つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:温泉物語( 27 )

八ヶ岳合宿物語 最終回

まだ夜も明けぬ未明の女子部屋でそれは起きた。
真っ暗な中、突然!TVがついたのである。
部屋に響き渡った男性アナウンサーの声に
私は飛び起きた。何??
もしかして身体でリモコン押したとか?
けれどリモコンはテーブルの上にあった。
きゃあ~!!

とりあえず電源を切り、再び6時過ぎまで寝た。
それからお風呂~♪
ちょうど露天から昇る朝日が見え、サイコ~!
これこれこれよ。
露天で見上げる満天の星と、日の出。
この瞬間のために私は働き続けている。。。

そして身体の芯から温まったまま洋服に着替え
私たちはレストランへと移動した。

c0322794_2342568.jpg

毎回変わり映えのしない私の朝食である。
右上に写るは今回の生ジュース
「パイナップルアップルジュース」だ。
ちなみにメロンジュースもあったが
私たちはやっぱりPAジュースである。
モチロン美味しかったぁ~♪

チェックアウト前には恒例のパックタイムだ。

c0322794_23121564.jpg

今回は動物シリーズ、犬と猫である。

c0322794_23132181.jpg

なかなかビミョー・・・。
正しくは、しばらく貼ったままにしておくものだが
時間も無く毎回撮影だけとなっている。
ちょっともったいない。

c0322794_23304396.jpg

この日もいいお天気♪
パックですっかり綺麗になった私たちが目指すは
サントリー「白州蒸留所ツアー」だ。
有料のウイスキー工場見学だが
これがどうしてどうして、なかなか予約が取れない。
今回ものんちゃんが頑張ってくれた結果
運良く出た6名の空きに申し込むことができた。

c0322794_23423912.jpg

c0322794_23425621.jpg

c0322794_2343988.jpg

c0322794_23432538.jpg

c0322794_23433919.jpg

c0322794_23435735.jpg

左が4年、右が12年寝かせたウイスキー。
色の違いは明らかだ。

c0322794_23441360.jpg

その後はテイスティングである。
飲めない私たちも雰囲気だけ参加した。

c0322794_23462091.jpg

美味しいハイボールの作り方も実践。
理科の実験みたいで、とても楽しかった。
実際、工場内はかなり香りがきつく辛さも感じたが
見学自体は興味深くおもしろかった。

c0322794_23525883.jpg

c0322794_23481073.jpg

それから場内のレストランに入り、のんべ組は飲み
その他は「ほうとう」を食べた。
電車までは時間があったので、ゆっくりと食事をし
さらにウイスキー博物館までも見学した。
たくさん運動して、歌って、勉強して・・・これぞ合宿である♪

c0322794_23593064.jpg

さすがに帰りの車内は交代でウトウト。
そして筋肉痛は時間と共に悪化した・・・。
結局、雨も雪も降ることは無く
これでやっと雨女、雪男の名を返上できると
のんちゃんもハコも思ったことだろう。
どうかなぁ~。。。

18時過ぎに新宿へ到着。
筋肉痛を抱えた私たちは、ぎこちない動きで
それぞれの家へと帰って行った。
みんな~!今回も楽しい合宿をありがと~!!

完。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-12-15 23:59 | 温泉物語 | Comments(0)

八ヶ岳合宿物語 2

18時からの夕食まで時間があるかと思えば
露天にどっぷり浸かり過ぎたせいか
気づけばさほど余裕もなく
慌ただしく着替えをしなくてはならなかった。

ここでは食事の際、浴衣とスリッパが禁止で
そのためにいちいち着替える必要がある。
そもそも、保養所と言いながら
浴衣がダメって何なんだ。
お風呂上がりで汗が引かなくたって
「服」を着なくてはならないなんてあり得ない。
この保養所で唯一のマイナスポイントだ。

それでも何とか着替えて移動すれば
レストランはすでにクリスマス~♪
中も外もイルミネーションが綺麗だった。

c0322794_22493836.jpg

c0322794_2250376.jpg

c0322794_22502469.jpg

c0322794_22504054.jpg

c0322794_22505864.jpg

c0322794_22511521.jpg

のんべ組のハコ、モモ、のんちゃんはお酒を楽しみ
飲まない組のガミ、おブーはぶどうジュース
私はウーロン茶である。

c0322794_2345833.jpg

大好きなアップルパイはもちろんのこと
食事はとても美味しかった♪
そして19時45分、食事が終わった私たちは
夜のトレーニングのため体育館へと移動した。

c0322794_2384818.jpg

と、その前にサンタのコスプレグッズで変身!
サンタになったモモと、私。
なぜかうさぎの耳である。

体育館ではいつもの卓球、バドミントン、バスケに加え
今回はバレーボールも借りた。
やっぱりボールを持つと心が弾む♪
ネットを挟んで立った元バレー部のガミと私は
さっそくボールを打ち始めた・・・そぉ~れ!!
がぁ~!出たのは悲鳴だった。
「痛い!痛い~!!」
手を組みボールをレシーブすれば腕に走る激痛!
え~!何で?
だからとパスを上げれば、昔のようには行かず
どちらも元セッターとは思えない・・・。
手首が腫れ上がらないうちにバレーは諦めた。

c0322794_2328926.jpg

実は私たちはすでに、バスケで
「4人連続フリースロー成功」の大記録を樹立している。
これはこの先も破られることは無いだろうが
今回、また新たな記録が誕生した!
「卓球の連続104回」の大記録である。

c0322794_2328349.jpg

樹立したのは息の合った黄金コンビ、ハコと私♪
結婚していれば、きっといい夫婦だっただろう。。。
けれど余韻に浸る間もなく、21時からはカラオケだ♪
私たちは勝手知ったるカラオケルームに移動した。

c0322794_004653.jpg

長いようで短い2時間、次から次に懐メロが歌われた。
おブーの高橋真梨子3連発からスタートし
応援専門のガミ以外は全員が熱唱♪である。

ここでもハコと私は止まらず
私の大好きな「林檎殺人事件」を振り付きで歌った。
樹木希林になり切った私が裏声で歌い上げると
その声が、今は亡き淡谷のり子に似ていると
全員が笑い転げた。
続く「氷雨」もリクエストに応えて
そのままの声を張り上げて歌った。
「外はふ~~ゆの~あめ ま~だや~~まずぅ♪」
歌いながら自分も大爆笑!
みんなは椅子から転げ落ちて涙を流し
呼吸困難になりながら笑い転げていた。

2時間笑い転げてシワも増えたので
23時、カラオケルームをあとにした私たちは
星を見に屋上へ移動することにした。
けれどダウンを着て行ったにもかかわらず
外はものすごい冷え込みで
たくさん見えた星の感動もそこそこに引き上げた。

冷えた身体を温めるべく、それからお風呂に入り
24時からは男子部屋で2次会だ。
けれどすでにあちこちに筋肉痛が出始めていたため
いつもより早目の2時過ぎにはお開きとなった。


まだつづく。                                                              
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-12-14 23:59 | 温泉物語 | Comments(0)

八ヶ岳合宿物語 1

雨女ののんちゃんと、雪男のハコが参加となれば
どんなに晴れの予報だって傘持参で旅は始まる。
今回のメンバーは男子2、女子4の6名。
今年4月、7月に続く第3回、冬の合宿だ。

早朝の新宿駅から「あずさ」に乗った。
考えてみれば、先月もこの電車に乗り
上諏訪温泉に行ったばかりの私たちである。
けれど遊んでいるわけではない。
八ヶ岳はトレーニング、ハードな「合宿」なのだ。

お昼前に小淵沢の駅に到着した私たちは
まず、歩いてすぐの鰻屋さんに入った。

c0322794_23234351.jpg

お店の建物は昭和2年に建てられたもので
一軒家をそのまま使っている。
店内は畳の上にテーブルが並べられていて
椅子はバラバラ、そこがまたいい感じ。

c0322794_23245979.jpg

c0322794_23251220.jpg

c0322794_23252731.jpg

も~!めちゃめちゃ美味しかった♪
みんなみんな大満足~!!

おなかもいっぱいになり、元気にお店を出ると
チェックインには早かったが、宿へ向かうことにした。
珍しくお天気もいいし、運動だ!

c0322794_23524083.jpg

c0322794_0154771.jpg

残念ながら、グランドが貸切で使えなかったので
今回はパターゴルフから開始した。
1時間ほどで5番ホールまで進んだが
前回よりはかなり上達?し、いくつかparも取れた♪

続いて2時半から2時間はテニスである。
前回は暑い中、大汗をかいたが
今回はダウンを着て手袋着用のままプレーした。

c0322794_0244022.jpg

c0322794_0765.jpg

c0322794_07223.jpg

c0322794_0283885.jpg

c0322794_0103462.jpg

なぜかおブーだけ写真がないが
もちろんちゃ~んと参加していた。

4時を過ぎる頃には全員が疲れ果てていたので
部屋に戻り、ゆ~っくり温泉に入ることにした。
すでに右腕はダルく、腰にも痛みが出ている。
けれど合宿はまだ始まったばかり、夜も長い。

つづく。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-12-13 23:59 | 温泉物語 | Comments(4)

上諏訪温泉物語 最終回

3時に寝ようが、4時に寝ようが
6時には目覚める私たちである。

まずはそろって露天風呂へ出かけた。
ほぼ貸切だった昨日と違って人が多く
狭い露天はいっぱいだった。
夜は気づかなかったが、隙間から空が少しだけ見えた。
お天気は良さそうだ。

c0322794_233367.jpg

その後、広い朝食会場でご飯である。
バイキングでない朝食は久しぶりのことだ。
どちらかと言えばパン好きな私だが
もちろん、和食だってちゃ~んと食べた♪

部屋に戻ると出発前恒例のパック大会である。
ガミが用意してくれた今回の4枚はこの通り。

c0322794_23152840.jpg

さっそく顔に貼り付け、撮影のためにキーヒコを呼ぶと
部屋の入口で私たちを見るなり笑いコケた。

c0322794_23172382.jpg

そりゃ、確かにふなっしーは目が4つだけど
そんなにおかしいかなぁ~。
どっちかと言えば無気味じゃない?

c0322794_23285762.jpg

そうこうしているうちにチェックアウトの10時だ。
この日はおブーが先に帰るため
駅まで送りがてら、ロッカーに荷物を預けた。
さ!6人は観光行くよ~!

c0322794_23292615.jpg

途中、道路沿いで見つけた紅葉。
超~~~綺麗だった♪
街路樹もそれぞれ色づいていて
歩くだけでも十分に大好きな秋を堪能した。

到着したのは「高島城」。
コンパクトサイズで写真に収めやすくカワイイお城だ。

c0322794_2338149.jpg

c0322794_23384329.jpg

ただ風が強く、天守閣に上るとさすがに寒かった。
船は前日に乗っておいて正解だったね。

c0322794_23554543.jpg

その後は少し早いお昼にした。
下諏訪の鰻屋さんだが、人気のお店ゆえ
下手な時間に行くと並ばなくてはならないらしい。
実際、私たちはすぐに入れたが、ほどなく座敷は満席。
その後もお客さんが次から次に入れ替わった。

c0322794_032680.jpg

飲む組の4人はさっそく「竹酒」に「馬刺し」を注文。

c0322794_05286.jpg

c0322794_054587.jpg

飲まない組のガミと私は早くも食事だ♪
「うな重」に「白焼き」。
評判通り、と~~っても美味しかったぁ♪
大大大満足!

c0322794_0113656.jpg

c0322794_0173036.jpg

食後はまたまたお風呂である。
100人が1度に入浴できるようにと造られた
立って入るお風呂は、その名も「千人風呂」。
深さが110センチあり、底には玉砂利が敷いてある。
その足から伝わる刺激が何とも心地よく癒された♪

おなかもいっぱい!心も身体もポカポカ♪
元気になった私たちは冷たい風の中を駅まで歩き
予定通りの「スーパーあずさ」に乗り込んだ。
当然、皆んな寝るかと思いきや
「のんべ組」の4名はまだまだ飲み続けた。。。
あっぱれ!

今回も楽しい旅をありがとう!
お疲れさま~♪

完。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-11-10 23:59 | 温泉物語 | Comments(0)

上諏訪温泉物語 2

宿に到着すると、スタッフの女性が言った。
「旅行会社の方からVIPのお客様と伺いましたので
ちょうど空いた角部屋に変更させていただきました」

c0322794_23225498.jpg

確かに素敵な部屋である。
見ての通り、女性4人でも驚きの広さで
窓から目の前には諏訪湖が広がっている。
けれど、いつまでも感動している時間は無い。
太鼓のショーのために繰り上げた夕食時間まで
40分もないのだ。

お風呂で残念だったのは、露天である。
屋根がすっぽり覆っていて空も景色も見えない。
露天風呂と言いながら、解放感は感じられず
後から知った満天の星も見ることができなかった。
せっかくの「温泉メガネ」もこれでは役に立たない。
過去にこの宿を利用したことのあるのんちゃんの
「お風呂が残念」の評価は正解だった。

それでも温泉ゆえ芯から温まることに変わりは無い。
湯上りに「かりんジュース」を飲むと
いよいよ夕飯へGO~♪

c0322794_23415970.jpg

c0322794_23421259.jpg

c0322794_23413313.jpg

c0322794_23422997.jpg

c0322794_23424374.jpg

c0322794_2343587.jpg

c0322794_23431931.jpg

c0322794_23433612.jpg

c0322794_23435337.jpg

食事はどれもとっても美味しかったが
私には量が多すぎた。
さらに飲み過ぎたのか、食べ過ぎたのか・・・
途中でおなかが痛くなり
食事が終わる頃には寒気にまで襲われ
そのまま部屋でダウンしてしまった。
もはや太鼓どころではない。。。最悪。

けれどそれから3時間ほどが経過した午前0時
私は元気に復活し
2次会の会場である男子部屋へ合流した。

ところが、見ればキーヒコとハコはすでにダウンし
サトコ先生だけが呂律が回らない中
一生懸命女子の相手をしているではないか。
せっかく私も復活したというのに、これは許せない。
サトコ先生は2人にのしかかり、起こし始めた。
「起きろよ~!何で俺だけ1人で
4人の相手しなきゃなんないんだよぉ~!」
かなり笑える心の叫びである。

実はこの2人、お酒が無いからと
寒い中わざわざ外のコンビニまで
買い物に出かけたサトコ先生が
戻ってみるとすでに寝ていたという
ヒンシュクな2人だった。
ここはやはり、サトコ先生の苦労に報いるため
買って来たお酒を飲むべきだろう。

結局、起こされた2人も合流し
全員参加の3次会がスタートした。
これまで語られることのなかったガミの恋バナに
サトコ先生の結婚秘話や壊れた食洗機の話は
涙なくして聞けない話であった。
ところが今まさに私の涙が溢れそうになった時
突然おブーが笑いコケた。
サトコ先生の靴下の
親指が入っていなかったことがツボにハマり
涙を流しての大笑いである。
しかもそれはしばらく続き
いつまでも笑い続けるおブーであった。

さすがに笑い疲れ、話し疲れ
サトコ先生の言葉も意味不明になってきたので
解散することにした。
時すでに午前3時。。。あっぱれ!

まだつづく。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-11-09 23:59 | 温泉物語 | Comments(0)

上諏訪温泉物語 1

予定では、前回と同じメンバーのはずだったが
残念ながらうーさんが仕事のためドタキャンとなり
今回は7名での旅となった。

行き先は上諏訪温泉。
新宿から「スーパーあずさ」で2時間強である。
もちろん、席に座ったと同時に
缶を開けるシュパっと言う音が響き渡った。
さっそく回って来たつまみは
カットされ、PPAPの名がついた
「りんご」と「パイナップル」である。
それでなくても私の頭から離れないその歌?が
さらにパワーアップしたことは言うまでもない。

ほどなく各自用意したお酒も無くなったので
私たちは戻って来るはずの車内販売を待った。
ところが待てど暮らせどやって来る気配は無く
若干の飲み足りなさを感じつつも
12時9分、無事に上諏訪駅に降り立った。
雨女のんちゃん&雪男ハコも真っ青の快晴だ♪
風も無く、日差しは暑く感じるほどで
厚着で出かけたことを若干後悔である。

今回の宿は駅から近いため、まずは荷物を預けた。
それから「昼はソバ!」とのサトコ先生の一言で
おそば屋さんを目指した。

c0322794_23272774.jpg

手前は海苔をかけ忘れた私のざるそばだ。
もちろん、あとから持って来てくれ
美味しくいただいた。

食後は観光である。

c0322794_23375649.jpg

諏訪湖畔は暑いくらいのポカポカ陽気で
空には雲1つなく、とにかく気持ちがいい♪
紅葉もほどよく見ることができ
やっぱりいいよねぇ~秋♪大好き!

c0322794_23452916.jpg

c0322794_23454872.jpg

c0322794_2346639.jpg

さらに駅まで歩くと、ダックツアーへ出発だ。
水陸両用のバスが途中
諏訪湖で船になる1時間弱のツアーである。

c0322794_23564734.jpg

c0322794_23571382.jpg

c0322794_23591410.jpg

c0322794_23594259.jpg

バスから船に替わる瞬間はなかなかのものだ。
窓ガラスのないバスは
道路でこそ風の冷たさを感じたが
湖の上では逆に暑かった。
幸い無風だったため、船が苦手なハコも私も
楽しめたツアーだった。

そして観光はまだまだ続く。
諏訪大社の春宮から秋宮まで歩いてお参りし
御柱の大きさにビックリした。

c0322794_036546.jpg

c0322794_0372178.jpg

c0322794_0373969.jpg

万治の石仏。
周りを3回まわってお参りする。
みんながズルせずキチンと回った結果
そろって目が回ったので、宿に戻ることにした。
さぁ~お風呂!お風呂♪

つづく。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-11-08 23:59 | 温泉物語 | Comments(0)
何時に寝ようが早朝から目覚めるシニアである。
揃ってお風呂に出かけると
青空の中、露天を満喫した。
きゃあ~!いいお天気♪

c0322794_18593518.jpg

私の朝食はいつもこんなもんである。
ただし、このあとバナナジュースをおかわりし
パンもさらに3個追加、牛乳も飲んだ。

2日目のこの日、当初の予定はアウトレットに行き
そこでランチし、帰りの電車に乗るつもりだった。
がぁ~!せっかくお天気になったのに
このまま帰るのは惜しいとの意見から予定変更!
あくまでも予定は未定であり決定ではない。
これが自由旅のいいところでもある。

と言うことで、チェックアウトまで
テニスをすることに決定~!
強い日差しの中、さっそくコートまで移動した。

c0322794_1973896.jpg

テニスの先生は経験者のおブーである。
のんちゃんも少しやったことがあるそうだが
何を隠そう、彼女は今回サンダルで参加していた。
前日のパターゴルフ他もサンダルでこなしたが
この日は靴ズレ予防に靴下を重ねていた。
世の中広しと言えども
サンダルでテニスをやる人は多くない。

とにかく、それ以外の3人は
ラケットの握り方も知らない初心者だ。
さてさて、どんなテニスになるのやら・・・。

c0322794_19225353.jpg

c0322794_1915025.jpg

c0322794_19151639.jpg

c0322794_19153131.jpg

最初こそ力加減が分からず
続けることすら難しい私たちであったが
それでも心の底から楽しんだ。
私はと言えば、しばらくプレーしたものの
これまでのバドミントンやキャッチボールで
使い過ぎた右手首が悲鳴を上げ、途中棄権した。

その後、チェックアウトのため部屋に戻ると
前日できなかった記念撮影をした。

c0322794_2291928.jpg

ガミが用意してくれたフェイスパックである。

c0322794_22371444.jpg

おブーのドロンジョ・・・美しすぎる。。。
感想を述べ合いながらチェックアウトを終えると
レストランへ移動し、ランチした。

c0322794_22453171.jpg

この暑さにはやっぱり冷やし中華だよね~♪
13時になるとお風呂が入れるようになるので
テニスでかいた大汗を流しに出かけた。
ただし、チェックアウト後なので有料だ。
やむなし。

c0322794_22495395.jpg

そしてサッパリした私たちは
1時間後、駅までタクシーに乗った。
話好きの運転手さんの興味はもっぱら都知事選にあり
自分に投票権が無いことをそれはそれは嘆いていた。

こうして、今回もまた
少しの無駄もない私たちの旅行・・・
もとい、私たちの合宿が無事終了した。
みんな、今回も楽しい合宿をありがとう♪

完。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-14 23:11 | 温泉物語 | Comments(0)
雨に濡れ、汗をかいたあとの温泉♪
きゃあ~!ぜいたくぅ~!!
前回忘れた「温泉メガネ」もしっかり持参し
私たちは露天で癒された。
これこれ、この瞬間がたまらない♪

けれど、まったりしたのも束の間
レストランは浴衣着用不可ゆえ
着替えなければならない。
この手間がなければ最高なのにねぇ・・・。

c0322794_2242097.jpg

c0322794_22422770.jpg

c0322794_22424227.jpg

c0322794_2243785.jpg

c0322794_22432764.jpg

c0322794_22434257.jpg

c0322794_22442859.jpg

20時までの2時間、おブーは巨峰ジュースを飲み
ガミと私はウーロン茶を飲み、そしてモモとのんちゃんは
ビールやワインやらを飲んで食事を楽しんだ。

もちろん、カラオケまでの1時間は
今回もアリーナで運動だ。

c0322794_2341974.jpg

c0322794_2352440.jpg

卓球にバドミントン、そしてバスケット。
かなり真剣モードの私たちであった。
前回のリベンジとばかりに
フリースローに燃えていたバスケ部のおブーも
ほどなく勘が戻り、この通り。
ナイスシュート!

続く21時からの2時間はカラオケである。
もちろん懐かしい歌謡曲を歌ったことは
言うまでもないが、すでに声はガラガラで
いつも以上に低音しーちゃんであった。

23時になると再度お風呂へ行き
大汗を流した。
それから3時近くまで話し込んだのは
今回も同じである。
パワフルだわ~!私たち。

まだつづく。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-13 23:59 | 温泉物語 | Comments(0)
連休前に行って来たばかりだと言うのに
今回もまた突然決まり
バブリーな区の保養所に出かけてきた。
前回は女子3、男子1だったが
今回は女子4、男子1・・・。
なぜかいつもこのパターンである。

現地の天気予報は、土曜日は雨で涼しく
日曜日は30℃を超す暑さと極端。
やっぱり雨女のんちゃんパワーは健在だ。
さらに今回は電車旅のため
「荷物は少なく、軽く」が合言葉であった。

土曜日、弱い雨の中
5人のシニア旅はスタートした。
2時間後に到着した小淵沢も雨で
ホームに降りた途端、その寒さにビックリした。
駅前からシャトルバスに乗って目指すは
「サントリー天然水南アルプス白州工場」だ。
ここでいつも飲んでいる天然水の工場見学をした。

c0322794_2333270.jpg

c0322794_2334962.jpg

c0322794_234682.jpg

なかなか興味深い見学は1時間ほどである。
さらに最後の試飲では、ヨーグリーナのほか
天然水オレンジ、スパークリングが並び
どれも初めての私とおブーは大感激だった。

その後、レストランでお昼を食べた私たちは
再びシャトルバスで駅まで戻ると
今度は送迎バスに乗り換えて保養所に到着した。

c0322794_23205298.jpg

c0322794_2321737.jpg

今回は和洋室が取れたので広い~♪
荷物を置くと、お風呂までの時間を使って
パターゴルフ&キャッチボールをすることにした。
幸い、雨はあがりラッキー!

c0322794_23281063.jpg

パターゴルフの先生はガミである。
彼女は現在も定期的にコースに出ている。
何を隠そう、私はドイツにいた時ゴルフを習い
フルセットのマイクラブを持ち
毎日のように打ちっぱなしに通っていた。
ここだけの話、コースにも出たことがある。
が~!あれから18年。
今やクラブの握り方さえも思い出せない・・・。

とにかく初心者軍団の私たちである。
力加減も何も分からず
ゴルフとはとても言えない珍プレーの連発となった。
ラフ、バンカー、OBを始め
他の人のボールに次々にぶつけるなど
ビリヤードもどきを繰り返す私たちに
ガミもすぐにスコアカードの記入を諦めた。

中でも4番ホールでの出来事は強烈だった。
障害となる大きな岩が3つある難しいホールだが
モモが打ったボールがものの見事に岩に当たり
スタート地点より後ろまで弾き飛ばされたのである。
も~!おかしすぎる~!!
全員で笑いころげた。
どうやら本人は岩を超えるイメージだったらしい。

そこまでプレーしたところで雨が降って来た。
急いで雨宿りのためグランドへ移動したが
今度はそのままキャッチボールの開始である。
私がず~~っとやりたかったキャッチボール♪
あ~感動!

c0322794_2351243.jpg

c0322794_23535914.jpg

50肩で腕が上がらないモモは見学。
女子は交代で金属バットを握り、快音を響かせた。
私としてはもっともっと続けたかったが
お風呂の時間になったため泣く泣く引き上げた。
ん~残念・・・。

けれど私たちのスケジュールは
今回もまた分刻みである。
とりあえずはお風呂へゴ~♪

つづく。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-07-12 23:59 | 温泉物語 | Comments(2)

八ヶ岳温泉物語 最終回

目覚めると、やや筋肉痛もどきモードの私であった。
すでにおブーの足が
昨夜の二次会の最中に攣ったことをみても
私たちの身体が悲鳴を上げているのは間違いない。

とりあえずは朝風呂である。
実は私は今回、あれだけ楽しみにしていたのに
「温泉メガネ」をしっかり忘れてきた。
そのためアバウトな視界の中での露天風呂である。
それでも十分に癒されるいいお湯だった。

c0322794_23592747.jpg

c0322794_23594564.jpg

そして汗が引くのを待って洋服に着替え
レストランへ移動、バイキングの朝食である。
昨日頑張りすぎた代償が早くも現れ
それぞれに身体のあちこちが痛み始めている。
週明けの出勤は間違いなく筋肉痛との戦いだ。

11時にチェックアウトした私たちは
「清春白樺美術館」に行ってみることにした。
お天気は予報通りの雨で、風もかなり強い。
どうやら「雨女+雪男=嵐」となるらしい。
敷地内の移動だけでかなり濡れた。

その後「七賢醸造元」に寄ったあとは
途中でお昼を食べながら帰ることにした。
できれば渋滞は避けたいところだ。

c0322794_0211465.jpg

c0322794_0213210.jpg

そのお昼は「頑固おやじの手打ほうとう」である。
ハコが連れて行ってくれた。
メニューは「ほうとう」しかない。
ほうとうグランプリで優勝し
ほうとう名人となったおやじが作るほうとうには
自家製味噌と自家栽培野菜が使われている。

c0322794_0294122.jpg

c0322794_0295593.jpg

これが4人分、早速食べてみる。
きゃあ~!美味し~~い♪
それしか言葉が出ないうまさである。
この美味しさを知ってしまったら
これまで食べたほうとうは
「ほうとうもどき」だったと言うしかない。
本物はこれだ。

c0322794_0334499.jpg

もともと量が多かったが
何とか全員で頑張って食べ、完食した。
またいつか食べに来たいな。。。

c0322794_039148.jpg

さらに、途中のサービスエリアでは
またまたソフトクリームをパクリ!
あ~しあわせ♪

その後もワチキ号は順調に走った。
そしてラッキーなことに全く渋滞することなく
無事に帰宅することができた。
いつの時代も楽しい時間はあっという間に過ぎる。

かつてないハードスケジュールで中身の濃い
本当に楽しい旅行であった。。。
みんな、ありがと~~♪

完。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-04-21 23:59 | 温泉物語 | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん