つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:しーちゃんち( 98 )

雨どい修理完了

この冬2度目に降った雨を含んだ重たい雪で
屋根の雨どいが割れたことは書いた。
ちょうど角の部分でポッキリ折れたそれは
ベランダ側に落ちかかっていたが
何とかその状態を保っていた。

そして今日、業者さんが修理に来てくれた。
方法としては、折れた箇所で切断し
そのままフタをする案もあったが
結局、以前のように直してもらうことになった。

作業は1時間半ほどで終わり、修理代は
残念ながら保険金請求できるまでではなく
今回も自腹の出費となった。
何かと物入りの春である。

c0322794_15462423.jpg

これが下から見上げたところだ。
左側がベランダの屋根でオレンジが家の屋根
その間に見える黒いものが雨どいの角である。

c0322794_15483313.jpg

実際のところ、私も屋根の上など見たこともなく
もともとこの部分が
どうなっていたのかも分からない。

c0322794_1550181.jpg

徐々に見えて来たところで
どうやら左側から来た雨水はここで曲がり
そのまま屋根伝いに流されているらしい。

c0322794_15522515.jpg

雲1つない青空にオレンジの屋根
そして黒い雨どいと白い結束バンド。
なかなかよく映えている。
黒いバンドはなかったのかと思わなくもないが
そうそう見える場所ではないため
良しとするしかないだろう。

これで今度こそ一段落と行きたいところである。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-03-23 16:11 | しーちゃんち | Comments(2)

おひなさま片付けた~♪

明日がひな祭りなのはよぉ~く分かっているが
その日を待たず、今日おひなさまを片付けた。

c0322794_19331456.jpg

と言うのも、今度の土日は温泉~♪
その次の土日もすでに予定が入っている。
今日を逃せば、3週間先まで
おひなさまは出しっ放しなのだ。
その間に地震が来ないとは言い切れず
そうなれば変則飾りのおひなさまは
間違いなく壊れるだろう。

え~い!
そんな心配をするなら片付けてしまえ!!
今年はすでに友人たちにも見てもらったし
息子夫婦にも見せたのだからもう十分だ。
本来であれば、天気のいい日に窓を開け
風通しをしながらしまいたいが止むなしである。

c0322794_20552046.jpg

そう言えば、この変則飾りに
場所が無くて登場させられない3人がいる。
段飾りにすれば
下の方に座る「仕丁」トリオである。
関東では台傘(だいがさ)・沓台(くつだい)
立傘(たてがさ)となり
泣き上戸、怒り上戸、笑い上戸の
3種類の表情をしている。

c0322794_20563283.jpg

残念だが、これじゃ見えない。

c0322794_19461332.jpg

とにかくこうして
私は1人1人に丁寧にはたきをかけ
顔を紙で覆って箱にしまった。
来年は孫の初節句~♪
是非!段飾りで飾ってみたい。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-03-02 21:20 | しーちゃんち | Comments(0)

悪臭は蘇る・・・

派遣女子の香水のことではない。
そちらはさらにパワーアップし臭くてたまらないが
今日は我が家の悪臭の話である。

その原因となっていた犬が旅立ってから
かれこれ40日になる。
けれどその後、犬小屋はそのまま
悪臭の元になった駐車場界隈も
改めて掃除されること無く放置されている。

沁み込んでしまった悪臭は
境界にあるブロック塀の穴を塞いだこともあり
落ち着いていたものの思っていた。
ところが、ここ数日の気温の上昇とともに
再びあの臭いが蘇ったのである。

実は以前にも何となく気になったのだが
確信したのは昨夜。
昼間はコートの要らない暖かさだった。
浴槽に浸かり、癒されモードに入った時
その臭いを感じた。
え!?まさか・・・。
私は開いている窓に鼻を押しつけた。
あ~・・・やっぱり臭い。
またこの臭いだよ・・・。

穴が無くなったため
玄関前には流れて来なくなった悪臭だが
フタをしたわけではないので上には上がる。
新しい糞尿の臭いがプラスされることは無くても
これまで長い間沁み込んだ頑固な臭いは
未だに残っているというわけである。

解決したと思った悪臭事件。
気温が上がるにつれあの悪夢が戻ってくるのか。
あ~・・・考えただけでもゾッとする。

けれど、これ以上お隣には言えない。
それでなくても私は神経質だと思われている。
その上、犬がいないのに臭いなどと言えば
今度こそ友好だった関係は悪化するだろう。

未だ犬小屋を片付けないのは
まだまだ悲しみが癒えていないのかもしれないし
ただのズボラかもしれない。
それでも私はこのまま耐えるしかないのである。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-03-01 23:59 | しーちゃんち | Comments(0)

大雪のせい・・・

屋根の雨どいが割れたことは先日書いた通りだ。

たまたま1度目の大雪の際に
私はブログ用にと、積もる様子を記録していた。
その際の写真から、この雨どいは
先日の2度目の大雪で壊れたことが判明した。
我が家の雪による被害1号である。

ところが被害はそれだけではなかった。
積もった雪が解け出すとともに
無罪な姿をさらけ出したのがコレ・・・。

c0322794_22595196.jpg

去年の雪の日に花壇の角をぶつけられてから
置くことにした赤いコーンである。
最初のものは割られ、2代目は盗まれ
3代目となるコーンだ。
それが何と!今回の雪でこうなった。

c0322794_2345369.jpg

あ~何たる悲惨な姿・・・。
被害2号である。

c0322794_237590.jpg

実は隠れているが
すでに重りの部分は踏まれて割れている。

c0322794_2392387.jpg

もう1つのコーンは無事かとのぞいてみれば

c0322794_23104824.jpg

あ~こっちも割れてるじゃん!
被害3号。

もぉ~~~~!!最悪・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-18 23:18 | しーちゃんち | Comments(0)

今年もおひなさま♪

去年に続き、今年もおひなさまを飾った。
7月には息子のところに娘が産まれる予定なので
このおひなさまたちは孫に譲ることにした。

c0322794_23345311.jpg

写真は去年載せたので、今年は少しだけ。
今年もまた段飾りではなく
我が家用の変則飾りである。

c0322794_23392376.jpg

来年は孫の初節句で飾ることになると思うと
何やら不思議な気持ちである。

「ドレミファドン」の優勝賞品だった秀月のおひなさま。
私1人がその力で勝ち取ったものである。
それが娘のために飾られ、孫へと続いていく。
これぞ頑張った甲斐があると言うものだ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-17 23:54 | しーちゃんち | Comments(0)

今度は雨どいだよ・・・

洗濯物を干すためベランダの状態を見に出て思った。
あれ~?何であんなに水が落ちて来るんだ??

場所はベランダの端っこ
ちょうど屋根が終わったところあたりである。
雪解け水が次から次にビシャビシャと落ちている。

c0322794_17321494.jpg

見れば雨どいのようなものがある。
ん?こんなとこにこんな角度でついてたっけ??

c0322794_17333390.jpg

え~!?どう考えても変だよ。

c0322794_17342340.jpg

ギョエ~~!!
もしかしてコレ、壊れてるとか?

c0322794_17352869.jpg

ガ~~~~ン!!!
どう見ても割れてるよ・・・壊れてるじゃん!
あ~・・・今度は雨どいかよ・・・最悪。
雪のせいかどうかは分からないが、とにかく壊れた。
またしても修理が必要になったのである。

はぁ・・・・・・・・・・・・。
もう本当に・・・溜め息しか出ない。

それでも、この落ちかけた雨どいが風で飛ばされ
下の道路まで落ちて人にぶつかりでもしたら大変だ。
ここは外れるものなら外してしまった方がいい。

けれど引っ張っても外れそうもなかったので
とりあえずヒモで結び留めることにした。
雨どいから出ていた針金とからませたので
仮に外れたとしてもぶら下がるはずだ。
もし落ちても、それがベランダなら問題はない。

c0322794_17545920.jpg

一段落したと思った家の修理だが
やっぱり私が引越すまで続くようである。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-16 17:59 | しーちゃんち | Comments(0)

雪かき終了~!

やっぱり、先週より積もっている・・・。

c0322794_11165798.jpg

今朝のベランダは端っこがすごいことになっていた。

c0322794_11175987.jpg

ベランダの屋根は
解け始めた雪がずり落ちて来ている。

それでもかくしかないのが一軒家の定めである。
私は雪かきを始めた。
予想通り、ベチョベチョの雪は
メチャクチャ重たく前回以上の重労働だった。
もともと重たいスコップに水を含んだ雪・・・
何度も何度もすくっては投げすくっては投げる。
今、キーボードを打つ腕はどちらもダルく
明日は間違いなく筋肉痛だろう。

隣のばあちゃんち前まで
やりたい気持ちは200%だったが、とても無理・・・。
自宅周りだけで身体が悲鳴を上げた。
これ以上続ければ腰に負担がかかる。
何だか意地悪をしているような後ろめたさを感じつつ
とりあえず午前の部は終了した。

c0322794_11265292.jpg

c0322794_11272625.jpg

c0322794_1127336.jpg

たった1人、よくもここまで頑張れたものである。

c0322794_11283377.jpg

駐車場前はこの通り。

c0322794_1129286.jpg

かいた雪の量もハンパではない。
今にしてみれば、先週の雪かきは楽だった。

今朝は4時までスケートを観ていた上に
疲れたので、私はこれから昼寝に突入する。
目覚めた後は身体と相談して
午後の部の雪かきをどうするか考えよう。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-15 11:38 | しーちゃんち | Comments(0)

また大雪だし・・・

大雪の影響で遅れている上に
間隔調整だと言って止まったと思えば
さらにどこだかの駅で停止ボタンが押されたと
またしてもしばらく止まる。
そんな電車を3本乗り継ぎ
いつもより時間はかかったものの
何とか無事帰宅した。

会社近くの道路は駅までシャーベット状で
滑らないようにと異常に気を使ったため
変なところに力が入り疲れた。
けれど、自宅駅を下りると一面真~っ白!
先週の大雪に負けていない積もりっぷりだ。

c0322794_22542369.jpg

c0322794_2255254.jpg

c0322794_2256668.jpg

自宅周りもこの通り。

とりあえずバッグを下ろし、そのまま雪かき開始だ。
けれど明日には雨に変わるとの予報なので
無理をせず、玄関前だけにしておいた。

明日は午後から石鹸のレッスンがある。
行かれるかなぁ・・・。
その前に、まずはライブで男子フリーを応援だ♪
頑張れ!ニッポン男子!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-14 23:10 | しーちゃんち | Comments(0)

大汗かいて雪かいて

大雪から1晩明けた今朝9時前の様子である。

c0322794_11284535.jpg

まだ日差しは無く、真っ白なままである。

c0322794_11285780.jpg

ベランダもこの通り、見事に積もっている。

c0322794_11322078.jpg

10時過ぎ、日が当たり始めたので雪かきに出た。
昨日かいておいたところは、すでに解け始めているが
我が家は角地なので横の道も作業が必要である。

さっそく、隣りのHばあちゃんちまでの道を作り
ついでにばあちゃんちの玄関前までかいておいた。
さらに作業を続けていると、Hばあちゃんも
カッパに長靴、スコップを手にやって来た。
昨日に続き、今日も一緒の作業である。
けれどばあちゃんは80歳、無理は禁物だ。
私は何度もやっておくと言ったが
全く聞かない元気なばあちゃんであった。

けれど反対隣のNばあちゃんは
対照的に作業をする気が無いらしく
自宅前の私道だけ雪が残った状態になっていた。
私は明日、ここを通って駅を向かうわけであり
雪が残っていたために転ぶのはご免だ。
私はそのままNばあちゃんちの前まで雪をかいた。
Nばあちゃんはその間、全く姿さえ見せなかった。

実際、凍りかけている雪は重い上に
普通のスコップなのでそれ自体の重量もある。
腰には気をつけたものの
さすがに右腕はプルプルし始めた。
結果的に自宅だけでなく両隣まで作業したわけで
かなりの重労働となり、大汗をかいた。
髪の毛はすでにサリーちゃんである。

そして40分後、自宅前の私道はこの通り。

c0322794_1144057.jpg


c0322794_11462370.jpg


c0322794_11463528.jpg

何とか歩ける道が出来上がった。

けれど気をつけなければならないのは足元だけではない。

c0322794_1148444.jpg

屋根の上からは解け出した雪が落ちてこようとしている。

このまま少しでも長く日が差して
積もった雪が解けてくれることを祈りたいが
何か、気がつけば身体がだるい。
明日あたり、雪かきの筋肉痛が出たりして・・・。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-09 12:15 | しーちゃんち | Comments(0)

大雪~!

大雪になるとは聞いていたが
ここまでドッサリ降るとは見事である。

c0322794_17121452.jpg

朝8時。我が家の前の私道の様子だ。

c0322794_1750275.jpg

10時。あっという間に真っ白。

c0322794_17512516.jpg

12時。さらに雪が積もり始めた。

c0322794_17533215.jpg

14時。どこもかしこも真っ白け。

c0322794_17533683.jpg

16時。完全な雪国となった。

こちらはベランダから見る景色の変化。

c0322794_17545718.jpg

8時。まだうっすらだ。

c0322794_17554492.jpg

10時。手すりにはかなり積もっている。

c0322794_17563079.jpg

12時。風のせいか、中まで雪が入り込んで来た。

c0322794_17572595.jpg

14時。さらに積もった状態。

c0322794_1758226.jpg

16時。透明なひさし部分が雪で覆われたため薄暗い。
その後、玄関前の雪をかいた。

c0322794_1804236.jpg

花壇はこんな状態である。

c0322794_1811389.jpg

指先が冷たく感覚が無くなるまで頑張ったが
すぐにまたこの通り・・・。

今、2度目の雪かきをした。
すでに下の部分は凍り始めている。
あとでもう1度かいておくことにするが
その後も降り続けば同じことだろう。

雪国の人たちは本当に大変な毎日だろうと
思わずにはいられない。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-02-08 18:07 | しーちゃんち | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん