つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

やっと最後の会社?

うちの会社は6月が昇給月だ。
アップ額は成績や評価によって人それぞれで
去年、入社して10ヶ月の私は2,300円だった。

ところがベースアップから半年後の去年10月
私は規程の年齢に達したため減給となった。
その額は5万円、1年で60万円の減収である。
当時は派遣女との戦いに疲れ切っていた上に
手取りが15万円を切ったことで
私は本気で転職を考えた。

ところがその思いを社長に伝えたところ
社長は2つのことを約束してくれた。
「契約満了をもって派遣女は終了とすること」
「私の給与については見直すこと」

減給の規程はそもそも
長く勤めることを前提に作られている。
毎年の昇給を経て上がって来た給与を
下げると言うのなら分からなくもない。
けれど私の場合はこの歳での転職であり
実際昇給も1度、半年の間だけのアップだった。
それなのに規程だからと一気に5万円の減給は
どう考えてもおかしいと社長は言った。

そして今回、社長は約束を全て守ってくれた。
ご存知のように4月末をもって派遣女は退職し
私のストレスは綺麗サッパリ無くなった。
あんなに長かった1ヶ月が、今はあっと言う間だ。
さらに今回の昇給で私の給与は見直され
減給額が半分になったのである。
つまり、今回の昇給額は何と!2.5万円。
予想以上だった。
しかも社長は、この特例を認めてもらうため
会長や役員にかけ合ってくれたそうだ。

正直なところ、派遣女無きあとも
私はこの会社で働き続けることを決めかねていた。
昇給についても社長1人の思いだけでは
難しいことも分かっていたので
転職の選択肢はまだまだ残っていた。
けれど今回、社長は
私のためにここまで頑張ってくれたのである。
それでも転職する理由などあるわけがない。

最後までこの会社で働かせてもらおうかな・・・。
初めてそう思えた今日この頃である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-06-11 23:59 | 会社・転職 | Comments(0)

激動のしーちゃんブログ


by しーちゃん