E、ハーフバースデー

特にイベントはしないと言っていたが
おかげさまで、娘の息子Eが6ヶ月になった。

すでに人見知りが始まっているEは
今月半ば、娘婿の実家へ帰った時にも
ご両親の顔を見ては大泣きしていたそうだ。
順調に成長している証拠とは言え
さぞかしご両親も寂しかったことだろう。

もちろん、私にも同じEだが
幸い、最近は娘がよく顔を見せてくれるので
ずいぶん慣れてきたようである。
先週の土曜日は泣くことも少なくなった。

それにしてもEは娘婿によく似ている。
それは「E」という名前よりも
娘婿の名前の前に「小」をつけた「小△△」と
呼びたくなるほどである。
相変わらず、両親に似て色の白さはハンパない。

予防注射もほとんど受け終わったとのことだが
最近は注射前に消毒をされると泣き出すらしい。
痛いことをされると分かっているようだ。

そんな中、育休明けで申し込んでいた保育園に落ちた。
あちこち見学して、気に入ったと聞いていただけに
私もショックである。
けれど、どこも希望者が多数となれば
娘のように「両親が正社員で働いている」だけでは
入園可能のポイント数に足りないようだ。

それでも、働く親の誰もが通る道。
凹んでいる時間があれば次を探すべきだ。
現に私自身もまだ育休のない時代
産休明けでの娘の預け先を探し回ったっけ。
毎週のように区役所には顔を出したし
無認可保育園や未認可保育園を訪ね
保育ママについても調べた。

そう言えば、元旦那は全く協力的でなかった。
「まだ探すのか」
「そこまでして預けるのか」と言っては
仕方なくついて来ていたことを思い出した。
今思い出してもムカつく。。。

とにかく、別の預け先を探すべく
娘はまたいくつか見学に行くと言っていた。
そうそう、そうして母は強くなっていくのである。

私にできることは祈ることだけだ。
何とか早いうちに決まってくれますように・・・。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-06-28 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)