娘引越し、息子転職

しーちゃんファミリー激動の月。
娘は引越しを決め、息子は転職を決めた。
私自身も過去に11月の転職が2度ほどある。
どうやら「11月」は我が家のキーワードらしい。

娘がこれまで住んでいた家は
当時の異動に伴い、通勤を考えて決めたものだ。
70型のTVを置いても住めるような
夫婦2人には余裕の広さのマンションだった。
育休後には元の職場に復帰する予定でいたため
この先も住み続けるはずの家だった。

けれど夏に思いもよらない復帰となった娘は
異動を希望し、新しい部署で再スタートした。
ところが今度の職場は娘の家からは遠かった。
娘にとってはモチロン、娘婿にとっても
現在の家は通勤に不便となったのである。
ということで、今回突然の引越しを決めた。

引越しは明後日である。
今度の家と娘の職場は徒歩圏内で
この家からも30分もかからない近さだ。
けれどさすがに現在ほどの広さは無く
入り切らない荷物が先日から続々と
我が家に運び込まれている。
今や1人暮らしの我が家は
管理人のいるちょうどいい倉庫というところだ。
それでも娘夫婦が近くに来ることは嬉しい♪

そして同じく、今月から
新しいスタートを切ることにしたのが息子である。
彼はこれまで、好きなことが仕事という
恵まれた環境で働いていた。
けれど夕方から出かけ
深夜に帰宅と言うパターンは良しとは言えない。
30になり家庭を持つ中で、さすがに息子自身も
この生活ではまずいと思い始めたようだ。

そこへたまたま先日、以前その職場で
一緒に働いていた先輩がやってきた。
退職後、1人で仕事を立ち上げたその先輩は
軌道に乗ってきたことで人を増やそうと考え
息子に声をかけてくれたのである。
しばらくは息子と2人でさらに基盤を作り
いずれは会社をもっと大きくしていくつもりだと言う。

仕事そのものは、この先伸び代のある内容で
やり方次第では期待もできそうではあるが
やはり家族を養う立場であることから
当初私は息子に、よく考えて決めるように言った。
それでも最終的に息子は転職を決めた。
たとえこの転職が失敗だったとしても
息子はまだ30であり、何とかなるだろう。
母としては息子が決めたことを応援するだけだ。

これまでと違い、朝起きて夜には帰宅する。
やっと普通の生活ができることはいいことだ。
やっぱり人間、日が昇ったら働き
日が落ちたら眠るものである。

問題は、息子が教えて来た教室の子供たちだ。
「どうしてコーチ辞めちゃうの?」
と訊かれてたところで、実際
幼児や低学年の子供たちへの説明は難しい。
新しい教室に移るなら自分もそっちに通うと
泣きながら訴える子供もいるそうで
息子は困り果てていた。
そこまで慕ってもらえるとは
本当に有り難いことである。

とにかく、娘と息子は新しいスタートを切った。
何もかもが上手くいくことを祈る母である。
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-11-01 23:59 | しーちゃんファミリー | Comments(0)