つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:会社・転職( 181 )

6人来るらしい

会社が募集した営業社員に
何と!6人もの応募があったらしい。
マジで驚きつつも、課長は
「たぶん冷やかしだろうな」
と冷静である。

明日の午後は、それらの学生を集めて
「会社説明会」が開かれる。
けれどそれが面接を兼ねているかは分からない。
なぜなら、そのすべてを仕切るのは
親会社の人事だからである。
うちの会社が募集し、うちの社員になると言うのに
どうして親会社が出て来るのか。

私はこれまで子会社で働いた経験が無いが
子会社とはこういうものなのか。
何をするにもいちいちお伺いを立て
やろうとしていることも好き勝手にできない。
実は未だにこの会社に馴染めないのは
それが理由の1つでもある。

現に親会社から来た新しい社長は
何でもかんでも親会社と同じにしようとしている。
実際は、仕事の内容も全く違うわけで
その全てを当てはめるには無理がある。
けれど長年の親会社体質が抜けない社長に
私たちは振り回されている。

社長が代わり、会社がどう変わって行くかと
期待半分でスタートしたものの
全てにおいて、何かが違うと感じる。
やっぱり自分に合っているとは思えない。

さてさて、そんな会社に来てくれる人はいるだろうか。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-24 22:42 | 会社・転職 | Comments(0)

憂鬱でしかない

うちの会社は年に数回、祭日が出勤日になる。
今年度はその日が5日あり
9月と11月の祭日は全て仕事である。
休みたければ有休を取るしかない。

けれど、実は毎年その出勤日のうち1日が
「グループイベント日」に設定されている。
グループ会社を集めてイベントが行われる日だ。
当日はそれに参加することが仕事である。

そして去年までは「バルーンバレー大会」が
そのイベントだった。
つまり親会社のある静岡まで
朝早くからバルーンバレーをしに出かけるのである。
私はこれまで毎年、有休を取り
このイベントには欠席して来た。

今年、そのグループイベントが9月にある。
今回のイベントは初めて「講演会」となり
落語家を招いて落語を聞くらしい。
しかも、今回は身体を動かすイベントでないため
全員参加が大前提だとの通達が出た。
社長も声を大にして参加を訴え
ほとんど強制参加と言う雰囲気である。
もはや冠婚葬祭でもない限り、欠席は不可能だ。
・・・最悪。

確かに私は正社員である。
社員である以上、参加は義務であろう。
けれど、行きたくない。

わざわざ祭日に興味のない落語を聞きに
はるばる出かけることを考えるだけでも憂鬱。
そもそも私は人見知り。
知ってる人もいないグループ会社の人たちと
会ったところで楽しいわけもない。
しかも、うちの会社で女は私1人。
そして私はシニア社員なのである。

・・・と、何を訴えたところで
行かないわけにはいかない空気だ。
あ~・・・憂鬱以外の何物でもない。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-18 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

ヒマ。。。

うちの会社は休日の出勤が多い。
仕事の性質上、長い休みは特にそうで
このお盆休みもたくさんの社員が仕事だった。

それはお盆休みが終わった今も続き
今日もまた事務所は閑散としていた。
事務所にいるのは
私たち業務課の3人と技術課の部長だけ。
営業は誰もいなかった。

私は以前も書いたように仕事が減っている。
その上8月と来れば
仕事はほとんど無いと言ってよい。

・・・つらい。
明日も何もない。。。

休みたいけれど
会長のお世話があるので休めない。
最悪。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-17 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

お盆休みに突入

会社は明日からお盆休みである。
と言っても、その休みとなった2日間は
しっかり来月の祭日に出勤することになる。
つまり来月、うちの会社に祭日はない。

お盆休みと言えば
恒例の「家中のカーテンの洗濯」である。
やたらと窓が多い我が家ゆえ
レースのカーテン&カーテンの数はハンパなく
その全てを洗うには
1日中洗濯機を回さなければならない。
そしてこれまでの私は「洗濯日」を1日決め
これらを一気に片付けていた。

けれど、さすがの私も
最近は何をするのも面倒臭くなってきた。
そうよ、私はシニアじゃん。
シニアならシニアらしく
無理せず何日かに分けて洗わなきゃね。

この「面倒臭さ」には要注意だ。
掃除も面倒臭くなり・・・
片付けも面倒臭くなり・・・
そうして徐々に部屋は散らかっていく。
だからこそ、まだ身体が動くうちに
今から断捨離すべきであり
極力身の周りの物は少なくしておくべきだ。

とは思うけど、この暑さじゃねぇ。
とりあえずこの休みは、涼しい部屋で
韓国ドラマとオリンピック観戦てことで。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-10 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

無くなる仕事

3年前、突然の会社閉鎖でプーになった私を
今の会社の前社長が拾ってくれた。
そもそも求人をしていなかった会社に
入れてくれたのである。

私の仕事は、何もかもを1人でやっていた
課長の仕事を手伝うこと。
それから、何でも細かく分析する前社長が
必要とする資料を作ること。。。になった。
つまり月末月初も関係なく、締切のない仕事と
時としてバイトでもできる仕事の担当である。

そして先日、社長が交代した。
今度の社長は大のIT好きで
すでに2ヶ月で職場環境はガラッと変わった。
さらに面倒臭がりなのか、何なのか・・・
前社長が細かくやっていた仕事は同様にはせず
効率化なのか、ほとんど省略である。
前社長が細かく見ていた書類を見ることはなく
その都度押していたハンコも1ヶ所に押すだけだ。

使用目的別に作っていた各資料も、現在
1種類で全てを兼ねるべく検討中である。
そうなれば、私の仕事は無くなる。
残る仕事はパートでも十分にできる量しかない。

仕事が無いことは耐えがたい。
すでにシニア社員となり
給与も減り、昇給もない私である。
「今の仕事量=給与分」と割り切れば
悩むこともないのだろうが、それができない。

すでにお世話になった前社長はいない。
この会社に留まらなければならない理由はないのだ。
あ~・・・転職先があれば、すぐにでも転職したい。
定年まで秒読みとなった今
最後までこの会社でいくのか・・・。

たとえ収入は減っても
やっぱり、やりがいのある仕事がしたい。
この歳では、もはや叶わない夢だろうか・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-04 23:24 | 会社・転職 | Comments(0)

本気で求人

一昨日、課長がハローワークへ出かけた。
どうやら求人書類をもらいに行ったらしい。

うちの会社はほとんどがコネである。
みんな誰かの親戚だったり、知り合いだったり
全く関係が無いのは私だけかもしれない。

「一般募集だとどんな人が来るか分からないが
コネならその点は間違いがない」
というのが、うちの会長を兼任する
親会社の社長の考えだそうだ。

だからこんな変な会社なのだと私は思う。
今1つ危機感もないピリッとしない雰囲気・・・
競争心も「がむしゃら感」もない。
業績が悪くても責任を感じるでもなく
決して他の会社では通用しないと思われる。

実は、今年の人事異動により
現在営業社員が1名減となっている。
その分は全営業社員に少しずつ振り分けられたが
もともとが手一杯なだけにあふれている。
前社長は中途採用を考え、全員に声をかけたが
もはや周りに該当する知り合いはいなかった。

すでに来年の春
うちに新入社員が入ることは決定している。
親会社で採用した社員の中の1人が
うちに入社することになったそうだ。
そして、それとは別にもう1人、中途採用を決めた。
こちらはハローワークを通じて
一般募集することにしたらしい。

新しい社長に代わってまだ2ヶ月だというのに
ものすごい勢いで会社が変わっていく。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-28 22:44 | 会社・転職 | Comments(0)

揺れる・・・

覚えているだろうか。。。
突然会社を閉鎖すると言い出したボンボン社長を。
父親が築き上げた財産の全てを
一代で手放した親不孝な息子である。

その最後のビルの解体がついに始まった。
私が5年間勤めた・・・もとい。
私が5年しか勤められなかった会社のあったビルだ。
すべてのテナントが退出し、人手に渡ってから3年。
これまでずっと放置されていた。

ボンボン社長から購入したA社は
すぐにワンルームマンションを建てると言っていた。
なのにいつまでも工事が始まらず
不思議に思っていたのだが
実は、このビルはずっと売りに出されていたらしい。
A社が転売したかどうかは不明だが
現在の売値はボンボン社長が売った3倍・・・
××億だというからビックリ!
当然、未だに買い手がつかないらしい。
だったら更地にして売ろう・・・ということか。

外からは覆いで何も見えないが
解体はかなり進んでいるようである。
私は現在、すぐ隣のビルにいる。
大きな音こそしないものの
昨日からは事務所にいても分かるほど揺れる。
とにかく揺れる・・・ゆれる・・・ユレル。。。
それもユッサユッサと船酔いしそうな揺れだ。

震災のあと、揺れている感覚が
なかなか抜けなかったあの感じである。
それでなくても揺れに敏感な私にとって
まさに会社で船酔い状態だ。
最悪・・・。

けれど、ボンボン社長にとっても
8階に住み着いていた霊にとっても
自分のものだったビルが無くなるのは
さぞかし寂しいことだろう。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-26 23:26 | 会社・転職 | Comments(2)
もともと年齢層の高い我が社である。
ゆえに今日社内にいた6人の中で
「ポケモンGO」を楽しみにしていたのは
平成ボーイ&話のタネにやってみると言う
40になる社員の2人だけだった。

お昼になり、弁当を買いに出た平成ボーイは
カレーと共に満面の笑みで戻って来た。
セブンイレブンの前でポケモンを発見!
ゲットしたと言う。

お試し社員はと言えば
こちらはコンビニ袋を手に戻って来たと思えば
そのまま社内をウロウロ。
「あれ~?今見つけたのにいなくなった」
と言いながら応接室に入って行った。
どう見ても挙動不審である。
「コレ、ヤバいかも・・・」
お試しが本気になりそうなのか、彼がつぶやいた。

けれど、ポケモン自体をよく知らない私には
何が楽しいのか分からない。
仮にこれが「キティGO」だったとしても
「ベティGO」でも「亜土GO」でも
やるかどうかは分からない。
ただ「どうぶつの森GO」だったら
ん~・・・ちょっと気持ちが揺れる。。。

今はただ、スマホ片手の人に
ぶつかられたくないと思うばかりである。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-22 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

更新続行

会社には営業課、技術課、業務課がある。
技術課は3名で、そのうちの1人は67歳
すでに定年を過ぎたパート社員Sさんだ。

パートの契約は3ヶ月更新となっていて
今回の契約は9月までである。
その9月に68歳の誕生日を迎えるSさんは
それを1つの区切りとし
今回の更新を最後に退社の意思を固めていた。
そしてついに今日、社長にその旨を申し出た。

応接室の1つを潰し、無理矢理作った社長室は
驚くほど防音性に劣る。
事務所との間の壁に換気口があるためで
話し声は1から10まで事務所に丸聞こえとなり
応接室として使用していた時も
秘密の話ができない部屋だった。

その社長室で話す社長とSさん。
それでなくとも大きな声の社長である。
必死に引き留める社長の声は事務所中に響き渡った。
確かに、これからは保守メンテに力を入れることを
会社の方針としている現状で
大ベテランのSさんに辞められることは痛い。
社長が引き留めるのも当然のことだ。
「少なくとも、自分がいる間・・・この2年間は
何とかこのまま続けてほしい」

結局、Sさんも考え直し
その時期を先延ばしすることに決めたようだ。
体力的にキツイなら出張は最低限にするなど
見直しをすることで続行は可能だろう。

「人を大切にする」
それは社長の強い思いであると同時に
親会社が取り組んでいることである。
とりあえず、Sさんが続けてくれることになり
私もホッとした♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-21 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

粉瘤事件

思えば少し前から部長の動きは怪しかった。
やたらとウロウロ歩き回って落ち着きがなく
座っている身体は変に傾いていた。

そして昨日、それはピークになったらしい。
部長はしきりに顔をゆがめ、言った。
「粉瘤・・・」
場所はお尻の右側、肛門寄りだと言う。
粉瘤は良性腫瘍の1つで
言うなれば「おでき」だが、皮膚の中に袋ができ
これを取り除かなければ再発を繰り返す。

部長の粉瘤は破裂直前の
もはやどんな姿勢でも激痛を伴う
どうにもならない状態らしい。

みんなで皮膚科行きを強く勧めるも
同様の症状で過去に2度行った医者での
膿を絞り出す際の痛みがトラウマとなっていて
絶対にイヤだと言い張った。
「だったら私たちがやってあげる!」
とパートの彼女とそろって提案してみたが
ウンと言うわけもない。

けれど椅子の隅に
左のお尻だけを乗せて座るその姿は
笑っちゃいけないと思いつつも我慢できない。
箸が転んでもおかしい年頃だから仕方ないものの
そもそも男は痛みに弱すぎる。
聞けば、家族そろってハワイに行った時にも
この粉瘤のおかげで散々だったらしく
ここまで繰り返すとなれば
早いとこ手術するに越したことはない。

そして今朝、痛みに耐えられなくなった部長は
ついに皮膚科の受診を決意していた。
会社近くの皮膚科をチェックしたと言うから
これは本気である。
そうそう、潰すなら
自分ではなく医者にやってもらうべきである。

ところが朝礼後、トイレから戻った部長は笑顔だった。
「破裂した~♪」
とりあえず第1弾が出たことで楽になったらしい。
「血だらけ」
と詳しい報告までしてくれた。
とりあえずトイレットペーパーを充ててると言う。
それでも予定通り、皮膚科へ行くと思いきや
「もう破裂したから行かなくていい」
とニコニコである。
それだから完治しないのだと言ったが
定期的なトイレットペーパーの交換でいいらしい。

夕方、部長が外出することになった。
出る前に私のところへやって来た部長は
くるっと後ろを向くと言った。
「染みてないよね?大丈夫でしょ?」
ズボンをチェックしてくれということらしい。
ったく・・・どこまでも世話の焼ける部長である。
幸い、歩き方を除けば外見上に粉瘤の影はなく
安心して出かけて行った。

言うまでもなく、知る人ぞ知る部長。
過去に英語とスマホにパニくった、その人である。
何を隠そう、私と同い年だ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-20 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

激動のしーちゃんブログ


by しーちゃん