ちょっと遅かった・・・

年末年始と娘の出産があり
娘たちが自宅へ戻った後はギックリ腰になった。
やっと90%にまで回復したところで
気づけば息子の結婚式は8日後である。

私は当日、留袖を着ることにし
すでにレンタルの申し込みも済ませた。
実は母は自分の留袖を持っているが
私の娘の結婚式にはその留袖を着たので
今回もまた着るものだとばかり思っていた。
ところが、母に確認したところ今回は着ないと言う。

その話をしたのは
母がヘルプにやって来た12月のことである。
その時すぐに思いつけばよかったのだが
そのことに気づいたのは今週に入ってからだった。
当日準備する着物用品を確認していてふと思った。
「そうだ!お母さんが留袖着ないなら
私が着ればいいんじゃん♪」
レンタル代だってバカにならない。

さっそく嫁に連絡しキャンセルの確認をお願いした。
あとから分かったことだが、嫁のお母さんも 
やはり母親の留袖を着ることにしたそうで
1月に入ってからレンタルをキャンセルしていた。
可能なら無駄な出費は避けるべきだ。

けれど、母やパートの彼女の
「まだ1週間以上あるんだからキャンセルは大丈夫!」
と言う励ましも虚しく、キャンセル料は100%。
30日前からは全額になるとの返事だった。
あ~・・・もっと早く気づいていればなぁ。。。
残念無念。。。

仕方ない。
今回はそのままレンタル留袖を着るしかない。
もっとも、柄もピンクが入って気に入っているし
レンタルだから気楽であるのは確かだ。
母は言った。
「この次着ればいいじゃない」

だが、私には他に子供はおらず
親として出席する結婚式はこれが最後である。
美人は薄命の定めから
まだまだ小さい孫たちが結婚するまで
私が生きていられるはずもない。
あ~・・・返す返すも残念だ。

[PR]
by shi_chan1024 | 2017-02-11 17:15 | しーちゃんファミリー | Comments(0)