つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:しーちゃんて・・・( 69 )

「かえたい」もの

今「かえたい」と思っているもの。

1.携帯会社
 これまで何度も書いているが
 とにかく自宅内の電波状況が悪い。
 けれど他社への乗り換えを考えるも
 会社の携帯がsoftbankであるため
 今のままの方が都合が良く、踏み切れずにいる。

2.皮膚科
 振り返れば、今の皮膚科には
 かれこれ6年半近くも通っている。
 確かに蕁麻疹は長くかかるケースもあり
 症状の改善も見られない私の場合は
 まさにそれだろうと思う。
 けれど先日娘に言われたことで
 医者を替えるのもいいかと思い始めた。
 現在、通いやすい皮膚科を探しているが
 なかなか時間が合うところが見つからない。

3.コンタクトレンズ
 私が現在使っているのは遠近両用コンタクト。
 当時、遠近両用はハードだけしかなかった。
 けれど最近、おブーが遠近両用デビューをし
 現在1dayのお試し中であると聞き
 ソフトタイプの存在を初めて知った。
 え~!だったら私も使い捨てがいいよ~!!
 思い立ったらすぐ予約♪
 さっそく来週レンズ交換に行くことにした。
 これまでソフトは使ったことが無いので
 1から練習である。

4.韓国ドラマ浸けの毎日
 帰宅するなり録画したドラマを消化する日々。
 最近は早見モードで見ているが
 それでも4本見て、DDRで5曲踊って
 お風呂に入れば23時を回っている。
 ブログ更新途中でいつの間にか瞬寝し
 気づけば1時という悪循環である。
 週末も予定が無ければどっぷりドラマ浸けだ。
 これじゃダメだ・・・と思いつつも止められない。
 今、唯一の楽しみだから仕方ないか。

5.仕事
 替えたい替えたいと思いながら丸4年。
 今月から今の会社も5年目に入った。
 なのに私の仕事はやっぱり雑用ばかりである。
 今は展示会の招待状発送でラベル作り。
 さらに今日は注文書の番号簿作成でノートの線引き。
 定規片手に黙々と線を引いた。
 明日はその続き、ナンバリングである。
 やりがいもなく、必要とされているわけでもなく
 達成感もない毎日はつまらない。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-09-21 23:30 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

しーちゃん制服史

今の会社には制服がない。
着替えの面倒がなくていいのは確かだが
何気に私は制服が好きである。
シワや汚れを気にしなくていいのは楽だ。

そう言えば、私が最後に制服を着たのは
いつのことだったろう。。。
ということで、突然思いつき
これまでの制服を振り返ることにした。

c0322794_00270743.jpg

まずは保育園の制服、と言っても上っ張りだけ。
今で言うスモックだ。
前のブログでもこの写真はモザイクなしだったので
ここでもこのまま載せておく。

c0322794_00273625.jpg

区立の小学校には制服がなく
次の制服は区立の中学校、セーラー服である。
この写真は修学旅行の京都で写したものだ。
ソックタッチを「クソタッチ」と呼び愛用したが
剥がした後はいつもかぶれていた。

c0322794_00280337.jpg

続いては都立高校の標準服だ。
制服ではないので、私服通学でもOKだった。
隣は今は亡き中目黒の友人である。
広島平和記念公園の慰霊碑前の写真だ。
彼女の持っている手提げの
キティちゃんの絵が時代を物語っている。
ちなみに彼女はこの後ディズニーに走り
私がキティラーになった。

c0322794_00281846.jpg

卒業して最初に就職したのが損保会社。
入社当初は保育園の時と同じような上っ張りだったが
その後、制服になった。
何てことのない紺のベストにスカートで
一応グレーのシャツがあったが
私はあまりこのシャツは着なかった。

時はバブル真っ只中。
私の髪形もソバージュである。
なお、この制服には
マタニティ用のジャンパースカートもあり
1番最初に着たのが私だった。

c0322794_00283177.jpg

そして、これが最後の制服となった
ビジネスホテル本社のものである。
下は黒のタイトスカートだ。
よく見ると、この時もロン毛だが
バブルは終わりソバージュも終わった。
35歳までの募集に38歳で応募し採用された。
つまり、写真の私は38歳~♪

今、私は思う。
次に制服を着るのは、きっと清掃の仕事を始める時だ。
そして、その日は決して遠くない気がしている。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-08-01 23:59 | しーちゃんて・・・ | Comments(2)

ひと手間かかるじゃん

先日、目に留まりゲットした涼し気な服がある♪

最近は服にしても靴にしてもサイズが昔とは違う。
時代と共に栄養状態が良くなったことで
最近の日本人女性は身長も足もすっかり大きくなった。
普通サイズの基準自体が変わっているのである。

そして知る人ぞ知る、私はチビである。
これまでも普通サイズを大きく感じていたと言うのに
最近のものは何を着ても丈が長すぎるときた。
さらにロング丈の服に至ってはガウンの如くで
現にゲットしたこの服も、ワンピースと言いながら
ロングドレスに他ならない。

チビにロングヘアーとロング丈は禁物である。
なぜならバランスが悪いからであり
私は、私より背の低い母にこう言われ続け
今に至っている。

だったら自分で直すまでだ。
そもそも、私が欲しいのはチュニックである。

c0322794_00121594.jpg

と言うことで、長い丈をバッサリ切った。

c0322794_00124717.jpg

その長さ25センチ!
ざっと2,500円てとこか。
不経済~!!

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-25 23:59 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

連休明けのつぶやき

連休明けの今日、誰もがそうであるように
私だってやっぱりダレている。

何と言っても体調がイマイチ。。。
長引く風邪の余波で未だ本調子では無く
さらには花粉なのか、黄砂なのか
まだまだマスクが手放せない。

その上、そろそろ気温も急上昇し
身体が慣れていない今頃はキツい。
早くもウンザリしている上に
今年もパートの彼女の脇の下が臭い始めた。
あ~・・・つらい。

とにかく今日の私は開店休業状態。
身体はまだまだ連休モードであった。

実は今日から、並びに建った新築のビルに
某銀行が引っ越してきた。
1階に店舗、ビルの上部10フロアに本店が入り
当然それだけの人たちも移動してきた。
今朝の駅は今までより人が多かったし
電車だってやっぱり混雑してた。
あ~・・・最悪。

おまけに明日は新入社員の歓迎会だ。
あ~・・・も~!テンション急降下。。。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-05-08 23:42 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

ほくろ毛

今日もまた、着替えの際に気になった「ほくろ毛」。
身体中の毛が白くなりつつあるというのに
この毛だけは相変わらず黒々している。
しかも太さもハンパない。

c0322794_22565651.jpg

確か、以前も載せた気がして探したら
やっぱりあった~! 
あれから4年が経っても
変わらず根性のある「ほくろ毛」だった。

・・・って、今回写真に撮ってみて初めて気づいた。
この毛、1本だけじゃないじゃん!
よぉ~く見ると、細~~~い毛がもう1本?
生えているように見えるのは気のせいかしら??

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-04-12 23:17 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

式次第、準備

現在、うちの新入社員は
親会社で入社前研修を受けている。
これまでは入社式も親会社の新入社員と一緒に行われ
それからそのまま4ヶ月間
7月いっぱい工場での研修が続いていた。

それが今年は大幅に変更された。
3日に行われる入社式はこれまでと違い、単独で
うちの会議室で行われることになったのである。
そして4、5月はそのままこちらで基本を学び
6月から9月までが工場での研修となった。

ということで、社長が言った。
「しーちゃん、式次第書いてくれるかな。
何もないんじゃ、カッコつかないもんなぁ」
横にいた部長が心配して言う。
「墨とか筆とかある?
家に息子のがあるから持って来ようか?」
社長が言う。
「何言ってんだよ、持ってるに決まってるって。
第一、そんな安い筆じゃダメなんだよ!
弘法は筆を選ぶの」

c0322794_23471968.jpg

かくして、私は式次第を書くことになった。
さっそく帰りに地元の文房具屋で模造紙を買い
レイアウト作業開始である。
実は、実務書道ではこの作業が何より大変で
何より大事なのだ。
レイアウト9割、書くのは1割と言える。
当時教室で使っていた1メートルの定規を
久しぶりにロフトから引っ張り出してきた。

月曜日までに仕上げればいいものの
最近は年に1度
年賀状でしか筆を持たない私である。
先日の息子の結婚式に席札こそ書いたが
前回大きな文字を書いたのはいつだったか・・・。
そうそう、Eの命名書で2文字書いたが
さすがにそれは書いたうちに入らないだろう。
ちゃんと書けるかなぁ・・・大文字。
何気に不安な私である。

さんざん時間をかけてレイアウトしたのだ。
これで大文字が書けなかったら笑えない。。。
明日からしばらくブログの更新がなかったら
頑張って書いてるってことで。
頑張れ~!私!!

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-29 23:59 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

終活開始

「荷下ろし症候群」による無気力状態から
やっと脱出した私である。

妻を終え、嫁を終え、母も終えた今となっては
残るは「私自身」だけである。
これからは何事も自分を第1に考えていい。
やっとそんな時が来たのである。
残された人生がどれだけであっても
子供たちや人に迷惑をかけることなく生きて行こう。

それにはまず「終活」である。
さらなる断捨離を進め
その時に向けた準備は完璧にしておきたい。
緑内障が思わしくない以上
見えているうちに全てを終えなくてはならない。

思い立ったら行動は早い。
さっそく先週、今週とキッチンの大掃除をし
ものすごい数の食器やら小物やらを捨てた。

並行してこれまで手を付けていなかったアルバムも
自分の結婚式のものをはじめ
不要な写真はすべてシュレッダーにかけた。
ものすご~い量のゴミが出た。
今後、自分の写真は撮らないに越したことはない。

エンディングノートも定期的に見直しが必要だ。
状況は日々変わり、友人関係も変わっている。
常に最新の状態にしておくためには
マメな作業こそが大切である。

当分は花粉で外出も避けたいし
せいぜい身の回りを片付けたいと思っている。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-20 22:22 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

荷おろし症候群

息子の結婚式が終わって3週間。
相変わらず無気力な私である。
何でだろう・・・何をするのも面倒。
どうやら「荷おろし症候群」のようだ。

「荷おろし症候群」とは
大きなやるべき事をやり遂げたあと
精神的ストレスから解放されることによって
何もやる気がなくなってしまう状態のこと。

学生なら勉強や部活動、社会人では大きな仕事
さらには子育てや定年退職など
これらを達成し終えた後に起きることがある。


似ている言葉に「燃え尽き症候群」があるが
こちらは自らが献身的に打ち込んでいたものが
長期間努力しても結果が得られなかった場合
疲労感や欲求不満を感じてしまう状態だそうだ。


2人の子供たちがそれぞれに家庭を持ち
悲しい経験をした娘もおかげさまで無事母になり
デキ婚した息子はやっと結婚式を挙げた。
特に、息子が結婚したのは私が離婚した後だったため
結婚式は親としての義務だと強く感じていた。


今、それらがすべて終わったことで気が抜けた。
ホッとした気持ちはハンパなく
それゆえの脱力感、無気力である。
けれどしばらくはこの状態も止むなしと考える。
この先、残りの人生をどう生きていくか・・・
じっくり考える時が来たのだと思う。


[PR]
by shi_chan1024 | 2017-03-09 22:15 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

次は下降でしょ

年末から続いた娘の出産が無事に済むと
今度は息子の結婚式があり
気持ちの上でもやっぱり落ち着かない私だった。

その結婚式も何とか終えることができたことで
今度こそ本当に一段落である。
私の生活はやっと元通りになり
ここへ来て、ホッとしたと同時に気が抜けた。
これですべてが終わったんだと思う。

子供2人がともに結婚式を終え
それぞれに子供が生まれて家族ができた。
親としての務めはこれで終わりだ。
考えてみれば、もうやり残したこともなく
あとは孫の成長をどこまで見届けられるかだけ。

これでやっと
私の人生はいつ終わってもいいと言える。
この先の1年1年はおまけだ。

ここまで私の人生はジェットコースターだった。
どん底まで落ちたことも1度や2度ではない。
今回、嬉しいイベントが2つも続いたことで
ジェットコースターは上っているわけだが
当然、次は落ちるしかない。
いいことの度合いが大きければ反動も大きく
またしても待っているのはどん底だろう。

たぶん、目だろうな。
進行は止まらないし、そろそろ手術のはず。
そして視野はさらに狭くなるんだろうな。

とりあえずは振り落とされないように
しっかり掴まってるしかないね。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-02-23 22:49 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

席札、一気書き

いよいよ10日後に迫った息子の結婚式。
多忙な中、嫁が頑張って
準備を進めてくれているようである。

貧乏夫婦の結婚式ゆえ、極力経費をかけないよう
自分たちで用意できるものは節約している。
「席札」もその1つであり、当然書くのは私。
そのための実務書道師範と言ってよい。

c0322794_23260895.jpg

本音を言えば
もう少し体調のいい時に書きたかったが
日がないために、日曜1日で書き上げた。
ギックリ腰で座るのもままならない状態の中
よくも間に合わせたものである。
これはもう根性を超え、執念としか言えない。
さすがに今回はよくやったと自分を褒めたい。

実際、このせいで
翌日は腰に加えて肩や首までも痛く
全身が悲鳴を上げていたため仕事を休んだ。
やっぱりもう、無理は利かない。
実感である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-02-09 23:30 | しーちゃんて・・・ | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん