つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:会社・転職( 186 )

テンション急降下

昨日のコーヒー事件は努めて忘れることにした。
起こってしまったことをクヨクヨしたところで
今さらどうしようもない。
2度と同じ過ちを繰り返さぬよう
今一度、気持ちを新たにして行こう!
何とか、そう自分に言い聞かせつつ出社した。

ところが、朝1番に
親会社の秘書室の女性から電話があった。
「昨日、△△会社の方がみえましたよね?
それで、コーヒーをこぼされたとか??」
え~!・・・その話?
要は、昨日同席していた会長が
そのことをとても気にしていると言う。

会長は親会社の社長であり、昨日は
「もう忘れちゃいなさいね」
と言ってくれたものの、会社としては
何もしないわけにはいかないということだ。
もちろんお詫びについては私も気になっていたが
それでもいきなり秘書室は凹む。

「ご本人がこぼされたわけじゃないんですよね?」
念を押す彼女に
「はい。私が出す際に倒しました。私のミスです」
と答えた途端、気持ちがド~ンと落ちた。
やっぱり忘れられないじゃん・・・。

結局、秘書室の方で
お詫びの菓子折を手配してくれるようである。
「お手数をおかけします」
下がったテンションのまま私は言った。
もちろん、彼女とは何かとやりとりすることが多く
良く知っている仲である。

そんなわけで、今日は朝からテンション下の下。
またまた長~い1日となった。
これでまた、次に会長がこちらに来た時には
お詫びしなければならないだろう。
いっそ、菓子折代を給料から引いてもらったら
気が楽なんだけどな。。。

改めて大ポカの自分に腹が立った。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-09-16 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

大ポカ・・・

30年以上、働き続ける中で
人生初の大ポカをやらかした。。。

「来客にコーヒーをぶっかけた」のである。

・・・あ~最悪。。。
こんなヘマをやらかすなんて・・・最低。
全く私らしくない。。。

来客は2名だった。
同席したのは会長、社長、部長と
グループ会社の社長の計4名である。
私は6人分のアイスコーヒーを用意し応接室に入った。
偉い人だろうが、人数が多かろうが
緊張することなど無い冷静しーちゃんである。

けれど、最初のアイスコーヒーを
テーブルに置こうとした時、それは起こった。
カップホルダーが引っ掛かかったのか何なのか
カップがコテッと倒れてしまったのである。
アイスコーヒーはテーブル上にブァッと広がり
来客の1人のズボンにもピチョッと跳ねた。
ズボンの裾と太もも辺りに飛んだそれは
点々とコーヒー染みになり
テーブルに並んだ名刺たちもビチョビチョ!

もちろん、全員が立ち上がり大騒ぎとなった。
私は更なる布巾を取りに飛び出し
状況を察したパートの彼女も駆けつける。
おかげでほどなく事態は収拾したが
グレーのスーツに着いた染みは取れていない。
それでも、こぼれたのが
テーブル上だったのは不幸中の幸いだった。

けれど、これまで何100回とやって来たお茶出しで
こんなヘマをやらかすとは、私も衰えたものである。
気持ちがたるんでいたに違いない。
つまらないと思いながら通う会社ゆえ
緊張感も集中力も欠けていたのだと思う。

来客が帰る際には、再度お詫びをし
さらに会長、社長、部長にも改めて謝った。
そしてグループ会社の社長には
コンビニで買った新しいハンカチと共にお詫びした。
社長はこぼれたコーヒーを拭こうと
自分のハンカチを出してくれていたのである。

けれど、すでに誰1人気にしておらず
会長に至っては、自分が同じように
訪問先でコーヒーをこぼされた時の話をしてくれた。
「もう忘れちゃいなさいね」
との言葉に、恐縮した私であった。

それでも、気持ちはとてもありがたいと思いつつ
さすがにその後は凹んだ。
あ~ダメだ。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-09-15 23:56 | 会社・転職 | Comments(0)

4年目に突入

気づけば9月も半ばである。
いつの間にか、ここでの仕事も丸3年が過ぎた。

そして4年目に入った現在、私は益々悩んでいる。
この3年間ずっと感じている
「この会社は私に合っていない」という思いは
ここへ来てさらに強くなった。

もともと仕事らしい仕事もない私である。
しいて言えば、分析好きだった前社長の手伝いで
PCを使った色々な資料を作ることがメインの仕事。
けれど、それも前社長がいたからこその仕事で
新しい社長に代わった今となっては
それらの資料は不要となった。
つまり、それでなくても少ない私の仕事は
さらに減ったのである。

これまで、残業の多い男性社員には
彼の仕事を手伝わせてもらうべく何度も声をかけた。
けれど彼からの反応は無く
余計なお世話かもしれないと諦めた。
どうやら彼にとって、残業料は大切な収入源らしい。

勤務時間が決まっていながら
定時に帰れないパートの彼女にも何度も言った。
けれどこちらも同様だった。
自分の仕事を手伝ってもらうことは
彼女のプライドが許さないようだ。

結局、私は仕事が無く本当につまらない。
朝起きて、今日は何をして時間を潰そうかと
毎日考えるだけでも憂鬱になる。
この先もずっとこの状態が続くなら
たとえ収入は減っても仕事があるとこへ行きたい。

「シニア社員なんだから無理に仕事をせず
給料分だけ働けばいいのだ」
そう割り切れたなら、どんなに楽だろう。

あ~・・・明日も何もやることがない。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-09-14 23:59 | 会社・転職 | Comments(2)

雑すぎでしょ

私が以前勤めていた、隣のビルの解体も終盤だ。
すでに事務所のあった3階から上は影も形も無くなり
予定より早いペースで作業が進んでいるようだ。

上から順に解体する方法はとても静かである。
騒音と感じる音は出ず、ただただ揺れる。
ユッサユッサと震災を思い出すイヤな揺れだ。
そして何日かに1度、がれきを運び出すため
上からザザザと落としてトラックへ載せるが
しいて言えば、それが気になる唯一の音だった。
ここまでの作業は
とりあえず順調に進んでいたのである。

ところが、この週末の作業時にそれは起きた。
今日の午前中、突然業者さんが訪ねて来て
うちの会社の窓に何かをぶつけたため
その確認に来たと言う。

c0322794_234957100.jpg

見れば、応接室の網入り窓ガラスの1枚に
確かにヒビが入っている。
幸いガラスは飛び散っておらず
休日でもあったため、ケガ人もいなかった。
だが、絶対にあってはならないことである。
それだけでも十分呆れた仕事ぶりだが
実は他にも呆れたことがあった。
窓の「手形」である。

c0322794_23545358.jpg

同様の窓が同じ壁側にたくさんあるのだが
それらに全てこの通り
手形や指の跡がつけられてしまっている。
何かの時に触ったのだろうが
それにしても酷過ぎる!
私は業者さんにも管理会社にも
綺麗にしてほしいと伝えた。

隣が無くなり、明るくなったと窓を見上げれば
手形や指の跡が落書きの如く目立つ。。。
ありえない・・・。
酷い業者があったものだ。

機会があったなら、ボンボン社長に教えてやりたい。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-09-12 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

結局半分・・・

午後、親会社の人事がやって来た。
会社説明会のためである。

予定では出席する学生は6人で
私はその分の会社資料を用意していた。
けれど人事の人は言った。
「今日の出席者は4名になりました」
おいおい、もう2人キャンセルだよ。

そして開始予定の2時になったが
集合したのは3人だけ。
1人は連絡もないままのドタキャンである。
誰もが携帯電話を持つ時代
連絡できないわけはなく、ありえない。

それから2時間、説明会は無事に終わった。
後半は我が社の「平成ボーイズ」も参加した。
ただ、残念ながら3人ともにおとなし過ぎて
会社が求めるガツガツさは無いようである。

実は今日の説明会は第1回だったようで
2回は来週、3回は9月上旬に行われるらしい。
そして内定は9月中、入社は来年4月だそうだ。

モチロンそれはそれでいいのだが
実際のところはベテラン社員も欲しい。
40代前半の上が50代後半となる現状では
あまりにもバランスが悪い。
上がガバッと抜けた後が心配である。

と、そんなことは私が心配しなくても
親会社が当然、ちゃ~んと考えているだろう。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-25 23:53 | 会社・転職 | Comments(0)

6人来るらしい

会社が募集した営業社員に
何と!6人もの応募があったらしい。
マジで驚きつつも、課長は
「たぶん冷やかしだろうな」
と冷静である。

明日の午後は、それらの学生を集めて
「会社説明会」が開かれる。
けれどそれが面接を兼ねているかは分からない。
なぜなら、そのすべてを仕切るのは
親会社の人事だからである。
うちの会社が募集し、うちの社員になると言うのに
どうして親会社が出て来るのか。

私はこれまで子会社で働いた経験が無いが
子会社とはこういうものなのか。
何をするにもいちいちお伺いを立て
やろうとしていることも好き勝手にできない。
実は未だにこの会社に馴染めないのは
それが理由の1つでもある。

現に親会社から来た新しい社長は
何でもかんでも親会社と同じにしようとしている。
実際は、仕事の内容も全く違うわけで
その全てを当てはめるには無理がある。
けれど長年の親会社体質が抜けない社長に
私たちは振り回されている。

社長が代わり、会社がどう変わって行くかと
期待半分でスタートしたものの
全てにおいて、何かが違うと感じる。
やっぱり自分に合っているとは思えない。

さてさて、そんな会社に来てくれる人はいるだろうか。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-24 22:42 | 会社・転職 | Comments(0)

憂鬱でしかない

うちの会社は年に数回、祭日が出勤日になる。
今年度はその日が5日あり
9月と11月の祭日は全て仕事である。
休みたければ有休を取るしかない。

けれど、実は毎年その出勤日のうち1日が
「グループイベント日」に設定されている。
グループ会社を集めてイベントが行われる日だ。
当日はそれに参加することが仕事である。

そして去年までは「バルーンバレー大会」が
そのイベントだった。
つまり親会社のある静岡まで
朝早くからバルーンバレーをしに出かけるのである。
私はこれまで毎年、有休を取り
このイベントには欠席して来た。

今年、そのグループイベントが9月にある。
今回のイベントは初めて「講演会」となり
落語家を招いて落語を聞くらしい。
しかも、今回は身体を動かすイベントでないため
全員参加が大前提だとの通達が出た。
社長も声を大にして参加を訴え
ほとんど強制参加と言う雰囲気である。
もはや冠婚葬祭でもない限り、欠席は不可能だ。
・・・最悪。

確かに私は正社員である。
社員である以上、参加は義務であろう。
けれど、行きたくない。

わざわざ祭日に興味のない落語を聞きに
はるばる出かけることを考えるだけでも憂鬱。
そもそも私は人見知り。
知ってる人もいないグループ会社の人たちと
会ったところで楽しいわけもない。
しかも、うちの会社で女は私1人。
そして私はシニア社員なのである。

・・・と、何を訴えたところで
行かないわけにはいかない空気だ。
あ~・・・憂鬱以外の何物でもない。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-18 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

ヒマ。。。

うちの会社は休日の出勤が多い。
仕事の性質上、長い休みは特にそうで
このお盆休みもたくさんの社員が仕事だった。

それはお盆休みが終わった今も続き
今日もまた事務所は閑散としていた。
事務所にいるのは
私たち業務課の3人と技術課の部長だけ。
営業は誰もいなかった。

私は以前も書いたように仕事が減っている。
その上8月と来れば
仕事はほとんど無いと言ってよい。

・・・つらい。
明日も何もない。。。

休みたいけれど
会長のお世話があるので休めない。
最悪。。。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-17 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

お盆休みに突入

会社は明日からお盆休みである。
と言っても、その休みとなった2日間は
しっかり来月の祭日に出勤することになる。
つまり来月、うちの会社に祭日はない。

お盆休みと言えば
恒例の「家中のカーテンの洗濯」である。
やたらと窓が多い我が家ゆえ
レースのカーテン&カーテンの数はハンパなく
その全てを洗うには
1日中洗濯機を回さなければならない。
そしてこれまでの私は「洗濯日」を1日決め
これらを一気に片付けていた。

けれど、さすがの私も
最近は何をするのも面倒臭くなってきた。
そうよ、私はシニアじゃん。
シニアならシニアらしく
無理せず何日かに分けて洗わなきゃね。

この「面倒臭さ」には要注意だ。
掃除も面倒臭くなり・・・
片付けも面倒臭くなり・・・
そうして徐々に部屋は散らかっていく。
だからこそ、まだ身体が動くうちに
今から断捨離すべきであり
極力身の周りの物は少なくしておくべきだ。

とは思うけど、この暑さじゃねぇ。
とりあえずこの休みは、涼しい部屋で
韓国ドラマとオリンピック観戦てことで。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-10 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

無くなる仕事

3年前、突然の会社閉鎖でプーになった私を
今の会社の前社長が拾ってくれた。
そもそも求人をしていなかった会社に
入れてくれたのである。

私の仕事は、何もかもを1人でやっていた
課長の仕事を手伝うこと。
それから、何でも細かく分析する前社長が
必要とする資料を作ること。。。になった。
つまり月末月初も関係なく、締切のない仕事と
時としてバイトでもできる仕事の担当である。

そして先日、社長が交代した。
今度の社長は大のIT好きで
すでに2ヶ月で職場環境はガラッと変わった。
さらに面倒臭がりなのか、何なのか・・・
前社長が細かくやっていた仕事は同様にはせず
効率化なのか、ほとんど省略である。
前社長が細かく見ていた書類を見ることはなく
その都度押していたハンコも1ヶ所に押すだけだ。

使用目的別に作っていた各資料も、現在
1種類で全てを兼ねるべく検討中である。
そうなれば、私の仕事は無くなる。
残る仕事はパートでも十分にできる量しかない。

仕事が無いことは耐えがたい。
すでにシニア社員となり
給与も減り、昇給もない私である。
「今の仕事量=給与分」と割り切れば
悩むこともないのだろうが、それができない。

すでにお世話になった前社長はいない。
この会社に留まらなければならない理由はないのだ。
あ~・・・転職先があれば、すぐにでも転職したい。
定年まで秒読みとなった今
最後までこの会社でいくのか・・・。

たとえ収入は減っても
やっぱり、やりがいのある仕事がしたい。
この歳では、もはや叶わない夢だろうか・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-08-04 23:24 | 会社・転職 | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん