15 23:54 | 会社・転職 | Comments(0)

激動のしーちゃんブログ


by しーちゃん