まだある犬小屋

以前は「ばあちゃんず」として
仲良くしていた両隣のHさんとNさんだが
現在はもっぱらHさんとだけ交流がある。
先日auの携帯で相談を受けたおばあちゃんだ。

残念ながらNさんとは
飼っていた犬を原因とする悪臭事件があってからは
挨拶だけの付き合いになってしまった。
見かければ話もし、表面的には普通だが
あれだけの悪臭で迷惑をかけながら
私が神経質すぎると言いふらしているNさんとは
もう深く付き合いたくない。

その原因だった犬が死んでから間もなく2年になる。
けれど、犬小屋は片付けられることも無く
現在もそのまま置かれている。
そして2年が経つ今も、滲みついた臭いは取れず
雨上がりや風向きによっては当時と変わらず臭う。
その方向にあるお風呂場の窓からは
イヤでも生臭い臭いが入り込み
毎日タオルを鼻に当てて浴槽に入る私だ。

かつて犬がいた場所は
この2年間、1度も掃除されていない。
この先だってするとは思えない。
もう2年になるのだし
新しい犬を飼うこともないのだから
いいかげん犬小屋は処分すべきである。

Nさんよりかなり年上のHさん宅は
毎朝必ず家の前を掃除し
それはそれは綺麗にしている。
片付けられないのは決して年のせいではない。

あ~・・・今日も臭かった。
本来1番リラックスできる場所であるべき浴室は
我が家では1番ストレスを感じる場所だ。
・・・最悪。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-11-11 22:53 | ご近所さん | Comments(0)