2017年 02月 26日 ( 1 )

ガス給湯器交換

ちょうど去年の2月
3年に1度のガス保安点検があった。

実はその際、ガス給湯器の
一酸化炭素排出量検査を進められた。
けれど悪い結果が出ることは容易に想像できたため
その任意検査はパスした。
数値が悪いからと使用禁止にされてはたまらない。
近いうちに交換するにしても今ではない。

そしてそのまま時は流れ
いつしか私の頭から「ガス給湯器」は消えた。
特に問題も不具合もなく1年が過ぎたのである。

けれど、今回ヘルプでやってきた母が言った。
「ガス給湯器替えた方がいいよ」
築17年を超えたわが家と
ほぼ同じ頃に建てた母の住む二世帯住宅では
すでに何年か前に交換したのだそうだ。
さらに私は気づかなかったが、母曰く
お湯の温度にムラがあるそうだ。

ということで、さっそく交換を決めた。
実際、調べてみると
ガス給湯器の寿命はおおよそ10~15年程度とあり
やはり限界のようである。
ちょうど隣のHばあちゃんに教えてもらった
近所のお店に相談することにしたものの
型番を確認しようにも
ラベルはやけてしまって読めなかった。

c0322794_16185276.jpg

見えるのは「TOTO」の文字だけだ。

c0322794_16191053.jpg

すでに配管ホースもボロボロだったそうで
あまりの古さには業者さんも驚いていた。

そしてわが家のガス給湯器は新しくなり
さっそくお風呂にお湯をはった。
するとしばらくして突然鳴り出すブザー!
ピーピーピーピーピー!!
え!?何なに??
何事かと慌てて駆けつければ
「残りおよそ5分でお風呂に入れます」
との声。。。タラ~ン。

さらにおよそ5分後。
今度は突然鳴り出すメロディ・・・。
ビミョーな長さでそれは響き渡った。
「お風呂が沸きました」
再びしゃべるリモコンであった。

冷蔵庫がしゃべり、お風呂もしゃべる。
1人暮らしでも賑やかな我が家である。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-02-26 16:51 | しーちゃんち | Comments(0)