結構な打撲だったみたい・・・

思ったよりも重傷のようである。
富士急ハイランドのスケートで
ドスン!と尻もちをついたお尻が痛い。。。

すでに私のお尻は太ももへと流れ込んでいるため
クッションの役目を果たすわけもない。
見事に尾骶骨を強打した。
その瞬間は息ができない状態だったが
すぐに両脇が攣ったため、それどころではなくなった。

実は私は小4の時にも尾骶骨を強打したことがある。
校庭のハンドシーソーで遊んでいた時のことだ。
この遊具をご存じだろうか。
横から見ると「T」のような形で
ハシゴを横にして中心を支えている感じ。
2人で遊ぶ、ぶら下がり式のシーソーである。

このハンドシーソーで、上になったり下になったり
休み時間に友達と遊んでいた時のこと。
下にいた友達が手を離してしまったのである。
当然、上にいた私はそのまま落下。
ものすごい勢いで尻もちをついた。
しばらくは息ができず、苦しかったことを覚えている。
今回の転倒で、その時のことを思い出した。

その後、スケートによる筋肉痛も出たが
腰の痛みはずっと続いていた。
現在、椅子に座れないわけではないものの
角度によっては激痛が走る。
しゃがむ動作や歩く際には支障があり
階段を上がるのが辛い毎日である。
さらに重いものを持つこともできない。

よほどの酷い打撲か
尾骶骨にヒビが入った可能性もゼロではない。
けれど医者に行ったところで治療法はなく
治るのをただただ待つしかない。
そして残念ながら、自然治癒には時間がかかるようだ。
ネットで見ると、何か月単位らしい。
・・・最悪~。

あ~・・・まさか年末に来てケガをするとはね。
・・・凹む。
年明けのボーリングは応援係かなぁ。。。
も~~~!ガッカリだよ。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-12-12 23:59 | 健康 | Comments(0)