つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:会社・転職( 199 )

社長の色紙

昨日は9時から事務所の開所式があった。
近くの神社から神主さんに来ていただき
会議室での式には全員が参加した。

「初穂料」として用意したのし袋は
社長の依頼により、私が表書きした。
この会社に来てからは
そういう仕事を頼まれることが多い。

先週のことである。
色紙とメモを手に社長がやって来た。
「これにバランス良く、墨で書いてほしいのですが」
訊けば、親会社の出す社内報に載るらしい。
新年号の抱負あたりだろうか?
だとすれば、自分で書くべきだとは思うが
そんな気はさらさらないようである。
「今月中にお願いします」
社長は言った。

ということで昨日、帰宅するやいなや筆を持ち
自分で言うのも何だが、ものすごい集中力で
一気に書き上げた。

c0322794_19103871.jpg


「道」である。
自分的には納得のいく出来ではないが
書き直す余分な色紙もないため良しとした。
裏には言われた通り、会社名を書いた。

その後、色紙を包もうとした時に
社長から渡されたメモが出て来たが
それを見て私はフリーズした。


c0322794_19103886.jpg


ギョエ~~~~~!
「道」じゃないじゃん!
「進」じゃん、「シン」じゃん、「ススム」じゃん!!
・・・ありえない。
私は勝手に「道」だと思い込み
全く疑うことも確認することもしなかったのである。
あ~私のバカバカバカ!

いくら自分を責めたところで墨が消せるわけも無し。
ここは特別な色紙でなかったことに感謝すべきだろう。
さっそく、今日の帰り文房具屋に寄って色紙を購入し
今度こそ正しい「進」の文字を気合で書き上げた。

c0322794_19103964.jpg


これまた納得できない出来だが良しとする。
ここで書き直しを始めようものなら
またブログの更新ができなくなることは間違いない。
「色紙」と「更新」を量りにかけりゃ~
「更新」が重い私の人生である。

こうして何とかお習字は終わった。
社長がこの色紙を手に持ち
にこやかに笑って写真に写る姿が目に浮かんだ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-11-27 22:59 | 会社・転職 | Comments(0)

無事引越し完了

今日は休日出勤して引っ越し荷物を片付けた。

今度の事務所では席を決めず
営業と技術の人たちは空いている席を使うことになる。
自分の席があるのは私たち業務課だけだ。
すべては会長が決めたことだが
実際のところ、定着するかは微妙である。

c0322794_19103863.jpg


先週金曜日に写した写真である。
電話の工事をしているところでイマイチ分かりにくいが
手前の列が業務、真ん中2列が営業で
窓側が技術となっている。
この事務所の他に倉庫用の部屋が2つ、会長室
TV会議もできる大きな会議室が1つと
応接室が2つ、ミーティングルーム、給茶室があり
女子更衣室は以前の3倍の広さである。

今度のビルは築10年。
今回思い切って備品を買い替えたこともあり
事務所はピカピカである。
私の席もちゃんとしたデスクにちゃんとした椅子で
やっと一人前になった気分だ。

今日は女子更衣室、給茶室、自分の席を片付け
受付横のショーケースに商品をディスプレーし
さらに事務用品を整理した。
・・・疲れた。

明日からは新しい事務所での仕事が始まる。
週末には仲間たちと温泉旅行だし
あ~楽しみぃ~♪
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-11-24 21:10 | 会社・転職 | Comments(0)

何しても無理

事務所の引越しは今月末だが、すでに今月から
新しい事務所への出入りが可能になっている。
課長は図面の確認で度々出かけているが
他の社員は連れて行けど、私たちに声はかからず
私も派遣女子も不満に思っていた。

金曜日の朝、私は課長に
次回行く時は連れて行ってくれるようにお願いした。
世の中、言わなければ分からない男もいる。
すると9時過ぎ、1番で行くことになった課長が
ちゃんと声をかけてくれた。

私はモチロン、派遣女子にも声をかけようとした。
が、彼女は毎朝の如くトイレにこもっていた。
トイレのロッカーに化粧品を置いている彼女は
出社して朝1番で化粧をするのである。
そうなると15分は出て来ない。
そこを呼びに行ってイヤな顔をされるより
次に行く時に課長から声をかけてもらえばいいだろう。

さらに朝、役員にお茶出しの仕事はあったが
今週の当番は私でなく彼女である。
いつもはなかなかトイレから出て来ない彼女に
痺れを切らして私が淹れているが
今日は彼女にやってもらえばいいと判断した。

建物自体が新しいのだから当たり前だが
引越し先の事務所はとても綺麗だった。
メジャーであちこち測りまくる課長を手伝いつつ
私は隅から隅まで見て回った。
嬉しいことに綺麗な女子トイレは2つあり
どちらにもちゃんとウォシュレットがついていた。
現在の女子トイレでは1つの方にしかついておらず
当然派遣女子がそこを自分用として使っていたため
私はもう1つの冷たい便座を使っている。
これからは私もやっと暖か便座だ♪

事務所には30分ほどで戻ったが
派遣女子の機嫌を損ねているだろうことは想像できた。
なので席に着くなり私は声をかけた。
「すみませんでした」
彼女は無視した。
それでなくても朝から風邪気味で
体調がイマイチだった私は、これで気分まで悪化した。

そしてお昼前、課長がまた行くと言い出した。
私がお願いしておいたので
課長は忘れずに彼女に声をかけ連れて行った。
それでも彼女の機嫌は直らなかったらしい。
お昼になると
「体調が悪いので横になる」
と言って1人応接室に入って行った。
あ~面倒臭い!

何でヘソを曲げられなくてはならないのか。
自分より先に、私が1人で
新しい事務所に行ったことが気に入らないのか。
役員にお茶出ししなかったことがムカつくのか。
前にも書いたが、仕事で迷惑をかけたならともかく
そんなどうでもいいことでこの態度。
あまりに次元の低い話である。

何をどう我慢してみても無理だ。
私は彼女とは絶対にうまくやっていけないだろう。
第一、これ以上彼女に譲歩することはしたくない。
「気がついた方がやればいい」
と自分で言いながら、全てのお茶出しを
私1人に押しつける理由は何なのか。
お茶出しすること自体に不満があるわけではないが
彼女の態度にカチンと来る私である。

あ~面倒臭い、あ~・・・くだらない。
風邪が悪化した。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-11-09 17:56 | 会社・転職 | Comments(2)

2ヶ月経過

気づけば転職して早くも2ヶ月が過ぎた。
私はこの会社にいる意味があるのだろうか。

未だに「私の仕事」と言えるものは無く
アルバイトの電話交換手のごとき毎日である。
それでなくてもこんなオバサンを拾ってもらい
申し訳ない気持ちでいっぱいだと言うのに
もはや気詰まりでいてもたってもいられない。

今、社内は今月末の引越しに向けてバタバタしている。
それぞれが自分の周りに積み重なった荷物を片付け
毎日出るゴミの量はハンパではない。
課長は経理財務関係のファイルの整理に始まり
非常用の水や食料品の確認や廃棄
さらにはメジャーを持って備品を測りまくっては
新しいレイアウトに頭を悩ませている。

モチロン、毎日のように声をかけてはみるが
私に手伝えることは、せいぜい
期限切れのミネラルウォーターを片付けることぐらいだ。
トイレ用にと長いこと保管してあった20ケースだが
引越し先は狭く保管場所もないため処分した。

それでもボ~っとしているのもイヤなので
更衣室や給茶スペース、さらに流しや女子トイレも
思い切って片付けることにした。
これまで派遣女子は1度もしたことが無いらしく
賞味期限切れのものがポロポロと出て来たので
片っ端から捨てた。
彼女が1枚も無いと言っていた白いタオルや
未使用のふきんも奥から発見したので
さっそく使うことにした。
こうなりゃ本来ある姿に戻すまでだ。
要らない食器や灰皿20個も処分である。

ちまたでは来年の年賀状が発売されたらしい。
と来れば、これまでの電話交換業務に加え
今後は新しく年賀状の宛名書き業務が
増えるだろうことは間違いない。
さらにアルバイトっぽい・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-11-01 10:00 | 会社・転職 | Comments(0)

結局更新・・・

先日、派遣会社から女性がやって来た。
うちの課長を訪ねて来たのだが
その課長は予定外の会議に出席させられていたため
彼女は派遣女子と面会した。

そのまま2人は1時間以上話し込んでいた。
当然、派遣女子の更新のことで来ているわけなので
これはいよいよ辞める気になったのかと
私は密かに期待した。

けれど、世の中自分の思うように行くわけもない。
その後も何事もないところを見ると
どうやら彼女は今回も更新したようである。
この分では引越した後も期待できない。
はぁ・・・ガッカリ。

あれから態度をガラッと変えた彼女は
お昼も自分から私に話しかけることが多くなった。
露骨な溜め息をつくことは無くなり
私と話す時も笑顔である。
それとは逆に、私は溜め息をつくようになった。
今までそんなことは無かっただけに自分に驚く日々だ。

c0322794_19101752.jpg


先日は突然、これをもらった。
知り合いがカナダに行ったお土産だと言う。
とりあえずはありがたく受け取り
そのまま捨てるわけにもいかないので持ち帰った。

クッキーに罪はない。
だから持って帰るだけは持って帰った。
持って帰るだけは。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-10-25 23:28 | 会社・転職 | Comments(0)

当分電話番みたい

転職してから早くも1ヶ月半が過ぎた。
けれど、私は毎日座っているだけで仕事は無く
電話交換手になった気分である。

先月25日、最初のお給料をいただいた。
20日締めの会社なので、給料は20日分だけ・・・
と思いきや丸々1ヶ月分が支給された。
翌日、慌ててもらい過ぎの旨を課長に申し出たが
間違いではなく、それでいいのだと言う。
何だかとても申し訳なかった。

入社前の社長の話では
現在業務課長が1人で抱えている経理、財務、人事
そして総務の仕事を手伝って欲しいと言うことだった。
確かに課長は日々忙しく、毎日がパニックに見える。
特に、来月に引越しを控えている今は
輪をかけて移転手続きや連絡で混乱している。
私は何度も声をかけたが、仕事を引き継ぎたくとも
説明する時間すら惜しい状況のようである。

ゆえに、私にできることは電話を取ることだけ。
自分用のPCがあっても私用で使えるわけもなく
持病の腰には負担だと分かっていながらも
1日中、ただただ座っているしかないのである。
私にとってこれ以上辛いことはない。
ヒマが何より苦手な私なのである。

実際、仕事らしい仕事もせずに給料をもらうことに
私はものすごく抵抗を感じる。
そもそも私がいる意味があるのか・・・。
今月に入ってからはその思いが日々強くなっている。

そんな中、たまたま昨日社長と話せる機会があった。
私はその思いを伝えたが、社長は言った。
「もう少し長い目で今のまま待ってて下さい。
引越しが終わって落ち着けば
課長にも時間ができるし、それからで十分。
焦らなくても大丈夫です」

社長がこのままでいいと言うのだからいいのだろう。
が!私はそれでは落ち着かない。
確かに引越しが終われば状況は変わるかもしれない。
けれど、あと1ヶ月もこの状態とはやっぱり凹む。

あ~・・・仕事が欲しい。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-10-19 11:35 | 会社・転職 | Comments(0)

静か~な職場

会社は2年に1度、展示会に参加するらしい。
そして今年はちょうどその年に当たり
いよいよ来週が本番である。

そんなわけで社内は準備でバタバタしている。
私も未だに自分の仕事が何なのか
イマイチ分からない中で
手が空けば展示会案内の宛名書きを手伝った。
そこまで手の回らない営業の人たちや社長が
入れ替わり立ち替わり頼みに来るため
さすがに右手は腱鞘炎状態である。

そして今日は営業の人たちが
親会社での最終会議にそろって出かけたため
朝、社内にいたのは私のいる業務課4名と
技術課2名の6名だけだった。
けれどその2人も、30分ほどで出かけたので
残ったのは私たちだけとなった。
課長、娘婿と同じ名前の彼、派遣女子、私だ。
さすがにほとんど電話も鳴らない静かな1日だった。
来週も1週間、営業の人たちは
全員が展示会場に詰めるため、同じ状態だろう。

派遣女子はその後、心を入れ替えたらしい。
何を言っても大丈夫と思っていた私が
言い返したことで考えを変えたのかもしれないが
とにかく機嫌がよくて気味が悪い。
私にニコニコと話しかけ
その激変ぶりには戸惑うばかりである。

けれど私がこれまでと変わることはない。
彼女の機嫌1つで振り回されるつもりはないし
彼女とは会社だけの付き合いである。
それ以上、仲良くする気はないが
それでもあちらが笑顔なら私も笑顔を作る。
ただそれだけだ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-10-09 23:22 | 会社・転職 | Comments(0)

あ~大誤算

1ヶ月と1週間が過ぎ、会社には慣れた。
けれど実際は派遣の彼女とはうまく行っていない。
たぶんこの先も無理だろう。
私はそう結論した。

この1ヶ月、彼女と仲良くなろうと頑張ってみたが
これ以上の努力はできない。
私は自分を殺し、自分でも悲しくなるほど我慢した。
何も気づかないふりをして話しかけるには
折れそうな心を奮い立たせなくてはならなかった。
でももうやめた。
私にだって我慢の限界はある。
これ以上無理をすれば私自身が壊れてしまう。

前の会社にいる時は、請求書を持って行く私に
感じよく接してくれていた彼女だった。
だからこそ、うまくやっていけるのではないかと
軽く考えていたが、甘かった。
実際の彼女はとても気分屋で気難しい人だった。
それも仕事以外のところで
私に言わせればどうでもいい部分である。

早い話が、彼女には彼女流のやり方があり
お茶出しや洗い物をその通りにできない私が
腹立たしいのだろう。
たとえば使ったタオルは1週間つけておき
金曜日にまとめて洗うのが彼女流だ。
そう聞いたので、彼女が休んだ日
私は使ったタオルを同じようにつけておいた。
すると翌日、それは1回では洗わないと言われ
露骨に溜め息をつかれた。

他にも書くのも躊躇われるような小さなことで
いちいちイヤな顔をされ溜め息をつかれる・・・。
その後からは無視されるようになり
何かを聞いても面倒臭そうに言われるだけだ。
2人で食べるお昼も口を利かず
帰りも今は向こうがわざと席を立たないので
別々に帰るようになった。

けれど私が何をしたと言うのだろう。
私自身、彼女にそんなにツンケンされるほど
悪いことをした覚えはない。
仕事で迷惑をかけてしまったならともかく
取るに足らないことで何だと言うのか。
まぁ私が嫌いならそれでも構わない。
私だって何が何でも仲良くしたいわけではない。

先週はついに私もキレた。
11時は会長にお茶を入れる時間である。
けれどちょうどその時間
彼女がその場所でガタガタやっていたので
私はてっきり彼女が入れてくれるのかと思った。
「気づいた方がやればいい」
と言ったのは彼女である。
けれど彼女がそのまま出て来たので
私は入れ替わりにお茶を用意しに行った。

ところが、ポットのお湯は
彼女が自分のお昼のレトルトを温めるために
ほとんど使ってしまっていた。
その上、水を足したお湯は60℃まで下がっていた。
「60℃じゃお茶いれられないですよ」
席に戻って私が言うと、彼女は
「え!?まだいれてなかったの?」
と露骨にイヤな顔をし、溜め息をついた。
言いたいことはあったが我慢した。
周りに男の人たちがいたからである。

そして無言で食べ終わったお昼に私は言った。
「機嫌を損ねたみたいだから言っておきます。
お茶を入れようとした時に××さんが使っていたので
終わってからにしようと思ってただけで
11時のお茶を忘れてたわけではありませんから」
彼女はブスっとした顔で言った。
「別に何とも思ってないけど。
あ~入れてなかったんだな、と思っただけ」

ここまで言いたいことも言わず私は良く我慢した。
自分で自分を褒めたい気分だ。
ホントならガツンと言ってやりたいし
モチロンできないわけではないが、私は大人だ。
2人しかいない女同士なのだから
仲良くしないよりは、した方がいいし
これからも働くのだから楽しい方がいいに決まってる。
そう思ってここまで頑張った。
でもダメだ。

そもそも、私にはそういう態度でありながら
男性に対してはニコニコキャンキャンする女など
好きになれるわけもない。
私は昔からそういう女が1番嫌いなのだ。

それでも幸いなことに、男性たちはいい人ばかりだ。
だから負けるわけにはいかない。
これからも彼女とは仕事と割り切り付き合っていく。
頑張れ!私!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-10-07 21:42 | 会社・転職 | Comments(0)

英語でパニック

21時を過ぎPCの前に座ると
ほどなく死ぬほどの眠気が襲ってくる。
記事をアップするまでの間に
何度キーボードに顔を突っ込むことだろう。
疲れているのか、悪い習慣になってしまったか・・・。
オデコが打ってしまった
ものすごい数のスペースを戻す余計な仕事が増え
とにかく更新にはかなりの時間と力が必要である。

昨日、私がとった電話の1つは外国人からだった。
その男性はいきなりの英語でペラペラと話し
それから「英語を話せますか」と聞いた。
モチロンすべてが完全な英語である。
この場合、ヘタに少しだけ話せるなどと言えば
ややこしいことになるので私は言った。
「ごめんなさい、話せません」
すると彼は続けた。
「それでは誰か話せる人はいますか?」
「少しお待ち下さい」
私が言うと、彼は言った。
「大丈夫、問題ないよ」

電話を保留し、私は叫んだ。
「英語で電話が入ってるんですけど
どなたか英語ができる方、代わって下さい!」
「英語」と「営業」を聞き間違えた部長が
手を挙げて言った。
「オレオレ」
あ~部長、しゃべれるんだ♪
そう思った時、みんなが一斉に言った。
「英語ですよ!英語!!」
「え!?じゃダメだ」
部長は手を下した。

事務所を見回せば、みんな思いっきり首を振っている。
別の部長が若手社員に言った。
「△△出ろよ、誰も話せないって言えばいいよ」
「ダメダメ、無理ですって」
必死に拒む△△さんである。
あちこちで譲り合いならぬ押し付け合いが始まった。
すでに保留するには長い時間が過ぎている。
やはり日本の使えない英語教育には問題がある。
「え~!どうするんですか?」
私は再度言った。

それでも勇気のある男はいなかったので
ついに最初に名乗りを上げた部長が言った。
「じゃあオレが出るよ」
部長は受話器を取った。
「もしもし~あのね~イングリッシュ、NOなの。
ソーリーソーリー、NOイングリッシュ」

・・・タラ~ン。
これなら私が断った方が
よっぽど英語っぽかったかもしれない。
今どき誰1人英語も話せない会社とは情けない。
私は自分のことを棚に上げてそう思った。
あ~ドイツ語だったら何とかなったんだけどなぁ・・・
なんちゃって。
[PR]
by shi_chan1024 | 2013-10-03 23:55 | 会社・転職 | Comments(2)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん