つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:会社・転職( 197 )

新入社員は研修へ

この2ヶ月でしっかり成長したB君と
今や完全に後れを取った感のあるA君。
2人の新入社員は、今月から9月いっぱい
親会社の工場研修に出かけた。

2つの工場を1人2ヶ月ずつ交代で
4ヶ月の間、寮で生活しながらの研修である。
すでに、かなり前から楽しみにしていたA君は
「仕事で行くんだから荷物は多くないはず」
という声をよそに、布団やら何やら何やら
ものすごく大きな荷物を持ち込んだようである。

彼の爆睡ぶりは5月に入ってからパワーアップし
さすがに本人も気にしたのか
後半は午後の眠気を減らそうとお昼を抜いていた。
けれど、効果はあまり感じられず
最後には私たちも医者に行くことを勧めた。
訊けば夜も12時前には寝ているとのことで
問題は睡眠の時間ではなく、質のようだ。

仕事中はモチロンのこと
外出時の移動中もすぐに寝るA君である。
先日、先輩社員が同行で出かけた際にも
あまりにも気持ちよさそうに寝ていたらしく
先輩社員がその姿を撮影していた。

c0322794_00162604.jpg

一応、小さめに載せておく。。。が
改めて書くまでもなく、これは昼間である。
当然お酒も入っていない。
なのにここまで気持ちよさそうに爆睡できるとは
もしかしてA君は大物なのかも・・・???

果たして4ヶ月の研修後
彼はどうなっているのやら。。。

10月につづく。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-06-06 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

A君、無理・・・

新入社員のA君には、もはや言葉もない。
たるみ過ぎ!だらけ過ぎ!ふざけ過ぎ!

すでに彼の居眠りは有名である。
先輩社員や上司に同行しても
往復の車内でひたすら爆睡するのはA君。
2時間近く通勤にかかるB君の方が
毎日朝早く家を出て、よほど眠いだろうに。

今日は午前中、うちの課の社員が
2人を相手に仕事の流れについての説明をした。
フロア内にあるミーティングスペースなので
彼らの話し声は全て聞こえる。
ところが、一生懸命説明する彼に対して
たびたび質問を挟むのはもっぱらB君で
A君の声は全く聞こえない。
まるで2人で話しているかの如くである。

その状態があまりに続くので見てみれば
何と!A君は寝ていた。
やっと椅子には座っているものの
トロンとした目はまどろみの真っ最中。
完全に船を漕いでいる状態だった。

午後は午後で、新しく入れたコピー機について
ゼロックスが来てくれての説明会があった。
ところが、私の向かいに座っていたA君は
またしても始まるや否や船出したのである。

訊けば、先日の営業会議でも
A君は爆睡していたと言う。
最近では複数の先輩社員が、日に何度も
「おい大丈夫か?寝てる??」
と、冗談ともイヤミともつかない声をかけている。

会社なめてんの?
これが息子なら怒鳴り飛ばすところだ。
けれどここまでA君を見てきて
彼には何を言っても無駄だろうと思う。

A君が寝ている間、B君は自分にできることを探し
先輩社員に声をかけては手伝い
毎日たくさんのことを吸収している。
「しーちゃん、僕が出ますから。それも勉強なんで」
と言って、今や来客受付から
宅急便の受け取りまでやってくれるB君である。

来月からは4ヶ月の工場研修が始まる。
それでなくても入社前研修で寝坊して遅刻し
一躍有名人となったA君である。
この上さらに何かをしでかし
その名を轟かせないことだけを祈りたい。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-23 23:42 | 会社・転職 | Comments(0)

研修だし!

本当であれば先輩社員に同行させてあげたい新人だが
今週から大きな仕事が動き出しているために
ほとんどの人が駆り出され、それどころではない。
ゆえにA君、B君共にヒマを持て余している。

ならばと言うことで、勉強会をやることにした。
講師は私、給与から税金、社会保険料の話へと続き
さらには人事に関することも説明した。
今月の給与から、いよいよ社会保険料が引かれるが
それがどういうものかは知っておくべきである。

昇給や賞与の決定には評価が関係すること
つまり一律ではないことも詳しく話した。
仮に自分がすべての項目にAをつけたとしても
その後の上司の評価と合わせて
総合評価が決まると説明すると
A君は一言「マジか~」と言った。

「今は同じ給与でのスタートだけど
これからは評価や営業成績によって
昇給額や賞与額もどんどん違ってくるからね」
もちろん事実ではあるが
A君は少し脅しておいた方がいい。

彼らは来月から4ヶ月間、工場研修に行く。
6~7月、A君はC工場、B君はD工場
8~9月、A君はD工場、B君はC工場である。
その間は寮生活となるわけだが
早くもA君は「夢の1人暮らし」にワクワクだ。

とにかく楽しみで楽しみで仕方ないらしい。
まだ詳細連絡もない前から
寮に荷物を送るにはどうしたらいいかと
親会社の人事に電話をしていたのには
みんな目がテンになった。
訊けば布団やらTVやら色々と送りたいと言う。
目指すは「快適な寮生活、完璧な1人暮らし」か。

あのさ~、合宿に行くわけじゃないんだよね。
仕事なの!研修!!
どこまでも学生気分の抜けないA君である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-19 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

言葉なし

先輩社員が新人2人に訊ねた。
「うちの会社の資本金は?」

即答したのはB君、もちろん正解である。
A君はと言えば、恥ずかしげもなく答えた。
「知りません!」
そこで止めておけばいいのにA君は一言多い。
「B君、面接に向けて会社の経歴も覚えたらしいです」
B君を指差しながら言う。

お前も覚えろよ!!
のどまで出かかった・・・。

「資本金くらいは覚えておけよ」
先輩社員に言われたA君はさらに続ける。
「そもそも資本金て何なのか分かんないんですよね~」
はぁ?

B君は言った。
「調べればいいじゃん」
先輩社員も言った。
「T先輩を見習った方がいいな。
今だって分からないことがあるとすぐ調べてるぞ」

その気になれば、調べられないことはない時代である。
現にA君にも入社と同時にPC、Surface、スマホが貸与され
いつだって好きな時に自由に使うことができる。
「資本金とは何か?」
1分もかからず求める答えが見つかるだろう。
それをせずに「分かんないんですよね~」と平気で言うA君。
結局、彼にはやる気が無いのだ。

この間まで学生だった2人である。
できなくて当たり前、知らなくたって当たり前。
その上息子よりも若い彼らを、優しさの塊である私が
応援したいと思わないわけがない。
A君に対しても、これまで1ヶ月半の間
母親のような気持ちで見守り
何とかいいところを見つけようと私なりに頑張った。
でも無理だ。

できないなりに一生懸命なB君と
あまりにも違いすぎるA君なのである。
「コネでもないのに誰が採ったんだ?」
そんな声がチラホラ聞こえる今日この頃である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-12 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

A君B君歓迎会

昨日は会社近くの居酒屋で新入社員の歓迎会があった。

出席者は男16、女1の計17名である。
長いテーブル席は、奥の半分がタバコを吸わない席で
手前がタバコを吸う人の席。
これがいつものパターンである。
つまり私の周りはいつも同じメンバーとなり
喫煙者たちとの接点は無い。

社長は吸わない組なのでこちらのテーブルに座り
主役の2人も当然こちらである。
けれどのちにA君はタバコを吸うため
喫煙者のテーブルへ移動していった。
会社でもずっと席にいるB君に対し
タバコを吸いにたびたび席を外すA君である。

かねてから思っていることだが
喫煙者はタバコのために1回15分は席を外し
午前2回、午後2回の計1時間は仕事をしていない。
1ヶ月にすれば3日に該当する時間である。
これを減給なしとは全く納得がいかない。
ならば、吸わない人にも
同じだけの休憩を与えて然るべきではないか。

電話も取らず、やる気も感じられないA君が
当然のようにタバコ休憩を取ることに
実は私は苛立ちすら感じている。

これまで社長は
A君の遅刻事件について何も言わなかったが
昨日はついにそのことに触れた。
入社前の研修時
近くのホテルに泊まっていたにも関わらず
A君が20分近く遅刻した件である。
これが前代未聞、始まって以来だと
親会社の人事担当者を激怒させたわけだが
以前、その件でA君は私たちにこう言った。
「いや、始まって以来じゃなくて
30何年ぶりだそうです」
これを聞いてキレたのが先輩社員だ。
「そこじゃね~だろ!」
と呆れていた。

今回、社長に遅刻事件を指摘されたA君の言い訳が
携帯の目覚ましのセットを間違えたとか?
携帯が裏返しで聞こえなかったとか?
私には理解できないものだった。
「いつもはできるのにこの時だけなぜかできなかった」
と繰り返したA君に社長は笑っていた・・・顔だけは。

結局、心配したB君が何回も電話したものの
A君は起きなかったため、B君は先に出かけた。
その際B君はホテルに連絡を入れ
モーニングコールで起こして欲しいと頼んだそうだ。
そしてホテルの人にやっと起こされたA君だったが
結局20分も遅刻したというのが真相らしい。
今や彼は「研修に遅刻した人」として有名である。

その後も上司や先輩社員から冗談ぽく
「よく寝るよな~」
とチクチク指摘されていたA君であった。

1次会終了後は
AB君を含む8人が2次会へ行ったそうだ。
とりあえず、私にとっては苦痛でしかない時間が
終わった。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-10 23:32 | 会社・転職 | Comments(0)

A君、大丈夫?

入社から1ヶ月が過ぎた新入社員のその後である。

これまでも何度か書いてきたが
すでにA君とB君の勝負はついた。
とても残念なことではあるが、10人に訊けば
10人ともがB君リードと言うだろう。
そしてその差はあまりにも大きく
もはや埋めること、追いつくことは不可能と言える。

その後も、先輩社員や上司が日替わりで2人を連れ
取引先にお邪魔している。
けれどA君は行き帰りの車の中
どちらも爆睡しているそうだ。
営業課長は車の中で「営業とは・・・」との話をし
技術部の先輩は色々な機械についての話をしたが
ちゃんと聞いていたのはB君だけだった。

電話を取るのももっぱらB君の仕事となっている。
すっかり受け答えにも慣れたB君
受話器を取る早さもなかなかのものである。
先日B君が席を外した時に、やっと電話に出たA君。
「やればできるじゃん」
と先輩社員に声をかけられ、こう言った。
「B君が電話取るのが早すぎるんですよね」
これを聞いたパートの彼女が私の耳元でささやいた。
「ブチッ!」
キレる音である。

新入社員は初年度10日間の有休がもらえ
うちの会社では、これを4月から使うことができる。
入社して1ヶ月、A君はすでに1.5日休み
5月に入ると、さっそく今日が休みだった。
さらに11日も休暇届が出ていて
入社1ヶ月半の間に3.5日の休暇を使うことになる。
残り10ヶ月で有休残は6.5日。
大丈夫かなぁ・・・。

打って変わってB君はと言うと
これまで1日も休むことなく頑張っている。
実は彼の家は遠いが、毎朝7時前には家を出て
20分前にはちゃんと出社している。
毎日おばあちゃんが作ってくれるお弁当を持参し
お昼は私たちと一緒に会議室で食べている。
食後は弁当箱をちゃんと洗うところは社長と一緒だ。

今回私が休んだ間、B君はゴミを集めてくれていた。
パートの彼女からその話を聞いていたので
昨日は出社後、さっそくお礼の声をかけたが
「いえいえ、しーちゃんがお休みなら
僕がやるしかないと思ったもので」
と、よく気のつくB君である。

結局のところ、入社初日に感じた私の勘は
当たっていたわけだ。
今は、大きな工事を抱えているためおとなしい部長が
いざ吠え始めたなら・・・A君はどうなるか。
マジで辞めるかもね。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-02 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

その差、歴然!

今や私の友人までもが動向を見守るA君である。

早くも入社から半月が経ったA君とB君。
最近は先輩たちに同行し
あちこちの取引先へお邪魔したり
来客時には同席させてもらうことで
少しずつ経験を積んでいる。

が~!
昨日もメーカーさんが4人来社され
打ち合わせの席に同席した2人だが
何と!A君はその席で居眠りをしていたらしい。
そりゃあ、何も分からない中での打ち合わせは
さぞかしチンプンカンプンで退屈だろうと思う。
それでも、全てにおいて彼は緊張感が無さすぎだ。

今日も朝から2人は出かけていた。
そして私の横では社長と支店長が
2人の研修報告書についての話をしていたが
A君のものは酷すぎる内容だったようだ。
さらに、先日A君が免停になったことを知ると
そろって言葉を失っていた。
社長は支店長や部長たちに向かって言った。
「しっかり気をつけて見ておいてくれよ。
これは相当だぞ」

その後、社長はすぐに親会社に連絡し
研修時に行った運転適性検査の結果を取り寄せた。
いくらすぐには運転させないとはいえ
これで事故でも起こされては取り返しがつかない。
今やA君は完全に「要注意新入社員」となった。

実は私もすでに気づいていたが
A君には変なプライドがある。
新人としての前向きな気持ちも
できないなりに努力する姿勢もないくせに
何かと余計な一言が鼻につくのだ。
上から目線と言うか、偉そうと言うか
B君を見下すような発言が聞こえることもあり
カチンとくる。

それはパートの彼女も同様に感じていて
「何なんですかね、あの変なプライド」
と、その都度言っている。

元旦那もプライドの高すぎる男だった。
そもそも変なプライドを持ち続ける男に
ロクな人間はいない。
A君も早くそれに気づき、変わってくれればいいが
たぶん無理だろう・・・。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-04-19 22:28 | 会社・転職 | Comments(0)

A君、ヤバすぎ・・・

入社して実日数で1週間が過ぎた新入社員の2人。
その差は早くも歴然である。
誰もが認めるB君の完全リード状態。。。
A君が追いつくことはないと見た。

ハッキリ言ってA君には開いた口が塞がらない。
学生気分が抜けていない上に
全くと言っていいほどやる気も感じられない。
ここまで酷いとは・・・呆れるしかない。

昨日知ったことだが
彼は親会社での入社前合宿研修に遅刻したそうだ。
会社のすぐ近くのホテルに宿泊しながら寝坊し
30分近く遅れて来たらしい。
これまでの歴史の中でも初めてのことで
親会社の人事を本気で怒らせてしまったようだ。

さらに昨日は突然、休みを取りたいと言い出した。
スピード違反で一発免停を食らい
講習を受けに行かなければならないと言う。
「有休はいつから使えますか?
まぁ、欠勤になったとしても
自分が悪いんだから仕方ないんですけど」
と彼は私に言ったが
その開き直り的な言い方と態度に
「カチンときた」と、あとでパートの彼女が言った。

もちろん、その後も彼は電話を取らない。
その上、始業までに出社すればいいとは言え
毎日5分前に駆け込んでくる。
「新聞は読まないしニュースも見ない」
と社会人の自覚はゼロだし、さらには
「PCはやったことないんだよな」
と、パスワードと共に渡されたノートPCは
ログインすらせずにずっと放置。
やり方がわからなくても訊きもしない。

それに引き換えB君は前向きである。
最近は呼出音1回で電話を取れるようになり
その都度周りに言葉の使い方を訂正されることで
徐々にスムーズな受け答えが身についてきた。
けれど、彼が偉いのはそのあとである。
電話の相手の会社名をPC検索し
先方がどんな会社なのかを調べるのだ。
つまり電話を取れば取るほど情報は増え
取引先の名前も覚えられるわけである。

PCも分からないなりに触ってみては質問する彼は
すぐに使い方をマスターするはずだ。
決まった仕事がまだない中でも
自分からやることを探して作業をする彼を見て
「今何やってんの?」
といちいち訊ねるのはA君である。

今日は何かのことで「俺が勝った~!」と
B君に言っているのが聞こえた。
はぁ?
パートの彼女のイラっとした顔が
全てを物語っていた。

ホントに社会人として働く気があるのか。
あまりの自覚の無さに言葉も出ない。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-04-13 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

広がるリード

入社2日目となる新人、A君とB君。
前例に倣って
今日は電話を取ることを実践してもらった。

入社前研修でもモチロン練習はしているが
それは隣り合った2人でのものだったらしい。
電話機の操作を教えた後
「今日は頑張って電話取ってね!」
と言った途端、2人の顔が緊張した。

プルルルルル・・・電話が鳴った。
1回の呼び出し音では勇気が出なかったらしく
2回目が鳴り響いた。
私の左手は受話器の上まで延び、止まっている。
これで出なければ私が取るしかない。

その時、誰かが出た!
B君である。
どうしてどうして、立派な受け答えをしている。
周りは耳を澄まして聞き入った。
ほとんど親心である。

指名の社員が外出中である旨を伝えて
B君の電話デビューは無事終わった。
みんなに褒められると彼は一言
「まだドキドキしてます」
と顔を赤くして言った。

あとは数をこなし慣れるだけである。
誰だって最初はそうなのだ。
1度取ったことで腹が座ったのか
その後の電話もすべてB君が取った。
「A君何で取らないんですか?」
私の耳元でパートの彼女が言った。

私の後ろからは彼らの会話が聞こえてくる。
A「すごいな・・・尊敬するよ」
B「今度鳴ったら出なよ。
  取らないならまた取っちゃうよ」
A「いいよ。出てよ。
  俺さ、チキンなんだよね。
  取ろうとするんだけど手が止まっちゃう」

午後になってもB君が立て続けに電話を取った。
聞き取れなかった部分も、ちゃんと聞き返し
かなり慣れてきたようだ。
それに引きかえ固まるA君。
まさか出ないまま、今日終わるの?

そう思った途端、ついにその時が来た。
B君の電話中に、もう1本電話が入ったのである。
「ほら、A君頑張れ~!」
私は声をかけた。
そしてついに、今日初めてA君が電話を取った。

緊張のせいか会社名をつっかえながらも名乗り
A君は何とか部長に電話を取り次いだ。
「あ~・・・手が震えてる」
そう言ったA君に
「みんな最初は同じだよ」
「あとは慣れだよ、大丈夫!」
みんながそれぞれに声をかけた。

A「相手の会社名が聞き取れなかった」
B「その時はもう1度聞くしかないよ」
A「そうだよね」

それでも結局、A君が出たのはその1本だけ。
それだって、きっと彼にしたら
清水の舞台から飛び降りたかの如くだっただろう。
パートの彼女が小さい声で言った。
「B君、1歩リードですね」

大丈夫!すぐに慣れるよ。
頑張れ!A君!

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-04-04 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

新入社員・・・

予定通り新入社員が2人、今日から仲間入りした。

新年度のスタートとなった今日は
朝1で全員参加のキックオフミーティングがあり
その後、支店とTVをつないで入社式を行った。
午後からは3時間みっちり営業会議に出席し
夕方は業者との打ち合わせに揃って同席していた。
さぞかし疲れた1日だったろうと思う。

けれど今日1日、彼らを見ていて心配になった。
とにかくどちらも線が細く、ガツガツ感は皆無だ。
これで営業が務まるだろうか。
口うるさい部長にワ~ッと言われたら
それだけでド~ンと凹み
すぐにでも辞めてしまいそうな気さえする。

さらに、朝1で呆れたのがA君だ。
入社にあたっては必要な書類がいくつかあるが
私はそれらをちゃんとプリントに箇条書きして渡し
「3日の日に持参してください」と書いた。
けれど全て揃えて持って来たのはB君だけで、A君は
「今日持ってこなかったので明日持ってきます」
と言った。
・・・はぁ?
提出物の期限を守るのは大学だって同じだろうに。
これでは何のために先週連絡したのか分からない。

おまけに書類を書かせても7か9か不明な文字を書き
しかも筆圧の弱さはハンパない。
これでは複写式の書類は間違いなく写らない。
もっとしっかり書けよ!

すでに2人いる平成ボーイも、ある意味宇宙人だが
この2人はさらなる異星人の予感がする。
「平成ボーイズ」から「平成カルテット」へ。
この先フワ~っとした4人組はどうなって行くのやら。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-04-03 23:33 | 会社・転職 | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん