ガス点検

今日の午後、東京ガスが
3年に1度のガス設備定期保安点検に来た。
ガス漏れやガス機器の点検を無料でやってくれ
とりあえず異常は無かった。

けれど、屋外に設置している風呂釜給湯器について
すでに15年以上が経過しているため
燃焼状態を測定することを勧められた。
一酸化炭素の排出量によっては
最悪の場合、使用中止となるらしい。
現在の状態を知るためにもどうかと言われたが
検査は強制ではないため、断った。
幸い、給湯器周りは人が近づけるところではなく
今のままでも心配は無い。

やはり一軒家は次から次だ。
仮に新しいものに替えれば20万円がかかるらしいが
今回はともかく、3年後の点検の時には
検査も強制かもしれない。

いつまでこの家に住むのか・・・。
そろそろ本気で考えなくてはならないようだ。
[PR]
by shi_chan1024 | 2016-02-13 15:01 | しーちゃんち | Comments(0)