ドア付き個室ね・・・

アメリカから戻って来ているA子を囲み
仲間たちが集まった。
週明けにはアメリカへ帰り
春にはドイツへ引っ越す多忙なA子である。

彼女は前回、旦那を連れて参加したが
今回は28になる娘を連れてやって来た。
集合した仲間は9人、合計で11人である。
今回もお店は「ドア付き個室」を条件に選んだが
またしても見事に失敗した。

確かにドアはついていた。
ただ建て付けが悪く、開閉には力を必要とした。
見ればドアの上はガムテープで止められており
部屋の広さにもゆとりは無かった。

c0322794_22335940.jpg

誰が撮ったの?ボケボケじゃん。

c0322794_22343810.jpg

さらに、鍋コースは飲み放題付きだったが
私が頼んだ「梅酒のお湯割り」は
「お湯の白湯割り、梅の香り添え」だった。
無色透明の液体だったことからしても
とても梅酒が入っているとは思えない代物だ。
これには見かねたNちゃんが
店員さんに梅酒を足すように頼んでくれた。

ほとんどアメリカ人化しているA子は
今日もパワー全開で
私たちは昔話で大いに盛り上がった。
けれど時々日本語の単語が出ず
言葉に詰まる彼女に、優しい仲間たちは
「英語で話していいよ」と言った。

ところが大爆笑!
A子が悩んでいたのは
「ヘッドハンティング」の日本語だったのである。
「それはそのままでいいんだよ~」
「訳したらヤバイし~」
娘も一緒に大笑いだ。
彼女は母親の同級生たちに会い
自分の知らなかった母の昔話を聞き
驚いたり、笑ったり、質問したりと大忙しだった。

この歳になれば
みんなそれぞれに大変な毎日を過ごしている。
悩んでいるのだって私だけではない。
それでもみんなの顔を見ると
元気になれるから不思議だ。
たくさん話し、大声を出すだけでも
今の私には十分ストレス発散となる。
これだけ笑うのだって久しぶりのことだ。

やっぱりいいよね、友達って。
今日もまたそれを実感した私であった。
[PR]
by shi_chan1024 | 2015-01-21 23:59 | 仲間たち | Comments(0)