カテゴリ:会社・転職( 202 )

つまらない、つまらない

自分の希望が叶うことなく
今や私は完全に「総務と雑務のオバサン」である。

そもそも、うちの会社がおかしいのは
週に3日、それも1日5時間しか来ないパートの彼女が
経理を担当し、正社員の私が雑用担当であることだ。
当然忙しいのは、彼女と営業事務の男性社員だけ。
私の仕事(これらを仕事と言うならば、だが)には
月末も月初も締めも関係なく、1人ヒマである。

これが私には我慢できない。
すでに給料も下がった「シニア社員」なのだと割り切り
現状に満足すればいいのだろうが
幸か不幸か、私の性格はそれができないのである。
今やそんな2人の横に座っているのも辛い。

手伝わないわけでも、手伝いたくないわけでもない。
これまで私は2人に対し
何度も何度も何度も手伝わせてほしいと言った。
けれど、何1つ仕事は回って来ない。
さすがの私も、それ以上しつこく言うのは止めた。
課長にも思うことは伝えたが、何も変わらなかった。
自分がバカにすら思えた。

今のままでは急にどちらかが休むことになっても
私はその代わりすらできない。
どうしてここまで頑なに、仕事を抱え込むのか。。。
自分の仕事を手伝ってもらうことは
自分に処理能力がないことの証明だと思ってるのかな。

今、私は本当に毎日がつまらない。
彼女は子供が大きくなれば、いずれ正社員になるだろう。
つまりこの先も、私の仕事は変わらないということだ。
そう思っただけでゾッとする。

私はもともと仕事が好きで、働くことが好きだけれど
これまでの長い会社生活の中で、今が1番つまらない。
朝起きて最初に考えるのが
「今日は何をして時間を潰すか」だなんて、最悪だ。
私はもっともっと仕事がしたい。

振り返れば私の転職はいつも秋だった。
この歳となれば、たとえパートでも難しいとは思うが
もう1度だけ頑張ってみようかと思う今日この頃である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-08-04 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

A君から電話

6月から4ヶ月の間、親会社の別々の工場へ
研修に行っているA君とB君である。
その後の彼らがどうしているのか・・・
特にA君ファン?は気を揉んでいることだろう。

心配いらない。
A君は決して私たちの期待を裏切らない。
たとえそこが工場だろうが何だろうが
変わらず居眠りをしている。。。

珍しい機械が完成している現在は
お客様から工場見学の希望が多く
営業社員の誰かしらが現地に行っている。
そんな中でイヤでも耳に入るのがA君の話らしい。
「あの子大丈夫なのか?作業中いつも寝てるぞ」
と、工場の人たちが話しているのが聞こえたり
直接A君のことを訊ねられた営業社員もいる。
作業中に寝るってどうよ。
もしケガでもしようものなら取り返しがつかない。

そんな最初の工場での2ヶ月が過ぎ
今日からA君とB君は工場を交代した。
残り2ヶ月は別の工場での研修である。
その初日である今日、A君から電話があった。

社員は毎月「出勤表」を記入し、翌月初めに提出する。
それを基に私が給与計算をするのだが
A君は7月分の出勤表を失くしたと言う。
彼曰く、昨日の寮の引越しの際に
誤って捨ててしまったらしいとのことである。
工場の上長印までもらった書類を捨てるとは
さすがA君、あっぱれだ。

残り2ヶ月。
イヤでも前にいたB君と比較されるだろう。
今度の工場は親会社の敷地内にあり
その上、うちの支店も同じ場所にある。
大丈夫かなぁ・・・。

ちなみにB君については、誰に訊いても
「頑張ってるよ!」
という答えが返ってきている。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-07-31 23:29 | 会社・転職 | Comments(0)

緊張感MAX!

今日の夕方、2名の来客があった。
どこの家の冷蔵庫にも入っているだろう
調味料の会社の社長と副社長である。

通常、来客にはよくあるプラスチックカップを
黒いホルダーにセットしたものを使っている。
夏の間はアイスコーヒーだ。
けれど、さすがにそれはどうかということになり
今日は冷茶を出すことにした。
それなら専用のグラスセットがあり涼しげだ。

会社側は、会長と社長
それに部長と担当社員の4名が入るため合計6名。
応接室に補助椅子を入れて使用することになった。

「会長と社長」・・・。
私の中であの悪夢がよみがえった。
この、お客様へのコーヒーぶちまけ事件は
翌日には親会社の秘書課にまで知れ渡り
結局、親会社の方から改めてお詫びの品を贈るという
大事になったのだった。

そしてその時から
偉い人への来客は私のトラウマとなっている。。。

実は昨夜もそのことで頭がいっぱいだった。
これまで何度も確認しているお茶出しマナーを
再度ネットを読みまくり
応接室をイメージしては手順を確認した。
「冷茶なんだから大丈夫!」
そう声に出して言ってはみるものの
布団に入ってからも、なかなか寝付けなかった。

そして今日になり、午後になった。
時間が近づくにつれ
最近、こんなに緊張したことは無いくらい
緊張感はMAXとなり、具合が悪いほどだ。
他に女性がいたなら代わってもらうところだが
いないのだから、やるしかない。
幸い、30分遅れると聞いて気持ちも落ち着いた。

いざ!勝負!!

イメージトレーニングのおかげか・・・
今回のお茶出しは粗相もなく無事に終了した。
あ~~マジ、緊張したぁ。。。

その後、解放感に浸った私は
大好きなカルピスウォーターを飲みつつ
まったりした。

。。。疲れた。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-07-20 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

ついに結婚!

私の話ではない。

去年の春、同い年の課長の話を書いた。
見た目は典型的な「日本のオヤジ」である課長に
ベトナム人の彼女ができたという話である。
しかも彼女はまだ20代・・・。
娘ほどの年齢なのである。

これには社内の誰もが「騙されている」と言い
私の友人たちも「絶対カモにされてる」と言い切った。
もちろん私もそう思うし、本気で心配している。

実際、彼女はベトナム、課長は日本。
行くたびに新生活に向けての買い物をし
あと買ってないのは家だけ状態らしい。
本人は自分が揃えているつもりのようだが
私に言わせれば「買わされている」。
気づいていないのは本人だけだ。

思うに、課長はモテない。
実際、これまで恋愛経験が全くないと聞いても
私が驚くことはない。
そんなタイプの課長が今、恋愛真っ最中なのだ。
だからこそ手に負えない。
何を言っても聞く耳を持たないのである。

「毎日何回もメールが来るもんね♥」
と、満面の笑みで語る課長は分かっていない。
メールなんか、隣に男がいたって打てるし
現に、何をしているかなんて分かったものじゃない。
課長といる短い間だけラブラブなふりをすれば
あとは何をしようが自由なのである。

もちろん、本当に愛し合っている2人ならいいのだ。
けれど、人生の波乱さにかけては
大先輩の私であるからこそ素直に喜べない。
実際最近の課長は、たくさんもらっていながら
「お金がない」を口グセのように連発する。
さらに、これまでどんなに長い出張でも
仮払いを一切しなかった課長が
最近は必ず仮払いをするようになったのを見て
パートの彼女も心配している。
ホントに大丈夫かなぁ~。

・・・けれど、私の祈りは届かなかった。

どうやら、先日結婚したらしい。。。
本人からの報告こそまだないが、休みを取り
大使館だ何だと手続きに行っているようで
間違いはないようだ。

あ~ぁ・・・も~!知らないよ。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-07-11 21:14 | 会社・転職 | Comments(0)

断られる合コン・・・

現在、うちの会社には17人の男性がいる。
そのうち独身は11人。
平成カルテット(平成生まれの4人)を除いても
何と!7人もの社員が未婚である。

50代の管理職2人はさておき
問題は40代の5人である。
まったく女っ気のない彼らが
めでたく結婚することはできるのだろうか・・・。

毎日夜遅くまで会社にいるだけでなく
仕事柄仕方ないとは言え、土日やGW
さらにはお盆休みや年末年始までも潰れることがあり
これでは彼女がいたとしてもデートもできない。
家には寝るためだけに帰り
女性と出会えるチャンスなどあるはずもない。
それでも高給取りであるならまだしも
給料の安さには目がテン!である。
生活するだけで精一杯の薄給ではお金も貯まらない。

この事態に気を揉んでいるのが会長である。
親会社の社長である会長は、私とお昼を食べながら
「何とか出会いの場を作れないものかしら」
と何かにつけて言うのである。

さっそく、その話を聞いたうちの課の既婚男性が
お客さんや業者さんの知り合いに
手あたり次第、合コンのお願いメールを送った。
その数は最終的に5通に及んだが
そのうち4社からは丁寧なお断りメールが届いた。
かろうじて1社がOKしてくれたものの
喜んで♪というよりは、立場上仕方なくだろう。
しかも時期は秋以降となっており
本当に実現するかは不明である。

実は以前、私も娘に訊いたことがある。
娘の周りの独身女性で合コンやってくれない?と。
「収入が低すぎて無理!」
娘にはバッサリ断られたが、そりゃそうだ。

それでも何とか彼らにお嫁さんを見つけてあげたい。
もはや、ただの世話焼きオバサンである。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-06-20 23:54 | 会社・転職 | Comments(0)

新入社員は研修へ

この2ヶ月でしっかり成長したB君と
今や完全に後れを取った感のあるA君。
2人の新入社員は、今月から9月いっぱい
親会社の工場研修に出かけた。

2つの工場を1人2ヶ月ずつ交代で
4ヶ月の間、寮で生活しながらの研修である。
すでに、かなり前から楽しみにしていたA君は
「仕事で行くんだから荷物は多くないはず」
という声をよそに、布団やら何やら何やら
ものすごく大きな荷物を持ち込んだようである。

彼の爆睡ぶりは5月に入ってからパワーアップし
さすがに本人も気にしたのか
後半は午後の眠気を減らそうとお昼を抜いていた。
けれど、効果はあまり感じられず
最後には私たちも医者に行くことを勧めた。
訊けば夜も12時前には寝ているとのことで
問題は睡眠の時間ではなく、質のようだ。

仕事中はモチロンのこと
外出時の移動中もすぐに寝るA君である。
先日、先輩社員が同行で出かけた際にも
あまりにも気持ちよさそうに寝ていたらしく
先輩社員がその姿を撮影していた。

c0322794_00162604.jpg

一応、小さめに載せておく。。。が
改めて書くまでもなく、これは昼間である。
当然お酒も入っていない。
なのにここまで気持ちよさそうに爆睡できるとは
もしかしてA君は大物なのかも・・・???

果たして4ヶ月の研修後
彼はどうなっているのやら。。。

10月につづく。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-06-06 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

A君、無理・・・

新入社員のA君には、もはや言葉もない。
たるみ過ぎ!だらけ過ぎ!ふざけ過ぎ!

すでに彼の居眠りは有名である。
先輩社員や上司に同行しても
往復の車内でひたすら爆睡するのはA君。
2時間近く通勤にかかるB君の方が
毎日朝早く家を出て、よほど眠いだろうに。

今日は午前中、うちの課の社員が
2人を相手に仕事の流れについての説明をした。
フロア内にあるミーティングスペースなので
彼らの話し声は全て聞こえる。
ところが、一生懸命説明する彼に対して
たびたび質問を挟むのはもっぱらB君で
A君の声は全く聞こえない。
まるで2人で話しているかの如くである。

その状態があまりに続くので見てみれば
何と!A君は寝ていた。
やっと椅子には座っているものの
トロンとした目はまどろみの真っ最中。
完全に船を漕いでいる状態だった。

午後は午後で、新しく入れたコピー機について
ゼロックスが来てくれての説明会があった。
ところが、私の向かいに座っていたA君は
またしても始まるや否や船出したのである。

訊けば、先日の営業会議でも
A君は爆睡していたと言う。
最近では複数の先輩社員が、日に何度も
「おい大丈夫か?寝てる??」
と、冗談ともイヤミともつかない声をかけている。

会社なめてんの?
これが息子なら怒鳴り飛ばすところだ。
けれどここまでA君を見てきて
彼には何を言っても無駄だろうと思う。

A君が寝ている間、B君は自分にできることを探し
先輩社員に声をかけては手伝い
毎日たくさんのことを吸収している。
「しーちゃん、僕が出ますから。それも勉強なんで」
と言って、今や来客受付から
宅急便の受け取りまでやってくれるB君である。

来月からは4ヶ月の工場研修が始まる。
それでなくても入社前研修で寝坊して遅刻し
一躍有名人となったA君である。
この上さらに何かをしでかし
その名を轟かせないことだけを祈りたい。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-23 23:42 | 会社・転職 | Comments(0)

研修だし!

本当であれば先輩社員に同行させてあげたい新人だが
今週から大きな仕事が動き出しているために
ほとんどの人が駆り出され、それどころではない。
ゆえにA君、B君共にヒマを持て余している。

ならばと言うことで、勉強会をやることにした。
講師は私、給与から税金、社会保険料の話へと続き
さらには人事に関することも説明した。
今月の給与から、いよいよ社会保険料が引かれるが
それがどういうものかは知っておくべきである。

昇給や賞与の決定には評価が関係すること
つまり一律ではないことも詳しく話した。
仮に自分がすべての項目にAをつけたとしても
その後の上司の評価と合わせて
総合評価が決まると説明すると
A君は一言「マジか~」と言った。

「今は同じ給与でのスタートだけど
これからは評価や営業成績によって
昇給額や賞与額もどんどん違ってくるからね」
もちろん事実ではあるが
A君は少し脅しておいた方がいい。

彼らは来月から4ヶ月間、工場研修に行く。
6~7月、A君はC工場、B君はD工場
8~9月、A君はD工場、B君はC工場である。
その間は寮生活となるわけだが
早くもA君は「夢の1人暮らし」にワクワクだ。

とにかく楽しみで楽しみで仕方ないらしい。
まだ詳細連絡もない前から
寮に荷物を送るにはどうしたらいいかと
親会社の人事に電話をしていたのには
みんな目がテンになった。
訊けば布団やらTVやら色々と送りたいと言う。
目指すは「快適な寮生活、完璧な1人暮らし」か。

あのさ~、合宿に行くわけじゃないんだよね。
仕事なの!研修!!
どこまでも学生気分の抜けないA君である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-19 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

言葉なし

先輩社員が新人2人に訊ねた。
「うちの会社の資本金は?」

即答したのはB君、もちろん正解である。
A君はと言えば、恥ずかしげもなく答えた。
「知りません!」
そこで止めておけばいいのにA君は一言多い。
「B君、面接に向けて会社の経歴も覚えたらしいです」
B君を指差しながら言う。

お前も覚えろよ!!
のどまで出かかった・・・。

「資本金くらいは覚えておけよ」
先輩社員に言われたA君はさらに続ける。
「そもそも資本金て何なのか分かんないんですよね~」
はぁ?

B君は言った。
「調べればいいじゃん」
先輩社員も言った。
「T先輩を見習った方がいいな。
今だって分からないことがあるとすぐ調べてるぞ」

その気になれば、調べられないことはない時代である。
現にA君にも入社と同時にPC、Surface、スマホが貸与され
いつだって好きな時に自由に使うことができる。
「資本金とは何か?」
1分もかからず求める答えが見つかるだろう。
それをせずに「分かんないんですよね~」と平気で言うA君。
結局、彼にはやる気が無いのだ。

この間まで学生だった2人である。
できなくて当たり前、知らなくたって当たり前。
その上息子よりも若い彼らを、優しさの塊である私が
応援したいと思わないわけがない。
A君に対しても、これまで1ヶ月半の間
母親のような気持ちで見守り
何とかいいところを見つけようと私なりに頑張った。
でも無理だ。

できないなりに一生懸命なB君と
あまりにも違いすぎるA君なのである。
「コネでもないのに誰が採ったんだ?」
そんな声がチラホラ聞こえる今日この頃である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-12 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

A君B君歓迎会

昨日は会社近くの居酒屋で新入社員の歓迎会があった。

出席者は男16、女1の計17名である。
長いテーブル席は、奥の半分がタバコを吸わない席で
手前がタバコを吸う人の席。
これがいつものパターンである。
つまり私の周りはいつも同じメンバーとなり
喫煙者たちとの接点は無い。

社長は吸わない組なのでこちらのテーブルに座り
主役の2人も当然こちらである。
けれどのちにA君はタバコを吸うため
喫煙者のテーブルへ移動していった。
会社でもずっと席にいるB君に対し
タバコを吸いにたびたび席を外すA君である。

かねてから思っていることだが
喫煙者はタバコのために1回15分は席を外し
午前2回、午後2回の計1時間は仕事をしていない。
1ヶ月にすれば3日に該当する時間である。
これを減給なしとは全く納得がいかない。
ならば、吸わない人にも
同じだけの休憩を与えて然るべきではないか。

電話も取らず、やる気も感じられないA君が
当然のようにタバコ休憩を取ることに
実は私は苛立ちすら感じている。

これまで社長は
A君の遅刻事件について何も言わなかったが
昨日はついにそのことに触れた。
入社前の研修時
近くのホテルに泊まっていたにも関わらず
A君が20分近く遅刻した件である。
これが前代未聞、始まって以来だと
親会社の人事担当者を激怒させたわけだが
以前、その件でA君は私たちにこう言った。
「いや、始まって以来じゃなくて
30何年ぶりだそうです」
これを聞いてキレたのが先輩社員だ。
「そこじゃね~だろ!」
と呆れていた。

今回、社長に遅刻事件を指摘されたA君の言い訳が
携帯の目覚ましのセットを間違えたとか?
携帯が裏返しで聞こえなかったとか?
私には理解できないものだった。
「いつもはできるのにこの時だけなぜかできなかった」
と繰り返したA君に社長は笑っていた・・・顔だけは。

結局、心配したB君が何回も電話したものの
A君は起きなかったため、B君は先に出かけた。
その際B君はホテルに連絡を入れ
モーニングコールで起こして欲しいと頼んだそうだ。
そしてホテルの人にやっと起こされたA君だったが
結局20分も遅刻したというのが真相らしい。
今や彼は「研修に遅刻した人」として有名である。

その後も上司や先輩社員から冗談ぽく
「よく寝るよな~」
とチクチク指摘されていたA君であった。

1次会終了後は
AB君を含む8人が2次会へ行ったそうだ。
とりあえず、私にとっては苦痛でしかない時間が
終わった。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-10 23:32 | 会社・転職 | Comments(0)