つぶやきしーちゃん

runrun1024.exblog.jp
ブログトップ

底意地悪すぎだろ

昨日は誕生日としては最低の1日だった。

もともと4人しかいない業務課であるが
昨日は男性2人がおらず、私と派遣女のみ。
1日2人だけだったのである。
それが分かっていた前日から
私のテンションは下がりっぱなしだった。

派遣女も同様だろうが
彼女の場合、それが露骨に表れる。
それでなくても普段から
私との間には書類ケースを投げ置くが
昨日はさらにヒートアップしていた。
そこまで書類を投げつける必要がどこにあるのか。
当たられた書類こそいい迷惑だ。
ピリピリ、カリカリ、イライラ・・・。
どうしてこの女はこうなのだろう。

結局、私の隣に
1日座っていることが耐えられないのだろう。
いつもに輪をかけて、たっぷり2時間近く
出たまま戻らない彼女だった。
どこの駅の銀行まで行ったのやら。

さらに彼女の意地の悪さも全開だ。
あれだけ毎日銀行だ、郵便局だと外出するくせに
私の振込みをしてくれるつもりはないようである。
年末調整の用紙代の振込みをしなくてはならず
郵振用紙を見せれば、出金票を書けと言う。
営業社員の振込みには
頼まれなくても自分が行くと笑顔で言うくせに
この露骨な違い・・・笑いが出る。
モチロン、私も最初から自分で行くつもりだったので
出金票を書き、彼女にお金をもらい郵便局へ行った。

それだけではない。
もう1つ、さすがにカチンと来たことがある。
社内では銀行印を始め、すべての印は社長が押す。
印をもらいたい時には各自が捺印簿に記入し
ある程度書類が溜まったところで
課長がまとめて社長にお願いしている。
けれど今週はその課長が出張で留守である。

私は健保に提出する社員の住所変更届に
社長印をもらうべく捺印簿に記入していた。
けれど別に急ぐものではなかったので
そのまま金庫に入れていた。
ところが、ちょうど捺印簿を開いた派遣女が
挟んだままの変更届を見つけて訊いた。
「これハンコもらうんですか?」
当たり前じゃん。
「そうですけど?別に急ぎませんから」
私は言った。

その後、自分の書類に印をもらうべく
派遣女が社長に捺印簿を持って行ったようだ。
社長は彼女の分だけでなく
私の変更届にもちゃんと印を押してくれた。
これが課長なら、ここでそれぞれの担当者に
押印済みの書類を戻してくれる。
けれど派遣女は自分の書類だけを抜き
私の変更届を捺印簿に挟んだまま金庫に戻した。
木曜日のことである。

金曜日、小切手に印をもらうため捺印簿を出した。
そこには押印済みの変更届が挟まっていた。
ありえない。。。
隣の席なんだから一声かけるなり
渡してくれればいいではないか。
いくら急がないものだって、押印済みなら話は別。
いつまでも金庫に入れておく意味はない。
まったく・・・どこまで底意地の悪い女なんだろう。
腹が立ち過ぎて、呆れ過ぎて、言葉も出ない。

赤サインペンで書いた貼り紙までして
コーヒーマシンの補充をしろと人には言いながら
今週もまたミルクを切らしていた派遣女である。

あ~・・・もう本当にイヤだ。
イヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだ!
イヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだ~~!!
1日が長い・・・長過ぎる。
あと6ヶ月と5日も我慢できないよ~~~ぉ!!!
[PR]
by shi_chan1024 | 2014-10-25 19:41 | 会社・転職 | Comments(0)

激動しーちゃんのブログ


by しーちゃん