転職保留を決意

私にとってあと34日は途轍もなく長く
正直、耐えられる自信もない。
後任女性が来るまでを数えたところであと20日もあり
そう思っただけで憂鬱以外の何ものでもない。

それでもこのままいるしかないのだろうと
ここへ来て諦めの気持ちが出て来た。
とりあえずは貼り紙女がいなくなる5月まで残り
転職はそれから考えるしかないようだ。
これが私の運命なのか。

昨日、社長宛てに後任女性から履歴書が届いた。
社長は封を切ると最初に私を呼び、見せてくれた。
そして社長の知る彼女の経歴や
人柄についても色々と話してくれた。
「ホントにいい人ですからよろしくお願いします」
と言った。

すでに社長の頭の中には、私と彼女の新体制での
構想がしっかりと出来上がっているようだ。
そして間違いなく
私の転職も無いものと確信している。

私は義理人情しーちゃんである。
この社長に何のお返しもせず
このまま辞めることはやっぱりできない。
それは私の生き方に反することでもある。
それに、ここまで耐えて来たのに
派遣女より先に辞めるのはどう考えても悔しい。
ここは意地でも残るべきだという気もする。

と言うことで、今日まで色々と悩み考え
皆さんにもご心配いただいたが
とりあえず派遣女がいなくなるその日までは
義理と人情と意地でこの会社にいることに決めた。
今言えるのはそこまでだ。
その後のことについては全くの未定。
それはその時にまた考えることにする。

この歳になると、ずっと先のことは考えられない。
まずは2ヶ月先までってことで。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-03-12 23:54 | 会社・転職 | Comments(0)